楽天モバイル申し込んだけど、うちはイマイチ使えなかった

 

2月はじめに、楽天モバイルのWIFIを申し込みました。

1年間無料のモバイルWi-Fiが1円で貰えます。もし「楽天回線」が使えるエリアなら、使用量制限なし。楽天回線エリア外でも、au(KDDI)の回線(パートナー回線という)で月5GBまでは使えます。
1年経過後は、月1GBまで(楽天回線エリアなら?)無料で維持できる との触れ込み。

詳細は楽天モバイルでどーぞ。

申し込みの時点で西尾市は「楽天回線エリア」ではありませんでした。が、周りの市町村はみんな「楽天回線エリア」なので、すぐに西尾市もエリアになるだろうと予想できました。・・・これはおいしいでしょう!! →解約も制約はなくいつでもできるようです。

さらに2月15日。めでたく西尾市が楽天回線エリアになった とお知らせも出ました。よしよし。

ところがっ・・・貰ったWIFI君は、西尾市内にある我が家(と職場)で、楽天回線を拾ってくれなかったのです。 それが証拠に、通信量が5GBを超えたところで連絡が来ました。

「データ残量がなくなりました。3月1日まで、データ速度が制限されます。」

つまり、「楽天回線エリアなのに楽天回線を拾えず、au回線で通信してました」ってこと。

まあモバイル通信だけなら月に5GBもあれば十分なんですけど、WIFIが拾ってる回線が、楽天なのかauなのか分からず、問い合わせしてもよく分らないんで、5GB使い切ってやったっす。 

残念ながらこういう状態、ままありえるみたいね。例えば回線エリアである名古屋市内での状況報告です。(よく読んでる「CubのFIREmini生活」より引用しました)

楽天モバイルのデメリット
所々全く入らない地区があった
具体的にどこと書くのは難しいのですが、こんなところが電波が入らないんだというようなところで電波が入らない地域がありました。
回線速度が遅くなるのではなく全く電波が入らなくなります。
もしかしたら偶然回線不具合で入らなかったのかもしれないのですが、全く入らない時が移動している時に所々ありました。
もしそこに住んでいる人で楽天モバイルを使い始めたら壊れているのではと思うぐらいです。
ですから電波が入らない地区が名古屋市内でも確実に存在していることは間違いないと思います。
こればかりは運なのでなんとも言えないですね。
これが最大のデメリットだと思います。
それ以外はもうメリットしかありません。

CubのFIREmini生活「楽天モバイル一週間の使い心地とデメリットについて。これからは楽天モバイルが入るか入らないかで生活の質が大きく変わるね。

ちっ。うちは楽天モバイルが入らねぇ「運が悪いエリア」でしたか。

まあそれはそれで仕方がない。楽天モバイルのホームページでもちゃんと注意書きがあり、可能性はある程度予想できましたので。

※記載のエリアでは、全域が楽天回線エリアでない場合があります。※楽天回線エリアであっても、地下、屋内、大きな商業ビルの屋内等の場所、電波の状況等によってパートナー回線を利用する通信となる場合があります。

通信・エリア 楽天モバイル

こういう状況を「当たったら儲けものだから、やってみっか と試せない人」は、楽天モバイルなどの新興通信は使うべきではありません。血圧が上がるだけですからね(笑)。

「一利用者の事情」としてはこんな感じでした。でもまあ、パートナー回線が使える間は解約せずボチボチ使っていこうと思います。

ただ、こういう場合は「楽天側の事情」も知った上でつきあっていく必要があるでしょう。

現在、300万人まで1年間、月額2980円を無料で提供するキャンペーンを実施中だが、楽天モバイルの基地局以外の場所で使った場合、KDDIのネットワークにローミングして通信している。
ユーザーは5GBまで無料で利用できるが、楽天モバイルはKDDIに対して、1GBあたり約500円を支払っている。つまり、ユーザーからは1円ももらっていないのに、楽天モバイルは1ユーザーあたり最高で毎月2500円の出費を余儀なくされるのだ。


実は楽天モバイルとKDDIとのローミング契約には
「都道府県毎に楽天モバイル株式会社の自前エリアの人口カバー率70%を上回った時点で両社の協議を以て、各都道府県のローミング提供の継続・終了を決定します。」 (KDDI「楽天モバイル株式会社サービスへのローミング提供について」より引用)
という条件が付されている。

ついに本気を出す楽天モバイル 「21年3月末」に真の正念場を迎える理由

楽天モバイルにとって、au回線でのローミングは大赤字以外での何物でもないのです。そして、愛知県における楽天回線の人口カバー率はすでに70%は超えているはず。つまり「状況的にはいつau回線でのローミングが停止されてもおかしくはない」 ということを知った上で使っていく必要があるということです。もちろん楽天としては

KDDIとの協議について、楽天モバイルの山田喜久社長は「個別の関係もあり、詳細は申し上げられない。しかし、ユーザーの方にはご迷惑がかからない形でサービスを展開していく」という発言に留めた。

同記事

ということ ですけど。←止めたら利用者一揆が起るだろうから、1年くらいは頑張るんじゃ (笑)。

まあ使えるだけ使って、ダメになったらすぐ解約(あるいは乗り換える)よう準備をしておくしかないですね。

(タイトルは漫画をもじって「彼氏彼女の事情」にとも思いました。が、これだと記事の内容が全くわからないからやめました。彼氏→事業者、彼女→利用者では、相思相愛にはならないですしね。)

梅を巡るはなし

うちの辺りでは、そろそろ梅の花が見頃です。もうお花見をする時期か・・・

え、お花見って「桜」じゃないの?

まあ、今では「桜」が花見の代名詞ですけど、大昔は梅を見るものだったのですね。

花見といえば、皆さんは何の花を見に行きますか?恐らくほとんどの人が「桜!」と答えるのではないでしょうか。しかし、花見といえば梅が当たり前!なんて時代もあったようですよ。


実は、奈良時代の花鑑賞といえば梅の花が一般的でした。


その証拠に、奈良時代に作成された万葉集を見ると、桜よりも梅を詠んだ歌のほうが多いんです。梅は約120首あるのに対し、桜は約40首。梅が随分人気だったことがわかります。花見に桜が愛でられるようになったのは、平安時代。平安時代に作られた古今和歌集では、梅を詠んだ歌が約30首に対し、桜を詠んだ歌が約60首。奈良時代とは違い、桜と梅の人気が逆転しています。


この背景には、遣唐使の廃止が関わっています。
遣唐使が派遣されていた時は、中国文化の影響を強く受けていました。梅の花もその一つです。しかし、遣唐使が廃止されたことにより、日本独自の文化が発展し始めます。そのため、日本に古くから自生していた桜に注目が集まったのです。

ウエザーニュース

梅より桜が好まれるようになったのは、遣唐使が廃止され、日本独自の文化が発展し始めてから。日本に自生していた桜が、いわゆる「国風文化」の一環として、好まれるようになってきたようですね。

ま、最近の花見でよく見る桜である「ソメイヨシノ」は、江戸時代後期に、オオシマサクラとエドヒガンを改良した「吉野桜」であり、「染井村」(現在の東京都豊島区)で作られたから、吉野の山桜と区別するため「ソメイヨシノ」と呼ばれるようになった といわえるくらいですから、「ソメイヨシノが一斉に咲くのを愛でる」という風習それ自体、わりと新しいものなんですけどね。

にしても、元は中国の影響で梅を珍重していたけど、いつしか日本在来種である桜を重視するようになったって話、ちょっと面白いですね。それで思い出したけど「左近の桜、右近の橘」って言葉をご存知ですか?

平安宮内裏の紫宸殿(南殿ともいう)前庭に植えられている桜とタチバナ。左近・右近は左近衛府・右近衛府の略称。左近は紫宸殿の東方に,右近は西方に陣をしくが,ちょうどその陣頭の辺に植えられているのでこの名がある。平安時代末期にできた《古事談》に,南殿の桜はもと梅であって,794年(延暦13)の平安遷都のとき植えられたが,960年(天徳4)の内裏焼亡の際に焼失し,内裏新造のとき,梅に代えて重明親王の家の桜を植えたものであり,タチバナは平安遷都以前,そこに住んでいた橘大夫という人の家に生えていたものである,という話が見える。

コトバンク 世界大百科事典第2版

内裏紫宸殿(京都御所の正殿)の南庭には、東に桜、西に橘が植えられているんですね。有名なところでは、平家物語に出てきたと思うけれど。→マチガイ。「平治物語」です。

(源)義平は(平)重盛に組みかかろうと内裏の左近の桜右近の橘の間を7、8度も追い回した。重盛は混乱した兵を収拾して一旦退き、新手の500騎を得て再び門内に押し出した(この左近の桜・右近の橘の場面は『平治物語』の一つのハイライトであるが、乱当時の内裏は実際にはこのような造りをしておらず、鎌倉時代中期以降の内裏のつくりがそのまま持ち込まれている。よって橘桜の場面も『平治物語』の虚構であるとも見方も提示されている)。

源義平

ともかく、「東に桜、西に橘が植えられているが、元は桜ではなく梅だった」ってところ。桜は日本に自生していましたが、梅は奈良時代に中国から伝来したばかり。一方、相対する「橘」って在来も在来。「日本に自生する唯一の野生ミカン」という日本固有種なんですね。(庭木図鑑 植木ペディア

今の感覚で御所の庭に並べるなら、日本在来種である「橘」と「桜」を当然チョイスするかと思うのですが、当時は最新の舶来品だった「梅」をチョイスしたんです。このころの朝廷はいまよりずっとハイカラ好き?で、僕らは平安期以降の感覚をずっと引きずってきて現代に至るって言う(笑)。 ま、好き好きですから、別にいいんですが。

あと、遣唐使の廃止(停止)を提言し、国風文化隆盛のきっかけをつくった「菅原道真」本人は、梅を読んだ歌で有名 なのも面白いです。

「東風(こち)吹かば にほひをこせよ 梅の花、主(あるじ)なしとて春な忘れそ」

この歌の解説は、こちらのページをどーぞ。梅の花を見ると、いつも思い出します。