二級建築士・資格試験

今年、二次試験(製図試験)を受けてて、今日無事合格してました! あとは登録すると「二級建築士」を名乗れます。えっへん。

もともと、建築やランドスケープなどの分野に興味がありまして、自分の家を作ったときにもかなり勉強しました。 なかなか奥深くて面白いデス…

関連蔵書 だいぶ処分したけれど・・・

その上、大学の卒業学科の関係上、建築士の受験資格は持っていました。てか、建築士の資格はいつかは取りたい資格の一つでした。 仕事と全然関係ない「個人的趣味」ですけど、ブログでうんちく語る上で、少し箔がつくかも(笑)。

11月29日(月)発売の『週刊プレイボーイ50号』のグラビアでは、”お姉さん界の超新星”桜田茉央(さくらだ・まお)ちゃんと、海辺の温泉宿での秘めごと。誰もいない場所、ふたりだけの世界。しっとりとした雰囲気に妄想は膨らむばかり。
――「ミスマガジン2019」で審査員特別賞を受賞し、それ以降、グラビアでも活躍中の桜田茉央ちゃん。SNSを見ていたら、二級建築士の資格取得を目指して勉強しているんですね。
桜田 そうなんです。もともと大学で建築デザインを専攻していて、建築系には興味があったんです。けど、大学4年生のときから芸能活動を始めて、そこからあまり勉強していなくて。

建築士タレントを目指す24歳の桜田茉央「二級建築士の試験を受けていて、学科は合格できました!」

なんの引用やねん・・・

が、受験資格を持っているとは言え、大学の講義で学習したのは、「構造力学」のみ。製図に至っては一課題しか書いてません。それも家の平面図を渡され、「これを複写して来週までに提出してね」と。しかも教官はバックレて指導なし完全自習・・・。 その基礎となるべき「図学」の単位は落としていたし、ほぼ素人。(土木技術者だったので、図面読みとか学科の測量、安全管理とかはある程度知ってましたけど。)

 予備校に通うと、学科試験と製図試験の総合対策講座で50万円以上かかります。趣味にそこまではかけられん。てか土日は仕事だし、通うのやだし、通信講座でなんとかなりませんか・・・ なんとかなりましたので、僕の事例を紹介します。それでも製図道具とか受験料とか含め、25万くらいはかかってる・・重複避けても、20万弱はかかったでしょうね。高い趣味。

①学科試験対策

独学も可能だと思います。が、範囲が広いし、法律をどう読み解釈するのか、判断に迷うとき聞けるほうが有利だと思ったので、僕は「最短製図」の学科クラブを受講しました。 悪くないと思います。受講を考えておられる方はお試しとして、講師が書かれた「二級建築士はじめの一歩」という本を読んで判断されると良いかと思います。

 こちらは1年目に合格しました。

②製図試験対策

これは独学は厳しいんじゃないかと思います。学科試験には明確な答えが存在しますが、製図は答えが一つではないからです。

条件をきちんと満たし、建築常識に外れない設計(これである程度型は限られるかも)。をし、それを製図としてきちんとかければ(ここはいろいろパターンがありえるかも)よいので、答えは色々ありえる。指導はケース・バイ・ケースの部分も出てきますね。

それでも試験の製図では「限られた制限時間内に、現実的な設計をまとめ上げる」こと(エスキスをまとめること)が重視されるのは確かでしょう。もちろん「できたエスキスを、減点をできるだけ抑え、図面として完成させること」は当然なんですけど。

そのためには、できた図面を経験者にチェックしてもらうことが必要だし、数もこなす必要があるでしょう。

 1年目は学科試験が7月はじめに終わり、9月半ばの製図試験まで2ヶ月弱しかありませんでした。僕はそのまま最短製図の製図講座(後半戦)に申し込んだのですが、この年は合格できませんでした。

 講座は参考資料も揃っており、ゼロから勉強できたのですが、いかんせん基礎から積み上げて2ヶ月弱。製図課題をなんとかこなすことがやっと(5課題くらいだった)で、製図に習熟するところまで行けなかった。 短期集中できる人なら、可能かもしれないけど。僕には無理でしたね。

受験してみて、反省事項として思ったこと。

 製図試験は、製図を練習してきた受験生を相手に、合格率を50%程度にする試験なので、必ず試験で「サプライズ条件」が課されます。学科試験と違い、どちらか言えば「落とす」試験かと。

令和3年の課題はこんな感じ。サプライズとして、「敷地に勾配があり、建築物の計画に当たっては、盛土・切土により敷地全体を平坦にしてはならない」という条件が課されました。これまで敷地はいつも平坦だったので、最初読んで悩みましたね。

「全体を平坦にしちゃだめでも、部分的にはいいんだ」 と気がつけるかどうかが鍵だったかと。いま思えばそう難しくないんですけど、時間が限られた中で、「これまでこんな課題やったことないぞ〜」と心の中で叫びつつ(受験生は、おそらくみんな・・・)では、なかなか厳しいものなんですよ・・・

閑話休題。いずれにせよ、サプライズ条件をどうクリアするか考える時間が必要になるのですが、そのためには「多くの製図課題にあたりそういう状況に慣れておく」こと、またとにかく時間がないので、サプライズ以外の条件について「基本となる製図鉄則に基づき製図することを体に覚えさせる(時間短縮のため考えずに書けるよう)」ことが大事だと思いました。

つまり、ある程度基礎ができたら、ひたすら製図演習あるのみ!と。

それらの条件を考え、2年目の製図試験対策は、全日本建築士会の長期製図講座を選びました。 最短製図の講座で基礎はある程度できた(と思う)ので、あとはひたすら製図演習を繰り返すほうがよい と思ったからです。

 本当にこの講座は、課題が出されて製図して・・・の繰り返して、20枚以上製図しましたね。 なかなか要求水準が厳しく、直前模試の判定はDとかひどいものだったけれど、ま、本番がうまく行ったらそれで良しということで。

僕が受講した製図対策の通信講座についてまとめます。

最短製図→製図をゼロからやる場合、良い講座だと思います。どう製図するかをしっかり学べますから。「伏図攻略テキスト」とかわかりやすかったし。ただ個人的には1年で学科試験合格後に製図の準備をして、製図試験合格まで持っていくのは、時間的に厳しかったなあ と思いました。 

今ゼロからスタートする僕なら、2年計画にして、1年目に学科試験に集中し、2年目は製図試験対策(前半+後半)を受けておけば、いけたかも と思っています。 

少人数の講師でやっているようで、講師間での齟齬みたいなのはなかったです。割とアットホームな雰囲気だったし。

全日本建築士会→ひだすらもらった課題に対し製図を行います。 ある程度基礎ができれば、この形式は試験対策として大変有効だと思います。逆に、ゼロからスタートでこの講座だけだとちょっと厳しいかと。普通は受験資格を得る段階で、ある程度製図基礎は出来てて、ゼロとかありえねー かもしれないけど・・・。

 価格の割にたくさん(20課題)演習できますし、課題解説ではひたすら基本となる製図鉄則を毎回強調しますので、真面目に聞いていれば、いやでもそれが身につくかと。また受講生が多いので、多くの受講生がミスっているところはその対策をまとめ適宜送付してくれるのは良かったです。

一方で、複数の講師の方が採点しているようで、同じような答案を出しても非常に辛口評価だったり、甘口評価だったりしました。ひどい場合には「解答例は○○となっているが、この場合は☓☓にすべき」みたいな記載もあり、「ちゃんと内部調整しろよ」と思うことも。

 ま、できるだけ低価格で多数の演習をこなす講座ですから、欠点もありますよね。演習数は圧倒的なのは確か。

ネット情報の中では、割とこのページの「10.製図試験の通信講座をリストアップしました」の意見が近いかなあと思います。価格と課題数は最新のものではないかもしれないので、それぞれのHPで確認したほうが良いかもしれませんけど。

資格学校を徹底比較!「二級建築士」の製図試験はどの学校に通うべき? 建築Camp

どの講座を選んでも、一人で製図をもくもくやり続けるのはなかなか大変なのは確かです。 でもやらないと合格もないしねえ・・・僕も今年受からなかったら、もー受験辞めようかと思ってたよ、正直。・・・

P.S. 世間では、建築士のことを「設計士」って呼ぶことが多いんだけど、あれなんでだろうね? 設計って、建築だけでなく自動車や機械、システム(プログラム)構築等、工学系の人々(を主として)幅広く行われるものだから、そういう人たちの総称をエンジニアなり設計士と呼ぶのが正しいとは思うのだけれど、世間的には建築士→設計士、プログラマとかSE→エンジニアみたいなイメージのような?

ま、僕的には設計士ってカッコいい名称だから、結果的にはOKなのだけれども。

刈谷市探訪

依佐美送信所を訪問したついでに、刈谷市も訪れました。

え、刈谷市ねえ。トヨタ系大手企業の城下町で、僕の好きな歴史的目玉史跡があるわけでもなく、そもそもうちから原付で30分、これまで訪問したことなかったんだけど・・・

いま”あいち旅eマネーキャンペーン”という、「愛の愛知県による愛知県民のための旅行割引」が始動してますんで、それを利用して身近な都市の魅力を追求しよう ってことでございます。

んで、刈谷市で一泊して、観光案内所で電動自転車借りて観光してみたところ・・・

このマチは、駅前の一等地が工場等に占拠され、駅前は一方通行が多く、南北連結も高架や地下道で立体化されており、「トヨタ系企業へ通勤するサラリーマンにはいい街だけど、一見さんの観光客には優しくない街だ」というのが感想(笑)。ま、こういうのは行かないとなかなか実感できないものだからして・・・

刈谷市の中南部を撮影した航空写真を見てくだされ。

google mapより

赤枠で囲ったところが刈谷駅です。白く囲われた部分は、トヨタ系大手部品メーカ(自動織機、紡織、アイシン、デンソー、豊田車体等々の本社と工場群。普通の街であれば、駅前は商業地や本社で、郊外に工場群があるもんでしょう。それが駅前を工場が占拠するとな。

豊田自動織機、デンソー、トヨタ紡織、トヨタ車体、アイシン精機、愛知製鋼、ジェイテクト(旧豊田工機)などのトヨタグループの中心企業が軒並み本社、主力工場を構える。

wiki刈谷市

もちろん、企業城下町と言われるところでは、そういう立地も珍しくないのですが、流石にこれだけ集中してると度を越してますな。逆に言えば、そこに、刈谷という街の成り立ち、というか歴史を紐解く鍵がありそうです。

まず地理的な特徴を述べると、西側に川が流れています(写真中央やや左より、南北に流れている2つの川)、古くはこれらの川を含んだ低地は「衣が浦(ころもがうら)」という入り江でした。現在でも写真の南側で2つの川が合流し、「衣浦(きぬうら)湾」となります。 写真にも、「刈谷市立衣浦小」って表示がありますな。

ちなみに西側の川を「境川」と言いまして、その名の通り、この川を挟んで西側が「尾張国」東側が「三河国」の国境となっていたのです。尾張国側の東浦町ですが、ここは知多半島の付け根に当たっています。そういう位置関係です。

んで、三河国側は川に面して僅かな平地(元衣が浦)を置いて台地が続き、刈谷市の大半はこの台地上にあります。台地の土は瓦に適した良質の粘土(西三河の特産である三州瓦の原料)ですから、地盤は良好です。 

地盤の良好さも、依佐美送信所(写真では右下の「フローラルガーデン依佐美」の位置)やトヨタ系企業の本社や工場が置かれるようになった要因の一つでしょう。

歴史的に言えば、刈谷の街は、戦国時代に「水野氏*」によって河岸段丘と衣が浦を利用した刈谷城が築城され、以来城下町として栄えてきました。衣浦小近くの神社記号は「本刈谷神社」、寺記号は水野氏の菩提寺「楞厳寺(りょうごんじ)」です。城下町は城からこの辺りにかけて広がっており、今の刈谷駅とは随分離れています。これは駅前工場立地の大事な要因だな(そして、駅からレンタサイクルの観光客には優しくない話・・・)。

刈谷城ジオラマ(刈谷市歴史博物館) 上側が城下町に 下側が衣が浦に面します。
本刈谷神社

本刈谷神社の境内は、県指定の貝塚(縄文遺跡)です。内湾に面した台地は縄文人が暮らしやすい良い土地だったのでしょう。

楞厳寺 なかなか立派なお寺です。水野氏も眠る墓地を売り出してました。おひとついかがです?

明治時代に入り1888年、町から大きく外れた郊外に東海道本線と刈谷駅が設置されます。その頃の地図がこちら(1890年)。

城下町付近は人家が密集していますけど、できたばかりの刈谷駅前は、街道沿いに家があるくらい・・・駅前の広大な土地も、安く手に入るんじゃ?そのわりに、刈谷駅から大都会である名古屋までは、当時の電車で30分ほどと、交通の利便性は悪くないようです。

さらに1915年、刈谷を含む碧海郡役所のある知立、三州瓦の生産地である高浜、出荷港である大浜を結ぶ三河鉄道(今の名鉄三河線)も開通。刈谷駅は国鉄と三河鉄道の結束駅になります。もう交通の要所だわ。

さらーに1919年、刈谷に愛知県立第八中学校(現在の刈谷高校)が開校。交通の要所恐るべし。これでサラリーマン家庭で重視されるであろう、子息の教育環境もバッチリ!

かくて1923年。当時の刈谷町は駅近に豊田紡織を誘致。敷地10万坪という土地を、格安で提供したそうです。すると誘致された試験工場で研究中の「自動織機」が完成し、1925年豊田自動織機製作所創設。 

以下は御存知の通り。豊田は自動車に進出し、自動車本体はさらに安く広い土地を求めて豊田市へ出てしまうのですが、製鋼部、工機部そして電装部等は刈谷で分社化し、今に至ってるわけ。 

なるほど、駅前がトヨタ系の工場・本社に占拠されているわけですなあ。ま、悪いことばかりじゃなく、駅前の施設や体育館、市立歴史博物館等の建物を見ると、(法人税のおかげで)刈谷市の財政は豊かだな ということがよく分かります。ま、それを「ハコモノ行政」と言うわけですが。 

*長い余談。戦国時代の三河の国の豪族たちは、西(尾張)の織田氏につくか、東(遠江・駿河)の今川氏につくか、の選択に迫られていました。要するに三河は両雄の草刈場だったわけ。時の当主・水野忠政は今川につくことに決め、同じ三河の豪族で今川方の松平家に娘を嫁に出します。娘の名は於大(おだい) 。松平氏の夫との間に生まれたのが竹千代(徳川家康)です。

が、忠政が死んであとを継いだ息子信元は、織田につくと変更したため、於大は松平家から離縁され刈谷に戻りました。のち、知多半島の豪族・久松家に再嫁します。久松家の城は現在の阿久比町にありましたから、刈谷市と東浦町を挟んで隣という位置関係。

その後色々あるんですが、水野家も久松家も大名家として存続します。 久松家は家康の異父弟が家を継いだので、「松平」の名字を与えられ、久松松平家と呼ばれることになります。

いきなりですが、江戸時代の三大改革ってご存知でしょうか。三度の幕政大改革のことで、享保の改革、寛政の改革、天保の改革を指します。

享保の改革を行ったのは、八代将軍の徳川吉宗です。寛政の改革を行った松平定信は吉宗の孫。御三卿(将軍の家族)田安家の出身で、久松松平家に養子に入りました。天保の改革を行った水野忠邦は、刈谷にいた水野家の末裔。ちょっと於大つながりで面白かったから、ご紹介しました。

参考文献 松岡敬二編「古地図で楽しむ三河」風媒社、三河教育研究会社会科部会「社会科郷土資料」非売品・昭和38年