久麻久神社(熊味町)

西尾市熊味町にある、久麻久神社に行ってきました。 

じつは西尾市内には久麻久神社がもう一つ、八ツ面山の中腹にあります。社殿が重要文化財なので、 久麻久神社 としてはそちらの方が有名です。 ※八ツ面山中腹の 久麻久神社のレポートはこちら

この二つの 久麻久神社の位置関係を航空写真でみると、こんな感じ。

左下の神社が、今回訪問した場所です。特に文化財や見どころがある神社ではないのですが取り上げたのは、 熊味町の久麻久神社が「下の社」八ツ面山の 久麻久神社を「上の社」と呼ばれていた という話を聞いたからです。それなら両方見に行かないとね!

久麻久神社自体は古くからある格式の高い神社で、平安時代にまとめられた延喜式神名帳にも「参河國播豆郡 久麻久神社二座」 として記載されています( 「延喜式の内に記載された神社」の意味で式内社と呼ばれ、一種の社格になります)。

「二座」の正確な意味は不明だけど、 熊味町の久麻久神社の地元では、これを「上の社」 「下の社」の二つを指したと解釈したのでしょう。神社の石碑には 村社式内 久麻久神社二座  と表記されていました。

久麻久神社(熊味町)の祭神は 「倉稲魂神」「久久能智神」 です。

「倉稲魂神」・・・伏見稲荷大社の主祭神。お稲荷さん。伊勢神宮ではそれより早くから、御倉神(みくらのかみ)として祀られた。 須佐之男命の娘とも、イザナギとイザナミの子供とも。 ウカノミタマ

「久久能智神」・・・ イザナギ・イザナミの間に産まれた木の神 ククノチ

一方、久麻久神社(八面山)の祭神は 「大雀命(仁徳天皇)」「須佐之男命(スサノオ)」「熱田大神(熱田神社の神様)」 です。

仮に両者が一対の神社だった場合、それぞれ別々の神様を祀ってもいいの?

まあ、一対の神社で、別の神を祀るのは珍しいことじゃないですけど。諏訪大社は上社で「建御名方神」下社で「八坂刀売神」を祀ってますし、伊勢神宮では内宮で天照坐皇大御神、外宮で豊受大御神を祀ってるくらいですからね。多分神々同士が喧嘩しなきゃいいんでしょう(笑)。

熊味で祀られる「倉稲魂神」は八面山に祭られた 「須佐之男命」の娘だっていう説もあるし、まあ一対の神社でもおかしくはないんでしょうね。

さて、熊味の久麻久神社は10mくらいの丘の上に建てられ、 曹洞宗の「熊子山 真成寺」と丘を仲良く使いあっています。社殿の奥が寺の墓地だったり。

丘の周りをぐるりと歩いていみたのですが、この丘どうも形が整えられているんじゃない?って感じがするなあ。もしかして、この丘、古墳だったんじゃない?

西尾市最寄りの18きっぷ販売駅はどこ?

結論:渋滞を考慮すると、幸田駅が一番近いのでは。ちなみに他の候補駅は岡崎、安城、三河安城、蒲郡(JR)。

連続休暇が取れたので、今年の夏は電車でお出かけすることを考えています。時間があって金のない僕は鈍行を乗り継ぐ「乗鉄の旅」を選択。すると切符は 青春18きっぷ一択ですね。普通列車限定ですが、5日間乗り放題で11,850円。JRの運賃、特に新幹線は「高価すぎ」と思いますが、この切符はとても良心的だと思います。JRさんありがとう。  

18きっぷ幸田駅で買うた

始発電車に乗る予定なので前もって18きっぷを買っておいた方がよいのですが、最寄りの販売駅はどこでしょう? というのも、僕の住む西尾市にはJR線が走っておらず、駅もないんです。

JR東海のHPを見ると、販売箇所は「JRの主な駅及び主な旅行会社の支店・営業所」とあります。18きっぷを旅行会社で買うのは少し敷居が高い(恥ずかしい)んで※、駅で買う。それで主な駅ってどこへ行けば?

JR東海・主な駅のご案内(東海道本線)によれば、三河三谷、蒲郡、幸田、相見、岡崎、安城、三河安城がこの辺りの「主な駅」だそうです。 

あれ、三河三谷、幸田、相見の駅は平成29年から無人駅になったんですよね。本当に18きっぷが買えるのかしら? JR東海の関連PR資料を読んでみると

東海道本線(岡崎駅〜豊橋駅間)において、お客様の利便性をさらに高めるとともに、ご利用状況に合わせた効率的な体制とするために、現在武豊線で導入している集中旅客サービスシステムを導入します。


集中旅客サービスシステムの概要
 切符の購入・精算・ICカードへのチャージ等が行えます

導入駅:相見駅、幸田駅、三ヶ根駅、三河塩津駅、三河三谷駅、三河大塚駅、愛知御津駅、西小坂井駅

集中旅客サービスシステム導入駅のうち、指定席券購入のニーズが高い幸田駅には、遠隔サポート機能を付加した指定席券売機を導入します。この券売機では、従来の指定席券売機で購入できる新幹線の指定席特急券など・・・もお買い求めいただけます。

東海道本線への集中旅客サービスシステムの導入について

役所文書として美しい(読者に理解困難)、この模範的文章を僕が意訳すると

「対象の駅を無人化します。無人化しても券売機で近距離の切符の購入・精算とICチャージはできるから。それに幸田駅には、新幹線等の切符も買える高機能券売機を導入するんで文句言わないでね。てか文句言われたくないんで、分かりにくく書くよ💛」

人口減少社会の中で、駅の無人化はやむを得ないと思うけれど、もう少し利用者目線で意味の分かるPRをしてほしいものです。まあ不便になる方向だから、こういう文書を書きたい気持ちはよく分かるんだけど(笑)、理解されなきゃ意味ないだろ・・・

ともあれ、ここで出てきた「幸田駅の指定席券売機」がミソ。この券売機は、18きっぷも買える高級券売機です。他の駅に設置されるのは近距離券売機だから、いわば下級券売機。 下級券売機で18きっぷを買おうとすると逮捕されるよ(笑)。

青春18きっぷを購入出来るのは『指定席券売機』です。普通の近距離きっぷ券売機では買えないので注意してください。

ものくろぼっくす 青春18きっぷ は 自動券売機で買えます!-混雑しているみどりの窓口を回避 購入方法 案内-

ってことで、この辺りで18きっぷは 蒲郡、幸田、岡崎、安城、三河安城の駅で買えそうです。このなかで幸田駅だけ無人駅。この幸田駅が家から一番近いので(バイクで25分くらい走るがね)、本当に買えるか確認も兼ねて18きっぷを買いに行きました。無事購入完了しましたよ!

幸田駅の指定席券売機(左下に「青春18きっぷ」の表示

※西尾だと、ショッピングモール「ヴェルサウォーク」内にJTBの店舗があります。JTBなら「主な旅行会社」には相当します。ただここが「支店や営業所」に相当して18きっぷを扱っているのか?(確認のため電話してみたけど、盆でお客が多いらしく繋がりませんでした・・・)