岡山 小一時間散歩

以前にも紹介しましたが、またふらふらと一時間ほど「岡山」を散歩してきたので紹介します。 (岡山県じゃないよ。西尾市吉良町岡山ね。)この丘陵のふもとにお世話になっているバイク屋がありまして、すり減ったタイヤの交換の間にお散歩した次第です。  まあ僕の生活圏内にある名所、みたいなとこです。

岡山は、幡豆山地が西側の平野に突き出した丘陵の先端部です。現在は交通の便のため掘割りされ道路(42号)が通されているので、独立丘陵のように見えます。 google mapの航空写真で、「スカイウェイブ21」と「黄金堤」の下側に見えている丘陵です。

南側から見ると、こんな感じ。↓

地の利があったのでしょう。弥生時代末期の遺跡があったり、古代の古墳あるいは中世の墓地跡が確認されました。ただし丘陵の北側は大規模な土砂採取により失われ、現在は大規模工業用地として利用されている関係上、あんまり「遺跡」としては残っていないですが。(下の看板図で、茶色に着色された部分は土取されたところ、緑色が現在も残る丘陵部です)。

まあ今も吉良氏にゆかりのある華蔵寺・花岳寺・尭雲寺や八幡山古墳なんかが残っています。詳しくは以前の記事を読んでね~。

んで、華蔵寺です。 毎朝、門前を通勤のために通るのだけれど、いい雰囲気ですよね~。

ここは忠臣蔵で有名な吉良上野介のお墓があるんですけど、今回は省略します。んで、彼を含めた吉良一族の墓地の中に、「キリシタン灯篭」ってのがあるんですよね。↓です。 

真ん中の丸い部分には、不思議な記号が彫られていて(横転するとLhqとも読める)下部には極端にデフォルメした人物像が半ば埋められるように彫られていて・・・まあ、いろいろ妄想を広げられそうな灯篭ではあります。

前から気になってたんですけど、これってどういうものでしょう?そして、この灯篭とキリスト教は何か関係があったのでしょうか? 

検索してみると中二病的解釈やらいろいろ出てきますが、一番「まともそう」な解説は、京都府立京都学・歴彩館に寄せられた質問に対するレファレンス回答のものでした。 関心ある部分だけ引用します。

キリシタン灯籠は、『国史大辞典』の第4巻のp436によると、庭に用いた石灯籠で、その一種に織部灯籠と呼ばれるものがあり、古田織部の考案というが確証はないと記載されている。また、大正末期頃から潜伏キリシタンの礼拝物とする説が生じたため、キリシタンと関係のある灯籠としてキリシタン灯籠と呼ばれるようになったとある。
古田織部との関わりから、『角川茶道大事典;本編』で「織部灯籠」を調べたところ、p241~242に「人物像をマリア像やキリスト像と見たて、異形文字をキリストの種子と解して、キリシタン灯籠ともよばれるが、キリスト教との関係は明らかでない」と記載されていた。

京都にあるキリシタン灯篭の場所を知りたい。

事典や辞書的には、キリスト教との関連うんぬんは大正時代に流布した説のようで、「鬼滅の刃」みたいな「お話」ってことですか。でもまあ、「不思議なデザイン」ではあります。

ここから花岳寺を経由して尭雲寺へ。花岳寺は東条吉良氏の菩提寺ですが、このネタもパス。あとこの寺には、岡山で発掘された中世の墓(善光寺沢遺跡)が復元されてます。

隣には、現代の永代供養墓園が作られており、なんかいろいろ考えさせられます(笑)。いや、我が家も僕にも妹にも子供がおらず将来的には断絶するから、今ある墓を永代供養墓に移すことを考えないといけないのだろうな。

尭雲寺  ここは無住の寺ですが、周りの竹藪がきっちり管理されてて、ちょっと感じいいのよね。 写真だと見にくいけど、切った竹がきちんとした「竹垣」みたいに片づけてあったりして。これ大変な労力かけてますよ!

この建物しかないので、これが本堂 だと思います。入口に梵鐘も釣ってありますんで。ここは徳川家康の伯母である俊継尼の菩提寺です。

墓の隣の小道を通って竹藪を奥に進むと・・・

岡山山頂付近?にある八幡宮前に出ます。 

社殿の奥には木々に覆われた八幡山古墳が鎮座していますが、やぶ蚊だらけでしょうから今日はパス。華蔵寺に戻って一時間強のお散歩を終わりにしました。 (寺近くにミニストップがあるので、アイスコーシーなど飲んで一息つけるよ♡)

柔らかい肉、おいしいですか?

突然ですが、昨晩の我が家の夕食はスキヤキでした。 僕も肉は好きですが、どうせ食べるなら暑い日でもありましたし、甘ったるいスキヤキより焼肉が食べたい・・・。まあ同居する父親の好物ですから、やむを得ないですねえ。 

たまたまスーパーで割引があったらしく、使ったお肉は結構高級なものでした。でも、個人的には全然おいしくなかったです。 

脂多めでくどかったし(それを甘ったるい砂糖醤油で煮るなんて。冬ならまだしも・・・)、何より柔らかすぎて歯ごたえがありません。 まずーい。 こんな好みなので、むしろ安い海外産の脂少な目歯ごたえアリ肉の方がよっぽどおいしいと感じます。

それでも、後期高齢者の父親は「脂少な目で、柔らかくてとても旨い」と大絶賛。これ、脂少ないかなあ・・・? あと歯が悪い人なんで仕方がないのですが、肉を食べる醍醐味って「歯ごたえ」が重要じゃありません?柔らかい肉なら、トロ食べとけばいいやん(僕は好まないですが)

 そういえば世の中では「A5牛肉」なるものが絶賛されていますが、あれ脂多すぎるし、柔らかすぎ、歯ごたえなくてまずいですよね?

牛肉には「格付け」というものが存在していて、ランクの高い牛肉ほど高い値段で売られていますよね。よく耳にするのが「A5ランクの最高級和牛!」といったような表現ですが、実はこのランク、「おいしさ」で測っているものではないのです。・・・
「牛肉はサシがたくさん入った霜降り肉が好きだ!」という方はA5やB5ランクの牛肉を選べばよいのですが、脂身が苦手な方からすれば「A5だから良い」というわけにはいきません。では、「おいしい牛肉」とはどのようなものなのでしょうか。

「A5ランクだから美味しい」は間違い!意外と知らない牛肉ランクのルールとは

そういう好みの僕からすると、日本って「柔らかい食べ物が、好まれるよなあ」って感じています。そういえば以前こんな記事を読んだことを思い出しました。長い導入だ・・・

日本では(大げさに言えば)噛まなくても飲みこめるほどの柔かい薄切り肉が「美味しいもの」として好まれる傾向がある。翻ってアメリカでは、柔らかく薄い肉は胃にたまらず食べた満足感に繋がらないためそれほど重宝されず、噛まなければ飲み込めないほど分厚い熟成肉ステーキが今も昔も人気だ。それらは肉肉しく噛むごとに味わいが深まり、肉そのものの味を楽しめる。

アメリカではアペタイザーやスナックに野菜(ブロッコリー、カリフラワー、ニンジン、ピーマン、トウモロコシなど)を生のままポリポリ食べる習慣がある。茹でるにしろグリルするにしろ必ず芯を残す。逆に煮込みすぎた柔らかいブロッコリーやニンジン、ジャガイモなどは好まれない。

「柔らかい食べ物」が好きな日本人、「柔らかい食感」を嫌がるアメリカ人、…「食の好み」はここまで違った

僕はアメリカには行ったことありませんが、昔ニュージーランドでしばらくホームステイしていたことがあるので感じは分かります。 あっちでは、そもそも日本ほど肉に脂は入っていません。素材が違う上に焼き方も僕の基準では「焼きすぎ」なぐらいまで焼き「肉肉しさ」を楽しんでました。

僕も柔らかい肉は嫌いだけど、肉の焼き加減はレアが好みで、むこうの肉は「固くてなかなか飲み込めず、あんまりおいしくない」としか感じませんでした。もうちょっと脂身欲しいな とも(笑)。食の好みは難しいですわ。

あと、彼らの食はランチボックスに生の人参一本を丸ごと入れて、それをボリボリ食べるのも定番でした。僕がホームステイしていた家では出なかったですが、別の家にホームステイしたた日本人はそれを昼食弁当に持たされて「馬じゃねえんだから・・・」とぼやいていました。 生人参は嫌味な味少な目で割といけるし歯ごたえは素晴らしい?・・・のですが、日本なら細かく切ってスティックにすれば食べますけど、一本丸ごとは固さに抵抗ある食べ方かもなあ。 

そう言えば、アメリカにある中華系や韓国系のベーカリーでも、やはりソフト系のパンが主流でハード系はないから、柔らかさへの追求はアジア圏の特徴なのかもしれない。

同記事より

僕もパンは好きなんだけど、「柔らかすぎる」ついでに「甘すぎる」と感じることもありますね。そんな僕が最近好むのは、ちょっと遠くにあるスーパーで売ってる98円のバゲットです。撮影前に1/3食べてしまったけど、コスパいいのも良。旨いからすぐ一本食べきってしまうのだけれど。

 

バゲットとは、細長い形をしたフランスパンのこと。フランスの家庭で最もよく食べられるフランスパンとして知られています。その形からフランス語で「杖」や「棒」という意味・・・

細長い形状のため火が通りやすく、表面のクラストの部分がカリッと香ばしい食感に仕上がります。内側のクラムの部分は白く大きな気泡がたくさんあって、もっちりとした食感です。バゲットは細長いためクラムの部分は少なめ。バゲットは、クラムを味わうというより、表面のクラストを噛み締めながら食べるのが真骨頂と言われます。・・・

バゲットの主な材料は小麦粉と水、塩とイーストとたいへんシンプルです。卵や乳製品、砂糖などを使わないハード系のパンに属します。

バゲットとは?フランスパンとの違いや種類について解説!

食べると顎がつかれるくらいの固さ(「噛み締める」って言いえて妙)なんですが、これが旨い。内部の「もっちり」感もいいし、甘くないのもいいですね。「パンをちゃんと食べている」気がします。

まあ、年を取ったら歯も悪くなるだろうし、僕も柔らかい肉やパンを好むようになるのかもしれませんけど。それいうなら、欧米の高齢者は、年をとっても歯ごたえある肉やパンを好むのかなあ? マッチョならともかく、やっぱり柔らかい方が老体には好まれそうな気もします。

一方、アジア圏でもフランス植民地だったベトナムでは、しっかりしたフランスパンが国民食並みに食べられています(バインミー:ベトナムのサンドイッチ)

バインミーは本来ベトナム語で「パン」という意味ですが、そのパンに具材を挟んだバインミーサンドイッチが略されてバインミーと呼ばれているようです。ちなみにベトナムでパンというと「フランスパン」のことを指すのだそうですよ。

ベトナムのサンドイッチ「バインミー」とは?特徴やおすすめレシピをご紹介

あと事実かどうかは分かりませんが、イギリス料理の悪口を言う際に、「野菜をくたくたになるまで煮込んだもの(すなわち柔らかい)が出てくる」というのもありますね。

過剰な調理方法にも特徴があります。野菜を茹ですぎる、肉も焼きすぎて固くなるなど、必要以上に調理をする傾向にあるので食感も悪くなり、味の薄さも相まって、イギリス料理は不味いと言われる要因に繋がっているようです。

イギリス料理 その特徴やおもな料理の解説

「欧米人が歯ごたえを好み、アジア人が柔らかい食べ物を好む」というのは面白い説とは思いますが、そこまではっきりとは言えないような気もします。 むしろ、国民の平均年齢との相関があるんじゃないの(高齢化が進めば柔らかいものを選ぶようになる)とか。

まあ究極的には好みの問題なのでどっちでもいいんですけど、こういうのに差が出てくるんだとしたら、ちょっと面白い と思った次第。