西尾の文化財(26) 寺津散歩

スポンサーリンク

以前、このブログで寺津八幡社を取り上げました。

西尾の文化財(18)寺津八幡社

寺津の地は吉良氏の家老を務めた「大河内氏」発祥の地で、寺津城がありました。

町は名前の通り「寺と津(港)」が特徴的です。古くからの漁師町で、たくさんのお寺があります。 大河内氏の痕跡と文化財を求めて散策!

航空写真でも、たくさんのお寺があることが分かります。赤で囲った箇所を訪問しました。(寺津八幡社は上記記事で紹介済)

浄名寺

それほど大きなお寺ではありませんが、このお寺には「円空仏」が安置されています。

円空とは、江戸時代前期の僧・仏師。一説に生涯に約12万体の仏像を彫ったと推定され各地に「円空仏」と呼ばれる独特の作風を持った木彫りの仏像を残した。(wiki)

浄名寺
浄名寺円空仏

うーむ、大胆なデザイン!!円空はこの材に仏を感じたんだろうか?? 解説によれば、もともと伊勢にあったそうですが、明治時代の廃仏毀釈の時期に、三河の地に逃れて来たようです。(市指定文化財)

妙光寺

室町時代の薬師如来像があるそうです。(市指定文化財)

養国寺

浄土宗西山深草派三河十二本寺の一つ。境内は、古刹って感じで落ち着いてます。

寺には、「仏涅槃図」という南北朝時代の仏画があるそうです。(市指定文化財)

瑞松寺

小規模なお寺です。境内のあたりが寺津城の主郭だと言われています。

本堂の脇に「寺津城跡」の石碑
稲荷は小山(盛土?)の上

寺津の町は南北に連なる碧海台地にあり、標高が4mくらいあります。寺の辺りから西側は緩やかな坂になっており(左下写真)、坂の行き詰まりに湾が深く入り込んでいます(航空写真参照)。

寺津城はその最深部(港)を抑える拠点に位置しています。

城付近から入り江を見る
湾奥(寺津湊)から三河湾方向を見る

金剛院

瑞松寺の南東、道路を挟んであるお寺です。このお寺には、最後の寺津城主だった大河内信貞、秀綱の供養塔が残っています。お寺の辺りが寺津城の南曲輪にあたり、大河内氏祖先の供養のために設立されたお寺だそうです。

金剛院
金剛院の宝篋印塔(市文化財)

投稿者:

モト

元河川技術者、現在は里山保全の仕事をしているおっさんです。西尾市在住の本好き歴史オタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください