何れ菖蒲か杜若 (いずれあやめかかきつばた)

スポンサーリンク

というフレーズが日本語にはあります。「どちらもすぐれていて、選択に迷うことのたとえ」として使われます。 どちらの花もよく似ていて、どちらも美しいんです   ・・・これが前置き。

さて。ちょうど花菖蒲が見ごろ。ほぼ満開なのでございます。

これはハナショウブ

前置きから想像がつくかと思いますが、あたくし「ショウブとアヤメとカキツバタはどう見分けるの?」という質問を頂いたのでございます。

「だいたい一緒です。」では許してもらえないので、勉強してみましたよ。ええ。

これが実にややこしい。表をご覧くだされ。

金田一「散歩で見かける野の花・野草」日本文芸社より。 注は私の私見です。

まず「菖蒲」と書く植物は、ショウブ、アヤメ、ハナショウブと少なくとも三種類ある。 なんでアヤメを「菖蒲」と書くのか・・・知らんがな。誤解のもとだよねぇ。

端午の節句に「菖蒲湯」として葉を風呂に入れるショウブは、サトイモ科の菖蒲。サトイモ科のこやつの花は、「蒲の穂」みたいな感じで、カキツバタやアヤメの花と間違えることは絶対にない。

カキツバタやアヤメと間違える菖蒲は、たぶんハナショウブ。この三種類はすべてアヤメ科なので、花も立ち姿もよく似てる。

ハナショウブというのは、野生のノハナショウブを品種改良して、園芸種として植えられている花だ。上の写真を見てくだされ。花をよく見ると小さな花びらが上向きに付き、下向きに三枚大きな花びらが垂れ下がっとるじゃろ。 この形はカキツバタ、アヤメ、ハナショウブにほぼ共通しとる。

見分けるのは、下向きの大きな三枚の花びら。「花弁」というのだけど、ハナショウブはこの基部が黄色い斑点なのじゃ(写真)

アヤメは黄色地に紫色の網目、カキツバタは黄色か白色のすじが入る・・・

それから、アヤメは乾燥を好む。カキツバタは湿地を好み、ハナショウブは中間。ってことは、畑にあればアヤメかハナショウブ。水田周りや湿地にあればカキツバタかハナショウブだ。

また、アヤメとカキツバタと比較すると、ハナショウブはやや大型にもなれ、花の咲く時期もすこし遅い。

そのあたりを参考に、見分けて下されい。

 

 

ちなみに学名(ラテン語)表記するとこのようになる。

  • ショウブ    Acorus calamus
  • アヤメ     Iris sanguinea
  • カキツバタ   Iris laevigata
  • ハナショウブ  Iris ensata var. ensata

学名は「属名」と「種名」から成ると決められているので、ショウブはAcorus属「calamus(和名分類なら、ショウブ属ショウブ。正確にはショウブ目ショウブ科ショウブ属ショウブ)

なので、学名を見ただけで、ショウブとアヤメ・カキツバタ・ハナショウブは属が違うから、いろいろ見た目違うはず、後者三つは同じ属だからよく似てるんだろうな と推定できる・・・か?

 

 

 

投稿者:

モト

元河川技術者、現在は里山保全の仕事をしているおっさんです。西尾市在住の本好き歴史オタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください