西尾に残る伊奈忠次の足跡(西方寺、東禅寺、安楽寺)

スポンサーリンク

江戸時代、「関東郡代」という役職がありました。関東地方の幕府直轄領約30万石を管轄し、行政・裁判・年貢徴収・警察権を統括する重職です。この役職は十二代まで「伊奈家」が代々世襲していました。(細かいこと言うと、伊奈家の世襲時代、この役職は「関東代官」と呼ばれていましたけど)

また役目柄、新田開発、河川改修(利根川や荒川の付け替え)の総指揮も行うなど、当時の土木技術官僚のトップでもありました。なので関東代官の官位「備前守」に由来する備前渠や備前堤と呼ばれる運河や堤防が関東地方を中心に残されていたり、「伊奈流」という治水技術の名称が残されてたりします

その初代の関東代官が伊奈忠次なんです。まあ江戸時代の農地開発や民政、土木史や治水史のマニアには有名な名前っすね。で、この人は西尾市の出身なのれす。

1550年に、西尾にあった小島城の城主・伊奈忠家の子として生誕。

小島城は、背後と側面を矢作川(現矢作古川)に守られた小高い丘の上に建てられた要害でした。その後廃城となり、丘は工業団地として整地されちゃいました。そこに「アイシン精機・城山工場」が建てられ、後に工場が分社化し「アイシン・エーアイ本社工場」となりました。経済的な意味で、不落の堅城を築いたとも申せましょう?

いや、今日の話はそちらではありませんでした。

城がなくなったあとも、当時「小島」にあった三つの寺は伊奈氏の取り計らいにより、江戸幕府から領地を認められた、格式の高い寺として残されたのです※。それが西方寺、東禅寺、安楽寺です。 下に小島城と小島三か寺の位置を示した航空写真を示します。▲の場所が、小島城のあった場所です。

※江戸幕府から領地を貰っていたお寺はその時代は豊かだったのですが、明治維新で江戸幕府からもらった領地は取り上げられてしまい、それ以降、寺の維持に苦労するところが多いんですが(笑)

西方寺(浄土宗)

西方寺

山門前に石碑が建てられ、「小島城主山田七蔵重宗 伊奈備前守忠次」と書かれています。最もこの石碑は裏に戦死者の名前が彫られているので(笑)、比較的最近建てられたものですね。境内は狭いですが、中に入ってみましょう。

裏山墓地への通路。少し趣があるかなあ。狭いですが

石碑本堂の左手から裏山の墓地に向かう通路の途中に「城山稲荷」の石碑が残されています。

城山稲荷  

東禅寺(黄檗宗)

背後に山を背負い、前に水田(転作中)。道は一本しかない。要害の地ですな。
山号は「紫雲山」・・・松が多く紫雲がたなびくように見える・・・かな?
本堂

このお寺の宗派は「黄檗宗」です。この宗派は江戸時代に明から伝わった禅宗の一派で、この宗派のお寺は少なく非常に珍しいです※。ちなみに全国での禅宗寺院数は(曹洞宗14808、臨済宗5780、黄檗宗460)、西尾市内には、この寺しかありません。(曹洞宗17、臨済宗14、黄檗宗1)。

珍しい宗派だから、寺院内にも珍しいものがあるのかな・・・僕が気が付いたのは本堂の屋根ですね。お寺の屋根にしゃちほこが付いてるのは、ちょっと珍しいと思うんだけど、どうなんだろ?それから屋根中央付近に「相輪」(五重塔の先端の金属部分)の先端みたいなのが付いてるんですよね。これは珍しいとおもうけどな。なんだろ?

墓地に一般の方の墓は少なかったので(すなわち檀家が少ないということ)、なかなか維持していくのは大変でしょうねぇ。他人事ながら。

んで、なんでここに黄檗宗の寺があるのか、少し調べてみたけど、不明でした。ただもとから黄檗宗の寺として建てられたのではないようです。

※江戸時代初期に来日した隠元隆琦(1592 – 1673年)が開祖。本山は、隠元の開いた京都府宇治市の黄檗山(おうばくさん)萬福寺。隠元(いんげん)さんは、その名に由来するインゲンマメのほか、孟宗竹、スイカ、レンコンなどをもたらした とも言われています

安楽寺(真宗大谷派)

安楽寺

このお寺は、前二つのお寺と比べると、お墓の数も多いし、建物も立派なんで、わりかし維持に成功してるのかな・・・下世話ですいません。

このお寺は室町時代に「小島道場」と呼ばれていたそうです。道場ってのは「布教所」くらいのいみですね。だから真宗中興の祖、蓮如氏から六字名号(「南無阿弥陀仏」の六文字を書いた紙)が贈られ、本尊として祀られていた そうです。今はちゃんとした仏像を祀ってると思いますけど。

 

 

 

 

 

投稿者:

モト

元河川技術者、現在は里山保全の仕事をしているおっさんです。西尾市在住の本好き歴史オタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください