ゴーン氏会見。しょぼかったけど、日本のオウンゴールでゴーン勝利じゃね?

go-went-gone  レバノンに風と共に去りぬゴーン氏が、昨日の午後10時に記者会見したですね。

会見を見たのび太記者の感想:ゴーン・ジャイアンは、裏切った西川スネ夫がゆるせなかったんだねー。てかそれじゃ普通過ぎてネタにならねー。 箱の中に隠れて出国したんだから、その武勇伝とか、自分をはめた日本国政府の関係者の名前ぐらい暴露してくれないと、辺鄙な国に招待されて来たのに報道機関へのお土産が話がないじゃねーか。助けてよドラえもん!  

頼られたドラえもん。四次元ポケットから驚きのネタを提供。なんとドラえもんの正体は、日本の法務省(司法担当省庁)という。オウンゴール・・・

ゴーン氏はのメイン主張は「日本の検察のやり方がひどすぎる。自分はその犠牲者だ」だったと思います。

ゴーン被告は「弁護士の同席なしに1日8時間にわたって尋問を受けた」、日本の有罪率は99%に達する国で、「外国人はおそらくもっと高い」と日本の司法制度を強く批判した。「自白しないと家族を追いかけることになると言われた」という。

ゴーン被告が逃亡後初会見 日産の西川前社長ら6人を名指しで批判

いや犠牲者かどうかの前に、アンタの容疑について説明しろよ ってのが正当なツッコミではあります。ともあれ 「日本の検察のやり方がひどすぎる」って部分を防戦する法務省は、日本時間の夜中に大臣が臨時の記者会見。日本の役所が夜中に会見って、相当のことっすよね。

森法務大臣は、9日午前1時前に法務省で臨時に記者会見し、「ゴーン被告は、嫌疑がかかっている経済犯罪について、潔白だというのであるなら、司法の場で正々堂々と無罪を証明すべきだが、国外に逃亡し、刑事裁判そのものから逃避した。どの国の制度のもとでも許されることではない」と指摘しました。

NHK神奈川 森法相「逃亡正当化看過できず」01月09日 07時04分

・・・こんなつまらない定型コメント出すくらいなら、日中の開庁時間にある定例記者会見まで待てばいいのに。 てか内容はともかく、対応がイレギュラー過ぎて「日本の司法制度っておかしいかも って実は法務省自身が思ってて、過剰反応してんじゃね?」って外国人記者に思われないかな? と僕は思ったんですけど・・・

なんと! この会見で法務大臣が大事なとこで失言し、しかもその映像を取られちゃいました。映像はそのまま(少なくとも日本では)報道されちゃいました。で、炎上。

「潔白というのならば、司法の場で正々堂々と無罪を証明すべき」と発言したと報道され、波紋を呼んでいる。

刑事裁判では、被告人が有罪であることを検察官が証明しなければならず、被告人やその弁護人が無実であることを証明する責任はない。

「無罪証明」は1月9日、ツイッターでトレンド入りし、弁護士らを中心に「ありえない」「ゴーンの主張を認めることに・・」などと話題になっている。

森法務大臣「無罪証明すべき」発言がトレンド入り 「ありえない」と波紋

法相は会見後、自身のツイッターで発言を訂正されたようです。ことは「と発言したと報道され」ではなく「そう発言した」のね。まーったく 政治家ってのはどうしようもないなあ・・・と思ってたら、 言いまちがいとのこと。おい、そこ間違えたらどうしようもなくね?しかもこの人は素人さんではなく、 司法試験をパスした弁護士さんだそうで。

その後、ツイッター上で「無罪の『主張』と言うところを『証明』と言い違えてしまいました」と訂正した。・・・「記者の皆様に配布したコメント文面には”わが国の法廷において『主張』すればよい”と記載してましたが私が言い違えてしまいました。無罪推定の原則は当然重要な原則であり日本の司法もこの原則を遵守しております」とつづっている。

森まさこ法相、「無罪証明すべき」発言訂正「主張と証明を言い間違えた」

ダメだわこれ。いくら紙に正しいことが書かれていたとしても、一番間違えてはいけない部分を間違って映像取られてるんだもん。 大臣はもちろんお粗末なんだけど、記者会見でそんな映像を取らせちゃった法務省もダメすぎる。

そりゃね、日本国内なら「言いまつがいだった。配布した文書が正しいんで、これで報道しろ」って通達すりゃ通じるかもしれないよ。でもこの事件の詳細知らない海外の人が、映像見たうえでわざわざ文書読む?海外の記者は喜んでこの映像流すよね。おもろい、いいネタだもの。

映像を流されたら「日本という国は、司法制度の責任者である現職の担当大臣が、法の原則に照らし明らかにおかしな発言をしている映像証拠がある。ゴーンの言うように司法手続きに問題のある国のようだ。しかも 法律の専門家である弁護士の資格を有する司法担当大臣が言うんだから、マチガイなす。」というイメージを持たれてしまうよね。 

ゴーン氏はもう日本にいないんだから、国際世論を味方につけないと日本への送還も無理だよね。でもそのためのイメージ戦略で、日本はもう負けてしまったようだね。しかも本質的じゃない部分で。決して相手の広報戦略もうまくはなかったと思うんだけどね。

ついでに。この後野党は、法務大臣の任命責任を首相に追及するんだろうけど、報道された首相のコメントも逝ってますな。ゴーンさんの会見前だろうけど。

安倍晋三首相は8日夜、キヤノンの御手洗冨士夫会長らと東京・銀座の日本料理店で会食した。金融商品取引法違反の罪などで起訴され、レバノンに逃亡した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告についても話題になった。
 同席した自民党の河村建夫・元官房長官によると、ゴーン被告の記者会見も話題になり、首相は「本来、日産のなかで片付けてもらいたかった」と語ったという。

安倍首相、ゴーン被告逃亡に「日産内で片付けてもらいたかった」

首相は「本来、日産のなかで片付けてもらいたかった」と語ったという。 って、政府関与を認めたようなもんじゃないすか。いや、そりゃ関与してただろうけど、それ広報戦略上、公にしたらまずくないすか?

1月16日追記 参考記事 元記事はもっと長いけど、印象に残った部分を引用。

ゴーンに惨敗した日本、森法相の大失言が世界に印象付けた「自白強要文化」

1/16(木) 6:01配信  (ノンフィクションライター 窪田順生)

 日本から逃亡してレバノンで記者会見を開いたゴーン氏に対して、森雅子法務大臣が放った一言が、国際社会で「日本の司法制度の欠点を表している」と物議を醸している。この一言で、日本vsゴーンの第1ラウンドは、「日本の惨敗」が決定的となった。

ゴーン陣営が国際世論に対して仕掛けた「日本の司法制度はうさんくさい=ゴーン氏にかけられた疑いもうさんくさい」という印象操作に、まんまと日本側が放った「反論」も一役買ってしまっているのだ。

・・・

(森法相の)あの発言は言い間違えではない。もともと弁護士として立派な経歴をお持ちなので当然、「推定無罪の原則」も頭ではわかっている。しかし、世論を伺う政治家という職業を長く続けてきたせいで、大衆が抱くゴーン氏への怒りを忖度し、それをうっかり代弁してしまったのだ。

 なぜそんなことが断言できるのかというと、我々が骨の髄まで「推定有罪の原則」が叩き込まれている証は、日本社会の中に山ほど転がっているからだ。

・・・

日本人としては認めたくないだろうが、この件に関して国際社会の感覚からズレているのは、ゴーン氏の代理人ではなく、我々の方なのだ。


 2013年5月、スイス・ジュネーブで、国連の拷問禁止委員会の審査会が開かれた。これは残酷で非人道的な刑罰を禁じる「拷問等禁止条約」が、きちんと守られているかどうかを調べる国際人権機関なのだが、その席上でアフリカのモーリシャスのドマー委員がこんな苦言を呈した。
 「日本は自白に頼りすぎではないか。これは中世の名残だ」


アフリカの人間に、日本の何がわかると不愉快になる人も多いだろうが、この指摘は非常に的を射ている。足利事件、袴田事件、布川事件などなど、ほとんどの冤罪は、捜査機関の自白強要によって引き起こされている。


鋭い指摘をするドマー委員に対して、日本の代表として参加した外務省の上田秀明・人権人道大使は「この分野では、最も先進的な国のひとつだ」と返したが、日本の悪名高い人質司法などは、参加者たちの間では常識となっているので、思わず失笑が漏れた。すると、上田大使はこのようにキレたという。
 「Don’t Laugh! Why you are laughing? Shut up! Shut up!」(笑うな。なぜ笑っているんだ。黙れ!黙れ!)

ダイヤモンド・オンライン

記事の内容には全く同感です。嘆息しかないすね。されど我が祖国・・・

投稿者:

モト

元河川技術者、現在は里山保全の仕事をしているおっさんです。西尾市在住の本好き歴史オタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください