秋の景色

写真特集です。撮影者が下手なので、動かない静物ばかりです(笑)。本当赤とんぼがまとまって飛んでいるところとか、写真に収めたいんですけど。

筆柿

上部の葉っぱは、柿の葉寿司の包みにもよさそうです!

ガマノホ

コイツは、秋でなくてもできてますけど、なんとなく秋っぽかったので。

葉っぱは病気か虫にやられてるんだけど、立派な実(次世代)をつける健気さよ。まあ、それを人間様は頂くんだけどね(笑)。

ススキ

秋のド定番。そういえば、数日前が「中秋の名月」でしたね。

ヒガンバナ(彼岸花)

「彼岸」というのは「あの世」を意味します。 これだけ集まって咲くと壮観ですね。ちなみに、白い彼岸花ってのもあります。

綿

ワタもそろそろ収穫期です。白い繊維塊の中に、大きな種が育っています。最初は固い塊だった白い繊維は、次第に崩れモコモコの固まりになり、やがて崩れていきます。モコモコの段階で収穫するのがいいんじゃないかな。

投稿者:

モト

元河川技術者、現在は里山保全の仕事をしているおっさんです。西尾市在住の本好き歴史オタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください