自民党保守派(皇室護持派?)は、政府のこの対応、許していいの?

加藤官房長官は、西村長官の発言に関し「宮内庁長官自身の考え方を述べられたと承知している」と指摘。政府としては、安全・安心な東京大会の実現に向け、着実に準備を進めてきたいと繰り返した。
 共同通信によると、西村長官は24日の定例記者会見で、東京五輪・パラリンピックへの天皇陛下の受け止めについて「陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を大変心配されている。国民に不安の声がある中で、開催が感染拡大につながらないか、懸念されていると拝察している」と述べた。

五輪で感染拡大懸念「拝察」発言、宮内庁長官の考え=官房長官

菅首相は25日、記者団の取材に応じ、西村宮内庁長官が東京オリンピックに関する天皇陛下の受け止めについて、「開催が感染拡大につながるのではないかと懸念されていると拝察している」と発言したことについて問われ、「きのう官房長官からも会見で申し上げているように(西村宮内庁)長官ご本人の見解を述べたと理解している」と述べた。

【速報】菅首相も「宮内庁長官ご本人の発言」 “陛下が五輪で感染拡大を懸念と拝察”に

宮内庁みたいな硬い役所が、定例記者会見で「天皇陛下が〇〇のように認識されている、と拝察している」と発言するにあたり、本人の了承を得ずに行う なんてことは考えづらいですね。ましてや爆弾発言を行う際には特に念入りに打ち合わせの上発言するものだと思います。

なので、この発言は「宮内庁長官としてこのように拝察しました」という形式をとってはいるけれど、実は天皇陛下の気持ちそのものではないかと思うのです。

天皇本人が「開催が感染拡大につながるのではないかと懸念している」と発言したら誤りなく伝わるでしょうが、それはできない相談ですから。

なぜなら、そんなことを天皇が言ってしまうと、国の政治(オリンピック開催)に関わる発言なので、憲法で禁止されている行為に該当してしまうから。

「天皇は・・・国政に関する権能を有しない。」 憲法第4条

自分の意見をストレートに言えないことを良いことに、宮内庁長官の発言を、政府(首相、官房長官)が、本人に確認ぜず「このように理解しました」と切り捨て、「政府は政府で頑張ってますから」といういつものセリフで済ませるだけで良いんか?

言ってる内容はさておき、形式的にも、紋切り型の対応で済ませるなんて、戦前だったら、不敬罪に当たるんじゃないかと思うんですよ。

皇室護持を掲げる保守的な自民党の議員の方々は、政府(あるいは自党の総裁、幹部)の塩対応、どう思われるのでしょう?

22日に、菅首相から天皇へ内奏(オリンピックに関すること?)があった上での宮内庁長官の24日定例記者会見での発言ってのも、少し気になる伏線です。なにせオリンピック・パラリンピックの名誉総裁が天皇陛下なんだから、なにか言いたくなるのも当然だと思うし。

日テレNEWS24

参考記事

【解説】宮内庁長官「天皇陛下が五輪懸念と拝察」発言が波紋呼ぶ…実際のやり取りは?なぜ今…

東京オリンピックまで1か月を切る中、宮内庁の西村泰彦長官が24日、天皇陛下の思いを「拝察する」と発言して、波紋を呼んでいます。発言の真意は何なのか、どのような影響があり得るのか、詳しく説明します

Yahooニュース

投稿者:

モト

元河川技術者、現在は里山保全の仕事をしているおっさんです。西尾市在住の本好き歴史オタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください