今年の夏「も」やっぱり暑いのか?

今日(8日)の中日新聞記事を読んでてそう思いました。結論から述べると、暑くなりそうですね・・・今年の夏も、大変だなあ。

まずは1面の記事。

政府は6月7日、今年の夏と冬は電力需給が極めて厳しい状況にあるとして、企業や家庭に節電を呼び掛けると発表した。数値目標のない節電協力要請は2015年以来7年ぶり。
国内の電力供給は自然エネルギーの導入に伴う火力発電所の休廃止に3月の福島県沖地震の影響も重なり余裕のない状況が続く。「10年に一度」の猛暑や厳冬を想定した場合、7月は東北、東京、中部エリアで電力供給の余力を示す予備率が3.1%と厳しくなる。

政府、夏の節電を要請 「12年度以降で最も厳しい」

様々な理由で、電気供給力に余裕がないことも確かだけれど、政府が「10年に一度の猛暑」を想定した結果として、7年ぶりに節電を呼びかけると。

政府だって、回避できれば不人気な呼びかけなぞしたくないでしょうから、「猛暑になる可能性が高い」と考えているのだろうと思いまして。暑くなればエアコンガンガン使うから、電力需要量が急速に高まると。

そういう目で新聞を読んでると、27面に「迫る真夏 エアコン品薄」(これは半導体不足+上海封鎖が原因)という記事が来て、ヤレヤレと思う隣に「平年より暑くなりそう」 という記事も載っていました。いろいろ記事が(出来事が)連動してるのだな。

中部六県(愛知、岐阜、三重、長野、福井、滋賀)の夏は、平年より暑くなりそうだ。熱中症の救急搬送者は五月以降、急増しているが、今後さらに増える恐れがある。
 消防庁によると、五月一〜二十九日の中部六県の搬送人数(速報値)は計三百二十八人で、前年同期(百八十三人)の二倍近くになった。このうち、各県別の最多は愛知の百二十七人で、前年同期(九十一人)の一・四倍。滋賀は前年同期比三・八倍の五十三人だった。
 気象庁によると、六〜八月は中国大陸から張り出すチベット高気圧と太平洋高気圧がともに平年より勢力を北寄りに広げ、日本付近は暖気に覆われやすいとみられる。このため、全国的に平年より暑くなる見込みだ。

平年より暑くなりそう 室内の熱中症対策は

気象庁の原文はこちら。 3ヶ月予報だけど、5,6,7月の分しか見つけられませんでした。まあ、8月も同様 ってことなのかな。 気象庁→夏は暑い

 予報のポイント
暖かい空気に覆われやすいため、向こう3か⽉ (05⽉〜07⽉)の気温は北・東・⻄⽇本で⾼いでしょう。
予想される海洋と⼤気の特徴
地球温暖化の影響等により、全球で⼤気全体の温度が⾼いでしょう。
海⾯⽔温は太平洋⾚道域の中部から東部では低い⼀⽅、太平洋熱帯域⻄部で⾼い⾒込みです。このため、積乱雲の発⽣は太平洋⾚道域の⽇付変更線付近で少ない⼀⽅、太平洋熱帯域⻄部で多いでしょう。
これらの影響により、チベット⾼気圧は北側で強く、上空の偏⻄風はユーラシア⼤陸から⽇本の東にかけて平年より北を流れやすいでしょう。太平洋⾼気圧は北への張り出しが強いでしょう。

気象庁 | 季節予報解説資料

JAMSTIC(海洋研究開発機構)の季節ウオッチも見てみましょう。地球の季節長期予測には、大きな熱容量を持つ「海洋」の影響は大きいですからね。 JAMSTIC→夏は暑い

日本の夏は気温が平年より高く、降水量が平年より少なくなる見込みです。ただし、中高緯度の予測精度には限界がありますので、今後の情報に十分に注意されてください。

原因の1つとして、海水温の変動が挙げられます。太平洋の熱帯域では、中央部から東部で海水温が平年より低く、西部で高くなる、ラニーニャ現象 のような状況が続く見込みです。インド洋の熱帯域では、東部で海水温が平年より高く、西部で低くなる、負のインド洋ダイポール現象 が発生し、極めて強く発達する見込みです。

2022年5月号 今年の夏は?

部屋にエアコンない人は、早めに買っておきましょう。 あとは・・・できるところでは、できるだけマスクを外して、熱中症になるリスクを下げましょう。

今月に入って、学校で運動中に熱中症の疑いで生徒らが集団搬送されるケースが相次いでいる。
 大阪市中央区の大阪女学院中学・高校では2日、生徒約1300人が参加する体育大会が行われ、生徒29人と保護者1人の計30人が体調不良を訴え、救急搬送された。同校によると、ほぼ全員が参加する「応援合戦」の最中で、学校関係者は「応援合戦を含め、競技中はマスクを外すよう指導していた」と説明した。
 3日には、兵庫県尼崎市の市立立花中学校で体育大会の練習中、生徒22人が吐き気や頭痛などを訴え、病院に搬送された。約570人が行進の練習中だった。ほぼ全員がマスクを着用していたといい、同校は「十分な間隔を確保できないため、マスクを外すよう指導していなかった」とした。

体育の授業中に児童12人熱中症か…学校で集団搬送相次ぐ、ほぼ全員マスク着用の学校も

この手の話、最近多いですね。 今やコロナより、熱中症のほうが危険な気がしますね。特に子供にとっては。 十分な間隔が確保できないなら、マスクつけるつけないは別として、「体育大会で行進」なんてやめればいいのに。軍隊だから無理か。

6月23日参考記事

「今年の夏はかつてないほどの超酷暑になります。例年1500人以上が熱中症で亡くなりますが、今年はそんな数では収まらないでしょう。梅雨明けから10日間がとくに暑くなるので注意が必要です」(気象予報士の森朗氏)

梅雨が明ける7月末に日本列島に「殺人熱波」が訪れる。原因となるのはラニーニャ現象と負のダイポールモード現象が同時に起こること。森氏が解説する。

「まずラニーニャ現象によって西太平洋の海水温が上昇し、太平洋高気圧の北への張り出しが平年より強くなっています。さらに今年は東インド洋でも海水温が上がり、チベット高気圧が東へ張り出しています。これが負のダイポールモード現象です。つまり、日本上空が2つの高気圧に挟み込まれる形になる。たとえるなら真夏に分厚い布団を2枚重ねているような状態になります」

7月末に東京で42℃ 今年の夏は超酷暑!

ラニーニャと負のダイポールモード現象により、酷暑の可能性あり  だそうな。やれやれ。

投稿者:

モト

元河川技術者、現在は里山保全の仕事をしているおっさんです。西尾市在住の本好き歴史オタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください