豊葦原瑞穂国

豊葦原瑞穂国と書いて「とよあしはらみずほのくに」 と読みます。「葦原が広がり、稲穂の豊かに実る国」というような意味です。日本書紀や古事記に出てくる日本国の美称です。(正確に言うと、古事記では「豊葦原穂国」)

台風19号の災害を受けてから、ハザードマップをしっかり見ておきましょう!とニュースとかでよく聞くようになりました。

例えば、鹿児島テレビ 台風19号 県内の専門家に聞く「ハザードマップの重要性」

ハザードマップは凄い重要なんで、是非見ておいてほしいんですけど、それ以前に、

そもそも我々が住むこの日本という土地(の人が多く住む場所の大半)は、もともと 「葦原が広がり、稲穂の豊かに実るような大湿地帯だったのだ!」ということを頭に入れておいてほしいっす。それに日本の美称が「豊葦原瑞穂国」って、教養として自慢できますし?

日本の人口の大半が住んでる洪積平野ってのは、もともと手の付けられん湿地だったのですよ。そこは大規模な堤防が築かれて始めて人々が暮らせるようになった土地なのです。そういう基盤整備の上に、いまの我々の日常生活があるってことは忘れたら危ないのです ってことは知識として知っておいてよい話ではないかと思います。

ここんとこ読んでる タットマン「日本人はどのように自然と関わってきたのか」築地書館 で、これをうまくまとめた箇所があったので転記します。

日本列島は地質学的な時間尺度では、誕生してから日が浅いので、洪積平野には険しい山地が迫っている。また、列島の地理的な位置に起因するのだが、特に梅雨や台風の季節には、突発的な豪雨にたびたび見舞われるために、山地の斜面から大量の水が洪積平野の河川に流れ込み、河川の氾濫を引き起こす。その結果、河川流域は土砂で埋まってしまうのだ。

 こうした氾濫原に開発された農耕地はくり返し水害に見舞われることになるうえに、流水量の激しい変動によって、大きな河川沿いに建設された灌漑用の堰や堤防、排水溝は鉄砲水のような破壊的な水の作用に晒され、何年にもわたる建設や維持管理の苦労が数時間で無に帰すことにもなりかねない。

 その結果、日本では稲作は湿地を利用せずに、中小河川の流域や広い平野の内陸側の縁に沿った平野で始められた。こうした地域ならば、丘陵地から湧き出る水や中小河川の水を直接利用できる上に、流水量の変動にも対処しやすいからだ。広い低地は水田の開発が行われず、洪水の被害を受けにくい用途に使われた。 

(粗放農耕社会前期 起源600年まで)

ご存知のように、その後労働力の集約ができるようになり、大規模な堤防や灌漑施設が作られ(信玄堤とかね)、我々の祖先は、当時使われていなかった氾濫原を開発し、住み着き、現代ではそこに都市に築き暮らしているわけ。

普段はあんまり意識しないのだけれど、災害とか極限の状態になると、あるいはその対策を考えようとすると、その土地の深層を意識せざるを得ない ってのが、人間と土地との関係性なんじゃないでしょうか。

※参考

引用文の中に、(「粗放農耕社会前期の)日本では稲作は湿地を利用せずに、中小河川の流域や広い平野の内陸側の縁に沿った平野で始められた。 」とありますが、西尾市の場合、 日本武尊に従軍した建稲種命(幡頭神社祭神)の二人の息子が、津平や蘇美を開発した時代 ってのがこれに当たるんじゃないかと妄想していますが・・・

 詳しくはこちら。西尾の古墳時代

当時尾張の国にいた建稲種命(尾張国造とも)は日本武尊に従軍。帰りに船で凱旋中、海に落ちて死んでしまい、漂着した宮崎の岬に葬られました。(幡頭神社の祭神)。

その息子の建津牧命は津平を開拓(上記・志葉都神社の祭神)し、別の息子の建蘇美彦命は蘇美を開拓(蘇美天神社の祭神)しました。

この話、どこまで本当か分かりませんが、ヤマト政権に協力する海人の頭(が海に落ちて死亡って・・・)が幡豆に入植。その後内陸の丘陵の稲作適地(平野は洪水の恐れが高く、広い山間の谷間で水の得やすい小河川があるところ)へと勢力を拡大していった ということを示唆していそうです。

利根川を事例に、治水の検証を

「八ッ場ダムが首都圏を救った」「利根川が氾濫しなくて済んだ」という礼賛がSNSで拡散されていたそうです。

確かに、今回八ッ場ダムはその能力を最大限発揮して、利根川中流部(基準点栗橋地点)で17㎝程度の水位低下をしたようです。

八ツ場ダムの洪水位低下効果は利根川中流部で17㎝程度
本洪水では栗橋地点の最大流量はどれ位だったのか。栗橋地点の最近8年間の水位流量データから水位流量関係式をつくり、それを使って今回の最高水位9.67mから今回の最大流量を推測すると、約11,700㎥/秒となる。八ツ場ダムによる最大流量削減率を3%として、この流量を97%で割ると、12,060㎥/秒になる。八ツ場ダムの効果がなければ、この程度の最大流量になっていたことになる。

 この流量に対応する水位を上記の水位流量関係式から求めると、9.84mである。実績の9.67mより17㎝高くなるが、さほど大きな数字ではない。八ツ場ダムがなくても堤防高と洪水最高水位の差は2m以上あったことになる。したがって、本洪水で八ツ場ダムがなく、水位が上がったとしても、利根川中流部が氾濫する状況ではなかったのである

八ツ場ダムは本当に利根川の氾濫を防いだのか?

この方は「八ッ場ダムの必要性は失われている」という立場なので、 水位低下17㎝はさほど大きな数字ではない。 と結論づけられています。ですが、17cm水位を下げたという数値は、ダムとしては肯定的に評価すべき値だと思います。

ただし、今回の事例は一回限りの特例です。八ッ場ダムは「10月2日から試験湛水中※」だったため、その容量のほぼすべてを治水用に使い、十分に水を貯めることができたからです。

八ッ場ダム工事事務所 報道資料より

今回八ッ場ダムはよく頑張ったんだけど、完成後は「多目的ダム」として運用されるので、今回のようにダム容量すべてを治水として使い洪水を貯める運用は基本的にはできなくなります。(その困難さについては、前の記事に書いたので、よろしければどーぞ。)下手をすれば「洪水時防災操作」を行い、今頃SNS上が非難ごうごうだった事態になっていた可能性もあったくらいです。

だから、少なくとも治水機能については、今回の事象をもって八ッ場ダムの必要性/不要性を議論するのは早計だと思います。僕は最初に引用した「八ツ場ダムは本当に利根川の氾濫を防いだのか?」という記事の結論について、現段階で同意するものではありませんが、この記事の中で同意できる部分もあります。それは「八ツ場ダムの小さな治水効果を期待するよりも、河床掘削を適宜行って河床面の維持に努めることの方がはるかに重要である。」の後半部分について。

ダムによる治水は、雨がそのダムの上流域に集中すればかなりの効果を発揮しますが、そこを外れると効果は小さくなってしまいます。でも「河床掘削を適宜行って河床面の維持に努める」ことは、それより上流域に降ったどんな降雨に対しても効果を発揮するからです。ダムより先行させるべきだったかは分かりませんが、少なくともこれからはせっせとそれを実施し、ダム運用と併用させるべきでしょう。

もっとも、 「河床掘削を適宜行って河床面の維持に努める」と、その地点の治水安全度は向上するのですが(その地点を時間当たりに流せる水量が増加する)、それより下流の治水安全度は現状のままだと下がります(上流から、以前より多くの水量が流れて来るため。)つまり全体的にやらないと効果がない。

よく報道などで「地元がさんざん河床掘削や堤防強化を要望しているのに、河川管理者はちっともそその要求に答えてくれず、今回被害を受けてしまった・・・」って聞く台詞ですが、こういう背景もあるのかもしれません。

治水の原則として、上流の治水安全度をあげるためには、その地点より下流の治水安全度が、少なくとも現状より下がらない(水量が増加しても、十分な安全度が確保されている)状態にあること・・・を守る必要があります。でないと危険ポイントを下流へ付け回すことに終わってしまうから・・・この課題をクリアできずある地点の対策に入れないことも多いんですよね。河川関係者が「治水事業は下流から粛々とやってまいります」と何とかの一つ覚えで言うのは、この辺りの理由もあります(それを免罪符にしてたらいけませんけど)。

千曲川の破堤地点はまさにその渦中にあったところではなかったかと。破堤地点の堤防強化は済んでいたけど、下流部の流下能力が低かったので起こった破堤だったように思います。

本来の順序で言えば、下流部の流下能力をあげてから、上流部の堤防強化を図るべき なんですけど、地形的あるいは予算的な問題、あるいは用地交渉が必要なので、下流部の流下能力増強ができていない(あるいは技術的にできない規模なのかも)状態でも、下流部に悪影響を及ぼすことがなければ、施工順序を変えて先に堤防強化から実施し、その間に下流部の流下能力増強対策を急ぐということはあり得る話です(相対的にその地点の安全度は向上するし、トータルの整備期間が短縮できるから)

にしても、日本の河川の内陸部は、あのような川幅が急縮する箇所を多数抱えています。なので、そのすべてに順位付けをして、人口集中度とかを加味して順次対策をしていく・・・同じような地点を捨て置くわけにもいかない・・・のは、もちろん安全確保のためそうすべき・・・ですが、 これから右肩下りの我が国の国力で、果たしてできるものなんでしょうか? ( 理想ではなく現実問題として実現可能な解なのか。。。)

利根川は、我が国を代表する河川ですし、八ッ場ダム程度のダム適地はもう残っていないはずです。だからこの河川を代表例に、持続可能な治水、流行りの言葉を使うならSustainable Flood control GoalS (SFGS?)としてどんな手法があるのか、ここから考えてみることがひつようなのかもしれません。うーん。

※試験湛水は、船でいう「進水式」みたいなものです。船は陸上で造って、進水式ではじめて水に浮かべます。それから漏水がないか確認したり性能試験をします。それと同じで、八ッ場ダムは10月1日からダム湖に水を貯め始め、 3~4ヶ月かけてダム湖を満水にしてダムの変動や漏水がないか確認し、必要に応じて手直しをする作業中でした。