売れっ子鉄道デザイナーが関わっていた「三ヶ根駅改修工事計画」 。と川西設計論?・・・みたいなの

JR西日本の「WEST EXPRESS(ウエストエクスプレス)銀河」や、世界初の内航電気推進タンカー「あさひ」の内外装のデザインを担当した、川西康之さんってご存知でしょうか?  その手のデザインに興味がある人なら、知っているかもしれません。

6月5日日曜日の朝、町や近鉄が共同で進める結崎駅駅周辺の整備事業の一環として駅舎のリニューアル工事が行われ、ようやく新駅舎が誕生。その完成を祝うイベントがこの日、開催されるのだ。
会場の片隅でこの様子を柔和な表情で見つめている男性がいた。新たな駅舎や駅前広場のデザインを担当した川西康之さん。JR西日本の「WEST EXPRESS(ウエストエクスプレス)銀河」、えちごトキめき鉄道の「雪月花」といった観光列車のデザインを手がけた、いま最も勢いのある鉄道デザイナーだ。鉄道ファンなら知らぬ者はいない。
もっとも、川西さんの本業は建築家。駅舎のデザインはお手のものだ。付け加えれば、川西町は川西さんの生まれ故郷でもある。その玄関口となる駅をデザインしたのだから感慨もひとしおだ。

売れっ子デザイナー、人気の鍵は「聞き上手」川西康之さん、駅・船の次も鉄道分野で注文殺到

僕もその手のデザインに興味があり、特に「あさひ」の記事部分を興味深く読んでたのですが・・・、  

それはさておき、最後の一文に目が釘付けになりました。

川西さんは現在いくつもの案件を抱えて、日本全国を新幹線で駆け回る日々だ。すでに発表されたものでは、JR東海道線の三ヶ根駅の改修計画や近鉄が2024年秋に投入する新型一般車両のデザインがある。

同上

その川西デザイナーが、JR東海道線の三ヶ根駅の改修計画に携わっている!  実は、我が家から最も近いJR駅の一つが、隣町にある三ヶ根駅なのです。(バイクで20分くらい。西尾市にはJRが通ってないから・・・)        

関心のあるデザイナーが、こんな身近で活動してたなんで、全く知らなかったよ。↓ですね。

三ヶ根駅ではエレベーターを設置する工事が計画されています。
 この機会を単なるバリアフリー工事だけでなく、駅周辺地域の活性化のため、三ヶ根駅の利便性や魅力をアップできるチャンスと捉え、「三ヶ根駅未来会議」と称し、地域住民や駅利用者のニーズと課題点を把握するための会議を行っています。

幸田町  企業立地課  三ヶ根駅未来会議

この会議の運慶と取りまとめを、川西さんの事務所「イチバンセン」が受託したのですね。もっとも令和2年2月に「未来会議」は終わっており、現在は設計にかかっている段階と思われます。

将来的に、どんな感じの駅舎ができるのか楽しみです。完成したら、ぜひ見に行きたいと思います。

参考記事を検索していて、興味深い良い記事(主に川西設計論について)がありましたので、合わせて紹介します。これは既存の駅舎改修の事例です。

地方の駅舎の場合、依頼内容のほとんどは「駅に賑わいを取り戻したい」というものだそうだ。「ところが、地方の駅は驚くほど利用客が減り、乗客の多くが高校生です。しかし、少子化で生徒の数は僕らの頃の4分の1ほど。それに、生徒の定期券は半額ですから、鉄道会社はあまり儲かりません」と地方の公共交通の厳しい現状を話す川西さん。「『駅に賑わいを』という声は、かつて鉄道が地域の繁栄の象徴だった頃のノスタルジーから発せられるものだと思います。はっきり言って、人口減少が加速する今、賑わいづくりは難しい。それでも、往時の駅の輝きは取り戻せないかもしれませんが、地域住民の”心の拠り所“となる駅舎はデザインできると我々は考えています」。

川西康之さんと『イチバンセン』が運んでいくもの

これ、地方のインフラ整備に携わっていた身として、すごくよくわかります。客先の要求する当初目標「駅に賑わいを取り戻したい」って、それ設計やデザインに求めるのが無理です。  そんなことで解決できるなら、とっくにやってるって。

だから設計者としては「それはできないから、心の拠り所となる駅舎をつくる」とか、次元を落した目標に変更し、それを客先に納得させる過程(気持ちよく茹でられているカエルに、「あんたこのままだと茹で上がって死ぬ。だから湯から出て外に逃げろ」と説得する行為)がないと、多分そのプロジェクトは成功しません。

 でも、そこまでやる設計者ってほとんどいないし(とてもメンドクサイから)、自治体自体が設計者だと、そのような変更が組織的に許されず、形だけ当初目標を追い求め、立派な箱ができ、事業は失敗することになりかねません。

駅に張り込んで利用状況を調べていた川西さんは、「そのデータを知り、観光客をターゲットにするのはやめました。『あらゆる世代に喜んでもらえる駅に』とも言われましたが、それも無理。メインターゲットは高校生に定めました」。発着数は1時間に1、2本。次の列車が来るまで構内はがらんとしたままだ。ただ、発車10分前になると、当時の駅前にあったコンビニエンスストアから高校生がぱらぱらと駅のほうへ歩いてくる。試験前には、高校生が待合室の床にノートを広げて勉強する姿も目にした。
そこで川西さんは、高校生が自習できる場としての駅を設計することに決めた。高校生が列車を待つ間、心置きなく勉強できるようにと、地元の四万十檜を多用した温もりのある空間に、長い勉強机と椅子を用意した。
「駅で自習した多くの高校生は、進学や就職で四万十市を離れていくでしょう。運転免許を取れば列車にも乗らなくなるかもしれません。そんな駅ですが、『乗降客数約370万人の新宿駅より好き』と中村駅を思い出し、帰ってきてほしいです」と川西さんは微笑む。「それができるのが、デザインの力なのかもしれません」。

『あらゆる世代に喜んでもらえる駅に』とも言われましたが、それも無理。メインターゲットは高校生に定めました」「駅で自習した多くの高校生は、進学や就職で四万十市を離れていくでしょう。そんな駅ですが、『新宿駅より好き』と中村駅を思い出し、帰ってきてほしいです」「それができるのが、デザインの力なのかもしれません」。

「微笑みながら」とあるけれど、これは「諦観の笑い」というのが、あるいは正解なんじゃないかな。本当はもっと上を目指したい。けどそれは無理だから・・・ここまではできる、ここまではやってやる  っていうような・・・。  設計あるいはデザインというのは、諦めというか、割り切りってのが重要 って分かるような話だよね。  

本当は、狭義の「設計」や「デザイン」(デスクワーク)にかかる前に、ここまでの諦めや割り切りができる環境、つまり  「いろんな意味での削ぎ落としに対する客先の理解」を得ておくことが重要なわけ。それがないと、成功する設計にはならない。

本当のニーズを汲み取ろうと、「結崎駅8800人フューチャーセッション」と銘打った話し合いを毎月、全17回開催した。「最初は好き放題おっしゃいます。特に年配の男性が。『大手コーヒーチェーン店を誘致しろ』とか、『コンビニエンスストアを入れろ』とか」と苦笑いする川西さん。

出た〜。地元で会議をやって設計者や発注者を悩ませるのが、この「好き放題おっしゃるおっさん問題」。常識的に考えて、そりゃ普通に考えて無理だろ  という要求がポロポロ出てくる(笑)。

 ☆「好き放題おっしゃるおばさん」は少ない。これは多分、そんなおばさんに対しては、同類のおっさん(正式名称・森喜朗)が反論して黙らせるからだな。

(常識ある)普通の設計者や自治体担当者だと、「それは無理です」と答えます。あるいは、同席してもらったその地域の顔役に「そりゃ○○さん、アンタの気持ちはよく分かるけど、経済的に考えて厳しいわなあ」という仲裁役を期待します。というか、田舎の会議ってそういうものなのです。  言う方も△△さんが言うなら仕方ないか  と諦めます。決して納得したわけじゃないとしても、会議は無事終わる。

川西さんがえらいのは(というか、彼に限らず「本当に優秀な設計者」は)ここから。

そこで、コーヒー店の本社を訪ねると「1日500杯売らないと」と言われたことを次のセッションで町民に伝えた。コンビニの本社も訪ね、「1日50万円を売り上げて」と言われたと伝え、「到底、無理ですよね?」と。そんなふうに客観的なデータを示し、半年間ほど話し合ううちに、「『もしかしてワシら、無責任なこと言うとった?』と年配の方々の態度が突然、変わったのです。駅づくりが『自分ごと』になった瞬間でした」。

はい。普通の設計者は、採算分岐点を尋ねるためだけにコーヒー店やコンビニの本社を訪れません(断言)。他の業務もあるから、それだけかける時間も出張旅費もでない(笑)。

でも、そこまでして客観的なデータを手に入れる示すからこそ、「好き放題いうおっさん(客先)」の態度が変わるのです。  権威に言われて黙るのではく、自らの要望(思いつき)が真剣に受け止められ、そしてきちんとした回答を返された。だから自らも考えざるを得ず、そして得心したと。まあ、それを待つ「半年」が捻出できないプロジェクトも多いんだけどね。    権威主義だと話は早くまとまる(笑)。

この、「自分ごと化」がローカルデザインの成功には欠かせないと川西さんは言う。「『自分ごと化』は対話によって生まれます。対話は公共空間をデザインするときの手がかりになります。対話をして、意見がまとまらないのもニーズです。対話もなく、『皆さんの意見がまとまったらご連絡ください』と事務所に戻る設計者がいますが、設計者が意見をまとめないと」と川西さんは強い口調でそう言った。

「設計者が意見をまとめないと」か。これまで客観的にコメント書いて来ましたが、公共事業実施の端くれにいたものとして、誠に耳が痛い。

自分のことは棚上げしますが、これこそ「言うは易し行うは難し」  この積み重ねが、凡庸な設計者になるか、優秀な設計者になれるかの境目  なのかもしれません。

明治用水頭首工の漏水

矢作川から農業用水・工業用水を取水している、明治用水の頭首工で大規模な漏水が発生し、取水ができなくなる事態が発生しています。 明治用水の受益地は、西三河南部(安城市、豊田市、岡崎市、西尾市、碧南市、高浜市、刈谷市、知立市)で、流路400km長、灌漑面積約7000ヘクタールと広大です。

よりによって、今は田植え時期で、水田は一番水が必要な時期なのです。まあ、「事故は最悪のタイミングで起こる」という感じの、マーフィの法則通りか・・・

にしても、地元にずっと住んでいて、明治用水は「農業用水だけ」 と勝手に信じ込んでいたので、トヨタ系の工場であれほど使われていたとは、報道されて初めて知りました。まあ、時代の流れを考えると、当たり前の事象ではあったのですが。

☆今の施設は、1958年に完成し、1975年から工業用水としても使われていたようです。

何が原因で漏水が起こったのか、どう対応するのか 今朝の地元紙(中日新聞)をもとに少し考えてみたいと思います。

①「頭首工」って何よ? ダムとは違うの?

答え。同じです。 同じ口径の機銃を、陸軍が「機関砲」、海軍が「機関銃」と読んでたくらいの違い。専門家的には使い分けるのだろうけど、一般にはどっちでもいいレベル。

頭首工とは、河川から農業用水を取水する目的で設置する施設の総称

農業水利施設の機能保全の手引 頭首工 農林水産省

ダムとは、 河川の流水を貯留又は取水するため設置された高さ十五メートル以上の構造物

河川法 国土交通省

②なんで漏水したの?

今朝(5月19日付中日新聞1面の解説によれば、明治用水頭首工は、フローティングタイプの取水施設だそうです。

取水堰の形式には岩盤の上に直接築造するフィックスドタイプと浸透性地盤の上に築造するフローティングタイプがある。

農業水利施設の機能保全の手引 頭首工

透水性地盤・・・ぶっちゃけ土砂の上に建造されているので、今回みたいな漏水が起きやすいことは当然想定されています。そこで、漏水が起きないよう、川の底面と側面を、コンクリートでガチガチに固め、水が浸透(漏水)。しないようにします。

なのに漏水?

もうちょっと考えてみましょう。まず、取水堰の一般的な配置は、下の図のような形状になります。

農業水利施設の機能保全の手引 頭首工

これは、頭首工付近を真上から描いた図になります。川の流れは、図の上から下へ。 中央に「固定堰」とあるのが、頭首工の本体です。 その上下流の川底には、「エプロン」と呼ばれるコンクリート製の覆いが設置され、川の側面にはやはり「護岸」と呼ばれるコンクリート製の覆いが設置されます。

一般的に言って、この護岸(側面)とエプロン(底面)の接合部は、漏水の危険箇所になりやすい場所です。隅っこだから正直施工もしにくいです。弱点であることはわかっているから、止水効果を高めるため、護岸の基礎は深めに入っていたり、さらに止水矢板を挿入しているとは思いますけど。

そのうえで、明治用水頭首工について、新聞に掲載された漏水箇所の写真を見てみると・・・

中日新聞

漏水の穴は、随分岸に近い場所です。穴はエプロンと河床の境目もしくは先に述べた護岸とエプロンの境目にできたと考えるのが妥当ではないかと思います。

後者の場合、正確には左岸側には魚道が設置されているようなので、このコンクリート魚道の壁(の基礎)とエプロンの接合部あたりの施工が甘く、穴ができてしまったのかも。魚道(河川環境に配慮した施設)は、1956年当時に設置しておらず、後付かもしれませんね。その場合、特に弱部になりやすいでしょう。

このあたりが、一番有り得そうな可能性だと思います。

③原因究明と復旧の見通しは

新聞記事によれば、 「今回穴が空いたと見られる場所の近くでは、昨年12月にも小規模な漏水が発生。砕石を投入するなどして漏水は一割ほどに減ったが、完全には防ぎ切れなかったという。漏水のメカニズムなど詳しい原因はわからないままだった」そうです。

そして、今回の事象は5月15日に漏水を確認、16日には砕石を投入し穴を塞ごうとしたが漏水は続き、17日に規模が大きくなり・・・ ということだったそう。

記事は、「対応が甘さが問われそう」と書かれており、それはそのとおりなんだけど、もし自分が当事者だったとして、そのタイミングで何ができたか と考え込まずにはいられませんでした。たぶん、僕もそれ以上の対応はできなかったのではないかと。

応急処置として砕石を投入し(根本的な処置ではないけれど)、漏水の九割は止められたのであれば、まあ上出来。あとは経過観察しかないかなあと思ってしまいました。

根本的な対策としては、水を反対側に回し(仕切りの仮設締切構築が必要だろうね)、穴周辺の水を切り、現地を直に見ないと、原因究明も本格的な対策工事もできないでしょう。

でも、工業用水として常時使われている状況では、事前にその対応が取れたかどうか。非常に厳しい判断になります。

工業用水に常時使われており、完全に水を止めて確認したり工事をしたりすることができない状態だった」

中日新聞 頭首工を管理する東海農政局の局長 談

これからの対応は、これをやるしかないでしょうね。 ポンプを多数設置して、ある程度の量の水供給を続ける一方、現場の穴付近は水を抜いてドライな状況にする。そのうえで原因究明と穴を塞ぐ工法の立案と実施、再度水をためてみて、結果良好なら本格的水供給の復旧 という流れでしょう。 かなり時間がかかるでしょう。 何台ポンプを設置したとしても、頭首工の取水能力までは、なかなか追いつかないでしょうし。

④他事例への波及

先の機能保全の手引によれば、エプロンや護岸をどう監視・維持管理していくか の記載も書かれており、言われていることはそのとおりなのですが・・・

エプロン
性能低下はコンクリートのひび割れや摩耗などコンリート自体の劣化と、洗掘やパイピングによる不同沈下など構造物の外形的な状態に着目する。・・・。空洞化が進行した場合、大規模な対策工事が必要となるので、できるだけ早期に空洞化の発生を把握する必要がある。
護岸・取付擁壁
取付部の護岸や高水敷保護工は背面土砂や基礎土砂の吸出しによる変形やひび割れ変状が生じやすい。水中部の洗掘が著しい場合は、土砂の吸出しの危険性が高いため、水中部の洗掘状況を把握しておくことが望ましい。

農業水利施設の機能保全の手引 頭首工

純粋な農業用水取水施設なら、農閑期に水を抜いて、これらの点検を行うことは可能でしょう。

しかし、常時水を使う工業用水を併用する施設では、おいそれと水を抜くことができませんから、「早期に空洞化の発生を把握」とか「水中部の洗掘状況を把握」ってどうやるんだよ? って現場の声が聞こえてきそうです。

今回の漏水事象の原因が、施設の老朽化が一因か まではわかっていませんけど、その可能性は否定はできません。その場合、高度成長期に整備されたその他多くの類似施設においても、同様の事象が発生することは避けられないわけです。 現実問題としてどうやって施設の状態を把握していくか・・・マニュアルで対応できない場合も多々あるはず・・・広範囲に影響のある問題だと思います。

追記

2022年5月19日 12時07分

大規模な漏水で水をくみ上げることができなくなっている愛知県豊田市にある取水施設ではポンプの設置が進められ、愛知県などによりますと、工業用水は19日午前10時から取水が可能になった一方で、農業用水の確保は19日中は難しいということです。

愛知 大規模漏水の取水施設 ポンプ設置で工業用水は取水可能に

先程入ってきたニュースだけど、この対応は「非常にまずい」気がします。トヨタなど、大企業への水供給は経済にとって非常に大事なことだけど、 あくまで農業用水施設で、そこに後のりで工業用水事業がのっているわけです。 それを「工業用水は先に復旧、農業用水はまだ無理」っていう優先度では、農家側の反発は避けられません。

水の恨みは恐ろしい・・・というか、水利権の分配は多分に「経済合理性」だけで測ると取り返しのつかない自体になりかねません。東海農政局はもちろん、そのあたりは十分理解しているでしょうから、どこかから天の声が降ってきたのか・・・苦渋の決断だっとは思うのですが。