啓蟄

「けいちつ」と読みます。冬から春に季節が変わりつつある、 この時期の暦上の言葉です。 冬の乾燥してきた気候から一転、久々にしっかりとした雨が降る季節でもあります。

このような湿り気(正確には雷)を一つのきっかけに、「冬眠してきた虫たち」(蟄)が、「活動を再開する」(啓)時期 と言うのが、この言葉の語源です。

虫という言葉は、もともと「蝮(まむし)」をかたどった象形文字だそうで、昆虫に限らず蛇や蛙、蜥蜴(とかげ)など、小さい生き物をひっくるめて「虫」と呼んでいたそうです。

例えば、平安時代の物語「堤中納言物語」に出てくる「蟲愛づる姫君」は、高貴な貴族の美しい姫君が、お年頃にも関わらず化粧一つせず、毛虫を愛する変な子の姿が描かれています。 ちなみに 宮崎駿は この姫君をモデルに「ナウシカ」を着想しています。

あれ?でも「風の谷のナウシカに出てくる」蟲たち(例:王 蟲 )は、「小さい生き物 」の範疇からは外れてますよ?。 虫と蟲って、他にどんな違いがあるんでしょう? 参考になりそうなのはこれかなあ。

世界大百科事典内の虫〔蟲〕の言及
【虫】…虫の字は虺の古文として用いられて〈キ〉と読み,元来はヘビ類の総称であるという。昆虫は蟲と書くのが正しく,蟲豸(ちゆうち)は肢のあるむしで,肢のないものが豸(ち)である。…

コトバンク

 そうか、足のない蛇は虫で、足のある毛虫は蟲 ってわけですな。とすれば、足のある 王 蟲 は、蟲で正しいんだな(笑)。

てな話はさておき、この時期の雨が降った日の翌日の浅い池の中は、蛙たちの生命活動が確かに感じられます。ただ、親のカエル君の姿は、まだ見てないんだけどね。

アカガエルの卵

こちらはアカガエルの卵です。正確には「卵塊」って言うのかな。 

ヒキガエルの卵

こっちはヒキガエルの卵です。紐状になってるんですね。僕はこちらの形状の卵を見たのは始めてです。 俳句をやってる人に教えてもらったのですが、「 蝌蚪の紐(かとのひも) 」という季語になっているそうです。 蝌蚪 ってのが、オタマジャクシらしいですが・・・まず読めねぇよう・・・

今年の農作業、始動。

冬は基本農閑期です。植物の育ちも悪いし、第一外に出ると寒い。って、冬でも外で仕事はしてるんですけど、休みの日は屋内でヌクヌクしてたい。

でも、そろそろジャガイモの種を蒔かないと。

ジャガイモの畝

ってことで、畑仕事! ①管理機で畑の空きスペースを耕耘。②高畝を造る③ジャガイモを植える④肥料を施肥⑤マルチを掛ける 完成(写真)

僕のじゃがいも栽培は、 高畝で少し早めに植えて黒マルチを掛ける方式です。 肥料は、硫安、鶏糞、過リン酸石灰、塩化カリ。今時珍しい単肥を使っています。この農法の教科書は、井原豊「図解 家庭菜園ビックリ教室」です。

指南は丁寧に書いてあるけど時々記述に矛盾があって初心者向きではないと思うけど(例えば自家用ジャガイモ畝の全層施肥は、「過リン酸石灰だけで良いのか」、「過リン酸石灰と塩化カリの両方を撒くべきなのか」迷います。だって本にはどちらも書いてあるんだもん。実地で経験を積めば、「どっちでもいい」ってのがたぶん正解だろう・・・と思えるようになるだろうけど、初心者は戸惑う)

それでも出来るだけ有機肥料を使って、化学肥料の使用は最低限に努めましょう(でも必要なら躊躇なく使う)、出来るだけコスパよく楽な農業しよう(とは直接書いてないが、「ゼニの儲かる農業」ってのはそういう意味だよね) という姿勢、そして何より「石灰」を使わないところに惚れての選択です。

慣行農法って、畑にやたら石灰を撒くんですよね。そういう畑は土壌の化学分析してもらうと、大抵「PH高すぎ(アルカリ性)」って言われるんですけど、それでも何か種を蒔くときは決まりみたいに石灰を散布するんです・・・僕的には、PHをおかしくするものを、わざわざ撒く必要はないと思うんですよ。

もっとも、石灰にはPH調節以外にカルシウム補給の役割もあります。この本では、そのために石灰を使う代わりに「 過リン酸石灰」 の使用を推奨しています。 こいつは土中では中性となり、PHに影響を与えない化合物です。うん、合理的でいいね!

ちなみに、僕はこの石灰使わない農法で、酸性土壌を嫌うとされるほうれん草を2シーズン造りましたが、とてもよくできました。まあ農業なんで、数年で結論を出すのは早すぎますが。

なんにせよ、じゃがいものマルチ掛高畝農法はおすすめです。高畝を造るのとマルチを一人で張るのは少々大変なんですけど、最初にここまでやってしまえば、後は収穫までやることありません。敢えて言えば、ジャガイモの芽が出てきたら、マルチを少し破って芽を出して、余分な芽を摘み取る芽欠きするくらいだな。 いもも良くできたし。  てか、ジャガイモはどの農法でも、そんな手間かからないかぁ・・・

ついでに、玉ねぎに肥料をあげました。

この玉ねぎは晩生の長期保存用。苗を植えてからなーんにも肥料をあげてないので、この時期としてはひょろひょろです。でも、これから暖かくなるとあげた肥料を吸収しグングン伸びていく・・・はずです。昨年は早生のサラダ玉ねぎしか作らなかったので、それと比べると成長が遅く、本音では心配なんだけど。がんばれ〜。

畑の梅も、応援してるよ〜 二本で紅白で〜す。