ワラの効用

脱穀の終わった田んぼで、残った藁(ワラ)を細かく切って、田んぼに返す作業をしています。

藁を長いまま田んぼに戻すと、長い繊維が残って耕運機に引っかかったりして難儀するので、細かく切るのですね。

機械化が進んだ現代の農業では、この作業はコンバインがやってくれるんですがね。手刈りした場合は長いまま残ってしまうので、写真にある「押切り」という道具を使って裁断していきます。なかなか手間のかかる作業です。

藁は裁断しないで長いまま、畑作用の藁マルチとして使ったり、縄をなったり、稲刈りした稲穂を束ねる「すげ」にしたり いろいろ用途があるんですけど、保存するためにはしっかり乾かさないと腐っちゃうのです。それ用の藁もとってありますが、今年は稲刈り以降雨が多く(しかもしっかり降った)、乾燥度がイマイチなので少し悩みの種です。

 とはいえ、今時藁で縄を編んだり、「すげ」を造る用途はあんまりないですよね〜。一番身近でワラを感じるのは、これじゃないでしょうか?

「稲わら」ではなく、「麦わら」帽子ですけど(笑)。

僕は麦わら帽子がお気に入りで、春から秋にかけての野外作業ではいつもこいつを被っています。 利点その一は、この手の帽子(hat)つばの部分が広いので、強い日光を遮る日陰がたくさんできること。そのうえで、「麦わら」制の場合、風通し抜群 なのがいいところ。

布製の帽子(cap)もかぶりますが、こちらはひと夏過ぎると、自分の汗で帽子の内側が「かび」だらけになってしまうのです・・・もちろん使い終わったら風通しの良いところに干しておくんだけど・・・麦わら帽子の場合、わらの部分は全くかびません。内張りの布部分はかびるけどな。

それともう一つ。誰に聞いたか、読んだか忘れたんだけど、人が麦わら帽子をかぶって行動してると、鳥が見ても「なんだ農夫か・・・」と安心するんだそうです。で、安心したところを鉄砲でずどんとやる(ハンターの話だったっけなあ)。 ま、鉄砲は極端ですが、鳥を脅す必要はないですからね。個人的には目立たず地に溶け込むのが好きなもので、愛用してます。

それからもう一つ理由が。僕は以前、土木工事の監督をやってたことがあって、炎天下の工事現場で、安全帽(ヘルメット)の下に麦わら帽子をかぶっている作業員さんをちょくちょく見かけたんです。 ヘルメットをかぶるから、正確には麦わら帽子の頭を抜いてつばの部分だけをつけてるんですけど。 バカの一つ覚えかもしれませんが、彼ら屋外作業のプロが使う酷暑対策「麦わら帽子」に対する信仰みたいなものがあるんす。 シーズン中に新しいの購入して交換しても惜しくないくらい安いし。

以前はちょくちょく登山に行ってたですが、雨の心配が少なければ、麦わら帽子を被って行ってました。理由は上記と同じ。少し背中のザックに干渉して邪魔だし、雨が降るとザックにしまわないといけないんですが。 

山で麦わら帽子被る他の利点として、「帽子が他人とかぶることはことはまずない」「登山の玄人に見られるかも(笑)」。 屋久島に遊びに行ったとき、見ず知らずの登山者に「トイレはどこでしょう?」と聞かれました。地元のガイドに間違えられたのね(笑)。「300m手前にあります」って返してあげた!

 ※本論と外れますが、雨の多い屋久島とか長期縦走に行く場合は、ゴアテックスのhatもあると、雨の時とても便利です。レインウエアの上着には頭を覆うフードが必ず付いているから必需品ではありません。けどレインコート付属のフードと、独立したハットでは頭と首の自由度が全然違います。 雨降りにフードを被るとどうしても下を向いて黙々と「辛いな〜」と歩き勝ちになります。一方、独立したハットだと頭をあげて周りを見ながら登山を楽しむことができるんです。ま、そういう時の景色ってあんまり期待はできないけどな。

 

夏の工事現場でワラと言えばもう一つ思い出があります。あれは今から20年くらい前になるんですけど、夏によく酷暑を記録する岐阜県多治見市の近くで仕事していた時のことです。 除草作業でシルバー人材センターの方たちが、炎天下の日中、黙々と草取りをされてたんですな。その時、みなさん背中に藁で編んだ蓑(みの)を付けておられたのです。

蓑(みの)は、イネ科植物の藁(わら)を編んで作られた雨具の一種で、雨を防ぐために衣服の上からまとう外衣の一種である。

なお、下半身を覆うような短いものを腰蓑(こしみの)という。

wiki

 解説付けたけど、イメージ湧きますかねえ?昔話「笠地蔵」で、地蔵様の数に持参した笠が足りなくて、最後の一体は、おじいさん自身が身に着けていた「蓑」を掛けてあげた話あるでしょ? その蓑なんですけど・・・

まあ、それを見た僕が「そんなの着て暑くないんですか?」って聞いたらば、(やれやれ若い者は何も知らないのだね風に)「何を言っとる。これが一番涼しいんだわ」って。

藁蓑で日陰はできるし、厚さにもよるんだけど断熱性や透湿性はいいはず(例えば白川村の合掌造りの家の屋根は分厚い茅葺で断熱性抜群。茅でも藁でも理屈は同じ)原理的には頷ける。

今なら「空調服」が最善なんだろうけど、電気いるしね。僕はこういう「田舎農家のおばあちゃんの知恵」みたいな話が大好きなんで、「暑中に蓑」がどのくらい効果があるもんか試してみたかったな。安いカッパが普及して、いまどき藁蓑なんて売ってないし、自分自身は造る技を持ってないから、なかなか試すことは難しそうなんだが・・・

豊葦原瑞穂国

豊葦原瑞穂国と書いて「とよあしはらみずほのくに」 と読みます。「葦原が広がり、稲穂の豊かに実る国」というような意味です。日本書紀や古事記に出てくる日本国の美称です。(正確に言うと、古事記では「豊葦原穂国」)

台風19号の災害を受けてから、ハザードマップをしっかり見ておきましょう!とニュースとかでよく聞くようになりました。

例えば、鹿児島テレビ 台風19号 県内の専門家に聞く「ハザードマップの重要性」

ハザードマップは凄い重要なんで、是非見ておいてほしいんですけど、それ以前に、

そもそも我々が住むこの日本という土地(の人が多く住む場所の大半)は、もともと 「葦原が広がり、稲穂の豊かに実るような大湿地帯だったのだ!」ということを頭に入れておいてほしいっす。それに日本の美称が「豊葦原瑞穂国」って、教養として自慢できますし?

日本の人口の大半が住んでる洪積平野ってのは、もともと手の付けられん湿地だったのですよ。そこは大規模な堤防が築かれて始めて人々が暮らせるようになった土地なのです。そういう基盤整備の上に、いまの我々の日常生活があるってことは忘れたら危ないのです ってことは知識として知っておいてよい話ではないかと思います。

ここんとこ読んでる タットマン「日本人はどのように自然と関わってきたのか」築地書館 で、これをうまくまとめた箇所があったので転記します。

日本列島は地質学的な時間尺度では、誕生してから日が浅いので、洪積平野には険しい山地が迫っている。また、列島の地理的な位置に起因するのだが、特に梅雨や台風の季節には、突発的な豪雨にたびたび見舞われるために、山地の斜面から大量の水が洪積平野の河川に流れ込み、河川の氾濫を引き起こす。その結果、河川流域は土砂で埋まってしまうのだ。

 こうした氾濫原に開発された農耕地はくり返し水害に見舞われることになるうえに、流水量の激しい変動によって、大きな河川沿いに建設された灌漑用の堰や堤防、排水溝は鉄砲水のような破壊的な水の作用に晒され、何年にもわたる建設や維持管理の苦労が数時間で無に帰すことにもなりかねない。

 その結果、日本では稲作は湿地を利用せずに、中小河川の流域や広い平野の内陸側の縁に沿った平野で始められた。こうした地域ならば、丘陵地から湧き出る水や中小河川の水を直接利用できる上に、流水量の変動にも対処しやすいからだ。広い低地は水田の開発が行われず、洪水の被害を受けにくい用途に使われた。 

(粗放農耕社会前期 起源600年まで)

ご存知のように、その後労働力の集約ができるようになり、大規模な堤防や灌漑施設が作られ(信玄堤とかね)、我々の祖先は、当時使われていなかった氾濫原を開発し、住み着き、現代ではそこに都市に築き暮らしているわけ。

普段はあんまり意識しないのだけれど、災害とか極限の状態になると、あるいはその対策を考えようとすると、その土地の深層を意識せざるを得ない ってのが、人間と土地との関係性なんじゃないでしょうか。

※参考

引用文の中に、(「粗放農耕社会前期の)日本では稲作は湿地を利用せずに、中小河川の流域や広い平野の内陸側の縁に沿った平野で始められた。 」とありますが、西尾市の場合、 日本武尊に従軍した建稲種命(幡頭神社祭神)の二人の息子が、津平や蘇美を開発した時代 ってのがこれに当たるんじゃないかと妄想していますが・・・

 詳しくはこちら。西尾の古墳時代

当時尾張の国にいた建稲種命(尾張国造とも)は日本武尊に従軍。帰りに船で凱旋中、海に落ちて死んでしまい、漂着した宮崎の岬に葬られました。(幡頭神社の祭神)。

その息子の建津牧命は津平を開拓(上記・志葉都神社の祭神)し、別の息子の建蘇美彦命は蘇美を開拓(蘇美天神社の祭神)しました。

この話、どこまで本当か分かりませんが、ヤマト政権に協力する海人の頭(が海に落ちて死亡って・・・)が幡豆に入植。その後内陸の丘陵の稲作適地(平野は洪水の恐れが高く、広い山間の谷間で水の得やすい小河川があるところ)へと勢力を拡大していった ということを示唆していそうです。