1月22日、2020年分の確定申告が終了

タイトル通り、すでに2020年分の確定申告が終了しました。確定申告を自分でやったことがある人なら「えっ、確定申告は、毎年2月16日から受け付けじゃないの?」と思われたことでしょう。

その認識は正しいんですけど、実はe-Taxを使うと1月4日から申告が可能なのです。(まあ、僕も昨晩知ったんだけど。有益な情報だと思ったので紹介)

あ、e-Taxってのは、「インターネットで国税に関する申告や納税、申請・届出などの手続ができるシステム」のことです。2月16日から申告を受け付けるのは、紙の書類で申告を行う場合の期間なのです。

まあ国権力の源泉は、確実な税金徴収があってこそ ですから、ここはお国も24時間営業で頑張ってます。

24時間受付
確定申告期間中は、24時間e-Taxでの提出(送信)が可能です。
[ e-Taxの利用可能時間 ]
令和3年1月4日(月)から3月31日(水)までは、24時間e-Taxの利用が可能です(メンテナンス時間を除く。)。

国税庁

ネットなら24時間受付当たり前だろ と思うなかれ。今は改まったようですが、こんな事例もあったくらいの政府ですから。

 「只今の時間、窓口は受け付けを行っておりせん。受付時間内に改めてメールを送信いただきますようお願いします」――在インドネシア日本国大使館に時間外にメールすると、こんな自動返信が返ってくると、インドネシア在住の日本人が10月13日、Twitterで指摘した。
 これを受けて14日、河野太郎行政改革担当大臣がTwitterで、「冗談のようなクレームがあったから試してみたら本当だった」と報告。同日中に外務省が大使館に是正を指示し、メールは24時間受け付けになった。

ITmedia NEWS

24時間受け付けの出来ないメールシステム・・・もしかして高度なAI受付振り分けシステムでも使ってるんじゃなかろうか・・・と逆に疑いたくなるような事例(笑)。ただ怠慢なだけでした。

閑話休題。手元にICカードリーダーとマイナンバーカードがあるので(ICカードリーダー入手の顛末はこちら。)、今回初めてe-Taxを使ってみたのです。

僕は「やらなければいけない事務手続きなら、出来るだけ早く済ませてしまいたい」タイプ。確定申告書類の作成に必要な「寄付金の領収書」やら「源泉徴収票」「特定口座年間取引報告書」などが「未処理」のまま机に載ってるのはイヤなんですよ。

それと、早く申告すれば、還付金も当然早く処理してくれます。(還付がある場合) これはマイナンバーカードを持つ大きなメリットだなと思いました。もちろん自宅から一歩も出ず、提出書類を印刷する必要もない(押印も必要なし)、いいじゃありませんか!

本文はここまででーす。あとはもう少しマニアックな話です。

僕が確定申告した理由は「証券会社間の損益通算」で税金を取り戻すことができた からです。

コロナショックで株価が急落した際、とある株式を狼狽売りしてしまい損失を出しました(A証券で取り引き)、その損を取り戻すため、B証券で持っていた株式を売って、利益を確定させました。

この場合のA証券での損失が10万円、B証券での利益が10万円だとすると、売買の段階で税金としてA証券で0円、B証券で2万円徴収されます(特定口座「源泉あり」の場合)。A証券とB証券が、僕に変わって申告(納税)してくれているので、僕個人からの確定申告は「しなくてもよい」。2万円納税してことは終わります。

でも国税庁に僕個人が確定申告をすることで「AB証券での売買による合計損益は0円です」と正しく申告できるのです。(A証券で損失を、B証券で利益を出したことは僕の個人情報だから、統合した損失を「確定」として申告できるのは僕だけ。)申告が正しいと国税庁が認めれば・・・正しい税金額は0円ですから、いったん納税した2万円が還元されるわけです。

実際の「損益通算」は持っていた株式の配当金にも適用できるので、もう少し計算は面倒になるんだけど、損失を出してる株式、利益を出してる株式があれば、時期と売却量を調整することによって納税額を低く抑えることが可能なわけ。

1つの証券会社だけで売買していれば、その計算は全部証券会社がやってくれるんですけど、複数の証券会社で損益を合算したければ、確定申告するしかないんですね。昔は一つのネット証券会社で日本株も海外株も!と便利に使えるところがなかなかできなかったんです・・・

まあ、このあたりを知りたかったら、安間伸「ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 2016」を読んでみてください。

 ※この本、確定申告の時に「総合課税」がいいのか、「申告分離課税」がいいのか、毎年悩む人にもお勧めです。違いがよく分かりますんで。ちなみに僕は、国税庁の確定申告書作成コーナーで、二つの課税方式で申告書を作成したうえで、還付(納税)額と住民税予想額を計算して、有利な方を申告しています。住民税の計算は、こちらを参考にどーぞ。

と、なんかすごい計算をしている・・・ように書いてるんだけど、実際は「ふるさと納税」、自分の限度額を超えて納税しちゃってる〜。とか、どうしようもないオチがあったりして、そこまできちんと節税できてるわけではありません・・・それでも、うまく行けば2万円程度還元がありそうだから、まあ努力の甲斐はあった ってことで・・・

これがまあ ついのすみかか プロジェクトX

「これがまあ 終(つい)のすみかか 雪五尺」一茶・・・150cmも積もる雪の地が自分の最後のすみかとなるのかと思うと、深いため息がわいてくるなぁ

河野氏 ワクチン担当相に 「プロジェクトXみたいな仕事」


菅首相は18日夜、新型コロナウイルスのワクチン接種を円滑に行うため、政府の総合調整を行うよう河野規制改革相に指示した。
ワクチン担当・河野規制改革相「“プロジェクトX”みたいな、結構大きな仕事になるんだろうなと」
河野規制改革相は、各省との調整を行う予定で、「国民の協力をいただきながらやらなきゃいけない。1人でも多くの方に、1日でも早く(ワクチンを)打っていただけるような仕事をしっかりとやっていきたい」と強調した。

FNNプライムオンライン 1月19日

河野氏の手腕には期待するし、「1人でも多くの方に、1日でも早くワクチンを打っていただけるように」とはもちろん思うけれど、それをするのが「プロジェクトX」なのか・・・国民の代表である国会議員として、国の舵取りをする閣僚として、こんなの「当たり前の仕事」だと思うんだ。

本来の「プロジェクトX」は、次の2つの事象の差がなぜ生まれ、どうしたらその差を埋めることができるのか、そして実際に埋めていくことだと思うんだ。

1月19日に出た、二つのニュースを読みくらべてみてよ。

和歌山市ワクチン専門部署設置へ
和歌山市はワクチンが承認されれば速やかに接種を行えるよう「新型コロナワクチン接種調整課」を21日、設置することを決め、19日、尾花正啓市長が保健所の1室に看板を設置しました。調整課は、保健師2人を含むあわせて5人で発足し、今後、医療機関との調整や、接種の際に必要なクーポン券の郵送作業などにあたるということです。

和歌山市は65歳以上の高齢者は優先的に接種を進めることにしていて、早ければ3月中旬ごろに券を郵送する方針です。
また、国が定める優先順位に従って、すべての市民に対して4月以降、順次、券を郵送することにしています。

NHK

和歌山市を例に挙げたことに特に意味はありません。たまたまNHKのニュースでやってたので。NHKがニュースで取り上げたってことは、自治体の中でも早い対応 ってことかと。

もう一つのニュースはこちら

新型コロナワクチン接種で先行のイスラエル、ファイザーとの契約書を公開
イスラエルが新型コロナワクチンの接種率で先行している。・・・1月18日時点でイスラエルにおける接種率は28.02%と世界首位・・・
1月15日付の現地紙「エルサレム・ポスト」紙によれば、45歳以上の年齢は接種対象となっている。今後、接種が進むにつれて、対象年齢もさらに段階的に引き下げられるものとみられる。

JETRO

日いづる国で「ワクチン接種調整課が立ち上がる」ことが国営放送のニュースになったとき、イスラエルではすでに国民のワクチン接種率が28%になっていました。

さらに、日いづる国で65歳以上の高齢者への接種が早くて3月中旬と言ってるさなか、イスラエルではすでに45歳以上が接種対象・・・ ※(追記有り)

もちろん、日本の人口1億2000万人に対し、イスラエルの人口はわずか900万人と桁が違うことはよくわかっています。人口構成だって全く違います。しかし日本もイスラエルも、自国でワクチンを造れたわけではなく、イスラエルで接種されるワクチンは、日本も導入するファイザー社のもの。

イスラエルと同程度に健闘できたなら、今頃日本でも、対コロナ最前線で戦っている臨床医療関係者にワクチンが行きわたるくらい、実現不可能ではなかったのでは?

JETRO記事には続きがあります。「政府がワクチン供給と引き換えに被接種者の医療情報をファイザーなどのワクチン供給元に提供すると現地紙(1月8日)が報じたことから、一部でプライバシー保護についての懸念が生じていた。そのため保健省は1月17日、透明性を担保するためとして、ファイザーとの間で締結された契約書本文を公開した。」

懸念に対する結論が書いてないダメ記事だけど(そして僕も英語の契約書なんてよう読めん)、仮に契約に裏があったとしても「透明性を担保するため、契約書本文を公開」って、そこまでやるなら僕はその政府を信用します。この辺りも日いづる国の政府にはぜひ見習ってほしいです。ここまでしてくれたら、国民も政府を信用し、いろんな事が早く進むと思うんだけど・・・

くり返しになるけれど、河野さんには、この差がなぜ生じ、どうしたら改善できるのか、是非頑張ってもらいたいです。

まあ一つの理由に、この国のエライ人達は、詭弁論理学や自己を正当化する強弁ばかりが得意で、物事を反省し教訓を次に生かそう という気が無いから・・・でしょうね。

日本医師会が先ほど会見を開き、「日本は諸外国に比べ病床数が多いにもかかわらず、なぜ医療崩壊が進んでいるのか。医療関係者の努力が足りないのではないか」という指摘に対して、中川会長は「全国の医療関係者は深く傷ついている」と話した。また「今は有事」などとしたうえで「究極の臨戦態勢をとる」とも述べ、新型コロナ感染症病床を確保するための対策組織の設置を明言した。

ABEMATIMES

前段の発言は、「兵は優秀、下士官良好、将校凡庸、指揮官愚劣」と称された日本軍について、全体を「軍」と括って、「日本軍は優秀だった」と同レベルの詐術だよ。

われわれ下々も、最前線で戦う方々(すなわち我々の命を預ける)を傷つけるほど馬鹿じゃありません。でも、組織運営に関わっている医療関係者は、この期に深く傷ついて反省してください。冬になれば感染が広がることは素人でも想像できたのに、今頃「究極の臨戦態勢を取る」って、今頃かよ。

※1月23日追記

新型コロナワクチン供給に不透明感 契約変更、出遅れ響く
 厚生労働省は20日に米製薬大手ファイザーから年内に約7200万人分の供給を受けることで正式契約したと発表した。基本合意では6月末までに6000万人分を確保できるはずだった。
政府はようやく、来週にもファイザーから国内治験のデータ提供を受け、2月中旬に特例承認し、下旬までに医療従事者約1万人から順次接種を開始するスケジュールを描く。モデルナ、アストラゼネカ両社はまだ承認申請しておらず・・・

JIJI.COM

な、なかなか衝撃的なニュースですねえ・・・。なるほどこれなら、海外から「オリンピック中止」のニュースが伝えられるわけですわ!