「楽天銀行サービス改悪のお知らせ」対策を考えてみた・・・

僕がメイン口座にしている、楽天銀行から、「春からサービス改悪します」というお知らせが参りました。それも2通も。  大変ショックではありますが、利用者の側にこれを止めるすべはございません。せめて、対策を考えてみました・・・

改悪①3月末で、本人のゆうちょ銀行からの入金(振込)無料サービスを終了するぜ。これからは手数料払って振込しなよ!

この度、ゆうちょ銀行さまのサービス終了に伴い、「ゆうちょ銀行本人名義口座からの入金」「ゆうちょ銀行本人名義口座への振込(出金)」のサービスの提供を終了させていただきます。
ご利用中のお客さまにおかれましては、ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
サービス終了後は通常の振込をご利用ください。

ゆうちょ銀行本人名義口座からの入金・ゆうちょ銀行本人名義口座への振込(出金) サービスの終了について

僕のメイン口座である楽天銀行ですが、給与の振込口座ではありません。 なぜなら、僕の勤め先が「オンライン銀行は給与振り込みの対象外」と言い張るから。これは昔勤めていた国の役所でも同じでした。

しょうがないから、給与はゆうちょ銀行に振り込んでもらい、給料日にその金額を楽天銀行に無料振込して使っていたのですが、これからはそれが有料になるそうな・・・どうしよう。

「給与振込先は実店舗のある特定の銀行でないと認めない」とか、「弊社(弊市)への料金(税金)の振込は実店舗のある特定の銀行でないと認めない」と言い張る企業や行政に「DX化どうのこうの」 という資格はまったくないと思うんだけど、こういう主体は多いんですよ。

正直、これも日本でデジタル化が遅れている要因の一つだと思います。人間は欲深い生き物なので、変革をする場合は、お金の流れを自由にさせるのが一番なんですけど。

参考;愛知県内・某N市が税金の口座振替に認める銀行は以下の通り。僕が利用している(せざるを得ない)インフラ系某民間企業も似たようなもの。悔しいから都度振込してますが・・・その地方に一生住むならまあそれでいいのかもしれないけど、若くて、将来転勤・転職するかもしれないし・・・とか考えるとなかなか絶望的。悔しければ、楽天銀行(どこのオンラインバンクでもいいんだけど)とか加えてください!

 

  • 西尾信用金庫
  • 岡崎信用金庫
  • 碧海信用金庫
  • 蒲郡信用金庫
  • 三菱UFJ銀行
  • 愛知銀行
  • 名古屋銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 西三河農業協同組合
  • 愛知県中央信用組合
  • 愛知県信用漁業協同組合連合会

日本政府は、本気で「デジタル化」を進める気があるなら、「緊急勅令」を発し「給与、料金振込のできる金融機関には、必ずオンライン専業銀行を加えること」と命令してほしい。多分、法律だとしがらみが多くて無理だと思うので(笑)

大日本帝国憲法第9条に定められていた法形式であり、法律を執行するため又は公共の安寧秩序を保持し、及び国民の幸福を増進するために天皇が制定していた。憲法上、法律事項とされていない事項を対象とする場合は勅令による制定が可能であった。

勅令

思わず愚痴になっちゃいました。閑話休題、本題に戻ります。対策ですが・・・

俺の都合じゃないのに、わざわざ手数料を支払って楽天銀行へ振込資金移動をするなんて余計な金を使いたくない。かといって、不便になるだけだから、メイン口座をゆうちょ銀行やUFJ銀行になんてしたくない。ATMに並ぶのも嫌だ。だとしたら、どうしたら・・・

結論;楽天証券を間に挟めば、無料でゆうちょ銀行から楽天銀行に入金できるんじゃね?

前提条件;楽天証券にも口座を持っており、楽天銀行との間でマネーブリッジ設定をしている(マネーブリッジを行っておくと、後述しますが、適用金利に大きなメリットがあります。)

手順1 ゆうちょ銀行から、楽天証券にリアルタイム入金する(無料、ただし、ゆうちょ銀行と「ネットバンキングの契約」をする必要がある。

リアルタイム入金とは、振込時の手数料が無料で、振込後、リアルタイムに楽天証券の預かりに資金が反映される大変便利な入金方法です。ぜひ、ご利用ください。
※リアルタイム入金には、提携金融機関でのネットバンキングの契約が必要です。提携金融機関一覧をご覧ください。

楽天証券

手順2  楽天証券と楽天銀行をマネーブリッジで繋いだ上で、自動入出金(スイープ)を設定しておけば、自動的に楽天銀行の口座に出金される。

自動入出金(スイープ)とは楽天銀行と楽天証券の資金移動サービスです。銀行口座と証券口座を資金が自動で移動するので、お客様による入出金の操作の必要がありません。

楽天証券にある現金残高は毎営業日の夜間(22:00以降)に楽天銀行へ自動で出金(楽天銀行へ残高が反映)されます。

楽天証券

証券会社に入金する場合って、普通は株式を買うためだから、証券会社としてはその入金にかかる手数料を負担する(利用者は無料) ってのはまあ普通にある話です。それと、グループの証券会社と銀行で資金の融通をするのも、株式を買いやすくする 観点から無料にするのは意味があるでしょう。 目的外ですが、それを繋いでやれば、無料で資金移動できそうですね!

問題が一つ。ゆうちょ銀行にネットバンクを開設する必要があること。僕、昔開設したことがあるんだけど、准国営企業のネットバンクは非常に使いづらく、すぐ解約した代物なのです。改善とかされてないんだろうな(誰も使わなそうだし)・・・これは再加入するしかないかなあ。他にいい方法がなければ・・・

最近になってようやく初めてゆうちょダイレクトを使ったんだけど、これ過去最悪に絶句レベルのひどいUIしてる・・・
ゆうちょはブラウザでページバックしただけでエラーになるから、死ぬほど使いづらい

どうしてこうなった? ゆうちょダイレクトの酷いUI

「おぉ、古き言い伝えはまことであった…」(大ババさま)

改悪②マネーブリッジ設定した方の普通預金の優遇金利を改悪するぜ!

年0.10%適用していた普通預金の金利を、残高300万円以下は年0.10%、300万円を超える部分を年0.04%にします。 楽天銀行 マネーブリッジ設定での普通預金金利の優遇金利改定のお知らせ

 楽天銀行は、2021年12月末に預金残高が7兆円を超えたことを発表した。6月末に6兆円を超えてから、半年で1兆円を積み増した。ネット銀行の中では、口座数は最多となる1100万を超えている。 

楽天銀行の預金残高が大きく増加した原動力となったのは、楽天証券との口座連携サービス「マネーブリッジ」だ。普通預金の金利を0.1%に優遇する措置の効果で、口座数は300万口座を超え、マネーブリッジの預金残高は4兆円を超えた。全体の6割弱が、マネーブリッジ口座に入金されている形だ。
 一方で、4月からは、マネーブリッジの金利優遇を変更し、預け入れ300万円以上については優遇金利を0.04%に引き下げる(関連記事)。マネーブリッジ口座の平均残高は130万円程度であり、全員が引き下げの影響を受けるわけではない。しかし、4月に向けてどんな影響が出るのかは不透明だ。

楽天銀行、預金残高7兆円を超える

楽天証券と楽天銀行に口座を開設して、その間にマネーブリッジの設定をしておくと、普通預金の金利が0.1%にしてくれてたのね(現状では、定期預金でもこの利率なら「悪くない」レベル)  しかし改悪により、楽天銀行に300万円以上預けてても、それほど金利的には優遇されないことになりました。

ま、餌を巻いて、雑魚含めたくさんの魚を集める(口座数を増やす)時期が終わり、これからは中から単価の高い魚から釣っていく時期が来たってことですな。

とすれば、「雑魚」の対策として

対策 ①別のオンライン銀行の定期預金に移し替える。 例えば、オリックス銀行だと金利0.2%貰えるよ。

主要ネット銀行の定期預金金利比較表 (2022年1月5日更新) インデックス投資日記@川崎さん

 ②みずほ銀行の株式を買う?(僕、けっこうマジで考えています)

年末に、何回目か数えたくないんだけど、またシステム障害を起こしたみずほ銀行、株価は一旦大きく下げました。また上がってきているけど、まだ高値圏という程ではないかと。下が株価チャートです(10年)

yahooファイナンス

さきほど、愚痴をのべましたけど、日本では給与や料金振込にリアル店舗を持つ銀行しか認めないですから、日本の中だけなら、都市銀行はぬくぬくと生き抜くんじゃないでしょうか。僕が冗談で述べた「勅令」が発せられる可能性も限りなくゼロでしょうし。

それに、年末ジャンボ宝くじの事務引受は、みずほ銀行ですね。国も信頼して大金を扱う(手数料も莫大)な美味しい仕事をこの銀行に与えてます。ってことは、みずほ銀行の株価は、(国もバックにいるっつーか、大きすぎて潰せないだろ)それほど下がらないのではないか・・・とも考えてます(責任は持てませんが)。

一方で、みずほ銀行(フィナンシャルグループ)の株式配当は、現在5%を超えています。預金と違い、元本保証はされませんけど、利率と考えると破格とも言えます。

てか、EPSが200円以上もあるのか。正直「日本の銀行」ってこれまでどうやって儲けてるのか全くわからず、購入する気は全く無かったのですが、ちょっと真剣に考えてみようかなぁ・・・。

みずほ銀行は、深刻な問題を抱えた組織なんでしょうし、その将来も決して明るいとは思いませんが、一方で、日本社会(経済)の閉鎖性はこれからも続き、この銀行はゾンビ的に株価は大きく変動することなく推移する と判断するなら、定期預金代わりに買ってみると言うのは面白いかも と、僕は思っているところ・・・なのです。うーん。

株を買うなら、アメリカ企業の株でも買いたいところですが、いくらなんでも高すぎやしないかね?とも思っている部分もありまして。100万円あったら、そのうち30万円位でみずほ株を買って、残りを他のネット銀行に定期預金すれば、まあ悪くないんじゃないかと・・・

※楽天グループは、楽天証券も購入投信に対するポイント付与を改悪してたり、ポイント付与制度そのものを改悪していたり、傍目には「利用者減っても仕方なし、なりふり構わぬ倹約」しているように見えますね。なにせ、楽天モバイルが大赤字だからなあ。

楽天グループがモバイル事業の巨額赤字に苦しんでいる。営業損益が赤字の状況が続いているが、それはモバイル事業の赤字が主要な要因だ。資金繰りも必要な状況になりつつあり、楽天銀行の上場も検討することになっている。楽天グループの最新動向に迫る。

楽天、モバイル事業3,000億円の巨額赤字 楽天銀行が上場で資金調達も?

とすると、これからも、利用者にとっての改悪は続く のでしょうか? 確かにSPU還元とか、やりすぎの面はあるからねえ。けっして持続可能な制度ではないでしょうけど。

個人賠償責任保険(付帯)

2021年12月3日追記。 この記事の趣旨は、個人賠償責任保険として、「JCBトッピング保険の日常生活賠償プラン」と、「楽天銀行 お客さま専用 小額あんしん保険 個人賠償責任プラン」を比較し、後者のほうが安いので、そちらに乗り換える というものでした。 

ところが、楽天銀行プランは2021年2月1日以降の契約(更新契約も含む)について、月額320円に値上げするそうです。自分も契約更新で次回から値上げだそうな。再度両者の価格比較を行ったところ、JCBが月額210円と安価だったので、再度乗り換えました。ということで、以下の本記事は、過去のものですので、ご承知おきください。

個人賠償責任保険(こじんばいしょうせきにんほけん)とは、個人の日常生活や住宅の使用・管理等に起因して第三者の身体や財物に損害を与え、賠償責任を負担した場合の損害を包括的にカバーする賠償責任保険である。

wiki

日常生活で、他人の物を破損してしまったり、自転車事故を起こしてしまったり、マンションで洗濯機の水漏れを起こして階下に迷惑をかけてしまったり。そんな損害に対して賠償する保険ですね。

自転車で起こす事故については、賠償金が多額になることから、東京都では自転車保険の義務化がされています。個人賠償責任保険は、この自転車保険も包括した保険になるのです。(本人が加入すれば、同居する家族も保険の対象)

自転車保険の義務化のきっかけは、自転車事故による高額な賠償請求が起きたことです。

2008年に神戸で発生した事故では、当時小学5年生の男の子が、自転車に乗っているときに女性に衝突し、女性は頭蓋骨骨折、意識不明の重体となってしまいました。その後2013年に裁判で男児の保護者に対して約9,500万円もの判決が命じられました。

被害者にとっても加害者にとっても重大な結果となってしまったこれらの事故を重く受け止め、兵庫県では自転車の安全利用に関する委員会を立ち上げ、自転車保険の義務化の導入に向けて検討を始めました。そして2015年に兵庫県で国内で初めて自転車保険の義務化の条例が制定されました。
日常生活で身近な自転車は事故もまた身近にあるもの。そして誰もが「加害者」にも「被害者」そしてその家族になり得るのです。条例で保険加入を義務付けることによって万が一の事故による負担を一人でも多く減らすことができれば。そんな思いが込められているのです。

条例に対応できる自転車保険

自転車保険の義務化のきっかけをご説明したように、自転車保険の義務化は相手への賠償を目的としたものです。そのため、自転車に乗っている時の事故で「相手への賠償ができる保険」であれば条例に対応ができます。
今「自転車保険」として販売されているものはこの「相手への賠償」に加え、「自分のケガ」も補償されているものが多いですが、ポイントは「相手への賠償」です。「相手への賠償」は個人賠償責任保険、日常生活賠償責任保険ともいわれています。現在加入している他の保険に賠償責任保険がセットされている場合には条例対応ができている場合が多いです。
「個人賠償責任保険」や「日常生活賠償責任保険」は日常生活にかかわる偶然な事故によって、他人にケガをさせたり他人の物を破損させてしまい、法律上の賠償責任が発生した場合に補償される保険です。そのため、日常生活で自転車乗っている時の事故も対象となるのです。

自転車保険の義務化とは?地域や対象者、罰則についてまとめて解説

個人賠償責任保険ですが、 多くの人は「自家用車の任意保険の特約」の形で加入することが多いと思います。それ以外、単独の個人賠償責任保険 ってあんまりないのです。

ただし、単独の個人賠償責任保険をクレジットカード会員の特典、銀行のサービスの一環という形で安価に加入できる方法もあります。今回はその紹介です。

1.JCBトッピング保険「日常生活賠償プラン」

  • 保険料150円/月
  • 死亡・後遺障害100万円
  • 個人賠償責任1億円

他のカード会社でもほぼ同額の補償で、似たような保険料でこの保険を制度を出しているところがあります。僕が加入した当時はたまたまJCBが一番安かった。

お持ちのカードの種類によっては加入できない場合があります。ご利用になれるJCBカードは、カード番号の最初の3桁が354、355で始まるカード、および裏面にJCBのお問い合わせ先の記載があるカードが対象です。

JCBカード 日常生活賠償プラン

僕はリクルートカード・JCB(年会費無料)で加入しています。ただし 僕の場合、これよりいい保険を見つけたので、 次の保険に移ろうとしています。リクルートカード、ずいぶん用途が減っちゃった。

2.楽天銀行 お客さま専用 小額あんしん保険 個人賠償責任プラン

  • 保険料120円/月  楽天ポイント(期間限定ポイント含)で支払可能
  • 死亡・後遺障害100万円
  • 個人賠償責任1億円
  • 個人賠償責任については示談交渉も利用可(国内)

太字の部分が、これまでの保険より優れていると思ったところ。楽天銀行に口座のある人しか使えないのですが、僕はココがメインバンクだから問題ないです。楽天経済圏にどっぷり浸かるのも、リスク分散の観点からはどうか・・・と一方では思うけれど・・・

実際に賠償が必要になる責任を負ったことはないんだけど、いざその時に相手との示談交渉をお願いできる ってのは、保険の素人にはありがたい制度じゃないでしょうか。

保険料については、各社結構改定するので(JCBも昔は120円だった)ここの差額はあまり気にしてません。注目は支払いに楽天ポイント、特に期間限定ポイントが利用できること。僕は楽天市場でお買い物はしないので、少額ついた期間限定ポイントも捨ててました。それが、こういう形で消費されるなら地味にうれしいですね。

ちなみに・・・通常の楽天ポイントは、楽天証券で投資信託を購入するときに全額消費。でもこの使い方は「期間限定ポイント」対象外なのです。