矢作川開削と下流域村々の変容

というタイトルの文化財展が、碧南市文化会館(中央公民館)で開催されているので見学してきました。 12月2日まで、月曜定休で開催中。朝9時から夜9時までやってるよ〜。

このブログのタイトルが「流域環境防災」と書かれているように、僕は河川が地域社会(と歴史)に与えた影響についてとても興味を持っているので、かなりいい展示でした!

と言っても、一部屋だけのミニ展示会であり、展示のメインは、下の10枚のパネルに集約されるのですが。(「撮影禁止」とは書かれてなかったので撮影しちゃったけど、著作権もあるでしょうから、これ以上の拡大は載せません。見に行ってください。 

時代を経るごとに、と言うか江戸時代初期(上右から2枚目)に矢作川の下流に1.3kmの放水路を開削したことで、下流の内湾がどんどん陸地化されていく様子を示したパネルです。

たかが10枚のパネル。でも、この「時代を追って矢作川下流域がどのように変化(主に新田開発による陸域化)したか」ということが、体系的に図示された出版物は見たことがありません。僕はそれを探していました、でも見つからないので、こんな感じだったんじゃないか?という妄想図を書いて(左のカテゴリー「西尾の地歴史」をご覧ください)いたくらいです。それがあると、歴史の流れが分かりやすく説明できると思うから。 このパネル、是非書籍化してほしい・・・

文化展では、同名の解説資料を貰えました。残念ながら10枚パネル図は含まれていないのですが(どうしても推定が多いので、学術的に載せるのは厳しいのかも・・・)、内容的にはとても充実していて重宝します。これを無料で配布してくれるんだから、碧南市さん太っ腹〜。(一家族一冊、先着1000名だっけ?だそうです)

流域の流れを冊子からまとめて箇条書きします。←は僕のツッコミと追記です。

  • 戦国時代以前の小島村、志貴野村下流の矢作川に堤防はなかった。網の目のように低地を幾筋にも分流していた
  • (現在の碧南市には内湾が広がっていた。その郡名である)「碧海郡」は美しい入り江の風景と碧い海からその名が付いたと言われる ←上記パネル右上「平安時代」を参照のこと
  • 1605年の矢作新川開削の規模は幅36m×長さ1310mで、開削規模から考えると、当時この掘割が矢作川本流になるとは想定していなかったのではないか←土木的にいえば、最初はたぶん「放水路」を造ろうとしたんです。海(内湾)へ放流するタイプの。

放水路(ほうすいろ)とは、河川からの溢水による洪水を防ぐため、河川の途中に新しい川を分岐して掘り、海や他の河川などに放流する人工水路のことをいう。分水路と呼ばれることもある。道路におけるバイパスに相当する機能を持つ。
日本の放水路には例えば新北上川(北上川の放水路)、大河津分水(信濃川の放水路)、荒川(隅田川の放水路)、新淀川、太田川放水路(太田川の放水路)などがある。

放水路 wiki
  • ところが、開削した放水路は落差が大きく、両岸が浸食されみるみる川幅が拡大した。川幅は藤井村・米津村で開削後160年ほどで6.7倍に拡大し、田畑や屋敷が失われた。
  • 上流から来る矢作川の流砂と浸食された土砂は内湾へ流れ込み、開削から35年程度で最初の河口(米津)から内湾の半島であった鷲塚まで、着物の裾を上げれば渡ることができるくらいまで埋まってしまった。そのため、内湾の北部(北浦)はいわば湖状に。北浦に流出する河川水や雨水が海に排出困難な上、洪水時は矢作川から北浦に水が流れ、北浦に面した村々は災害を受けるようになった。←北浦はその後規模を縮小しながらも、「油が淵」として現存。
  • 災害対策として、米津から鷲塚までの浅瀬を堤防にしました!その後も堤防の前に砂はたまり続けたので、緩衝地の意味も含めそこを新田として開発しました(陸域化)。北浦から矢作川への排水路(悪水路)も整備しましたよ
  • 流砂はさらに溜まり、下流にもどんどん溜まっていきます・・・そこで人々は、利害が異なる村々の調整を行いつつ順々に新田開発(陸域化)し、埋まった排水路を下流へ移し・・ ←と江戸時代以降延々とやってきたのが、この地域なのです! それをやりつくしたのが「現代」・・・とまでは真面目な冊子なので書いてないが、まあそういうことだね。
  • 矢作川水運の主要港は最初「米津」にあったんだけど、川に砂が溜まって河床が上がるのに合わせ、米津→鷲塚→平坂とどんどん下流に移って行きました。
  • それとは別に、碧海郡の先端「大浜」にも大浜港があり、ここは矢作川の流砂の影響はほとんどなく、また境川・矢作川の河川結束点でもあったので最後まで栄えることができました。←栄えた港町には、必ず立派な寺社仏閣だったり宗教行事(お祭り)があります。儲けは大きいけど、命の危険を伴う海の仕事には神仏の加護が不可欠だからでしょう。大浜にも寺院街があり、美術館もあり、ちょっと散歩にいいところ。その記事はこちら
  • 大浜港の歴史は古く、中世には三河の港としては唯一の年貢運送・取引業者(問丸)がありました。その後も栄えました。(←明治時代にできた三河鉄道の始発駅も大浜です。詳しくはこちらの記事をどーぞ)
  • 織田信長の初陣は、大浜の砦(大浜羽城)が攻撃目標でした。 

←大浜は、織田氏と敵対する松平氏(というか今川氏)の支配下でした。初陣として攻撃するには那古屋から遠く、攻撃難易度は高いです。ただし、織田家は尾張の津島湊(伊勢湾海上交通で栄えた港、もちろん問丸もある)を支配しており、そこの商人から多額の軍資金を得ている関係がありました。なのでスポンサーから「旦那ぁ、商売敵の大浜湊やってくだせえ、軍資金も弾みますんで!」と言われたのかもしれないね。

うん、見事な冊子でした(マニアにはね) 拍手!!

飛行機から景色を眺めながら 〜主に愛知県内〜

先日の北海道旅行の帰り、運よく窓際の席に座ることができました。で、何枚か写真を撮ってきたので、それを少しアップしますね。景色を眺めながら、よしなしごとを考えるのは、楽しいひと時です。それが空からの眺めならなおさら。

御嶽山 2019.02.13

御嶽山です。(標高3,067m) ちなみに標高3,000mを超える山としては、国内で最も西に位置しています。2014年9月に噴火し、登山客58名が死亡した災害は、まだ記憶に新しいところ。 今は山頂も雪を頂き何も見えず、 静かなものです。でも活火山です!

矢作川乙川合流点(岡崎)

愛知県は岡崎上空。中央やや上を右から左に流れるのが「矢作川」そのやや下から合流しようとする川が支川「乙川」です。写真の右端、乙川の右岸側に見える緑のこんもりした丘が、岡崎城公園です。

昔の矢作川は暴れ川でしたので、もう少し川幅が広く城に近かったと思われます。例えば、江戸時代に描かれた岡崎のイメージはこんな感じ。

広重「東海道五十三次」岡崎

矢作川に掛かる橋から見た岡崎城っす。背後の山はどこだよ〜(これは広重のイメージなんで、実際にはこんな山は見えませんよ)

と、ともかく上の航空写真の上側から下側を眺める方向です。いずれにせよ、岡崎城と言うのが、矢作川と乙川の水運を押さえるために築かれたことが分かるかと思います。

現在では舟運は東海道や鉄道に変わりましたけど、それらにも恵まれこの辺りは見渡す限りの住宅密集地に変貌しました。まあ岡崎市街のどまんなかです。西尾からみたら、岡崎は大都会(笑)。

それにしても、矢作川を航空写真で見ると「ずいぶん河原の多い川だな」という感想を持たれるのではないでしょうか。

実は矢作川、典型的な「砂河川」としてその筋では有名なんです。土砂供給が多いのね。これでも矢作ダムや多数の発電や利水の堰ができたおかげで砂が堰き止められて供給量が減り、建設用の良質土として大量に掘削された後の姿ですけどね。流域の小学生は「どこに掘削穴があるか分からず危険だから、矢作川に近づく(遊ぶ)んじゃありません」と指導されました。これ、僕の体験談です。

ちなみに矢作川は中下流部に広がる砂の美しさから「美河」とも呼ばれているんだとか。( 定説の無い「三河」の由来の一つだと思います)

白い砂浜とアースワーク
矢作川流域の地質の大部分は領家花崗岩類からなっています。地表の花崗岩は雨や風の影響によって1つ1つの鉱物に分解され、崩壊しやすく流出土砂が多いため、矢作川は典型的な砂河川となっています。
矢作川は中下流部に広がる砂の美しさから「美河」とも呼ばれています。
矢作橋の右岸付近では、昭和44年(1969)に開始された砂の創作活動(アースワーク)が毎年5月に開催されています。

国土交通省 矢作川
佐久島

こちらは三河湾に浮かぶ佐久島(西尾市)です。島の全景が撮影できるとよかったのですが残念。2月22日(ネコの日)に公開される映画「ねことじいちゃん」岩合光昭監督 のロケ地として、間もなく大ブレークする予定です(笑)。歴史のある観光の島でもあります。なお、文化財を中心に歩いた僕の旅行記はこちらをご覧ください。

この島、大まかに言って「へ」の字の形をしてるんですが、その各辺にそれぞれ集落があって、真ん中には何もない(学校、中部電力発電所、JAとかの公共機関のみ)のよね。 集落内は家屋が密集してんのに、なんで空っぽの中央平地を使わなかったのかなあ?

たぶん、中央部の海が遠浅で、生活の糧となる港が造りにくかったんだと思うな。だから中央部に海水浴場がある(写真中央の湾曲した突堤が海水浴場です)が、現代ならもう少しそのあたりを活用してもいいと思うなあ。

内海

中部国際空港のある知多半島。半島中ほどの内海町(正確には南知多町)あたりを撮影したものです。内海ってのは、先日亡くなった哲学者・梅原猛の故郷でもあります。町はずれの山裾に白く映ってる建物が内海中学校なんですけど、その付近に実家があります。もっとも、彼はこの中学には行かず、ココから二時間半かけて名古屋の私立東海中学校に通ったそうですけど。と、遠いなあ。

航空写真を見て「半島のくせにやたら丘陵が多いじゃねーか」と思われたことでしょう。

そうなんです!そのくせ知多半島には大きな川もないので、常に水不足の土地でした。昔はため池で我慢してきましたが(今でもため池は多い)、戦後「愛知用水」事業という大プロジェクトが世界銀行から融資を受ける国策として遂行され、知多半島にはるばる木曽川から水が送られたのです。 むかし「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」でも放送されたね。

大きな河川が無く水不足であった知多半島地域への用水運動が愛知用水誕生の端緒である。水不足を溜池で何とかやりくりしていた知多地域は、1947年に大干ばつを受けて溜池が壊滅し大きな被害を受けた。これにより用水設置を求める運動が起こった。このうち、木曽川からの引水を計画したのが篤農家の久野庄太郎と安城農林高校教諭の浜島辰雄である。翌年には地元有志による「愛知用水期成会」が結成された。また久野・浜島は首相吉田茂へ陳情し、国の政策として用水路建設が進められることになった。

1950年には世界銀行による敗戦国復興開発融資を受け、アメリカ合衆国のシカゴに本社をおくコンサルタント E.F.A. (Erik Floor and Associates Incorporated) 社が設計・監理を担当し、進んだ土木技術、建設機械を用いることになる。

wiki「愛知用水」

ちなみにこの水、 知多半島先端の南知多町から海底導水管を通して先ほどの佐久島等の離島にまで送られています。島もずっと水が貴重品だったからね。ん?ってことは、佐久島集落の成り立ちは、歴史的に清水の供給源がどこに確保されていたか に依るのかもしれないな・・・。

ついでに、この用水が工業用水を供給できたことによって東海市に製鉄所が誘致でき、東海市付近の臨海部が工場地帯として発展する源にもなったんだな。

このように恩恵が大きい愛知用水なんですけど、知多半島は逆にこの用水しか頼れる水源がなく、将来に渡りこのインフラを維持せざるを得ないのも確かです。 半島には東海市や大府市、常滑市など日本には希少な、生産年齢人口が増加する若い都市が多いんですけど、将来的には大規模用水の維持修繕・改修費が重く伸しかかってくるんじゃないでしょうか。 流域外から余計なお世話ですけど。

これはおまけ。乗ってたエアバス330の着陸時の主翼フラップの展開状態です (左) 。前後のフラップを展開し、広い「/」の形の翼状態を取ります。 普段はフラップを収納し、狭い「ー」の形の翼状態になります(右)

主翼自体は高速向きのものとし、離着陸時での低速においては不足する揚力を補うため、主翼の最大揚力係数を増す装置が高揚力装置である。高揚力装置は以下のような方法を用いて揚力を増大させる。

キャンバー(翼の湾曲)を増やす
翼は気流を曲げることによって揚力を得ている。そのためキャンバーが大きければ揚力も大きくなる。初期の飛行機はキャンバーが大きな翼型を採用していたが、高速時には空気抵抗と揚力が過大になる。よって離着陸時など低速時のみキャンバーを増やす。

翼面積を大きくする
翼面積が大きければ、揚力もある程度は大きくなる。ただし翼面積が大きいと高速時には空気抵抗が大きくなる。よって離着陸時など低速時のみ翼面積を増やす。

wiki高揚力装置