近所にできたインドカレー屋で食事堪能しながら考えてたこと。

近くにインドカレーの店ができたので、ランチに行ってきました。と言ってもすでに2回目ですが。

どれくらい近くかというと、最寄りのコンビニより近い(こちら田舎ですんで)!

一回目は、チキンカレーとナンの組み合わせにラッシを追加。セットドリンクならラッシ(ヨーグルトドリンク)100円とお得です。

まあどえらい大きなナンが来ました。「こんなでかいのどうやって焼くの?」と聞いたら、厨房に専用の窯を入れてるそうです。表面にたっぷりバターが塗られており非常においしい。ですが全部喰うと僕的にはちょっとくどいかな(お代わり自由です)

店は「インドアジアン料理」と銘打っており、メニューには生春巻きやタイカレーもあります。が、店員さんはたぶんネパールの人かと思いました。 ネパールなら主食はナンじゃなくて米だし、それっぽいカレーはダルカレーかな、飲み物はチャイだろ と勝手に決めて二回目の訪問。 米は残念ながらインディカ米じゃなくジャポニカで、ちょっと風情にはかけるけど、日本人相手なら経営合理的ではあります。個人的にはダルバート(ネパールの定番定食。日本食の汁飯香にあたる)をメニューに加えてほしいのですが、田舎じゃ客層的に無理かなあ・・・まあダルカレー美味かったからいいんだけど。

「ネパールの主食」について教えてもらいました!
日本でインド、ネパール料理屋さんに行ってカレーセットを頼むと付いてくるのが、日本人にもお馴染みのナン。だからなのか「主食ナンなんでしょ?」って聞かれるけど、実際はあまり食べない(笑)。パーティーのときだったり、外食したときに食べるくらいで、実際は日本と同じお米が主食なんですよ! しかも、めちゃくちゃな量を食べる私の家族は、一食1人で軽く2~3合は食べてるだろうな~。
・・・日本にもおかずのお供があるように、ネパールにも欠かせないお供があって、それが「ダル」という豆で作ってご飯にかけて食べる、スープみたいな料理。ダルの味付けは、ニンニクや生姜、油、塩、クミンパウダーなどを入れて圧力鍋で豆を柔らかくして作る。
味は……うっすらカレー味に豆を煮詰めてるな~って感じ(笑)。

ネパールの主食はナンじゃなくて白米! そして「ダル」

僕は異国料理好きですし(おいしければなんでもいい)、家の近所で外食ができる場所が貴重なので、長く営業してくれることを願っています。が、この場所の店舗は フィリピンパブ、その前は夜主体の喫茶店だかスナック とちょいちょい営業が変わる「飲食店には不利」な場所。まして田舎の異国料理店なんて、持続可能なのか心配ではあります。 

そういえば、最近は西尾の町中にもちらほら中国人経営の中華料理屋ができてますし(都会ではガチ中華の店が大量出店してるとか)、あちこち見渡すと外国人オーナーの料理店って結構増えてますね。 うちの近所でもブラジル料理の店ができてます。その国出身の労働者(メインターゲット)が増えたのも一因だと思いますが、一つ疑問が。 

日本で外国人がオーナーとして飲食店を経営するのはハードル高くないの?てか労働ビザ簡単に降りるん?

ちょうどよく次のような記事が飛び込んできました。(smartnews)。ここは田舎だから「インドカレー店をよく見かける」ことはないのだけれど、街でよく見かけるほどあるのなら、「競争相手の少ない田舎で起業する」のも一つの選択肢でしょうから。

街でよく見かけるインドカレー店は、どこも同じような店構えだ。なぜなのか。ジャーナリストの室橋裕和さんは「『小泉改革』で外国人経営者に対する規制が緩和された結果、ネパール人たちが同じようなインドカレー店を爆発的に増やしていった」という――。(第1回)

なぜ同じようなインドカレー店がコピペのように急増したのか…「インネパ」が日本に定着した意外な理由

「小泉改革で、外国人経営者に対する規制が緩和された」というのはうなずけますが、そこから「ネパール人によるインドカレー店激増」というのは面白い見方ですね。 

その核の部分はこちら

外国人だって独立して自前の店を持とうとした場合は会社が必要になる。そして会社を設立すれば「経営・管理」(当時は「投資・経営」)という在留資格が取得できる。だがこのための条件が、90年代は厳しかった。日本人を雇用することなど、外国人にとってはハードルが高かった。だからこそ従来は、パートナーの日本人が簡単に会社をつくれる国際結婚カップルか、資本に余裕のあるインド人が、インド料理界のメインストリームだったのかもしれない。

それが小泉改革で変わった。カドゥカさんは言う。
 「2002年ごろかな。外国人は『500万円以上の出資』があれば会社をつくれるようになったんです」
 外国人でも小規模なビジネスの経営者になりやすくなったのだ。この制度をうまく活用したのが、ネパール人コックたちだった。

500万円はもちろん大金だが、インド人や日本人の店で地道に働くうちにそれなりの貯えができたネパール人たちの間で会社を設立して「投資・経営」の在留資格を取得、独立起業する動きが広がっていく。コックの在留資格「技能」だけでなく、日本に住み、働くための「名目」が、いわばもうひとつ出現したのだ。


 雇われのコックではなく自前の城を持ち、もっと稼ぎたいと思うネパール人たちがこれに飛びついた。この「小泉改革説」は、ほかにも何人かのネパール人から聞いた。

同上

なるほどねえ。なんか「華僑の三刀」を思い出させるような話ですねえ。

三把刀(さんばとう、三刀)とは、かつて華僑が多く従事した、刃物を使用する料理人(包丁)、理髪師(剃刀など)、仕立屋(鋏)の三つの職業。
この三種の職業は人間の基本的な必要に対応することから、いかなる国や土地でも、またどんな時代でも安定した需要があり、かつ簡単な道具で開業できる食いはぐれの無い安定した職業技術であるとされた。

wiki

今の日本では、服は買うもので仕立てるものではありませんし、日本人理髪師が供給過多になってるくらいですから、 外国人理髪師と仕立て屋の需要はないけれど、料理人はまだいけそう ってことかな。

外国人労働者の受け入れに拒絶感の強い日本ですが、横浜や神戸にある中華街など長い時間をかけて受け入れた事例だってあります。ネイティブジャパニーズが激減する環境下で、移民受け入れとある程度の多民族共生国家化は不可避でしょうから、その場合はやっぱし生活に密接している三刀職業から入るのが自然の流れなのかなって。異国料理好きは思うのです。

横浜中華街はじまり語り、なるほど話。 その5 洋裁、理髪、料理。刀を片手に活躍!

閑話休題。インドカレー店の話は単純な需要供給話から一歩進み、そこからなぜ「同じような店ばかりになるのか」まで解説してくれてます。面白いですねえ。


 「家族親族で500万円をひねり出して日本のカレービジネスにトライする」ことが、いつのまにやら「経営・管理ビザを取得したい人間が500万円をネパールにいる出稼ぎ志願者数人に分割・負担させて日本に呼ぶ。一方はカレー屋経営者に、一方は技能ビザを取得してコックとしてカレー屋で働く」という図式に置き換わっていったのだ。つまりは日本側の独立志願者と、ネパール側の出稼ぎ志願者をつなぐブローカーが介在するようになる。  そして大量のカレー屋が生み出される中で、同じような店がコピペのごとく急増していったのは周知の通りだ。・・・

「親」の成功を見てきたのだ。それを踏襲したい、家族親族の期待と出資を受けて独立するからには失敗できないという気持ちも強いだろう。だからある程度うまくいっていた前例をそのままコピペして、安心感を得る。

同上

一旗揚げたいけど、期待背負って失敗できないから模倣し安心感を得るか。なるほど。どこかで聞いたような話でもありますねえ・・・

この記事は室橋 裕和『  日本を制覇する「インネパ」』(集英社新書)の一部を再編集したもの だそうです。面白い視点だからちょっと買って読んでみようと思います。

いまや日本のいたるところで見かけるようになった、格安インドカレー店。
そのほとんどがネパール人経営なのはなぜか?
どの店もバターチキンカレー、ナン、タンドリーチキンといったメニューがコピペのように並ぶのはどうしてか?
「インネパ」とも呼ばれるこれらの店は、どんな経緯で日本全国に増殖していったのか……その謎を追ううちに見えてきたのは、日本の外国人行政の盲点を突く移民たちのしたたかさと、海外出稼ぎが主要産業になっている国ならではの悲哀だった。
おいしさのなかの真実に迫るノンフィクション。

Amazon

日間賀島探訪

 2月末に、三河湾に浮かぶ日間賀島に出かけてきました。 記事アップが遅れたのは、ここ一か月近く花粉症がひどくて、何もする気が起こらなかったから。この時期にお外で働くのはつらいのですが、今年は特に酷かったよう・・・。

三河湾には有人島が三つ浮いています。北から佐久島、日間賀島、篠島です。一番北の佐久島へは西尾市から渡船が出てるんですけど、そのすぐ南にある日間賀島と篠島へは定期船はありません(チャーターする手はある)。 てか、なぜこの近接する三島の行政区分が違うのか(佐久島は西尾市、日間賀島と篠島は南知多町)、謎です。地理的には、全島ともまとめて南知多町の行政区分となるのが自然だと思いますけど。

*大昔(奈良時代)の納税木簡に「三河国幡豆郡比莫島」と書かれたものがあり、古くは幡豆郡(現在の西尾市)に属していた時期もあったようです。

なんにせよ、日間賀島には知多半島の先端「羽豆岬」にある師崎港からフェリーで行くのが一番手軽です。 (羽豆岬には神社があり以前の記事で紹介しています。よかったらどうぞ)

師崎港の駐車場、島で一泊すると駐車料金は一台2000円です。ぼったくり価格ですね。  師崎港から日間賀島への船運賃は片道710円。妥当なのかよくわかりませんが、やや高いかなあと。 なにせ港から島はすぐそこに見えますんで。

これでも、国土交通省が定める立派な「離島」です。あっでも「離島ってなんだろ・・」

島の地形概要 島は南北が短く、東西に長い形をしています。東西に集落があり、中央部の高台はあんまり人が住んでいません。なので中央部に公共施設(学校、診療所、行政支所)が集中しています。

車は島の外周を回る道路、港周辺、そして島の南北につなぐ幹線道路のみ通行可能な感じ。東西の集落内は原付が通るのがやっとの細い路地が主体です。

島の居住構造は、以前行った佐久島と酷似しています。

西港前のメインストリート(左右が外周幹線道路)

島中央部を南北に走るメインストリート。車が通行可能! この通りには診療所とか保育所、資料館(閉館済)が面しており、コンビニとその看板も出てるにぎやかな通りだよ(笑)

コンビニエンスストアは、保育園のお隣にあるそうな。 でも島のひとは店の位置みんな知ってそうだし、一見の観光客だと保育園はどこ?だから、「200m先」とかの方がいいような気もするけれど・・・まあほっこりしてるから、いいかぁ。

夜10時まで開いてる立派なコンビニ。中見てみれば良かった(現金持ってなくて。paypayとか使えたのかな・・・)

結構立派な小学校 (ほかにも行政支所や診療所とか撮影してました。「オマエ不動産屋かよ・・・」)

閉校した中学校。校庭にカラーコーンが倒れていましたが、時計は動いていました。三島の中学校の存廃について以前記事にしましたけど、現在、日間賀島の中学生は船で本土の中学校に通っています。再び、離島ってなんだろうね・・・

こちらは集落の露地(安楽寺近く)

こちらは東集落内の様子です。島にはあんまり観光名所はないのだけれど、こんな感じの狭い路地がぐにゃぐにゃ続いていたりして、地図なしで中をさまよい歩くと面白いです。あちこちの辻に地図が張ってあり、あまり迷うことないかと思います。

場所によっては急坂もあり、なんかヨーロッパの城塞都市の中をさまよい歩いている感じもあります。まあヨーロッパの街並みのような統一感はないのですが。

アジアの都市は「我が建物をいかに立派にするか」にこだわり、ヨーロッパみたいに「街並みを綺麗にする」という発想の街はあんまりないですね(日本でも昔裕福だった古い町並みはそれに近かったけれど、それが現代までそのまま保存されていることは珍しい)。

 まあだからこそ、醜悪な建物もあるけれど、「おっ」と目を引くような建物がある意外性が日本の街歩きの楽しみになります。ヨーロッパの街並みは美しく整っているけれど、歩いていてやや退屈というか、意外性はあんまりない感じがします。

あ、日間賀島へ行った主目的は、「フグ」を食べに来たのでした。この島は「フグ」と「タコ」で売り出しているんですよ。

宿は3部屋しかない「すずき」さんにしたのですが、そりゃもう、絶品でした。この日は我々ともう一組しか客がおらず、 フグのから揚げが絶妙のタイミングで運ばれてきましてね。 そりゃ旨かったです。 まあ、興味ある方はこちらの方のブログを参考にどうぞ。

師崎の駐車場代金が不満ですが(宿のせいではない)、地魚のおいしい時期にフグ以外のコースで再訪しようと思っています。味には期待できそうなんで。

宿自体も静かでいい隠れ家でした。

こんな感じの細い路地のそのまた先に、宿があるなんて誰が思うでしょう。

同じ時間の船で来たもう一組の宿泊客と、しばし宿まで迷いました。googlemapで道案内してもらっても、数メートルの誤差はあり、「いやこの露地じゃないだろ」と。結局看板とか何もなかったし。

いや、でもそれが大変良かったです(Mかよ)!

おまけ

西の集落から、中央の丘陵部への露地

中学校あたりから見た南の篠島

渡船から見た「チッタ・ナポリ」(バブル別荘地)。詳しく知りたい方は、以前の記事をどうぞ。

島にある安養寺に安置された阿弥陀如来には、興味深い伝承があります。

昔、日間賀島と佐久島の間に島があり、その島に筑前寺という寺があったそうです。その島が大地震により陥没(現在は暗礁化し大磯と呼ばれている)し、筑前寺の仏像の胎内仏であった仏が漁師の網にかかって引き上げられ、その仏がこの阿弥陀如来なんだとか。(安楽寺の看板による)

三河湾で、島一つが沈んでしまうような大地震。いつの地震だったのかな。ちょっとまた調べてみます。