名古屋下町散歩(柳橋中央市場〜四間道〜円頓寺商店街界隈)

名古屋駅から徒歩圏内に、市場があるのを知っていますか? それが「柳橋中央市場」って言うんですけど、そこから堀川にと平行に、円頓寺商店街まで朝の散歩を楽しみました。 四間道のあたりは古い町並みが残っていて、なかなか風情もありますよ。

駅前の大通りを南下し、スパイラルタワー(専門学校が集結した高層ビル)を左折し東に向かいます。柳橋という交差点で左折し北上すると、市場に出ます。

ここには、朝から営業しているラーメン屋「大河」があります。ラーメン700円。もやしがたっぷり、チャーシューが3枚載っててお得。特にもやしは丁寧に下ごしらえしてあるのか絶品ですね。ラーメンと麺は丁寧につくった「中華そば」。美味しいです。市場の中に机並べて、席は8席くらい。時間帯を選ばないと並ぶことに・・・ まだ食べたことないんだけど、きしめん屋も気になりますが・・・

と、腹ごしらえできたら、更に東に進みます。 堀川の手前で左折。界隈には「コーヒーハウスKAKKO花車本店」という有名なモーニングの喫茶店があります。ここは朝7時開店。7時前にもお客さんが入っているのでびっくりしますが、彼らは常連さん。小さなカウンターと2卓しかないから、しょうがないですねえ。 もちろん美味しいんだけど、「かわいさ」にお金を払っている部分もあるのかな、量の割にはちょっと高い と個人的には思いました。(そんな奴は、コメダで小倉トーストとゆで卵モーニング食っとけ!・・・)

「花車」優美な地名ですが、花車神明社があるからですね。住宅密集地にある「まとまった緑地」です。

ちゃんと山と海、それを鎮護する社まであります(笑)。

花車社の「山」
花神社の「海」

ここから、北上して広い道路(桜通り)を渡ったら、四間通(しけみち)界隈です。南端の浅間神社(ここも住宅密集地にある「まとまった緑地」)に界隈の地図が貼ってあるので、大体の位置を把握したら、あとは適当に路地に入ったり、散策を楽しみましょう。

慶長15年(1610年)に名古屋城築城と共に始まった清洲越しにともなって商人達がこの地に住み着いて作られた商人の城下町として始まり、最初の「名古屋」の街の誕生となった。

元禄13年(1700年)の大火で1600軒余りが焼失し、その後尾張藩4代藩主徳川吉通は、堀川沿いにある商家の焼失を避けるために、中橋から五条橋までの道幅を4間(約7メートル)に拡張したのが始まりである。このことから四間道と呼ばれるようになったという。
延焼を防ぐ防火壁の機能を持たせるため、尾張藩が通りの東側に石垣の上に土蔵を建てることを奨励したことから、土蔵造りの並ぶ街並みが形成されたとされている。


1945年(昭和20年)の名古屋大空襲時の那古野地区は、被害が比較的少なく破壊を免れた為、四間道には多くの古い町屋や土蔵など古い町並みがそのまま残った。戦後、名古屋市の都市開発などの影響で幾つかの古い町屋や土蔵は取り壊され、マンションや住宅、駐車場になった所があるものの、現在に至るまで多くの白壁の土蔵が連なり、2階に屋根神様が祀られている古い町屋も多く残っている。


この古い街並みが残っていたことから、1986年(昭和61年)6月10日に名古屋市の街並み保存地区に指定された。
元々は、中橋から五条橋までの堀川の西側にある地区を指していたが、南の浅間神社から北の円頓寺商店街のアーケード入口までを名古屋市が街並み保存地区に指定したことから、その保存地区の一帯をさすことが多くなった。

wiki 四間道

wikiの解説がしっかりしていて、あんまり補足することもない(笑)。

「四間道」の東側から土地が上り坂になっていています。坂を登りきると「熱田台地」。この台地上の町並みは、航空写真でもわかるけど、規則正しく碁盤目状に町割りされ、計画的な街が作られていました(その北端に名古屋城が位置)。つまり東側は、同じ城下町でもより格が高い町並み。下町と高級住宅街を分かつのが人工河川(運河)たる堀川 というわけ。

当時は運河が物流の大動脈でしたから、「堀川沿いにある商家の焼失を避けるために、中橋から五条橋までの道幅を4間に拡張し、通りの東側の石垣(坂の途上に宅地用平坦地を造成)の上は土蔵を建てることを奨励した」のも事実でしょうが、堀川を背に、より完全な防火帯にすることで、これより東への延焼は避けたい という意識もあったんじゃないかなぁ・・・

典型的な「四間道」構造(南から北を眺める)
まわりは「しっくい」の蔵ばかりなのに、珍しい石造り。大谷石かな・・・?だとすれば、流通が盛んになった明治以降のものかと。
隣は覆われてはいますが、「しっくり」造りです。にしても、両側を蔵に挟まれた住宅ってのも珍しい。
さまよった先の路地(子持地蔵尊の路地)  手水鉢に金ひしゃく 風情あります。
旧商家・中村家に残る屋根神(火除の秋葉さん) 低い二階が特徴的。 にしても、隣の家がすごく気になる!

楽しいのでフラフラ彷徨った挙げ句、ようやく「円頓寺商店街」に到着!

風情あるアーケードが残っています。それが縁でフランス・パリの商店街「パサージュ・デ・パノラマ」と姉妹提携しているそうです。しかし、フランスのパサージュと比較すると、空き店舗も多そうだし、なかなかなあ・・・。

長久山圓頓寺(えんどんじ)の門前町として広がっている商店街である。南側にある真宗高田派名古屋別院から御本坊筋とも呼ばれ、古くからの商家が集まる市西北部唯一の盛り場として、特に夜間に賑わいを見せたという。

商店街の路地に行くと円頓寺銀座街と言うこじんまりながらも昭和時代の古い平屋長屋の建物が並ぶスナック、バー、ベトナム料理、割烹、居酒屋、など何軒か立ち並ぶ小さな飲食街がある。

wikiより抜粋
これが噂の「円頓寺銀座街」だっ!

商店街を歩いていると、面白い建造物を見つけました。超省スペースな「金比羅神社」。

中央に人が写っていますが、比較すると神社のサイズがよく分かるでしょう。 それでも細長い敷地をうまく使って、参道を最大限確保してるのがわかります(笑)。

案内看板によれば「名古屋城築城当時より城内三の丸の重臣大通寺氏邸に祀られていたが、安政六年(1859年)この地に移された。 毎年十月十日は大祭が行われる。」ですが、「そんな由緒ある神社が、なんでこれだけの敷地しか確保できてないの?」とか「大祭はどこでやるんですか?(場所ないじゃん)」とかいろいろツッコみたいところ。

御本坊筋」の由来となった、高田派名古屋別院がこちら。 写真に写ってる石碑には「愛知別院」と書いてあるけれどなぁ・・・

真宗高田派ってそれなりの規模の宗派で、三重県津市一身田に立派な本山があるよね。地域的に尾張は多くの末寺があったはずで、その「別院」なら、「地域本社」として立派な寺であるはず・・・なんだけど、本堂しょぼくね?(山門は立派だけど)

真宗高田派(しんしゅうたかだは)は、三重県津市の専修寺を本山とする浄土真宗の一派。親鸞の門弟真仏、顕智が率いる下野国高田(現在の栃木県真岡市高田)の専修寺を中心とする高田門徒の流れを汲む。末寺数、約640寺。

wiki

浄土真宗高田派、江戸時代には、東西に分裂した本願寺(本願寺派と大谷派)に次ぐ第三勢力派だったのね。この寺も江戸時代は末寺73寺を持ち、昭和期まで愛知県下に於ける高田派の拠点(愛知別院)だったんだけど、大戦末の空襲で山門や鐘楼を残して全焼。境内跡に、羅災者のバラックが53戸も建っちゃったそうな。立ち退きさせて昭和27年以降再建が進んだけれど、宗教法人法に基づく寺院規則の制定に際し、護持地域等を考慮して「愛知別院」を改め「名古屋別院」と称したとな(参考;wiki別院紹介

超訳すると「なかなか再建できないうちに、末寺がほとんど独立し、当寺は衰えちゃった」ということかいな・・・    名残の門と鐘楼。

商店街を西に進み、少し内部に入ってみると、また面白い建物を見つけましたよ。(江川線沿い)マンションの1Fに店舗が入居しているようですね。外階段を上がった2Fには広い外スペースがある感じ。どうなっているのかな?水害に備えた高所避難スペースにでもしてるのかな?(駐車場は地下に設置されているようです)

もう12月29日なので、シャッターしまっていますが、看板は出ていますし、事務所とか店舗が入居しているようです。それにしても、この部分にこんな広い遊歩道を作る必要があったのかなあ?それほど人通りが多いとも思えないのですが・・・

「那古野ビル」と言うそうで、南館と北館に分かれています。SUUMOの情報によると

・エントランスが江川線に面しており、買物など便利な環境です。
・昭和53年4月築、名古屋市住宅供給公社旧分譲のマンションです。

僕が撮影したのは江川線に面していないほう。ま、その必要性とかはよくわかりませんでした。

少し早いですが、名古屋駅まで戻って昼食にしましょう。いつも昼食を取る店があるので。 あじのあとりえ「まつなが」です。 駅地下街、近鉄改札口の近く。 今日は、おまかせ定食にします。

唐揚げ二個、刺し身(マグロ、タイ、ねぎとろ)、漬物と味噌汁で1080円。味噌汁の濃さが好みですし、刺し身も新鮮で美味い。ご飯けっこう盛られているし。場所を考えると妥当かむしろ安い価格設定だと思うのですが、食べログの評価はあんまりよくないですねえ。そういえば、コロナ前は冷奴がついていたような気もしますけど・・・

刈谷市探訪

依佐美送信所を訪問したついでに、刈谷市も訪れました。

え、刈谷市ねえ。トヨタ系大手企業の城下町で、僕の好きな歴史的目玉史跡があるわけでもなく、そもそもうちから原付で30分、これまで訪問したことなかったんだけど・・・

いま”あいち旅eマネーキャンペーン”という、「愛の愛知県による愛知県民のための旅行割引」が始動してますんで、それを利用して身近な都市の魅力を追求しよう ってことでございます。

んで、刈谷市で一泊して、観光案内所で電動自転車借りて観光してみたところ・・・

このマチは、駅前の一等地が工場等に占拠され、駅前は一方通行が多く、南北連結も高架や地下道で立体化されており、「トヨタ系企業へ通勤するサラリーマンにはいい街だけど、一見さんの観光客には優しくない街だ」というのが感想(笑)。ま、こういうのは行かないとなかなか実感できないものだからして・・・

刈谷市の中南部を撮影した航空写真を見てくだされ。

google mapより

赤枠で囲ったところが刈谷駅です。白く囲われた部分は、トヨタ系大手部品メーカ(自動織機、紡織、アイシン、デンソー、豊田車体等々の本社と工場群。普通の街であれば、駅前は商業地や本社で、郊外に工場群があるもんでしょう。それが駅前を工場が占拠するとな。

豊田自動織機、デンソー、トヨタ紡織、トヨタ車体、アイシン精機、愛知製鋼、ジェイテクト(旧豊田工機)などのトヨタグループの中心企業が軒並み本社、主力工場を構える。

wiki刈谷市

もちろん、企業城下町と言われるところでは、そういう立地も珍しくないのですが、流石にこれだけ集中してると度を越してますな。逆に言えば、そこに、刈谷という街の成り立ち、というか歴史を紐解く鍵がありそうです。

まず地理的な特徴を述べると、西側に川が流れています(写真中央やや左より、南北に流れている2つの川)、古くはこれらの川を含んだ低地は「衣が浦(ころもがうら)」という入り江でした。現在でも写真の南側で2つの川が合流し、「衣浦(きぬうら)湾」となります。 写真にも、「刈谷市立衣浦小」って表示がありますな。

ちなみに西側の川を「境川」と言いまして、その名の通り、この川を挟んで西側が「尾張国」東側が「三河国」の国境となっていたのです。尾張国側の東浦町ですが、ここは知多半島の付け根に当たっています。そういう位置関係です。

んで、三河国側は川に面して僅かな平地(元衣が浦)を置いて台地が続き、刈谷市の大半はこの台地上にあります。台地の土は瓦に適した良質の粘土(西三河の特産である三州瓦の原料)ですから、地盤は良好です。 

地盤の良好さも、依佐美送信所(写真では右下の「フローラルガーデン依佐美」の位置)やトヨタ系企業の本社や工場が置かれるようになった要因の一つでしょう。

歴史的に言えば、刈谷の街は、戦国時代に「水野氏*」によって河岸段丘と衣が浦を利用した刈谷城が築城され、以来城下町として栄えてきました。衣浦小近くの神社記号は「本刈谷神社」、寺記号は水野氏の菩提寺「楞厳寺(りょうごんじ)」です。城下町は城からこの辺りにかけて広がっており、今の刈谷駅とは随分離れています。これは駅前工場立地の大事な要因だな(そして、駅からレンタサイクルの観光客には優しくない話・・・)。

刈谷城ジオラマ(刈谷市歴史博物館) 上側が城下町に 下側が衣が浦に面します。
本刈谷神社

本刈谷神社の境内は、県指定の貝塚(縄文遺跡)です。内湾に面した台地は縄文人が暮らしやすい良い土地だったのでしょう。

楞厳寺 なかなか立派なお寺です。水野氏も眠る墓地を売り出してました。おひとついかがです?

明治時代に入り1888年、町から大きく外れた郊外に東海道本線と刈谷駅が設置されます。その頃の地図がこちら(1890年)。

城下町付近は人家が密集していますけど、できたばかりの刈谷駅前は、街道沿いに家があるくらい・・・駅前の広大な土地も、安く手に入るんじゃ?そのわりに、刈谷駅から大都会である名古屋までは、当時の電車で30分ほどと、交通の利便性は悪くないようです。

さらに1915年、刈谷を含む碧海郡役所のある知立、三州瓦の生産地である高浜、出荷港である大浜を結ぶ三河鉄道(今の名鉄三河線)も開通。刈谷駅は国鉄と三河鉄道の結束駅になります。もう交通の要所だわ。

さらーに1919年、刈谷に愛知県立第八中学校(現在の刈谷高校)が開校。交通の要所恐るべし。これでサラリーマン家庭で重視されるであろう、子息の教育環境もバッチリ!

かくて1923年。当時の刈谷町は駅近に豊田紡織を誘致。敷地10万坪という土地を、格安で提供したそうです。すると誘致された試験工場で研究中の「自動織機」が完成し、1925年豊田自動織機製作所創設。 

以下は御存知の通り。豊田は自動車に進出し、自動車本体はさらに安く広い土地を求めて豊田市へ出てしまうのですが、製鋼部、工機部そして電装部等は刈谷で分社化し、今に至ってるわけ。 

なるほど、駅前がトヨタ系の工場・本社に占拠されているわけですなあ。ま、悪いことばかりじゃなく、駅前の施設や体育館、市立歴史博物館等の建物を見ると、(法人税のおかげで)刈谷市の財政は豊かだな ということがよく分かります。ま、それを「ハコモノ行政」と言うわけですが。 

*長い余談。戦国時代の三河の国の豪族たちは、西(尾張)の織田氏につくか、東(遠江・駿河)の今川氏につくか、の選択に迫られていました。要するに三河は両雄の草刈場だったわけ。時の当主・水野忠政は今川につくことに決め、同じ三河の豪族で今川方の松平家に娘を嫁に出します。娘の名は於大(おだい) 。松平氏の夫との間に生まれたのが竹千代(徳川家康)です。

が、忠政が死んであとを継いだ息子信元は、織田につくと変更したため、於大は松平家から離縁され刈谷に戻りました。のち、知多半島の豪族・久松家に再嫁します。久松家の城は現在の阿久比町にありましたから、刈谷市と東浦町を挟んで隣という位置関係。

その後色々あるんですが、水野家も久松家も大名家として存続します。 久松家は家康の異父弟が家を継いだので、「松平」の名字を与えられ、久松松平家と呼ばれることになります。

いきなりですが、江戸時代の三大改革ってご存知でしょうか。三度の幕政大改革のことで、享保の改革、寛政の改革、天保の改革を指します。

享保の改革を行ったのは、八代将軍の徳川吉宗です。寛政の改革を行った松平定信は吉宗の孫。御三卿(将軍の家族)田安家の出身で、久松松平家に養子に入りました。天保の改革を行った水野忠邦は、刈谷にいた水野家の末裔。ちょっと於大つながりで面白かったから、ご紹介しました。

参考文献 松岡敬二編「古地図で楽しむ三河」風媒社、三河教育研究会社会科部会「社会科郷土資料」非売品・昭和38年