河川管理と陸軍工兵隊

意味の分からんタイトル・・・ではないでしょうか?まあ、おもにアメリカ合衆国のお話ですし。

河川管理って、日本国内では誰がやるか知ってますか? うん、行政ですね。すごく簡単に言うと、でかい川の重要な区間は国の機関が、すごく小さな川は市町村が、それ以外の川は県が河川管理をしています。 

西尾市で具体的に一例を挙げると

  • 矢作川の管理は国の機関(国土交通省中部地方整備局豊橋河川事務所)
  • 矢作古川や北浜川主要部の管理は愛知県(愛知県建設局河川課)
  • 北浜川上流部の管理は西尾市(西尾市建設部河川港湾課)

んでは、アメリカ合衆国の連邦政府機関で日本の「国土交通省」に相当する役所はどこかと言うと、内務省と陸軍工兵隊( United States Army Corps of Engineers )です。 

日本の国土交通省も戦前は内務省の一部でしたから、アメリカでも内務省が管轄するのはわかります。けど、陸軍工兵隊ってれっきとした軍隊ですよね ・・・

日本にから見ると、なんでこの分野を軍事組織が担当しているのか興味を覚えますよね。その理由はいったい? 

世の中にはそんな奇特なことに興味を持つ人が(河川屋以外に)いるのでして、関連した論文までネットで公表されてます。

玉井良尚 「アメリカ軍の戦略的水管理の起源を探る」 立命館大学地域情報研究所紀要

内容は読んでいただければ と思いますが関係ある所だけ触れると「当時のアメリカは国内の大河川を平時の輸送路としてだけでなく、 米英戦争の教訓から戦時輸送網として非常に重視していた。ゆえに、軍隊組織である陸軍工兵隊に航路としての大河川の管理と改修の権限を与えた」ということのようです。このころの「アメリカ連邦」政府は「小さくあるべき」とされてきたので、この仕事を連峰政府の機関が実施することが決まるまで、すったもんだあったようです。 

また戦時の輸送路としての河川の重要性を示す例として、「南北戦争時に南部を貫くミシシッピ川を北軍に封鎖された南軍は、主要生産物である綿花の国外輸出だけでなく南部諸州の物流や兵站補給が滞ることになり、南部が経済的困窮に追い込まれる軍事的手段になった」ことをあげています。 なるほど※。

アメリカ陸軍工兵隊について

そんなこんなの歴史的経緯から、アメリカでは大河川の管理を陸軍工兵隊に任せてるわけです。その範囲はミシシッピ川が主とは言え、全国規模。その組織概要はなかなか分かんなかったんだけど、ネットでいい資料を見つけちゃいました。

 河川環境管理財団 米国陸軍工兵隊「河川水理学」エンジニアリングマニュアル調査報告書 河川環境管理財団が、工兵隊のエンジニアリングマニュアルを翻訳した際の現地調査記録のようです。アメリカ陸軍工兵隊という組織についてネットに落ちてる日本語で書かれたものは、これが一番詳しいんじゃないでしょうか。

河川環境管理財団 米国陸軍工兵隊「河川水理学」エンジニアリングマニュアル調査報告書 P14あたり

ふーん。河川管理と洪水防御は工兵隊の仕事で、水質保全や動植物の保護は環境省が主なのかぁ。日本は全部河川管理者の仕事だから、そのあたりは違うなあ。それから地方政府のダムでも、洪水防御の機能が入ると国(工兵隊)が管理をするのかあ。これも日本と違うね。

工兵について

工兵は、陸軍における戦闘支援兵科の一種であり、歩兵、砲兵、騎兵に並ぶ四大兵科の一つである。陸上自衛隊においては施設科と呼ばれる。

工兵の主な任務は、敵前での工作を任務とする戦闘工兵(陸上自衛隊では「戦闘支援」)と、作戦全般に寄与するより大規模な建設工兵(陸上自衛隊では「兵站支援」)の2つに大別される。  

 wiki 工兵

戦闘工兵をアメリカ軍でイメージすると、アフガニスタンとかイラクで、埋められた地雷を探知し処分する部隊・・・ですかね。 その部隊を退役した主人公がうまくやれなくて戦友を失い、そのトラウマに苦しむ・・・みたいな映画がありましたね。 自衛隊で言えば、「戦時中に投下された不発弾が発見され、自衛隊が処理しました」というニュースでの実働部隊は、ここでしょう。

ずっと触れてきた陸軍工兵隊は、まさに建設工兵の平和時の姿です。日本でも昔は自衛隊が道路建設とかを請け負ってた時代があります。田舎に行くと通称「自衛隊道路」ってのがありますからね。似たようなものです。

※南北戦争と戊辰戦争期(明治維新あたりの戦)とは歴史的に関連があります。南北戦争終結(1865)で大量に余ったエンフィールド銃が、中国(太平天国の乱)や日本(戊辰戦争1868)に大量に流れ込み、それを主力に戊辰戦争は戦われたのです。 が、日本には関東から東北へ流れるような大河がなく、兵站輸送に利用されなかったので? 明治政府での河川管理は日本陸軍工兵隊ではなく、内務省土木局でやられるようになったのかしらん??

菱池

むかしむかし。三河国幡豆郡に、菱池という池がありました。下の図は、文政天保国郡全図 という地図の一部に加工を施したものです。黄色の枠で囲まれた部分が、大まかに現在の西尾市の領域です。

「郷土資料事典 21愛知県・観光と旅」 より引用

この絵図の河川状態は江戸時代初期のものだと思いますが、これを見ると西尾市の西部(この絵図は下が西)は、矢作川、矢作古川、弓取川、広田川という大河に囲まれた、大規模な輪中みたいですね。 まあ、当時の大河川下流部は多かれ少なかれこんな感じだったのですが。

この広田川の水源に当たるのが、菱池でした。当時は四方の山々から流れ出た細流がこの池に集中し、地図にも載るような三河最大の池だったそうな。

池の名産品はヒシの実(食用)。だから「菱」池なのね。

幸田町立図書館 菱池物語展パンフより

余談ですが、ヒシの種によっては棘が四つあるものがあり、どのように置いても一本が必ず立つので、忍者がこれを「マキビシ」として利用したそうです。たくさん集めて乾燥させ、竹筒に入れて携帯。敵に追われた際にばらまいて、追っ手が混乱する隙に逃げるとか。昔の履物はわらじですから、これが十分障害になったんですね。

閑話休題。広い面積を誇る菱池ですが、江戸時代から徐々に干拓され、最終的には明治18年に完全干拓。それにより50haに及ぶ水田が造成されました。

現在は、大字「菱池」という名称が残るだけ(下google map航空写真の赤枠範囲が字・菱池)この菱池地区の、二つの線路(東海道線と新幹線で囲まれた部分を中心に、菱池がありました。

まあそんなのはただの昔話。今は関係ないから・・・と思ってたら、平成20年、一夜にして突如池が復活するイベントが! 

広報こうた より引用

ハイ。平成20年8月末豪雨で、広田川と赤川の合流点から氾濫が起こりました。その時の浸水範囲が上記。ほぼ菱池が復活だぞっ と。

幸田町立図書館であった「菱池物語」展でも、「現地でわずかに池のふちの跡らしきものが観察できる」とか「往時は東海道線の土盛りが池の堤防みたいだった」 という記載の展示もあったんで、 池を水田化(陸域化)といっても、地盤高が気持ち周囲より低いんですな。水は正直だからそこに集まるわけです。

以上、防災には、地歴が大事だよね っていうお話でした。

参考

  • 西尾市史
  • 幸田町立図書館文化振興展「菱池物語」パンフレット
  • 同展報道記事(中日新聞)