野間大坊(2) 三景艦

そもそも野間大坊ってなんでしたっけ?と言う方は、その1を読んでおくれ。そっちが普通の神社訪問記です。

今回は、その野間大坊で見つけた面白いものについて。それは艦オタの話。

これはね、「三景艦」の主砲弾です。すごいですね〜。

というか、「さんけいかんのしゅほうだん」 と聞いて「おお、 なんでこんなものがここにあるのだろう? 」と反応できちゃう人は、相当重症なんで気を付けましょうね。

結論を先に言うと、 「三景艦」 と言うのは、日清戦争当時の日本の主力軍艦です。

「日本三景」ってのがありますでしょ、松島(宮城県松島町)、天橋立(京都府宮津市)、宮島あるいは厳島(広島県厳島神社)の三つ。その地名を取った、三隻の軍艦「松島」「橋立」「厳島」の主砲弾がここに飾られているのです。 日本三景の名を取ったので、 総称して「三景艦」。

日清戦争の主な海戦である「黄海海戦」で、日本海軍は清国の北洋艦隊(北洋水帥)と戦いました。(清国軍といいつつ、清国の直隷総督兼北洋大臣かつ北洋軍閥首領である李鴻章の私兵 というのが正確かもしれません)

当時「眠れる獅子」と恐れられてた清帝国ですが、清帝国の 為政者「西太后」は「日本も怖いけど、 軍閥でもある李鴻章の半ば私兵の北洋艦隊の増強にお金を費やすのも考え物だわ」 と思ったのか、北洋艦隊増強に充てる予算をネコババして「円明園」という庭園を造ってしまいました。

ってことで、 北洋艦隊の軍艦は当時の一流ではなく二流艦ではあったのですが、それでもその主力艦「定遠」「鎮遠」は排水量7000t、30センチ連装砲二門を持つ強力なドイツ製軍艦でした (後の日露戦争時の日本の戦艦「三笠」排水量15,000tの主砲も 30センチ連装砲二門ですから) 。それに主要部の装甲はめちゃくちゃ厚い不沈艦です。

こんな感じの船です。(オタキング宮崎駿・画)

宮崎駿「宮崎駿の雑想ノート」 旗艦「定遠」

対する日本海軍は、 これに対抗するためフランスに3艦の建造を発注します。でもこっちはこっちでもっと金がない。 30センチ砲を凌駕する 32センチ砲を載せる・・・のはいいんですが、 排水量4200t の船に 32センチ砲 を1門だけ載せたのです。こいつで定遠の装甲をぶち抜こうってわけ。 日本に引き渡され、 「松島」「橋立」「厳島」 と命名されます。

日露戦争後の日本海軍の思想に「百発百中の一砲、よく百発一中の敵砲百門に対抗しうる」っていうのがありますが、実はもっと前から日本海軍はそういう発想だったんですね。というかそれが日本の国力の限界だったわけです。それでも頑張って3隻造りました。こんな船です。

宮崎駿「宮崎駿の雑想ノート」 「厳島」 (旗艦松島のみ主砲を後ろに配置)

で、小型艦に載せた巨大な主砲の「百発百中の一砲」 効果はどうだったのでしょう?

砲のサイズに対して台座となる船が小さすぎ、32センチ砲(主砲)を旋回させると船が傾きすぎ、それでも打つと船の進路が変わちゃったそうです。台座が動いちゃったら、主砲打っても当たらないわね(笑) 。

実は船を造るとき、フランス側が「さすがに砲に対し船が小さすぎるんじゃね?※」って忠告してくれたのですが、押し切って造っちゃったそうな。「バランスいい船より戦力のみ重視」ってのも日本海軍の悪癖(笑)。

てなことなので、実際の戦闘ではほとんど主砲を打つことはなく、副砲として装備した英国製の12センチ速射砲※を打ちまくったそう。で、余った主砲弾がこのお寺の境内に祭られていると・・・

この時の英国製の速射砲というのがアームストロング砲。 「定遠」「鎮遠」 の主要装甲部は一発も打ち抜けなかったそうですが、装甲の無い一般部をスクラップ化したそうです。 砲の信頼性が高かった?のか、以後建造される日本の戦艦は、 アームストロング 社をはじめとするイギリスへ発注されることになります。

対する日本側は旗艦松島に鎮遠の主砲弾が一発あたり、 大穴を空けられ大破。結果を見る限り日本側の射撃は正確だったようですが、当たったのは小口径の砲が多かったので、清国側は被弾数の割に軽微な被害で抑えられたようです。(艦隊としては数隻沈没しているので、全体の死傷者数は清側の方が多いです)

「松島」  被弾13発・死傷113名 大破
「厳島」  被弾8発・死傷31名 小破
「橋立」  被弾11発・死傷13名 小破

「定遠」  被弾159発・死傷55名 中破
「鎮遠」  被弾220発・死傷41名 小破

※軍艦においては、装備する主砲とその台座となる船の大きさ(排水量)をどう考えるかと言うのは大事な視点なのです。大きな砲を打てば反動もでかい、それを吸収するための大きな船体が必要になるのです。

 昔読んだ本の中に「戦艦大和がすごいのは、それが 64,000t という巨艦であることではない。むしろ46cm砲を9門も積んだのに、船体をその大きさに抑えられたことがすごいのだ」という一文があったことを思い出しました。 こういうことなのかな〜。

野間大坊(1)

先日所用がありまして、知多半島に行きました。野間という場所に通称「野間大坊」と呼ばれる有名なお寺がございます。

ほんどう

正式名称は「鶴林山無量寿院大御堂寺(真言宗豊山派)」 なんで有名かと言うと、源義朝のお墓があるからです。

義朝のお墓

源義朝(みなもとのよしとも)は、鎌倉幕府を開いた源頼朝(みなもとのよりとも)のお父さんです。平安時代末期に、平清盛が権力を握るきっかけとなった「保元・平治の乱」この平治の乱で源義朝は清盛と対立、この戦に敗れ都を落ち延びる道中、ここで家人に裏切られ謀殺されたのです。

お墓の周りに木刀が奉納されているんですが、湯殿で入浴中欺し討たれた義朝が「我れに木太刀の一本なりともあれば」と叫んだとされているからです。 

が僕はこの話、よくできたフィクションじゃないかと思うですよ。この時代の武士に大事なのは「一所懸命」です。つまり地方の開発領主として先祖から受け継いだ土地を、命をかけて最後まで守り抜き、それを子孫に引き継ぐことこそ当時の武士の本分だったのです(「一生懸命」の語源)。 だから主筋とはいえ、権力争いに敗れた落ち目の主君を匿うことと、裏切っても手柄を立て勝者に所領安堵を願うこと、どちらが地方武士として大事なのかなんて、都で権力闘争をしてきた義朝に分からないはずありません。だから落ち延びた先で身近に刀がない なんてありえなくね?まあ謀殺は確かだったのでしょうが、風呂は大人の事情で「そういう話に」 ってことじゃないのかなぁ・・・

ともあれ、義朝さんのお墓の隣にもいくつかお墓や碑があります。 義朝さん関係者以外のビックネームとして・・・織田信孝のお墓があるんです!あまり知られてないけど。

京で明智光秀により織田信長と長男の織田信忠は打ち取られ、明智光秀も羽柴秀吉に討ち取られました。 秀吉は織田信忠の息子三法師(信長の嫡孫)を担ぎ上げ、天下人の地位へ進んでいきます。それを良しとしないのが、柴田勝家や信長の三男、織田信孝でした。彼らは反秀吉連合を組んで秀吉と戦い、そして負けてしまいます。

秀吉は柴田勝家を破り自害させるんですが、信孝は主筋に当たるんで厄介な相手です。そこで取り込んでおいた信長の次男信雄に、岐阜城にいた信孝を攻めさせ開城させます。城を出た信孝は、ここ大御堂寺の安養院で信雄の命により自害させられます。だからここに彼のお墓があるのです。

ちなみに安養院という当時の塔頭?は、現在も存在しています。時間なくて100m、行けなかったんだけど。

※信雄君はその後徳川家康と組んで秀吉と対立。敗れても許され、改易されても出家して命は救われ、最終的には徳川家康によって大名に取り立てられます(大和宇陀藩)。

野間大坊外の看板

こういう人たちのお墓があるんで、野間大坊には頼朝が造営させたという大門や、鎌倉幕府5代将軍・藤原頼嗣の寄進による梵鐘などが現存しています。梵鐘には建長2年(1250年)の銘があり、国の重要文化財に指定されているそうな。さらに後の世では豊臣秀吉や徳川家康の庇護を受けたそうです。

伝頼朝が造営させた大門

補足:門の前、両脇に置かれているのはたぶん国歌にある「さざれ石」です。

重文の梵鐘・・・が収められた鐘楼

境内とその周りを巡っているとこんなものも発見。良い子は見ちゃいけません!

寺と直接の関係があるというより、古くからある生殖器崇拝でしょうね。まあ真言宗なのでそのあたりはわりとおおらかなんでしょうか?(小屋に張られた神様が、不動明王と愛染明王だと面白かったんだけど、不動明王と弁財天でした)

もう一個面白いものを見つけたのですが、長くなりそうなので次の記事に回します。お寺と直接は関係ないネタです。