「しょぼい節電ポイント」を導入した本当の目的はなんだろ・・・?

党首討論(岸田氏)では、電気代高騰に対して“ドヤ顔”で「節電ポイントを用意する」と繰り出したが、その内容には失望の声が広がっている。
 ポイント額は電力会社によって異なるが、東京電力ホールディングスは1キロワットの節電で5円、中部電力は10円相当など。月260キロワットを使うモデル世帯が目標の3%節電で還元は月数十円。

岸田首相「節電ポイント」還元月数十円…ネット民「意味ある?」参院選公示で第一声

なんつーか、ここまでしょぼい政策だと、その裏を読みたくなります。当たっているかは知らんけど。

政府は本音では「節電に努力した」という実績をつくり、「やっぱり原発稼働させるしかないで 」という世論を盛り上げ、原発の再稼働をしたいんじゃないかなと。  

そもそもね、一般国民に猛暑の時期、本気で節電させたいのだったら、「住宅の断熱化」に大規模に補助金を突っ込むべきなのです。

一般に、高断熱の住宅(断熱等性能等級4相当レベル以上)は、普通の住宅(断熱等性能等級2相当)と比べて、年間の冷暖房エネルギーを40%以上減らせると言われています。
エネルギー消費量が40%減れば、冷暖房費も40%節約できるはず。家庭内で使用される電力の1/4※を占めるのがエアコンといわれているので、この40%を削減できれば、家庭での消費電力全体の10%が削減可能となります。
※資源エネルギー庁が発表しているエネルギー白書2006による。

家づくりと住まい方のヒント 節電対策  硝子繊維協会

新築の住宅は今後省エネ対応が義務化されますが、既存家屋はお構いなし。ここに踏み込むべきでしょう。なにせ家庭の消費電力が10%削減できるのだから、これは大きい。

住宅を含むすべての新築物件に2025年度から省エネ基準適合を義務付ける建築物省エネ法などの改正法が13日の参院本会議で可決、成立した。

新築住宅に省エネ基準 25年度から義務、改正法成立

ちなみに、30年前に大手住宅メーカーで建てた旧我が家の場合、壁には薄い断熱材が入っており、窓は一重窓でアルミサッシ(外部へ熱を伝えやすい)。  5年前に地元の工務店(大工さん)が建てた新しい我が家は、分厚い吹付け断熱材が入り、窓はすべて二重窓で樹脂サッシ(外部へ熱を伝えにくい)です。  この分野、日本は技術後進国なんですけど、確実に改善されているのも確か  なんですよね。  断熱性(住心地)やエアコンの効き、エネルギー効率など、まるで違います。

最近の高断熱の住宅だと、全館エアコン一台で冷暖房できる  とうたう住宅メーカーは珍しくありませんし。 

高断熱住宅は、冷暖房に必要なエネルギーが少なくて済む家だということはご存知ですね。高断熱住宅なら、40坪程度の家であれば、市販のエアコン1台で家全体を冷暖房することも難しくはありません。

東京大学名誉教授の坂本雄三先生に、全館空調の家をつくるためのポイントをお聞きしました。

でもよく考えると、電力会社は、本質的には売り物の電力を節電されるのは困りものです。電力行政を司る経済産業省も、国民には電気をじゃんじゃん使ってもらって、さっさと原発(利権も省益もある)を再稼働させたいのが本音かと。住宅の整備は国土交通省の管轄だから、経産省としては頑張るメリットないしな。

本気で省益を打破し国益を考え、それをなんとか調整するのが政治家の役割・・・なんでしょうけど、「新しい資本主義」を唱えつつ、何が新しいのか未だ答えられない(本当にやりたいことがない)首相では調整なんて無理だよね〜。  賛否はあるけど、小泉首相は「本気で郵政改革やりたい」というのは、よくわかったよ。

 でも、今の日本で原発をこれ以上再稼働させる方向で、本当にいいんですかね?  

本気で節電に取り組んで、その上での不足分の稼働に反対はしません。けど、その努力もしないで、なし崩し的に「原発再稼働」を選択するのは、かなわんな。  

その理由

①フクシマダイイチの事故から10年以上立つのに、未だに誰も責任を取っていない。

いささか暴論です。

原子力発電は、本質的に危険なもので、仮に事故を起こせば大きな影響が出るものです。それをなんとか制御し安全に動かしていくためには、それを動かす組織に対し「性善説」ではなく、「性悪説」で臨む必要があると思うんです。いわば「公益に対し潜在的に重大なリスク要因を有する組織に対する安全対策」として。

ここでいう性善説というのは、  「公営企業である当社は安全を第一にします」  みたいな、企業の自主性や企業倫理に頼る手法を指します。オーソドックスな手法ですね。

全社をあげて安全性向上の取組みを充実していくため、「原子力発電の安全性向上への決意」を、最上位の社内規程である社達として定め、当社社員および協力会社の方々への周知・浸透活動に取り組んでいます。

関西電力

性悪説というのは 「もし大事故を起こしたら、(実態がどうであれ、人身御供として)首脳陣は責任を取らされる」という、まるで江戸時代のような懲罰システムを指します。

☆ちなみに、似たような概念?として、英米法には民事訴訟において、懲罰的損害賠償という制度があります。(日本にはこの制度はありません)

加害者に制裁(実際の補償額だけでなく、追加して巨額の賠償を命じる)を加えることで、将来の同様の行為を抑止することを目的とする制度です。 悪用されると、「コーヒーでやけどしたのは、熱すぎるコーヒーを提供したマクドナルドが悪い。だからマクドナルドは被害者に高額の賠償金を払え」と裁決されたマクドナルド・コーヒー事件のような、ひどい判決に繋がりかねない面もあるのですが。

 ま、似たようなと言っても、こちらは民事訴訟(いくら払うか)であり、刑事訴訟ー責任を取る(罰せられる)とは違うのだけれど、趣旨としては似てるといっていい・・・のかな・・・

懲罰的損害賠償(ちょうばつてきそんがいばいしょう、英語: punitive damages, exemplary damages)とは、主に不法行為に基づく損害賠償請求訴訟において、「加害者の行為が強い非難に値する」と認められる場合に、裁判所または陪審の裁量により、加害者に制裁を加えて、将来の同様の行為を抑止する目的で、実際の損害の補填としての賠償に加えて、上乗せして支払うことを命じられる賠償のことをいう。英米法系諸国を中心に認められている制度

wiki

非人道的ですが、このようなシステムが確立すれば、首脳陣は安全に対する万全の備えを日頃から取ることや、予算をケチってはいけない」というような考え方をするようになるでしょう。  今回の事故に対しても、「可能と考えられる安全策は、事前にすべて打たれていた」とはとても言えないし、それができていれば、事態の縮小化は可能だったと思われます。

個人と違い、組織、特に大規模な組織になればなるほど、経済性や継続性、ことなかれ主義を重視し、ときに非常識な、あるいは非人道的な振る舞いを行うことがある  というのは、組織に勤めた経験のある方なら、身に覚えがあるんじゃないでしょうか。組織論理を優先する結果、 個人の倫理観はいとも簡単に破られる・・・ものです。  それを人身御供システムでおさえよう!という・・・

なにせほっとくと、検査に出すマニュアル以外に裏マニュアルを作り、更にそれも逸脱した手作業をした挙げ句、臨界事故を起こす  なんて先例もある業界ですから。

それはさておき、日本の組織の欠点の一つに、「幹部が責任を取らない」ことは、先の大戦の日本軍の事例(失敗の本質)から、昨今のあれこれの事例(赤木ファイルとか)を見れば、その弊害は明らかでしょう。

てか、あれだけの事故で多くの人が傷つき、広域避難を余儀なくされたのに、誰も責任取らずにことが済みそうって、ありえなくない?

②日本の原発の設計は、本当に安全を第一に考えた造りになっているのかね?

「原子力規制委員会の審査で安全が確認された原子力発電所は再稼働する」のが政府の方針ですけど、そもそも、設計は大丈夫なんだろうか・・・

例えば、フクシマダイイチ原発では、非常用の発電機が地下に置かれ、津波のためその発電機が止まってしまったので、あの大惨事が起こったわけです。

で、なぜそんなところに発電機が設置されていたのか?ある人の答えは「先進国の米国で行われていることだから間違いないだろう」という意識が働き、思考停止していたのではなかったか」と推測しているそうな。  (政府事故調委員長だった畑村 洋太郎氏)

「失敗学」を提唱した設計学の大家が「思考停止だった」と断じる日本の原発設計って・・・

事故前まで関係者は、「日本の原発は安全だ」と言い切ってたわけですけど、実は大事な緊急対応部の配置はブラックボックスでした。他にはないのかね、本当に大丈夫なのかね?

私は当時の政府から事故調査委員会(いわゆる政府事故調)の委員長を依頼されて、約1年3ヵ月の間、この事故の調査を行いました。

押し寄せた津波による浸水によって非常用の発電機が使えなくなり、「原子炉を冷やす」という重要な機能が失われました。これが致命傷となって、史上最悪の重大事故が引き起こされてしまったのです。
非常用の発電機が津波による深刻な被害を受けたのは、敷地内で最も低い、地下に設置されていたからでした。

ではなぜ、非常用の発電機を津波の影響を受けやすい地下などに設置していたのでしょうか? 津波の高さこそ想定外だったとはいえ、あらかじめ津波による被害を想定していた場所です。備えとしては念のため想定外の高さの津波がやってきても被害を受けない場所に設置しておくべきと考えるほうが自然です。むしろそうしていなかったことが不思議でした。

結論から言うと、米国から技術を日本に持ち込む際、知識が中途半端に伝わったことによる悲劇でした。私は政府事故調の活動を通じて、福島第一原発だけでなく日本中の原発が非常用の発電機を地下に置いていたことを知りました。その理由は政府事故調の期間ではわからなかったのですが、その後、さらに調べている中で、米国から原発の技術が持ち込まれたときに、本質的な議論もなしに、形だけの知識が伝わったものであることをある人から教わりました。

米国ではなぜ、地下に非常用発電機を設置していたのか。それは、米国ではいちばんの脅威が、「津波」ではなく「竜巻」だったからです。

福島第一原発では、もともとの海岸段丘を掘削して立地のレベルを下げ、その地下に非常用電源を設置しています。平地の確保、海水を冷却水として利用しやすくするためといった理由はあるのでしょうが、津波が予測される日本の海岸に設置される原発にとって、いちばん必要なことは何か、という観点からは、ナンセンスとしか言いようがありません。

事故調では、なぜそのようなことをしたのか調べましたが、当時の経緯について触れた資料はまったく残されていませんでした。資料が残されていない以上、当時技術を導入した人たちが、どこまで考えていたかは詳細にはわかりません。しかし、「先進国の米国で行われていることだから間違いないだろう」という意識が働き、思考停止していたのではなかったかと推測しています。

“日本型エリート思考”の限界を3.11の原発事故に見た

③原発再稼働させても、増える高レベル廃棄物の処分方法はないぜ

日本では、1960年代から商業用に原子力発電を行ってきましたが、それに伴って、高レベル放射性廃棄物が発生しています。高レベル放射性廃棄物には、放射能レベルが十分に減衰するまでに非常に長い時間を要する放射性物質が含まるため、せいぜい100年しか生きない人間が、何世代にもわたって安全に管理し続けることができるとは限りません。そこで、人間による管理に委ねずに済むように処分すべきであるとした上で、その方法としては、地下深くの安定した岩盤に閉じ込め、人間の生活環境から隔離する方法が最適であると、国際的に考えられています。これを「地層処分」と呼び、日本では地下300m以深の地層に処分することになっています。

資源エネルギー庁

「日本では地下300m以深の地層に処分することになっています。」といいつつ、その場所は決まっていないんだよね(てか将来的にも決まらないだろ)。

例えば、原発が動き続ければ、毎年発生する使用済核燃料。これは再処理工場で分別され、高レベル廃棄物が発生します。けど、その行き先もないから、使用済燃料棒のまま各地の原子炉建屋内の貯蔵プールで冷やされてます。そのプールはほぼいっぱいだし、フクシマ4号機は、これの冷却ができなくなったから、水素爆発が起きたんだよね(点検中で使用中燃料棒は入っていませんでした)。参考「使用済燃料棒は毎年1000トン、もう保管場所がない」

今ある廃棄物をどう処理するかは必ず考えなきゃいけないけど、 今後発生する分は、できるだけ発生量を抑えるべきでしょう。

そういう意味でも、本気で節電に取り組んで、その上で無理なら、少しづつ原発に頼る  という形にしていくべきだと思うんだけれど。  

という意味では、この人の発言は賛同できた・・・というか、唯一思考停止せず、まともにモノを考えていた候補だったような・・・

「省エネと再生可能エネルギーを増やし、足らざるところは原子力で補うが、原発の耐用年数の間に再エネを増やしていかなければいけない」

「原子力産業はあまり先が見通せない。再エネは日本発の新しい技術が出れば、世界中に日本から出していく」「日本の経済の新しい芽にしていく」と強調した。

さらに、使用済み核燃料の最終処分を「原発の最大の問題」とし、「どこかで最終処分、地層処分する場所を探さなければいけない。現実的な処分方法をどうするのかをテーブルにのせて議論をした方がいい。国の責任である程度、やらなければいけない」と踏み込んだ。

河野氏「核のゴミ最終処分、国の責任で」。原発から再エネへ転換を強調【自民党総裁選】

売れっ子鉄道デザイナーが関わっていた「三ヶ根駅改修工事計画」 。と川西設計論?・・・みたいなの

JR西日本の「WEST EXPRESS(ウエストエクスプレス)銀河」や、世界初の内航電気推進タンカー「あさひ」の内外装のデザインを担当した、川西康之さんってご存知でしょうか?  その手のデザインに興味がある人なら、知っているかもしれません。

6月5日日曜日の朝、町や近鉄が共同で進める結崎駅駅周辺の整備事業の一環として駅舎のリニューアル工事が行われ、ようやく新駅舎が誕生。その完成を祝うイベントがこの日、開催されるのだ。
会場の片隅でこの様子を柔和な表情で見つめている男性がいた。新たな駅舎や駅前広場のデザインを担当した川西康之さん。JR西日本の「WEST EXPRESS(ウエストエクスプレス)銀河」、えちごトキめき鉄道の「雪月花」といった観光列車のデザインを手がけた、いま最も勢いのある鉄道デザイナーだ。鉄道ファンなら知らぬ者はいない。
もっとも、川西さんの本業は建築家。駅舎のデザインはお手のものだ。付け加えれば、川西町は川西さんの生まれ故郷でもある。その玄関口となる駅をデザインしたのだから感慨もひとしおだ。

売れっ子デザイナー、人気の鍵は「聞き上手」川西康之さん、駅・船の次も鉄道分野で注文殺到

僕もその手のデザインに興味があり、特に「あさひ」の記事部分を興味深く読んでたのですが・・・、  

それはさておき、最後の一文に目が釘付けになりました。

川西さんは現在いくつもの案件を抱えて、日本全国を新幹線で駆け回る日々だ。すでに発表されたものでは、JR東海道線の三ヶ根駅の改修計画や近鉄が2024年秋に投入する新型一般車両のデザインがある。

同上

その川西デザイナーが、JR東海道線の三ヶ根駅の改修計画に携わっている!  実は、我が家から最も近いJR駅の一つが、隣町にある三ヶ根駅なのです。(バイクで20分くらい。西尾市にはJRが通ってないから・・・)        

関心のあるデザイナーが、こんな身近で活動してたなんで、全く知らなかったよ。↓ですね。

三ヶ根駅ではエレベーターを設置する工事が計画されています。
 この機会を単なるバリアフリー工事だけでなく、駅周辺地域の活性化のため、三ヶ根駅の利便性や魅力をアップできるチャンスと捉え、「三ヶ根駅未来会議」と称し、地域住民や駅利用者のニーズと課題点を把握するための会議を行っています。

幸田町  企業立地課  三ヶ根駅未来会議

この会議の運慶と取りまとめを、川西さんの事務所「イチバンセン」が受託したのですね。もっとも令和2年2月に「未来会議」は終わっており、現在は設計にかかっている段階と思われます。

将来的に、どんな感じの駅舎ができるのか楽しみです。完成したら、ぜひ見に行きたいと思います。

参考記事を検索していて、興味深い良い記事(主に川西設計論について)がありましたので、合わせて紹介します。これは既存の駅舎改修の事例です。

地方の駅舎の場合、依頼内容のほとんどは「駅に賑わいを取り戻したい」というものだそうだ。「ところが、地方の駅は驚くほど利用客が減り、乗客の多くが高校生です。しかし、少子化で生徒の数は僕らの頃の4分の1ほど。それに、生徒の定期券は半額ですから、鉄道会社はあまり儲かりません」と地方の公共交通の厳しい現状を話す川西さん。「『駅に賑わいを』という声は、かつて鉄道が地域の繁栄の象徴だった頃のノスタルジーから発せられるものだと思います。はっきり言って、人口減少が加速する今、賑わいづくりは難しい。それでも、往時の駅の輝きは取り戻せないかもしれませんが、地域住民の”心の拠り所“となる駅舎はデザインできると我々は考えています」。

川西康之さんと『イチバンセン』が運んでいくもの

これ、地方のインフラ整備に携わっていた身として、すごくよくわかります。客先の要求する当初目標「駅に賑わいを取り戻したい」って、それ設計やデザインに求めるのが無理です。  そんなことで解決できるなら、とっくにやってるって。

だから設計者としては「それはできないから、心の拠り所となる駅舎をつくる」とか、次元を落した目標に変更し、それを客先に納得させる過程(気持ちよく茹でられているカエルに、「あんたこのままだと茹で上がって死ぬ。だから湯から出て外に逃げろ」と説得する行為)がないと、多分そのプロジェクトは成功しません。

 でも、そこまでやる設計者ってほとんどいないし(とてもメンドクサイから)、自治体自体が設計者だと、そのような変更が組織的に許されず、形だけ当初目標を追い求め、立派な箱ができ、事業は失敗することになりかねません。

駅に張り込んで利用状況を調べていた川西さんは、「そのデータを知り、観光客をターゲットにするのはやめました。『あらゆる世代に喜んでもらえる駅に』とも言われましたが、それも無理。メインターゲットは高校生に定めました」。発着数は1時間に1、2本。次の列車が来るまで構内はがらんとしたままだ。ただ、発車10分前になると、当時の駅前にあったコンビニエンスストアから高校生がぱらぱらと駅のほうへ歩いてくる。試験前には、高校生が待合室の床にノートを広げて勉強する姿も目にした。
そこで川西さんは、高校生が自習できる場としての駅を設計することに決めた。高校生が列車を待つ間、心置きなく勉強できるようにと、地元の四万十檜を多用した温もりのある空間に、長い勉強机と椅子を用意した。
「駅で自習した多くの高校生は、進学や就職で四万十市を離れていくでしょう。運転免許を取れば列車にも乗らなくなるかもしれません。そんな駅ですが、『乗降客数約370万人の新宿駅より好き』と中村駅を思い出し、帰ってきてほしいです」と川西さんは微笑む。「それができるのが、デザインの力なのかもしれません」。

『あらゆる世代に喜んでもらえる駅に』とも言われましたが、それも無理。メインターゲットは高校生に定めました」「駅で自習した多くの高校生は、進学や就職で四万十市を離れていくでしょう。そんな駅ですが、『新宿駅より好き』と中村駅を思い出し、帰ってきてほしいです」「それができるのが、デザインの力なのかもしれません」。

「微笑みながら」とあるけれど、これは「諦観の笑い」というのが、あるいは正解なんじゃないかな。本当はもっと上を目指したい。けどそれは無理だから・・・ここまではできる、ここまではやってやる  っていうような・・・。  設計あるいはデザインというのは、諦めというか、割り切りってのが重要 って分かるような話だよね。  

本当は、狭義の「設計」や「デザイン」(デスクワーク)にかかる前に、ここまでの諦めや割り切りができる環境、つまり  「いろんな意味での削ぎ落としに対する客先の理解」を得ておくことが重要なわけ。それがないと、成功する設計にはならない。

本当のニーズを汲み取ろうと、「結崎駅8800人フューチャーセッション」と銘打った話し合いを毎月、全17回開催した。「最初は好き放題おっしゃいます。特に年配の男性が。『大手コーヒーチェーン店を誘致しろ』とか、『コンビニエンスストアを入れろ』とか」と苦笑いする川西さん。

出た〜。地元で会議をやって設計者や発注者を悩ませるのが、この「好き放題おっしゃるおっさん問題」。常識的に考えて、そりゃ普通に考えて無理だろ  という要求がポロポロ出てくる(笑)。

 ☆「好き放題おっしゃるおばさん」は少ない。これは多分、そんなおばさんに対しては、同類のおっさん(正式名称・森喜朗)が反論して黙らせるからだな。

(常識ある)普通の設計者や自治体担当者だと、「それは無理です」と答えます。あるいは、同席してもらったその地域の顔役に「そりゃ○○さん、アンタの気持ちはよく分かるけど、経済的に考えて厳しいわなあ」という仲裁役を期待します。というか、田舎の会議ってそういうものなのです。  言う方も△△さんが言うなら仕方ないか  と諦めます。決して納得したわけじゃないとしても、会議は無事終わる。

川西さんがえらいのは(というか、彼に限らず「本当に優秀な設計者」は)ここから。

そこで、コーヒー店の本社を訪ねると「1日500杯売らないと」と言われたことを次のセッションで町民に伝えた。コンビニの本社も訪ね、「1日50万円を売り上げて」と言われたと伝え、「到底、無理ですよね?」と。そんなふうに客観的なデータを示し、半年間ほど話し合ううちに、「『もしかしてワシら、無責任なこと言うとった?』と年配の方々の態度が突然、変わったのです。駅づくりが『自分ごと』になった瞬間でした」。

はい。普通の設計者は、採算分岐点を尋ねるためだけにコーヒー店やコンビニの本社を訪れません(断言)。他の業務もあるから、それだけかける時間も出張旅費もでない(笑)。

でも、そこまでして客観的なデータを手に入れる示すからこそ、「好き放題いうおっさん(客先)」の態度が変わるのです。  権威に言われて黙るのではく、自らの要望(思いつき)が真剣に受け止められ、そしてきちんとした回答を返された。だから自らも考えざるを得ず、そして得心したと。まあ、それを待つ「半年」が捻出できないプロジェクトも多いんだけどね。    権威主義だと話は早くまとまる(笑)。

この、「自分ごと化」がローカルデザインの成功には欠かせないと川西さんは言う。「『自分ごと化』は対話によって生まれます。対話は公共空間をデザインするときの手がかりになります。対話をして、意見がまとまらないのもニーズです。対話もなく、『皆さんの意見がまとまったらご連絡ください』と事務所に戻る設計者がいますが、設計者が意見をまとめないと」と川西さんは強い口調でそう言った。

「設計者が意見をまとめないと」か。これまで客観的にコメント書いて来ましたが、公共事業実施の端くれにいたものとして、誠に耳が痛い。

自分のことは棚上げしますが、これこそ「言うは易し行うは難し」  この積み重ねが、凡庸な設計者になるか、優秀な設計者になれるかの境目  なのかもしれません。