ユニクロのセルフレジ

久しぶりにユニクロに買い物に行きました。

したら、レジがすべて「セルフレジ」に変わってて、ビックリしました。

正確には、一つだけ店員さんのいる普通のレジがあるんですけど、そこは「ユニクロの入っているショッピングセンターの専用クレジットカードを使って買い物をするお客様専用」になっているようです。だから基本はすべてセルフレジ。

同ショッピングセンター1Fのスーパーにもセルフレジが設置されているんですけど、そこは人のいるレジ10台に対して、セルフレジが一つだけ。 お客の年齢層が違うけど、この普及度の違いはいったいなんなんだろ?

両者のセルフレジを使って分かりました。 お客の負担度が全く違うんです。

ユニクロのレジ→選んだ商品をすべて「会計カゴ」に入れる。すると自動ですべての商品の名称と金額が一括表示される。

スーパーのレジ→選んだ商品を一品ずつお客がバーコード読み取り機に当てる必要がある。すると一品ずつ商品の名称と金額が表示され、それの繰り返しです。10品買ったら、その処理を10回させられます。店員レジに並べば、店員さんがやってくれますけど。これっていったい何の罰ゲームだよ。

生鮮食料品と衣類を一緒くたに議論してはいけないのでしょうけど、「選んだ商品のどこにバーコードが付いているのかをお客に探させて、それを一品ずつ読み取り機に当てさせる」のと、「会計カゴに放り込んだらそんで終わり」という方式。

どちらのやり方の利便性が高いのかは、一目瞭然ですね。※

もっとも、そのためにはバーコードを統一した形式に統一する必要があり、スーパーと衣類小売りの流通形態(スーパーは商品を多くの種類の卸売り業者から買い付ける必要があるが、ユニクロは比較的少数の生産者から買い付けることができる。)や、事業規模の差(協力依頼の強制力)だってあるけどな。

しかし一方で、「人手不足」からいずれセルフレジを導入しなければいけない外部環境にあるのは、ユニクロだろうとスーパーだろうと同じです。

つまり、いつかはスーパー同士も、セルフレジの会計処理方法で争う時代」が来ることでしょう。 いち早く便利なセルフレジ処理方法を導入できるか って、近隣スーパー間競争のカギを握るような気がします。

※僕は基本「お買い物キライ」「対人能力低め」の人間なので、セルフレジがあれば積極的に使いたい人間です。その感想を言えば、ユニクロのセルフレジ型式であれば、お客の負担はわずかですし、店員レジに並ぶより時短になるので、セルフレジ大歓迎です。すべてのレジをセルフレジにしても、お客さんからのクレームは少ないでしょう。

一方で、スーパーのセルフレジは、「レジの店員がやっていた仕事」をそのまま「お客にやらせている」だけで、メンドクサイし時短にもならない。正直お客がセルフレジを使うメリットを見いだせないです。 面倒をそのまま押し付けるなら、協力していただいたお客様には全商品10%オフとかメリットがないと、このまま店員レジからセルフレジへの移行をしても、失敗するだけでしょう。 

最近、ニュースでMMT理論って良く聞くんだけど?

米国で財政赤字の拡大を容認するMMT(現代貨幣理論)を巡る議論が2020年の大統領選を控えた政界で活発になっている。その趣旨はこうである。
「自国通貨を持つ国は、債務返済に充てる貨幣を無限に発行できるため、物価の急上昇が起こらない限り、財政赤字が大きくなっても問題ない」
実際、日本がこの事例研究の先駆けになっているとされており、日本でも米国の論争をきっかけにMMTへの関心が高まっている。

話題のMMT(現代貨幣理論)とは ~MMT自体は異端だが、主流派経済学者も財政出動容認に変化

「自国通貨を持つ国は、債務返済に充てる貨幣を無限に発行できるため、物価の急上昇が起こらない限り、財政赤字が大きくなっても問題ない」

主流派の経済学者からはボロクソに言われている「理論」だけど、経済学者ではない僕としては、「これって(常識的に)それほど間違ったこと言ってないんじゃないの?」と思ったりする。日本の状態を見ていると。

ただね、ニュースを見ていていくつか分からんことがあるんだよね・・・

①そもそも、これって「理論」なの?

コトバンクによれば、理論とは「個々の現象を法則的、統一的に説明できるように筋道を立てて組み立てられた知識の体系」のことを指すようです。だけど、素人がMMT理論の解説を聞いても「結論だけポッと出て、この結論を統一的に説明できるようにできているのか」がわからないんですよ。

別に、素人に向けて細かい説明をする必要はないのかもしれませんけど、 常識的には、この理論の趣旨は理論というより「マーフィーの法則」とか「経験則」に近い、あるいは学術的には「仮説」っていうんじゃないかと思うんだけどな。

ある「仮説」の筋道を専門家が寄ってたかって吟味して、物事を統一的に説明できるように改善され、多数の専門家がその説が正しいと信じることができたものが、理論になるんじゃないかと思うんだけど。


②仮に理論が正しくても、使えない机上の空論じゃね?

この部分ですね。「物価の急上昇が起こらない限り」 

この理論は、真実なら日本の政治家にや国民にはうれしい理論です。税金あげずに行政・社会サービスの充実ができるから。けど財政赤字を「物価急上昇」が起こるまで続けるのはヤバいんすよね。んじゃ、 どうなったら「物価急上昇」って起こるんですか?

それがわからないと、怖くてそんな政策実施できないじゃないですかー。

日本の場合、MMT理論に近い政策を取って、物価の急上昇どころか物価の上昇(=インフレ)がちーっとも起こってないんすよね。日銀の黒田総裁も、なんでインフレ率上がらないのか、頭抱えているのが実態なんでしょう。 

そんな状態で「物価が急上昇するまで、財政赤字出してみよう!」みたいな特攻、しないでね〜。

6月12日追記 MMT理論が、物価急上昇をどう説明しているのか、理屈が分かりました。 以下、要点だけ引用してまとめちゃいました。正確にはリンク先を読んでね。

なぜ、MMTは、こんなに嫌われているのであろうか。 その理由の根源は、貨幣の理解にある。

現代の通貨は、金との兌換が保証されていない「不換通貨」が一般的になっている。このことを、主流派経済学は「商品貨幣論」によってどう説明するのか。  (この「商品貨幣論」は、実は、誤りなのである。)

MMTの答えは極めて明快だ。・・・政府は、通貨単位で価値を表示した「通貨」を発行し、租税の支払い手段として定める。これにより、通貨には、納税義務の解消手段としての需要が生じる。・・・ こうして人々は、通貨に額面どおりの価値を認めるようになり、その通貨を、民間取引の支払いや貯蓄などの手段としても利用するようになり、通貨が流通するのである。

政府の徴税権力こそが、通貨の価値を担保するアンカーとなっているのだ。

それゆえ、内乱などで無政府状態に陥った国家では、政府の徴税権力も弱体化するから、通貨はその価値を失い、超インフレに見舞われる。逆に言えば、政府権力が正常に機能していれば、戦争や石油危機のような有事でもない限り、インフレが制御不能になるなどということはありえない。

MMTが、こんなにも「エリート」に嫌われる理由

主流派経済学では、通貨が価値あるものとして流通している理由を 「商品貨幣論」 として説明します。けどそもそもその理論が間違ってて、「政府が定めた通貨での納税をの強制するから」人々はその紙切れを価値あるもの(=貨幣)として信任している ってことですね。

 それはそれで理屈が通っているように思えます。その先に、 「政府が正常に機能していれば 、制御不能なインフレにはなり得ない」ってのもそうかもしれないなあ・・・ MMT理論、それなりに筋が通っていそうな感じがします・・・

 この記事を書いたのは、中野剛志さんと言うそうですが、一度著書を読んでみようかな。