野間大坊(1)

先日所用がありまして、知多半島に行きました。野間という場所に通称「野間大坊」と呼ばれる有名なお寺がございます。

ほんどう

正式名称は「鶴林山無量寿院大御堂寺(真言宗豊山派)」 なんで有名かと言うと、源義朝のお墓があるからです。

義朝のお墓

源義朝(みなもとのよしとも)は、鎌倉幕府を開いた源頼朝(みなもとのよりとも)のお父さんです。平安時代末期に、平清盛が権力を握るきっかけとなった「保元・平治の乱」この平治の乱で源義朝は清盛と対立、この戦に敗れ都を落ち延びる道中、ここで家人に裏切られ謀殺されたのです。

お墓の周りに木刀が奉納されているんですが、湯殿で入浴中欺し討たれた義朝が「我れに木太刀の一本なりともあれば」と叫んだとされているからです。 

が僕はこの話、よくできたフィクションじゃないかと思うですよ。この時代の武士に大事なのは「一所懸命」です。つまり地方の開発領主として先祖から受け継いだ土地を、命をかけて最後まで守り抜き、それを子孫に引き継ぐことこそ当時の武士の本分だったのです(「一生懸命」の語源)。 だから主筋とはいえ、権力争いに敗れた落ち目の主君を匿うことと、裏切っても手柄を立て勝者に所領安堵を願うこと、どちらが地方武士として大事なのかなんて、都で権力闘争をしてきた義朝に分からないはずありません。だから落ち延びた先で身近に刀がない なんてありえなくね?まあ謀殺は確かだったのでしょうが、風呂は大人の事情で「そういう話に」 ってことじゃないのかなぁ・・・

ともあれ、義朝さんのお墓の隣にもいくつかお墓や碑があります。 義朝さん関係者以外のビックネームとして・・・織田信孝のお墓があるんです!あまり知られてないけど。

京で明智光秀により織田信長と長男の織田信忠は打ち取られ、明智光秀も羽柴秀吉に討ち取られました。 秀吉は織田信忠の息子三法師(信長の嫡孫)を担ぎ上げ、天下人の地位へ進んでいきます。それを良しとしないのが、柴田勝家や信長の三男、織田信孝でした。彼らは反秀吉連合を組んで秀吉と戦い、そして負けてしまいます。

秀吉は柴田勝家を破り自害させるんですが、信孝は主筋に当たるんで厄介な相手です。そこで取り込んでおいた信長の次男信雄に、岐阜城にいた信孝を攻めさせ開城させます。城を出た信孝は、ここ大御堂寺の安養院で信雄の命により自害させられます。だからここに彼のお墓があるのです。

ちなみに安養院という当時の塔頭?は、現在も存在しています。時間なくて100m、行けなかったんだけど。

※信雄君はその後徳川家康と組んで秀吉と対立。敗れても許され、改易されても出家して命は救われ、最終的には徳川家康によって大名に取り立てられます(大和宇陀藩)。

野間大坊外の看板

こういう人たちのお墓があるんで、野間大坊には頼朝が造営させたという大門や、鎌倉幕府5代将軍・藤原頼嗣の寄進による梵鐘などが現存しています。梵鐘には建長2年(1250年)の銘があり、国の重要文化財に指定されているそうな。さらに後の世では豊臣秀吉や徳川家康の庇護を受けたそうです。

伝頼朝が造営させた大門

補足:門の前、両脇に置かれているのはたぶん国歌にある「さざれ石」です。

重文の梵鐘・・・が収められた鐘楼

境内とその周りを巡っているとこんなものも発見。良い子は見ちゃいけません!

寺と直接の関係があるというより、古くからある生殖器崇拝でしょうね。まあ真言宗なのでそのあたりはわりとおおらかなんでしょうか?(小屋に張られた神様が、不動明王と愛染明王だと面白かったんだけど、不動明王と弁財天でした)

もう一個面白いものを見つけたのですが、長くなりそうなので次の記事に回します。お寺と直接は関係ないネタです。

18きっぷの旅(6)中国山地と出雲砂鉄について総括

今回は旅行記じゃ在りません。が、一応この旅のまとめと言うことで。

1.中国山地を走破した印象

・中国山地を構成する山々はそれほど険しくなく、谷もそれほど深くはないと感じた。割と幅広い谷地形を利用し、水田が営まれ、集落が存在している。そしてそのような風景が山深くまで続く、ゆえに潜在的人口キャパシティーはかなり大きい。ただし現代生活においては農業だけでは暮らしていけず現金収入が必要なため、山仕事や製鉄のような産業が成り立たないと人は住めない

また、車窓において水田は目立つが、畑地は目立たない。減反もあんまり盛んじゃない感じ。

→山が比較的なだらかなのは、中国山地が古い時期にできた「準平原」だから。
→さらに、砂鉄を採取するためのかんな流しによる河川への大量の土砂投下によって、水田に使えるような広い谷が生まれた可能性もあるかも?
→畑については冬の日本海側は豪雪地帯で土地が雪に覆われるので、畑より水田耕作の方が有利なのかも。減反の代替作物である小麦も、冬作ができないので厳しいっすね。

・過疎は進んでいるのだろうが、同じ中国山地であっても日本海側より太平洋側の方が放置家屋などが多い印象。

→同じ沿岸部と言っても、太平洋側と日本海側では交通量や人口に大きな違いがある。つまり内陸部と沿岸部の格差は太平洋側の方が著しい。だからその分太平洋側中山間地から太平洋側沿岸部への人口流出が激しい のかも?

2.出雲砂鉄について

疑問「日本には他にも砂鉄が出るところがたくさんあるのに、なぜ出雲が有名なのか」  これは本で調べたらちゃんと答えがあったので、それを引用しておきます。

日本には出雲以外にも東北や九州などに砂鉄を産するところは多いが、それらはいずれもいったん生成した母岩が、風化崩壊して河川、海浜等に流出集積したもので、この間に大きく自然淘汰を受けている。この点で出雲砂鉄は一時的、その他は二次的の産物である。一次砂鉄は選鉱によって成分を大きく変化させ所要のものを得ることができるが、二次砂鉄ではこれが難しい。出雲砂鉄が特に良質と言われるのはこのためである。

奥村正二「小判・生糸・和鉄」

とまあ、僕の場合、観光しない車窓を眺める旅において、こんな風に車窓を観察し妄想しています。これはこれでなかなか忙しいし、面白いです。 傍目には夜飲み歩いてるだけ・・・に見えるかもしれませんが。

てなことで今回の「18きっぷの旅」シリーズは、これにて終了です。お付き合いありがとうございました。