来年の確定申告に向けて、個人年金保険を新規契約しました。

気の早い話ではありますが・・・
年末調整や確定申告の書類を作成していると、「所得控除」という項目があります。社会保険、生命保険、自宅の地震保険の掛け金などは、社会的に有益な制度だから?「掛け金の一部をを給与所得から引いてあげましょう」という制度です。給与所得が減るわけだから、それに掛かる税金が安くなるわけ。(つまり節税できる)

なかなか紛らわしいのですが、生命保険料の控除はその中に三つの小さな分類があります。それが「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」「介護医療保険料控除
」ですね。

一般生命保険料控除については、以前明治安田生命の「じぶんの積立」に入ったことを記事にしましたが、今回は個人年金保険料控除として、JA共済のライフロードという年金共済に入ったのです。

まあ、詳しいことはこちらの記事がとても分かりやすく書かれているので参考にしてみてください。(この記事を読んで、自分もがぜん入る気になったんだよ)

もっとお金の話がしたい「個人年金保険料控除の活用にはJA共済「ライフロード」がベスト。」

JA共済の「ライフロード」という商品。「予定利率変動型」という文言が異様にややこしく感じますが、要は利率が毎年変動する変動金利型共済という意味です。まず、契約から5年間は現在のところ利率0.50%で固定。その後6年目以降から変動利率が開始。ちなみに現在は1.50%という利率で運用がされており、この利率変動期においても最低保証利率として0.75%が設定されています。」

個人年金保険料控除の活用にはJA共済「ライフロード」がベスト。

2018年7月の記事ですけど、現時点(2021年2月8日)で時点修正が必要な箇所はここだけだと思います。

現時点も「契約から5年間の利率は0.5%。6年目以降の変動金利の利率運用は、1.44%で、最低保証利率は0.75%のまま。しかし、3月からは利率が下がる方向で変更されるとのことですので、検討中の方はお急ぎください。(まあこの低金利下だから仕方ないが)

この記事では、コメント欄で非常に興味深い議論が載ってました。「投資効率」を考えるなら生命保険料控除の上限控除額を狙うんじゃなくて、最低の掛け金で契約するのが賢いんじゃないか と・・・。


なるほどねえ。生命保険料控除の控除額って、ある程度の額までは支払額=控除額になるんだけど、その額を過ぎると、控除額を上げるためには、かなり多額の保険をかけないといけなくなるんですよね。 
保険料をX軸、控除額をY軸にしてグラフを書いてみると、線が下に寝てくるので、よく分かりますねえ。(左のグラフで線が3本ありますが、青色が「所得税(国税)控除額」赤色が「住民税(地方税)控除額」、灰色が合計控除額です。控除額がそのまま還付されるわけではなく、それに所得に応じた税率を乗じた分が還付されるのです。右のグラフが所得税5%、住民税10%の僕の場合の還付額です。)

事例紹介ですが・・・現在43歳の僕が60歳までの17年間の払い込みをする場合、年払いでの最低取り扱い金額は35000円とのこと。(積立商品なので、若い人ならもっと安い積立額でもOKだと思います。その分積立年数が長くなるから。確認してないので、窓口で要確認ですが)

この額で積立を行うと、積立の合計額は59万円。0.75%の最低保証利率で推移すると、17年後に62万円になるそうです(利率が上がればもっと増える)。 たった3万円しか増えない・・・ですが、毎年の積立3.5万円にたいし、概算3500円程度の税金還付が毎年受けられることを考えると、利回りは悪くない・・・と判断しました。

まあ雀の涙と言えばその通りだけど、いま定期預金でこれだけの利息を得ようとすると、一体いくら預ける必要があるかを考えるとね。

間違いだらけの「光回線」えらび

ADSL回線から光回線へ移行中。どの光回線を選ぶべきか?調べた結果を共有します。

 ネットで、「おススメの光回線」を検索すると、「お手持ちのスマホにあわせて回線を決めましょう(スマホのセット割引があるから)」とか、「どの代理店やプロバイダから申し込むと、還元金が大きくお得か」というページが検索されました。

・・・「このハゲー!! ちーがーうだーろーっ! 違うだろーォッ!! 違うだろっ!!!」©豊田真由子

だ、大事なのは、申し込んだ光回線の速度が速くて安定していて、納得できる値段で使えるか ってことでしょうが。そのうえで、スマホのセット割引や還元金もあればうれしいけど、それはあくまで副次的なもの だと思います。

まず「光回線」について、僕が知ってる単語だけあげてみても、 フレッツ光、ドコモ光、au光、ソフトバンク光、CATVなどがあります。これらの回線は同じようなものなのか、あるいは違うものなんでしょうか? 知らないなあ。まあ、ドコモ、ソフトバンク、auは、スマホの事例から考えて、独自の光回線を持つ早い回線なんじゃないかな・・・

そのあたり、必要に応じて調べたんだけど、自分では同列の「光回線」だと思っていた回線についても、その形態によって速度に大きな差が生じるんじゃないか という結論に至りました。

その「形態」について図示してみたので、その概要を知るために見てください。概要が分かれば、あと個別の問題はGoogle 先生に聞けばいくらでも教えてくれますんで。あ、僕は専門家じゃないので、一生懸命調べたけど、大きな間違いがなければ許してね。

まず、物理的な意味での光回線は、NTTの光ケーブルを利用するものと、NTT以外のケーブルを利用するものに大別されます。

1.NTTの光ケーブルを利用するもの

1.1「フレッツ光」・・・文字通り、光ケーブルを所有するNTTに申し込む光回線使用プランです。御大なので回線の品質はピカ一だし、全国区で使えます。ただし、NTTはあんまり個別消費者に販売する気がないのか、回線使用料は高め。プロバイダとは別契約しなきゃいけない。さらに無線LANのレンタルやセキュリティソフト提供も別途有料。

1.2「光コラボレーション」系・・・NTTはフレッツ光の事業者貸し出しに熱心です。この貸し出しを「光コラボレーション」といいます。子会社のNTTドコモが借りてやってる事業が「ドコモ光」。他社であるソフトバンクが借りてやってるのが「ソフトバンク光」、やはり他社のプロバイダNiftyがやってるのが「Nifty光」と言うような感じです。事業者は他にもたくさんあります。 

プロバイダと光回線をセットで申し込みでき、無線LAN貸し出し無料とか、1年契約後に還元金出すとか、スマホ割引しますとかサービス満載で競い合ってます。料金は全部しめて「フレッツ光」の回線使用料程度と安めです。

スマホだとソフトバンクとドコモはガチでやりあってるけど、ここではNTTから光回線を借りてる間柄。いやドコモはNTTの子会社になったから、スマホ的位置づけとしては

フレッツ光→ドコモ(キャリア)回線、ドコモ光→ahamo(サブブランド)回線、ドコモ光以外の「光コラボ」企業(ソフトバンク光を含む)→MVNO(格安SIM)回線 

という位置づけが正しいかと。

フレッツ光の利用者と、「光コラボ」事業者の利用者が、すべてフレッツ光の回線を使うわけです。

ってことは、スマホの事例を考えれば、混雑時にどの回線が安定して早いか、速度が不安定になりやすいのか想像できますね。 

スマホだと格安SIM会社は、混雑時にスピードが遅くなりがち。キャリア回線は安定。サブブランド回線は格安スマホほどの速度低下は少ないだろう ってのが共通認識かと。 

1.3 NURO光・・・同じくNTTの回線を借りてるんだけど、少し毛色が違います。借りてるのはNTT未使用の余剰回線。そこに独自の通信技術をくわえ、フレッツ系の倍速を出すそうです。 つまり比較的早い回線を少ない利用者(大手と比べて無名の「NURO光」を申し込む人は圧倒的に少ないだろう)で使うから、仕組み的にこの回線、早くて安定していそう という推定が成り立つかと。NTTが「未使用余剰回線を、他社にもじゃんじゃん貸し出すぞ」と言わない限りはね(笑)。値段も「光コラボ並」です。

NURO光はSONY系が運用しているので、プロバイダはSo-netになります。So-netは「光コラボ」として「So-net光」、独自色の強いものとして「NURO光」という2つのプランを運用していることになります。申し込むとき間違えないように!

ただし注意が2つ。余剰回線の関係か、NURO光は全国区ではなく地域限定。次に「光コラボ」や「フレッツ光」と根本的に仕組みが違うので、そちが配線工事1回(NTT下請け)で済むのに対し、NUROは2回必要となります(NTT下請けが屋外工事、So-net下請けが屋内工事を行う)。ゆえに、開通まで時間がかかります。 ・・・うちは開通地域で、仕組み上スピードが期待できそうだったのでここに決めました。1月31日契約。屋内工事が2月4日、屋外工事が3月6日・・・それまでレンタルwifi生活が続きます・・・

2.NTT以外の光ケーブルを利用するもの

2.1 ケーブルテレビ(CATV)・・・地域のケーブルテレビ局の光ケーブルを利用する方法。テレビと一括で申し込めるし、テレビアンテナを建てる必要がないから、うちの近くでは割と多いね。セットなら値段もそこそこ。 

ただし幹線は光ケーブルでも、家庭への引き込みは同軸ケーブル(メタル線)だったりします。それにテレビ回線との共用だから、インターネット専用の光回線と比べれば、速度や安定性はどうしても劣るでしょう。

2.2 au光・・・KDDIの引いている独自回線を使う方法。これも速度と安定性は期待でき、NTTよりサービスも良い感じで有力候補です・・・だけど全国区ではないです。うちは対象地域外のため、選べませんでした。

2.3 電力会社系・・・ダークホースです(笑)。上でauは独自回線と書いたけど、電力会社系の回線を継承した部分もあるそうです(東電管内等)。

そんなこんなで、電力会社系とau光は協働関係にあるみたいです。だからauスマホのセット割がついたり、仲良く?「すみ分け」している部分もあるようです。(例:東海はau光対象外なのだけど、中電系のコミュファ光が使える)

auが継承できるくらいなので、電力系は基本かなり質の高い回線じゃないかと思われます。しかも、コミュファ光とかeo光とか、怪しげな名称の(失礼!)光回線業者が電力会社系と知ってる人は少ないだろうから、比較的質の高い回線を、少人数の申込者で分け合えるのではないか と思われます。 

 僕はすでにNURO光に申し込んだので、いまさら「こっちがお得」だと悔しいから、これ以上調べないけど! これから申し込む人は、調べてみると良いと思います。

長々と書いてきましたが、冒頭に書いた「フレッツ光、ドコモ光、au光、ソフトバンク光、CATV」の間の違いがご理解いただけたでしょうか。「光回線も、スマホも通信なのだから、同じようなものだろ」と単純に考えると、ちょっと後悔するかもしれませんね。以上、比較の参考になると幸いです。

実際に入れた結果がこちら。残念ですが、それほど速度は出なかったよ・・・

以下、参考にしたHPです。

NURO光とフレッツ光はどっちがおトク?
NURO光が使ってるNTT回線「ダークファイバー」とは?速さの秘密に影響している?
図解でわかる光コラボレーションとは
光回線とADSL、ケーブルテレビ(CATV)の違いを易しく解説
電力系の光回線とは?フレッツ光との違い・強みを解説!