浅井千坊 須美千坊について

既出。とりまとめ記事です。

西尾市の文化財 万燈山で行われる「鍵万灯」 について、西尾市のHPでは次のように記載されています。

市の東端、標高160余メートルの万灯山西斜面で毎年盆の8月14日に行なわれる火祭り。柴の山「ツボラ(スズミ)」を並べて点灯し、遠方から見ると火線が「かぎ形」に見えることから「かぎ万灯」と呼ばれる。午後8時半から9時頃に点灯し、20から30分ほどで終了する(天候によって異なる)。

その由来や始まった時期については明らかではないが、寛永7年(1630)に創建した長圓寺が山号を「万燈山」と称したことから、この頃には既に行われていたことが分かる。最も古い史料は、長圓寺創建から間もない頃に編まれたと思われる『万燈山長圓寺記』で、「山頂に戦国時代に戦で亡くなった人を埋葬した古塚があり、これを祀るために里民が七月の中元に万灯を焚く」としている。

また一方、明和6年(1769)『友うづら夢物がたり』では、「応徳・寛治の頃(1084から94)に周辺の真言宗と天台宗の寺々(「浅井千坊」「須美千坊」)が宗論から争い、多くの死者が出たため、その霊を鎮めるために始めた」とされる。

「かぎ形」の由来についても諸説あり、「火でレ(さんずい)形を作り、火を以って水を手向ける」(『友うづら夢ものがたり』)、「梵字イの形で、除災、祈幸福の意」(『万燈山長圓寺由緒』)などある。古くは火の付きの良し悪しやかぎの形によってその年の稲の豊凶を占ったという。

僕は、この須美千坊と浅井千坊がどこにあったのか、とか天台宗と真言宗の宗論争いがどんなものだったか、気になって仕方がなかったのです。

(オイオイ、そんなブッソウな話が、この西尾にあったんか? って。不謹慎ですが、もしそんなことがあったなら、おもしろいよねー。)

で、須美千坊とか浅井千坊ってどこ?西尾にはそんなに天台宗とか真言宗の寺は残ってねーぞ。(真宗に改宗した寺で、もとはそうだった という話はちらほらある)

「須美千坊」については、「須美郷土誌(幸田町立図書館蔵)」により、

幸田町大字須美字向屋敷47にある敬覚寺(真宗大谷派)が、元は真言宗の寺院で、妙覚山等覚寺と称し、須美千坊の一つだった

ことが分かりました。

敬覚寺

「浅井千坊」については、愛知県西尾市西浅井町古城1にある宿縁寺(真宗大谷派)の説明看板により、

元は天台宗の宿坊として建てられ。往時はたくさんの天台宗の僧侶がこの辺りに住み、浅井千坊って言われ宿縁寺はその中心だった

ことが分かりました。

宿縁寺

須美千坊(真言宗)と浅井千坊(天台宗)の位置を航空写真に落としてみてのがこちら。須美千坊は、蘇美天神社のあたり とご理解ください。

間に横たわる、万燈山を含む須美北山・・・連峰(?)の写真がこちらです。

須美北山(平原203展望台より撮影 奥の小山が、宿縁寺のある浅井地区)

そして敬覚寺の裏山である茶臼山の麓には、平原の滝があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

滝の傍らには薬師堂もあり、修行の場であることがわかります。この滝は慈覚太師(円仁)が平原の里に泊まった時、不思議な夢を見てこの山に滝があることを発見し、薬師如来を彫って祭ったのが始まりとか。それ以来、滝は「薬師の滝」と呼ばれ、滝水を飲めば長寿に、打たれると難病も治ると伝えられているそう

ここまでくると、宗論争いって、なんか山岳宗教(修験道)と関りがあるんじゃないかな?って思いません?

あと符牒が合うな って思ったのが、修験道の法流が、大きく分けて真言宗系の当山派と、天台宗系の本山派に分類される ってこと。

で、推論ですが、

「真言宗と天台宗の寺々(「浅井千坊」「須美千坊」)が宗論から争い」ってーのは、真言系と天台系の山伏(修験者=修験道を極めんとする人たち)の宗論争いおよび修行の場である山の使用権を巡っての戦いだったんじゃないか と。

・・・根拠はないんですが、一般的には山と無縁の西尾市(沖積平野が中心部)で、そのような山にまつわるような話があったとしたら、ちょっと面白いと思いません?

 

以下、リンクです。

万燈山、平原の滝、宿縁寺、敬覚寺、それぞれ散歩するには楽しいところです。よろしければ探訪記をお楽しみください。

平原の滝:西尾の文化財(9)  上永良神明社の大シイ  (+平原の滝)

宿縁寺:西浅井町散歩(西尾市 源空院、宿縁寺)そして かぎ万燈

敬覚寺:建稲種命を取り巻く話題(志葉都神社・蘇美天神社)

万燈山」マントウヤマノボレ0401

 

 

西尾の文化財(28)  羽塚・念称寺  と新興住宅街について?

県の文化財・木造薬師如来立像 と市の文化財・馬頭観音菩薩立像を有するお寺です。(浄土宗・尼寺)

境内はそれほど広くはありません。それに、仏像を見せてもらうわけでもないので、あんまりネタがないなあ。(仏像に興味ある方は、上のリンクから西尾市の紹介ページを見てね)

まあ境内にあった、下の写真から無理に話をつなげます!

西尾市立矢田小学校。市内でも有数の大規模校です。どうもこの小学校の歴史は、このお寺の境内に、明治六年(1873)に創立された 「羽塚義校」が発祥らしいっす。

この矢田小学校、現在でも児童数906名、 34クラスある大規模校です。なんでそんなことを校区外のおっさんが知っているかと言うと・・・

西尾市議会だより(西尾市報8月16日号)で「老朽化したプールを撤去した跡と新たに取得した体育館南の隣接地に、新校舎を増設予定」「教室不足数は2022年度にピークをむかえ、その時には42教室が必要」との情報が載っていたからです。

この少子高齢化の時代に、すごいニュースもあるもんだな と。42教室って言うと、各学年平均7クラスあるってことですもの。新ベビーブーマー世代?

そんなことはなくて、原因は校区のニュータウン建設でしょう。矢田小学校と平坂中学校に囲まれたあたりに大規模な土地開発事業が行われ、家がどんどん建っているからです(黄色円のあたり)。

なんでもこの辺りを「西尾のビバリーヒルズ」と呼ぶ向きもあるんだとか。うーん、ビバリーヒルズって全米有数の高級住宅街ですよね(イメージ湧かない人はビバリーヒルズ高校白書でも見てくれや)・・・。

まあここもヒル(碧海台地)の上で地盤はいいです。

蛇足ですがこの航空写真の範囲内で一番標高が高いのが、念称寺のあたりです。そこらへんの字名は「稲荷山」。標高は寺の少し下で10m程。

閑話休題。新興住宅街だから新しい家ばかり。都市公園も整備されているし、道路もピカピカ。街並みは瀟洒です。けど「高級」住宅街になるかは、住民の皆様の活躍次第ってところ。

一番危惧されるのは、将来的に世代交代がうまく進み、人口構成がうまく保てるか ってところです。まあこれはどこの新興住宅街にも言えることなんですけど。

新興住宅街に入居されるのは、小学生以下の子供をお持ちの若い世代が中心じゃないでしょうか。「そろそろアパートから一戸建てに移って、子供たちに部屋を用意してあげよう」って。そんな家族構成の人たちが、市内あるいは近隣市からこの住宅街に集まってきています。(集まる分、周りの小学校の児童数は減る)

いい話なんですけど、それはそのまま学区の小中学校のクラス数が一時的に激増(その後減少)し、大学や就職する子供達の一斉流出、残った親世代の一斉高齢化 へと繋がる可能性を秘めています。参考: ニュータウンに巨大な危機が迫る

僕は大学時代に某市の市議会議員の選挙運動に関わったこともあるんですけど、その時の候補者の訴えがまさに「郊外の高齢者ばかりの旧・新興住宅街を何とか救いたい!」だったので、この問題には意外と関心があるんです。

あ、だから新興住宅街が悪い って言ってるわけじゃないです。古い集落を選べば、集落の人づきあいが超めんどー とか、それはそれでいろいろ悩みもあるんですよね。

ここが「西尾のビバリーヒルズ」になれるかどうかは、「子供達の一斉流出、残った親世代の一斉高齢化」以降に、「この土地に移り住みたい」という需要がどれだけ旺盛にあるか にかかっています。その時の供給<需要なら土地価格が高騰して高級住宅街化するでしょう。

まあ、長期的にみて人口が急減する日本で、ビバリーヒルズ化するのはなかなか困難かもしれません?