日本海軍艦艇のカタパルト

空母とカタパルト(2)の続編です。ただし、今度は航空母艦ではない軍艦に載せられたカタパルトの話。

 第二次世界大戦中のカタパルト(飛行機の射出機)を調べていたら、どうもムズムズと「造りたく」なっちゃいまして・・・ 特徴のあるカタパルトを搭載した軍艦を何隻か、プラモデル(1/700WATER LINE シリーズ)で造りました。最近のプラモデルは、マニア向けにすごく考証が進んでいるので、カタパルトと飛行機の感じがよくわかる・・・。

まあ写真と一覧表を見ていただきましょう。

出典はwikipediaによる

航空母艦でない艦船にカタパルトを載せて飛行機を積む場合、普通は水上機を載せて偵察に使います。水上機ってのは、海面を利用して離発着できる飛行機のこと。普通の飛行機と比べると、フロート(浮き)が付いているので、その分速度が遅く、まあ戦闘機とかは厳しい。そういう汎用性を考えると普通の飛行機を載せたいんだけど、離陸はともかく、空母でない限り着艦する広い場所ないから、普通は載せないのです。

が、国力豊かなアメリカを仮想敵国とした貧乏日本の海軍は、量より質、奇想天外な作戦を重視し、 水上機で敵を攻撃できんか?とか、敵制空権で強行偵察できんか?とかいろいろな戦法を考えて少数多種生産を実行しちゃったのです。 だから、模型を組み立てる場合はオモシロイ。

解説が長くなりました。まず写真の一番奥が、軽巡洋艦「矢矧」です。カタパルトの形式は「呉式2号5型」、飛ばした飛行機は「零式水上偵察機」です。これは日本海軍のカタパルトと飛行機の組み合わせとして最もオーソドックスなもの(比較対象です)。まあ戦艦の場合、飛行機が「零式水上観測機」に変わることがあるけど。カタパルトの長さは19.4m。火薬式で4tまでの飛行機を加速することができます。

奥から二番目、戦艦「伊勢」です。ミッドウエー海戦で空母を4隻失った海軍は、この戦艦の後甲板を改造し、格納庫と作業甲板、カタパルトを2基設置した「航空戦艦」として使うことを計画しました。

カタパルトの形式は「一式2号11型」、飛行機は「艦上爆撃機 彗星」と「水上偵察機兼水上急降下爆撃機 瑞雲」です。艦上機というのは、航空母艦に離発着可能な飛行機のこと。ゼロ戦も正式には「零式艦上戦闘機」ですね。 「彗星」は伊勢の甲板にはもちろん着艦できないので、離陸したら陸上基地に着陸または航空母艦に着艦する予定だったそうです。「瑞雲」の方はフロートが付いているので、海上に着水しクレーンで引き上げることで回収可能。 この飛行機は、水上機としては高速の傑作機だったようです。

カタパルトの長さは25.5m。火薬式で5tまでの飛行機を100km/hまで加速することができたようです。

彗星と瑞雲の離陸訓練は行われたようですが、実戦では航空機を搭載した運用はありませんでした。格納庫に飛行機を積まず、倉庫代わりに南方から物資を運ぶ作戦に役立ちました(笑)。

手前から二番目、軽巡洋艦「大淀」です。もともと、潜水艦隊の指揮艦として計画され、潜水艦の頭脳(指揮)と目(偵察)の役割を果たすことが目的でした。敵制空権内で強行偵察を行うことが想定され、このために開発された「紫雲」という水上偵察機を6機載せるべく、長さ44mの特大のカタパルトと格納庫が搭載されました。

この特大カタパルト(二式1号10型)は、空気式で5tまでの飛行機を150km/hまで加速することができる高性能型。空気式なのは、多分火薬式だと瞬時の衝撃がひどく、伊勢級の100km/hまでの加速が人体の限界だったのでしょう。空気式は衝撃は火薬より弱いけど、加速のため44mを要すると。

水上艦艇は、圧縮空気の用途は他にないので、カタパルト専用に圧縮空気を用意する必要があり、装備の場所も必要になります。

一方、「紫雲」を造るメーカーに対しては軍から「強行偵察するから、敵戦闘機より速い水上機を造れ!」と無理を要求されました。強力なエンジン(その分重い)や様々な新機構を採用した意欲的な飛行機で、瑞雲よりも高速だけど、さすがに要求は満たせませんでした。それにね、そもそも計画された「潜水艦隊の指揮」っていう仕事がなかったんです。

なので大淀の高性能カタパルトと紫雲は実戦経験なく、じきにデフォルトの「呉式2号5型」カタパルトと「零式水上偵察機」の組み合わせに交換。船としては通信が強力だったこともあり、余った格納庫を「司令部」に改造、最後の連合艦隊司令部として短期間使われました。

でも、陸上にあったほうが通信には便利なんで(当たり前だ)、連合艦隊司令部が陸上(慶応大学日吉キャンパス)に移ってしまい、格納庫&司令部跡を倉庫代わりに、伊勢と同じく南方から物資を運ぶ作戦に従事。

一番手前の艦は、潜水艦「伊400」です。 「潜水艦に攻撃機を積んで、敵要地パナマ運河を隠密攻撃する」という計画のため造られた潜水艦です。

そのために「晴嵐」という特殊攻撃機も造られました。こちら水上機としてはかなり高速のうえ、追われたらフロートを投下してさらに増速 という手もあったようです。 この攻撃機を3機積んでいました。カタパルトは空気式「四式1号10型」25m。5tの航空機を加速可能だったようです。潜水艦は潜水のため艦内のタンクに海水を入れますが、再度浮上のためには圧縮空気でタンクの海水を排水する必要があるんですね。だから圧縮空気を使うカタパルトは理にかなっています。

戦局の悪化のため、パナマ運河作戦の前に、ウルシー泊地を攻撃に向かう途上で終戦。面白い戦略の潜水艦なのでアメリカ軍がしっかり調査したうえで、ソ連に情報が渡る前に処分されました。なのでやっぱり実践経験なし。

赤線は、カタパルトの長さを示す

うーん。すべての艦に言えることなんですが、特殊な飛行機とカタパルトを搭載し建造や改造を行った計画と、実際の運用が全く整合しない って残念すぎ。こんなことなら汎用の組み合わせで一隻でも多く造ったほうが資源や造船所の無駄遣いしないで済んだんじゃ・・・そりゃ結果論ですけど。

あと、諸元表をみて思ったこと。

各飛行機の諸元を見る限り、大淀のカタパルトは、もっと小さいサイズの火薬式であっても「紫雲」を飛ばせたと思います。 逆にこの高性能カタパルトを使って離陸するなら、「紫雲」はエンジンを小型に、翼面積も小さくできたと思います。すると機体重量が減らせ、空気抵抗が減るので、もっとスピードが出せる傑作水上偵察機になったと思うんだけど・・・。専用機として造った割に、カタパルトの性能と機体諸元がうまく組み合ってない感じです。

追記。伊勢級戦艦「日向」のYoutube画像を紹介していただきました。

Damaged & Sunk Japanese Navy Ships @ Kure, Japan (1946) WWII

映像は、伊勢級戦艦「日向」「伊勢」航空母艦「天城」戦艦「榛名」の戦後の着底映像かと思います。これらの大型艦は各種戦闘を生き残りましたが、終戦間際の日本には、もはや大型艦を動かす燃料はほとんど残っていませんでした。なけなしの燃料は戦艦大和の沖縄特攻作戦に使っちゃったので、残余の大型艦は燃料無し。「不動の浮砲台(特殊警備艦)」なのでアメリカ軍の空襲で被害を受け着底(浅い海なので、沈没はしません)。その状態で敗戦を迎えました。

ちなみに、これらの船が着底した場所は、日本海軍の正規士官を養成する海軍兵学校のあった江田島あたりです。歴戦の主力艦が燃料もなく鎮座し、空襲で破損し着底していくのを見守る兵学校生徒たち・・・かなりシュールな図式・・・

映像は、戦後アメリカ軍が調査のため撮影したものでしょう。すでにカラー映像。しかもすごく鮮明です。公文書館?とかで大切に保存されていたのかな。直ぐに捨てちゃう日本とは大違い。

失敗の本質

「失敗の本質」という本があります。副題は 日本軍の組織論的研究。

日本軍は、なんで太平洋戦争敗北という大失敗をしちゃったのか を組織論的に分析した本です。 そもそも、国力の差がありすぎるアメリカと戦争しちゃう時点で、もうまちがってはいたんですけどね。

その第二章「戦略・組織における日本軍の失敗の分析」を読んで、要点だと思ったところを要約・抽出しました。 

もちろんこれは、「現在の日本政府による、対コロナ戦争における失敗分析」に繋がるものです。なぜなら、軍隊と言うのは、典型的な官僚組織だからです。であれば、そこでの失敗は、日本を動かす日本国政府(官僚組織全体)に通じるものでしょう。

 うん、思い当たる節がありすぎて泣ける。

  • いかなる軍事上の作戦であっても、そこには明確な戦略な作戦目的が存在しなければならない。目的のあいまいな作戦は、必ず失敗する。
  • 連合艦隊の最終目標は、太平洋を渡洋してくる敵の艦隊に対して、決戦を挑み一挙に勝敗を決することであった。しかし、決戦に勝利したとしてそれで戦争が終結するのか、また万一にも負けた場合にはどうなるのかは真面目に検討されたわけではなかった。 
  • 日本軍は初めにグランド・デザインや原理があったというよりは、現実から出発し状況ごとにときには場当たり的に対応し、それらの結果を積み上げていく思考方法が得意であった。このような思考方法は、客観的事実の尊重とその行為の結果のフィードバックと一般化が頻繁に行われる限りにおいて、とりわけ不確実な状況下において、きわめて有効なはずであった。
  • 本来、戦術の失敗は戦闘で補うことはできず、戦略の失敗は戦術で補うことはできない。とすれば、状況に合致した最適の戦略を戦略オプションのなかから選択することが最も重要な課題になるはずである。・・・ときとして日本軍の戦闘における小手先の器用さが、戦術、戦略上の失敗を表出させずにすましてしまうこともあった。しかし、近代戦に置いてはこれが常に適用するわけではなかった。したがって、日米両海軍の戦力バランスが崩れ始めると、もう小手先の戦闘技術の訓練だけでは対抗できなくなる。
  • 中央と現地が地理的に隔たっとおり、かつ両者の間の意思疎通が必ずしも円滑にいっていないという状況であったにもかかわらず、現に作戦を実施しようとしている関東軍に対して、明確な指示を下さないままに、意のあるところをくみとらなかったとするのは統帥の実務責任者として適切な判断と言えるであろうか?
  • (インパール作戦中止を巡る話)河辺方面軍司令官は第十五軍の牟田口司令官を訪れた。両者とも作戦中止を不可避と考えたにもかかわらず、「中止」を口に出さなかった。牟田口は「私の顔色で察してもらいかたった」といい、河辺も牟田口が口に出さない以上、中止の命令を下さなかった。
    日本軍が高度の官僚制を採用した最も合理的な組織であったはずであるにもかかわらず、その実体は、官僚制のなかに情緒性を混在させ、インフォーマルな人的ネットワークが強力に機能するという特異な組織であることを示している。
  • 日本軍の作戦行動上の統合は、結局、一定の組織構造やシステムによって達成されるよりも、個人によって実現されることが多かった。判断のあいまいさを克服する方法として、個人による統合の必要性をうみだした。個人による統合は、一面融通無碍な行動を許容するが、他面、原理・原則を欠いた組織運営を助長し、計画的、体系的な統合を不可能にしてしてしまう結果に陥りやすい。
  • 日本軍は失敗した戦法、戦術、戦略を分析し、その改善策を探求し、それを組織の他の部分へも伝播していくということは驚くほど実行されなかった。これは物事を科学的、客観的に見るという基本姿勢が決定的に欠けていたことを意味する。
     ミッドウエー海戦(決定的敗北)の作戦終了後に通常行われる作戦戦訓研究会もこの際には開かれなかった。
  • 作戦担当の黒島先任参謀は、戦後、次のように語ったといわれる。
    「本来ならば、関係者を集めて研究会をやるべきだったが、これをおこなわなかったのは、突けば穴だらけであるし、みな十分反省していることでもあり、その非を十分認めているので、いまさら突っついて屍に鞭打つ必要がないと考えたからだった。と記憶する。」
     ここには対人関係、人的ネットワーク関係に対する配慮が優先し、失敗の経験から積極的に学びとろうとする姿勢の欠如が見られる。
  • 個人責任の不明確さは、評価をあいまいにし、評価のあいまいさは、組織学習を阻害し、論理よりも声の大きな者の突出を許容した。このような志向が、作戦結果の客観的評価・蓄積を制約し、官僚組織における下克上を許容していったのである。

もう、この辺とかまさに今そうなってますよね。

「日本軍はときには場当たり的に対応し、それらの結果を積み上げていく思考方法が得意であった。客観的事実の尊重とその行為の結果のフィードバックと一般化が頻繁に行われる限りにおいてきわめて有効なはずであった。」

場当たり的対応だからダメなんじゃないです。場当たりだったとしても、取った対応の結果を直視し、ちゃんとフィードバックするなら、これは「順応的管理」であって、不確実な状況下では有効な方策でした。問題は

「日本軍は失敗した戦法、戦術、戦略を分析し、その改善策を探求し、それを組織の他の部分へも伝播していくということは驚くほど実行されなかった。」

客観的事実を尊重せず、フィードバックもしないことなんですね。

「日本軍の作戦行動上の統合は、結局、一定の組織構造やシステムによって達成されるよりも、個人によって実現されることが多かった。個人による統合は、一面融通無碍な行動を許容するが、他面、原理・原則を欠いた組織運営を助長し、計画的、体系的な統合を不可能にしてしてしまう結果に陥りやすい。」

事例として、東条英機が首相、陸相、参謀総長を兼務した事例が挙げられていますね。・・・縦割り行政の調整がうまくできず、安倍さんが首相と内閣府(官僚人事権を掌握)の長を兼ねて対応しようとしたのと似てます。さらに「内閣総理大臣は自らを助けるものとして内閣府に内閣府特命担当大臣を置くことができる」ので、安倍さんは補佐官として西村コロナ対策大臣を置いてます。

が、融通無碍な行動(政治判断)を許容するが、他面、原理・原則を欠いた組織運営を助長し(だから国民向け放送できちんと説明できない)、計画的、体系的な統合を不可能にしてしてしまう結果(首相がPCR検査を増やすと言っても、実数が増えない)に陥りやすい ってわけね。