富士山周遊その3 富士吉田のうどんから

富士吉田の名物といえば、「吉田のうどん」ですよね。僕はうどん大好きなので、たいへん期待して食べに行きました。

お店は、平日でも地元の人で賑わうという 「手打うどん 麺許皆伝」さん。 11時10分くらいに入店しましたが、15分すぎには満席となり、外に行列ができるほど。GW開けの平日なんですが。

欲張りうどん(650円)に大盛りを追加(+100円)を注文。(向こうに写っているのが「普通盛り」です。)

うどんの上に、油揚げ、キャベツ、ワカメ、牛肉、ちくわの天ぷらが載っています。

なんで吉田のうどんが有名なのか

織物産業が好景気だった昭和初期、一般家庭で織機を動かしている女性に昼食の準備をかけさせないよう、織物を扱う女性の手が荒れないよう、男性がうどんをつくっていたため、コシのあるうどんが主流になった。

また、織物を売り買いに来た人たちの食事の場として、うどん屋が繁盛したようです。

ふじさんミュージアム(富士吉田市歴史民族博物館)の展示解説本 より

確かにとても腰のある、非常にうまいうどんでした。 これくらいコシがある麺が個人的には好みなのですが、そのぶんずっしりと腹にたまります。トッピングを混ぜて食すと、「おれは今、うどん二郎を食してる!」という感じです。(マシマシはないけれど)

うどんいっぱいで腹一杯「もう入りません」状態になれます。 幸せ♡。

この感じ。好きな人にはたまらないでしょう!

富士吉田の町を走っていると「ほうとう」の店も目立ちます。ほうとうは1人前1700円くらい。 昔は、野菜が主で小麦の消費量の少ないほうとうが普段の食事「ケ」で、小麦の麺主体のうどんが「ハレ」の日のごちそうだったのでしょうが、今やすっかり逆転してますな。

今や日本で消費する小麦粉はほとんど輸入品だから、近い将来、また昔みたいに、野菜(さすがに国産)主体のほうとうのほうが、小麦主体のうどんより安くなる日が来るかもしれませんけどね。

同解説本によると、吉田周辺の伝統食として、大麦のメシ(まずそう・・・)、とうもろこし粉の団子(これなら食べてもいいけど・・・)などもよく食べられていたそうです。

要するに、稲の品種改良が進むまで標高が高く寒冷地であること、土地が富士山火山灰土の影響で水はけが良く、稲作(水田耕作)に適さないため、畑主体の粉食文化圏であったという土地柄が背景にあるでしょう。

吉田そのものは、小麦の栽培には適していなかったそうですが、富士北麓では、肥料を用いず、冷害にもつよい「水掛麦」という栽培法もあったそうです。ふむ〜。聞いたことのない栽培方法ですね。非常に興味深い。

富士山の裾野の緩やかな傾斜地形を利用して、桂川の水を畑に掛け流して栽培された麦で、この地方独特の栽培法です。

川の水の養分のみによって生育するので肥料を用いず、しかも冬季でも凍結せず、麦踏みも不要でした。

この水掛麦は室町時代から行われており、江戸時代には、火山灰土の畑よりも生産性が高いことから、より多くの年貢が課せられていました。

そんな吉田でも、江戸時代に「米が食いてぇ(てか、当時は米本位制だから、百姓も領主も米が作りたい)という欲望をもとに新倉村で溶岩台地を開発し、新田を開くため、水不足の大地に、河口湖から水を引く用水トンネル開発事業が持ち上がりました。「新倉掘抜」です。このトンネルの延長は約4km。

新倉掘抜(あらくらほりぬき)は、山梨県南都留郡富士河口湖町船津と富士吉田市新倉字出口を結ぶ隧道式の用水路(用水堰)。河口湖の湖水を船津から取水し、天上山(てんじょうやま、嘯山:うそぶきやま)直下を貫通して新倉へ送水する。江戸時代に約170年かけて完成し、全長3.8キロメートルを測る日本最長の手掘りトンネルと言われる。富士河口湖町・富士吉田市それぞれの指定史跡。

新倉掘抜

僕は、(農業)土木遺産マニアなので、同時代の農業用水の代表例として「深良用水」は知っていました。が、この新倉掘抜は富士山ミュージアムの展示をみて初めて知りました。途中放棄を含めてだけど、完成までに170年・・・東洋の サグラダ・ファミリアです。

深良用水のトンネルが約1kmなのに対し、新倉は約4km。 当時は両岸から掘りすすめ、中間で穴を合流させて貫通となりますから、トンネルの距離が長くなればなるほど、その技術的難易度は上がっていきます。その点、もっと有名になってもいい土木遺産だと思うけれど・・・

深良用水(ふからようすい)は、箱根山をトンネルで貫き、神奈川県・箱根の芦ノ湖の湖水を静岡県裾野市に引くために造成された灌漑用水路。箱根用水(はこねようすい)とも呼ばれる。

深良用水

ま、深良用水は外輪山にトンネルを掘り、本来流域外の地に神聖な芦ノ湖の水を落しているので、その実施までの調整とかたいへんだったようだから、総合的にみて有名な事例なんだと思うけれど。

河口湖のほとり(河口湖町)に、「河口湖新倉掘抜史跡館」という博物館があり、これをぜひ見たかったんですが、現在「都合によりしばらく閉館」との張り紙が出ています。行きたい方は、事前に電話連絡されることをおすすめします。 (僕も営業日に電話したんだけど、出られなかったんだよね。諦められず、現地まで行ったんだけど、残念!)

概略の展示は、「富士山ミュージアム☆」にありますし、富士吉田市新倉の弁天神社脇で、掘抜の出口が見られます。ただし、駐車場はありません。

トンネルを覗いて感じたのは、露出している岩が、表面に穴が開いた、いわゆる噴火岩とは違うなあ。ということでした。

それで思ったのですが、ルートとして山麓にトンネルを掘ったのは、水路として保水性の低い火山灰性地質(噴火時期が新しい)を避け、より保水性に優れた古い地質(新しい噴火による堆積からは、山が守ってくれた)内に水路を造りたかったからではないかと。

河口湖.netから引用 新倉掘抜の経路
20万分の1 日本シームレス地質図

水路は、おそらくピンク色(166)と茶色(87)の境あたりに掘られています。ピンク色は1万8000年前に噴火した火山の岩石、茶色は1500万年〜700万年前に噴火した火山の岩石だそうなので、その組成過程や噴火からの経過年数により、透水性に違いがあるのかもしれませんね。

☆「富士山ミュージアム」って、名前から私設の、富士山の写真を展示しているところ っていうイメージがして、あんまり行く気は無かったんだけど、正式名称は 富士吉田市の歴史民俗資料館です。 多数引用していることからもわかるように、展示内容は充実していますし、現在外構工事中ですし、近くを通る機会があれば、寄っていく価値はあると思います。地味な地域史や富士山信仰の歴史に興味がある人は特に。

富士山周遊その1−1 村山浅間神社

富士山周遊その1 浅間神社めぐり」で言及した、村山浅間神社についての記事です。

前回の記事で紹介した他の浅間神社は、古くから栄えてきた神社なわけですけど、この村山浅間神社はちょっと来歴が異なります。

村山浅間神社は、もとは「富士山興法寺」という寺で。その境内で神(富士山の神である木花開耶姫)を祀る社 だったのです。

興法寺は神を祀る社以外に、仏(大日如来)を祀る本堂(大日堂)、末代上人を祀る大棟梁権現社の3つのお堂(と管理する三坊)から構成されていました。神も仏も同時に祀る、いわゆる神仏習合の「お寺」。

神仏習合(しんぶつしゅうごう)とは、日本土着の神祇信仰(神道)と仏教信仰(日本の仏教)が融合し一つの信仰体系として再構成された宗教現象

wiki 神仏習合

もちろん、富士山信仰の一拠点であったわけですけど、その形態は仏教としての山岳信仰である「修験道」の形を取っており、村山修験という言葉も残っているくらいです。

修験道の道者を、修験者とか山伏とか言います。修験道は、真言宗系の当山派(本山・醍醐寺三宝院)か、天台宗系の本山派(本山・聖護院)のどちらかに属すのですが、興法寺は本山派で、結構有力だったみたいです。 いずれにせよ、仏教・寺院系の富士山信仰の拠点でした。

聖護院本山派の法親王は、慣例として度々村山に参拝を行っている。元禄年中に道尊法親王、正徳4年(1714年)に道承入道親王、宝暦7年(1757年)7月には増賞親王、文化4年(1807年)3月には盈仁法親王、天保12年(1841年)9月には雄仁法親王などの参拝が確認されている。

村山修験

一方、他の浅間神社界隈(吉田や河口、須走で顕著)では、富士山信仰登山者をもてなし、山へ案内する道者を「御師」といい、御師は神主の資格を持っていました。 つまり、こちらは、神社系の富士山信仰の拠点だったわけです。

この違いが、村山浅間神社の見どころというか特色なわけです。

そんな興法寺が村山浅間神社になるのは明治初年。神仏分離令により、社は村山浅間神社に、堂は興法寺大日堂に、大棟梁権現社は廃止(村山地区の鎮守社として復活)という憂き目に会ってからです。まあ、廃仏毀釈まで行かないで良かった。

いろいろあったのでしょうが、いまも仲良く寄り添って建っています。

長々と書いてきましたが、そんなわけで、この神社・・・社自体は大したことないけど・・・の見どころは、寺院系(修験道)富士山信仰のもの。例えば護摩壇。

護摩は本来は仏教の密教の修法であるので、密教や修験道で行われるが、神道の神社の一部でも護摩が実施される。もともと神仏習合だった権現社や宮が、明治維新の神仏分離(神仏判然令)によって寺院を別の法人として改組した事例も少なくないが、現在でも神社において神職や山伏による護摩祭が続いていることがある。

護摩
説明看板より

聖護院との関係は現在も続いており、7月1日の富士山開山祭では聖護院の修験者が中心となり、村山浅間神社にて護摩焚きを行っている。

村山修験

それから、水垢離場。

これだけ見ると、なんだかよくわかりませんが、7月1日の開山祭ではこうなるそうな。

案内看板より

神や仏に祈願したり神社仏閣に参詣する際に、冷水を被り、自身が犯した大小様々な罪や穢れを洗い落とし、心身を清浄にすることである。

神道でいう禊と同じであるが、仏教では主に修験道を中心に、禊ではなく水垢離などと呼ばれ、行われることがある。(みずごり)、水行(すいぎょう)とも言う。

垢離

同じ行為を、仏教系(修験道)では水垢離、神道系では禊(みそぎ)と言うそうで。使い分けがあるのですなあ。

村山修験は対外的には富士垢離という信仰形態を確立させている。『諸国図絵年中行事大成』によると、富士行者が水辺にて水垢離を行うことにより、富士参詣と同様の意味を持つ行であるという

村山修験