豊臣秀吉の中国大返しについて

本能寺の変で織田信長が亡くなったとき、明智光秀をいち早く倒したのは備中高松城(現在の岡山県)を攻めていた羽柴秀吉だった。3万人を4日間で100キロも動かした「中国大返し」は、なぜ実現できたのか。

「道沿いにエイドステーションを完備していた」秀吉が中国大返しに成功した本当の理由

天下統一をほぼ手中にしていた織田信長が本能寺に倒れ、 紆余曲折の後にその後継者となったのは、当時織田軍の中国地方・方面軍団長であった豊臣秀吉でした。

明智光秀を討つ事で、主役に躍り出ました。 当時、大軍勢を率いていた方面軍団長は、秀吉以外にも各地にいたけど(北陸方面軍団長・柴田勝家や、関東方面軍団長・滝川一益、四国方面軍団長・丹羽長秀など)、なぜ遠方の中国地方にいた秀吉が一番乗りを果たせたのか。それが「中国大返しの謎でした。

播田 安弘「日本史サイエンス (ブルーバックス)」*は、この中国大返しの可能性について、定量的に分析した本です。 そこでは、運動強度(秀吉軍の強行行軍)とエネルギー消費量の関係を求めるメッツ量を算出し、 そのメッツ量を「兵士に供給しなければいけない米量(おにぎり)」に換算するで、兵站面から、「大返しをするためには、事前に相当な準備が必要であった」という結論を得ています。  他にも当時の天候から、雨中での野営の困難さ等の指摘、海上輸送を使った可能性も指摘されています。なるほど。

が、歴史家ではないので、「なぜ秀吉が事前にその準備ができたのか」については、述べられていません。このような説があるよ と紹介はされていますけどね。

歴史家の間では、中国大返しの困難さを理由に、秀吉があらかじめ本能寺の変を予測して準備していたのではないか、ひいては秀吉が光秀に謀反をおこすように仕向けたのではないかという、いわゆる「秀吉黒幕説」も唱えられているようです。

うーん。個人的には、この説はあんまり納得できないんだよね。秀吉の上司(主君)である信長は、情報戦や謀略に長けた、そして猜疑心の強い独裁君主です。

秀吉はちょっと前に軍令違反を許されたばかりでしたし(北陸方面軍の応援を命じられたが、軍令に違反し独断で離脱した重罪もち。中国方面で大いに働き重罪の償いをしているところ)、信長は直前に目立った落ち度のなかった重臣「佐久間信盛」(秀吉より格上)を粛清してます。そんなタイミングで秀吉が「上司への反乱を予測し、その準備をしていた」とか「同僚に反乱をそそのかしていた」なんてことが信長に知れたら・・・((((;゚Д゚)))) ありえないだろ。

中国大返しの実現には、事前準備は必要だろうとは思いましたが、その理由が「反乱を予測していたから」というのは考えにくい。では?と思っていたのですが、標記記事の「織田信長の出陣準備をしてあったから」とする記事を読んで、なるほどね と思いました。てか、なんでいままで、それ気づかなかったんだろう?とも。以下、引き続き抜粋引用します。

私の専門とする「城郭考古学」は城の考古学的な調査・検討を中心に、文字史料や絵図資料も検討する学融合の方法で、城の総合的な理解を目指します。

城郭考古学の視点から中国大返しを考えるのに最初に注目したのは、兵庫県神戸市兵庫区にあった兵庫城でした。

「道沿いにエイドステーションを完備していた」秀吉が中国大返しに成功した本当の理由

  「兵庫城」なんて、聞いたことないですけど・・・

詳しく観察すると、本来あった本丸の出入り口に加え、もうひとつの出入り口をつけ足していたのです。その結果、兵庫城の本丸は出入り口がふたつ並んだ姿になったのでした。
その改修工事を行ったのは、先述したように築城時期からそれほど時代が下らない天正期のことでした。なぜ、わざわざふたつの出入り口を並べるように改修したのでしょうか。
私はこの改修が兵庫城を高貴な人物が宿泊する施設「御座所」にするためで、兵庫城を御座所として入城するはずだった人物は、ずばり織田信長だったと考えています。

本来、城とは防御のためのもの。弱点になりますから、出入り口は必要最小限にとどめるのが鉄則でしょう。 その入口を2つ並べるなんて、特異な使い方をしない限り、確かにありえなさそうです。 その特異とは・・・

室町時代の幕府や管領邸などの高位の武士の館では、館の正面に将軍などの貴人が通るための特別な門「礼門」と、その他の武士たちが通った通用門のふたつの門が並び立ちました。「礼門」は通常は閉めていて、高貴な方をお迎えしたり、館の主が出入りしたりするときに開きました。それが「礼門」を通れる人の権威や身分を象徴したのです。

なるほどねえ。

信長に快適な出陣をしてもらうために、充実した宿泊・休憩・補給ができるポイントを設けることは、信長に出陣を要請した重臣たちにとって必須の業務でした。

まさにこのとき ではありませんが、その前年に、秀吉が配下の武将に、信長の御座所を準備するように と伝えた文書も残っているそうです。

そして、その時織田信長が京都本能寺にいたのは、中国地方への出陣の途中であり、信長を討った光秀も応援軍の先陣として自国領から中国地方に向かう途中だったんですよね。

信長本隊の前後には、光秀指揮下の畿内衆や信忠指揮下の尾張・美濃衆の大軍も進軍していました。信長軍の総数は数万人に達していたはずです。どの部隊も適切な宿泊・休憩・補給が必要でした。

「御座所」は一カ所つくればよいのではなく、信長の一日の行軍距離ごとに整えておく必要がありました。信長が大坂城を出て最前線の備中高松城の包囲陣へ到着するまでの間に、秀吉はいくつもの「御座所」を準備したのです。

兵庫城は、いくつかある御座所の一つであり、秀吉はそれらの御座所群を京都・大阪〜備中高松間に完成させていたとすれば、そして御座所が信長率いる軍団の補給ステーションの役割を果たしていた、とするなら、それを逆方向に使うこともできたわけで・・・

「御座所システム」の通信ネットワークがあって、もともと信長の動座を注視していたため、本能寺の変の情報を秀吉は誰よりも早く、正確に入手できました。光秀の使者が誤って秀吉の陣に密書を届けてしまったという伝説よりも、信長を迎えるために秀吉が構築した通信ネットワークが功を奏したと考える方が、リアリティがあるように思います。


さらに「御座所システム」は、秀吉の中国大返しそのものにも、大きな力を発揮しました。
備中高松城を後にして、わずか四日ほどで姫路までたどり着くには、街道が整備されていることはもちろん、宿泊・休憩・補給のエイドステーションが欠かせません。突然、三万人もの大軍が武器を持って飲まず食わずで陸路を高速移動しつづけるのはとても無理でした。
しかし秀吉にはすべてが揃っていたのです。信長を迎えるために整備した街道を通って駆け抜けられました。信長のためにつくった「御座所」がゆったりとした信長本隊の行軍速度に合わせた適度な間隔で街道沿いにあったので、秀吉軍の全員が快適に宿泊・休憩できました。
「御座所」には信長一行のおもてなし用に食料を集積していたので、秀吉軍の人も馬も十分な食事をとれました。「御座所システム」こそが、秀吉軍が高速で効率よく姫路まで戻ってこられた秘密の理由だったのです。

うん、説得力と根拠がある説だと思うけれど、どうだろう?

*「日本史サイエンス」は、蒙古襲来・秀吉の大返し・戦艦大和の謎に迫る の三部構成で、造船技師が書かれた、エンジニアが「数字」を駆使して謎に迫る、大変おもしろい本です。同書の戦艦大和の謎から「日本の軍艦の致命的な欠陥とは?」をこちらの記事に使わせてもらっています。よかったら御覧ください。

太平洋戦争中、日本の軍艦が次々と沈没していったワケ

刈谷市探訪

依佐美送信所を訪問したついでに、刈谷市も訪れました。

え、刈谷市ねえ。トヨタ系大手企業の城下町で、僕の好きな歴史的目玉史跡があるわけでもなく、そもそもうちから原付で30分、これまで訪問したことなかったんだけど・・・

いま”あいち旅eマネーキャンペーン”という、「愛の愛知県による愛知県民のための旅行割引」が始動してますんで、それを利用して身近な都市の魅力を追求しよう ってことでございます。

んで、刈谷市で一泊して、観光案内所で電動自転車借りて観光してみたところ・・・

このマチは、駅前の一等地が工場等に占拠され、駅前は一方通行が多く、南北連結も高架や地下道で立体化されており、「トヨタ系企業へ通勤するサラリーマンにはいい街だけど、一見さんの観光客には優しくない街だ」というのが感想(笑)。ま、こういうのは行かないとなかなか実感できないものだからして・・・

刈谷市の中南部を撮影した航空写真を見てくだされ。

google mapより

赤枠で囲ったところが刈谷駅です。白く囲われた部分は、トヨタ系大手部品メーカ(自動織機、紡織、アイシン、デンソー、豊田車体等々の本社と工場群。普通の街であれば、駅前は商業地や本社で、郊外に工場群があるもんでしょう。それが駅前を工場が占拠するとな。

豊田自動織機、デンソー、トヨタ紡織、トヨタ車体、アイシン精機、愛知製鋼、ジェイテクト(旧豊田工機)などのトヨタグループの中心企業が軒並み本社、主力工場を構える。

wiki刈谷市

もちろん、企業城下町と言われるところでは、そういう立地も珍しくないのですが、流石にこれだけ集中してると度を越してますな。逆に言えば、そこに、刈谷という街の成り立ち、というか歴史を紐解く鍵がありそうです。

まず地理的な特徴を述べると、西側に川が流れています(写真中央やや左より、南北に流れている2つの川)、古くはこれらの川を含んだ低地は「衣が浦(ころもがうら)」という入り江でした。現在でも写真の南側で2つの川が合流し、「衣浦(きぬうら)湾」となります。 写真にも、「刈谷市立衣浦小」って表示がありますな。

ちなみに西側の川を「境川」と言いまして、その名の通り、この川を挟んで西側が「尾張国」東側が「三河国」の国境となっていたのです。尾張国側の東浦町ですが、ここは知多半島の付け根に当たっています。そういう位置関係です。

んで、三河国側は川に面して僅かな平地(元衣が浦)を置いて台地が続き、刈谷市の大半はこの台地上にあります。台地の土は瓦に適した良質の粘土(西三河の特産である三州瓦の原料)ですから、地盤は良好です。 

地盤の良好さも、依佐美送信所(写真では右下の「フローラルガーデン依佐美」の位置)やトヨタ系企業の本社や工場が置かれるようになった要因の一つでしょう。

歴史的に言えば、刈谷の街は、戦国時代に「水野氏*」によって河岸段丘と衣が浦を利用した刈谷城が築城され、以来城下町として栄えてきました。衣浦小近くの神社記号は「本刈谷神社」、寺記号は水野氏の菩提寺「楞厳寺(りょうごんじ)」です。城下町は城からこの辺りにかけて広がっており、今の刈谷駅とは随分離れています。これは駅前工場立地の大事な要因だな(そして、駅からレンタサイクルの観光客には優しくない話・・・)。

刈谷城ジオラマ(刈谷市歴史博物館) 上側が城下町に 下側が衣が浦に面します。
本刈谷神社

本刈谷神社の境内は、県指定の貝塚(縄文遺跡)です。内湾に面した台地は縄文人が暮らしやすい良い土地だったのでしょう。

楞厳寺 なかなか立派なお寺です。水野氏も眠る墓地を売り出してました。おひとついかがです?

明治時代に入り1888年、町から大きく外れた郊外に東海道本線と刈谷駅が設置されます。その頃の地図がこちら(1890年)。

城下町付近は人家が密集していますけど、できたばかりの刈谷駅前は、街道沿いに家があるくらい・・・駅前の広大な土地も、安く手に入るんじゃ?そのわりに、刈谷駅から大都会である名古屋までは、当時の電車で30分ほどと、交通の利便性は悪くないようです。

さらに1915年、刈谷を含む碧海郡役所のある知立、三州瓦の生産地である高浜、出荷港である大浜を結ぶ三河鉄道(今の名鉄三河線)も開通。刈谷駅は国鉄と三河鉄道の結束駅になります。もう交通の要所だわ。

さらーに1919年、刈谷に愛知県立第八中学校(現在の刈谷高校)が開校。交通の要所恐るべし。これでサラリーマン家庭で重視されるであろう、子息の教育環境もバッチリ!

かくて1923年。当時の刈谷町は駅近に豊田紡織を誘致。敷地10万坪という土地を、格安で提供したそうです。すると誘致された試験工場で研究中の「自動織機」が完成し、1925年豊田自動織機製作所創設。 

以下は御存知の通り。豊田は自動車に進出し、自動車本体はさらに安く広い土地を求めて豊田市へ出てしまうのですが、製鋼部、工機部そして電装部等は刈谷で分社化し、今に至ってるわけ。 

なるほど、駅前がトヨタ系の工場・本社に占拠されているわけですなあ。ま、悪いことばかりじゃなく、駅前の施設や体育館、市立歴史博物館等の建物を見ると、(法人税のおかげで)刈谷市の財政は豊かだな ということがよく分かります。ま、それを「ハコモノ行政」と言うわけですが。 

*長い余談。戦国時代の三河の国の豪族たちは、西(尾張)の織田氏につくか、東(遠江・駿河)の今川氏につくか、の選択に迫られていました。要するに三河は両雄の草刈場だったわけ。時の当主・水野忠政は今川につくことに決め、同じ三河の豪族で今川方の松平家に娘を嫁に出します。娘の名は於大(おだい) 。松平氏の夫との間に生まれたのが竹千代(徳川家康)です。

が、忠政が死んであとを継いだ息子信元は、織田につくと変更したため、於大は松平家から離縁され刈谷に戻りました。のち、知多半島の豪族・久松家に再嫁します。久松家の城は現在の阿久比町にありましたから、刈谷市と東浦町を挟んで隣という位置関係。

その後色々あるんですが、水野家も久松家も大名家として存続します。 久松家は家康の異父弟が家を継いだので、「松平」の名字を与えられ、久松松平家と呼ばれることになります。

いきなりですが、江戸時代の三大改革ってご存知でしょうか。三度の幕政大改革のことで、享保の改革、寛政の改革、天保の改革を指します。

享保の改革を行ったのは、八代将軍の徳川吉宗です。寛政の改革を行った松平定信は吉宗の孫。御三卿(将軍の家族)田安家の出身で、久松松平家に養子に入りました。天保の改革を行った水野忠邦は、刈谷にいた水野家の末裔。ちょっと於大つながりで面白かったから、ご紹介しました。

参考文献 松岡敬二編「古地図で楽しむ三河」風媒社、三河教育研究会社会科部会「社会科郷土資料」非売品・昭和38年