比叡山に、特攻施設があったそうな

夏に訪問したので、記事に「比叡山」という言葉が出てくると注目してしまいます。今回注目した記事はこちら。先の戦争で特攻兵だった方のインタビュー記事です。

戦局が悪化した太平洋戦争末期、日本軍は無謀な作戦を敢行した。その一つが、大型爆弾に翼と操縦席を付けた「桜花」と呼ばれる兵器による特攻だ。10代半ばの若さで隊員となった横浜市の浅野昭典さん(93)。そもそも生還を想定していない“人間爆弾”で出撃していく仲間を何人も見送った。
・・・
(1945年)7月に入ると燃料が不足し、代用となる「松根油」をつくるために松の根を掘る任務が新たに加わった。その後、間もなく始まるといわれた「本土決戦」に備え、滋賀県の比叡山へと移動した。山頂近くに設置されたカタパルト(射出機)から桜花を発射する作戦の準備が進められていた。詳しい説明はなかったが、大阪湾に来る敵艦を攻撃するんだと覚悟を決め、出撃命令を待っ

絶対に生還できない兵器、人間爆弾「桜花」の乗組員だった93歳 「死を覚悟した仲間たちの笑顔が頭から離れない」

「桜花」というのは日本軍が開発した「専門に開発され実用化された航空特攻兵器としては世界唯一」の自国の若人を殺す棺桶。 アメリカ軍に付けられたコードネームは「Baka Bomb」

桜花はロケットエンジンの加速と落下エネルギーを利用して高速度で敵艦に突っ込む「有人誘導ミサイル」なのですが、ロケットエンジンが30秒くらいしか起動しないのです。だから、単独で長距離を飛ぶことはできず、  桜花の特攻攻撃は一式陸攻という母機に吊るされ、敵艦に近づいたところで切り離し出撃する短距離攻撃兵器。

実戦では、一式陸攻には「重すぎる吊り下げ兵器」だったため動きが緩慢になり、ほとんどの一式陸攻が桜花共々、迎撃の米軍機に撃墜されたのだけれど。

救いようのない話なんですが、兵器マニア?の僕としては、そんなものを内陸にある標高850mの比叡山頂から発射して、大阪湾まで届いたんだろうか?というしょうもないもの。

 比叡山から大阪湾までは、直線距離で40km以上あります。(ただし、地図をみて気がついたのですが、大阪湾、伊勢湾、若狭湾までほぼ同距離で、どの方向にも出撃しやすい立地ではあります。ま、計画止まりだったけれど、この機のエンジンと貧配合の燃料で、間に横たわる山脈を越え、海やその先に浮かぶ敵艦まで飛べたのか疑問ですが。)

調べてみると、実際に作られたのは燃焼時間の短いロケットエンジンの11型だけだったのですが、比叡山を含む陸上基地から発進できるよう、モータジェットエンジンを搭載し航続距離を伸ばした43型乙など、大量の改良型も開発中だったそうです。特攻機の改良に時間をかけるくらいなら、防空戦闘機でも作ればいいのに・・・

一一型では母機からの切り離し後に固体燃料ロケットを作動させて加速、ロケットの停止後は加速の勢いで滑空して敵の防空網を突破、敵艦に体当たりを行うよう設計されていたが、航続距離が短く母機を目標に接近させなくてはならないため犠牲が大きく、二二型以降ではモータージェットでの巡航に設計が変更されている。日本海軍では本土決戦への有力な兵器と見なし、陸上基地からカタパルトで発進させることができる四三乙型などの大量配備を図ろうとしていた。
終戦までに11型が製造され755機生産された。桜花で55名が特攻して戦死した。

・・・桜花43乙型発射基地の内で、先に完成したのは比叡山であり、次いで武山の基地が完成した。武山ではカタパルトからの桜花の射出実験も行われ成功している。その後、43乙型の実戦部隊である第725航空隊が編成されたが、出撃することなく終戦を迎えた。

wiki

比叡山には基地ができていたようですが、肝心の兵器は「大量生産予定」だったそうで、順序逆じゃね?と突っ込みたくなります。。当時の日本で、モータジェットエンジンを含む兵器がまともに生産できたとはとても思えないし、仮にできたとしても、特攻隊員にまで松根油掘りに動員する極度の燃料不足の中で、どうやって出撃に必要な燃料を調達するつもりだったんだろうね・・・

松根油(しょうこんゆ)は、マツの伐根(切り株)を乾溜することで得られる油状液体である。広義にはテレビン油の一種であるため、松根テレビン油と呼ばれることもある。太平洋戦争中の日本では航空用ガソリン(航空揮発油)の代替物としての利用が試みられたが、非常に労力が掛かり収率も悪いため実用化には至らなかった。
・・・1945年6-8月頃、北京市の南苑飛行場にあった第5航空軍の第28教育飛行隊では、飛行機の燃料が不足して2,3日に1度の発着をすることしかできなくなっていたため、日本から送られてきた松根油を混ぜた燃料を積んで試験飛行を行い、傾斜角度をつけて旋回したり、垂直旋回したりしたところ、エンジンが詰まり、プロペラが止まったため、部隊長らは相談して「松根油を使うときは、傾斜15度以上の急旋回はすべからず」という珍命令を出した。第28教育飛行隊の操縦者だった高田英夫は、それでは旅客機並みの機体操作しかできず、戦闘機がおとなしい旋回をしていたらたちまち撃ち落とされてしまうと考え、命令を聞いて情けないやら、くやしいやらで腹が立ってきた、と回想している。

・・・米国戦略爆撃調査団およびシャウプ使節団のメンバーとして来日したことのあるジェローム・B・コーヘンによると、進駐軍が松根油をジープの燃料として試験的に用いてみたところ、数日でエンジンが止まって使い物にならなくなった。

wiki

やることが支離滅裂というか、これが敗戦直前の末期的症状だといえば、そのとおりなんでしょうけど、いろいろやりきれない話です。

ちなみに、比叡山にあった基地?の痕跡は一切残っておらず、写真は残っているようですが、どこに建設されていたかもはっきりしていないようです。  実際に実地調査された方の記事です。

比叡山に桜花基地が作られた経緯は”本土決戦と滋賀”に詳しい。1945年の5月に工事発令、ケーブルカーを資材と桜花の運搬用に接収して5月から6月にかけて基礎工事、7月に滑走路のコンクリートとカタパルトのレールが設置されたらしい。工事の完了は8月15日となっていて、引渡し前日には発射用の台車の運用試験も成功していたようだ。機密保護のため工事は滋賀海軍航空隊によって行われ、近接する延暦寺にも知らされず山門を出ることも許されたかったそうだ。
したがって当時の様子を示す資料はほとんどないのだが、その著書にカタパルトの位置を推測した地図があったので、これを頼りに山中に入って痕跡を探してみた。写真の地図に加筆したオレンジの矢印がそのルート。延暦寺の東塔エリアの登山道から山林に入りカタパルトのあった場所を探す。

比叡山の桜花      ミカンセーキ

髭切太刀と西尾御劔八幡宮

 ☆「御劔」が正しいのですが、めんどくさいので「御剣」と描きます。

現在、京都は北野天満宮で「鬼切丸 別名髭切」という太刀(重要文化財)の特別展示が行われています。

北野天満宮と大覚寺の歴史を繙く特別展の第3弾。源氏の重宝として伝来した兄弟刀《鬼切丸 別名髭切》と《薄緑 別名膝丸》の伝説(両刀は源氏の棟梁源頼朝とその弟義経により所持されていたと伝わります)と激動の近代における守り伝えられてきた歴史に関して繙きます。
両社寺同時開催となりますので合わせてお楽しみいただけましたら幸いです。
なおこの度の特別展は「第47回京の夏の旅」共催企画です。 開催日 令和4年7月9日(土)~9月12日(月)

北野天満宮×大覚寺 特別展 第3弾 両社寺の歴史と兄弟刀「永遠に継ぐ源氏の重宝」

僕自身は、刀剣そのものには興味ないのですが、歴史的事物としての髭切太刀には興味があります。この刀は、平安時代に源満仲という人が作らせ、以降源氏の嫡流に代々伝えられてきた刀です。

髭切(ひげきり)は源家重代の刀として伝えられる日本刀。軍記物語など説話に登場する。髭切に仮託される実在の日本刀としては、京都府京都市の北野天満宮所有の重要文化財『太刀銘安綱(鬼切)』(伯耆国安綱作)などがある。

wiki

鎌倉幕府を開いた源頼朝までは伝えられて来たようなのですが、その後の行方は諸説あります。 僕がネットで検索した中で、1番まとまっているのが、  名刀幻想辞典さんの記事です。興味あったらそちらを詳しく読んでください。   

蛇足ですが、平治の乱で源氏が平氏に破れ、一時この刀の所有が源氏(若い頃の頼朝)から平氏(平清盛)に変わったことがあります。  源氏重代の刀が平氏に渡るという、源氏凋落の象徴的シーンとして、過去の大河ドラマでも取り上げられましたね。(例えば、捕縛された若き日の頼朝が、清盛に髭切の太刀の行方を問われるなど)

ここまでが、その長い前置きなのですが、この髭切の太刀が西尾にあった  とする説があります。  西尾城本丸跡に、現在も御剣八幡宮という小さな神社があるのですが、そこに伝わったそうな。

”承久の乱で戦功をあげた足利義氏が三河国守護に任じられたとき、当地に西条(西尾)城を築城するにあたり、城内鎮護の神として本丸に移築され、源家相伝の髭切丸が奉納されたことから御剣八幡宮と称されるようになった。  歴代城主の崇敬が厚く・・・”

源家棟梁ノ御相伝ノ宝并(ならびに)髭切友切竜丸ノ刀等  西尾城ノ本丸篭置玉イ(とめおきたまい)」      今川記 「今川家譜」    

頼朝公三代にて御末のなかりし後  源氏棟梁嫡々に相伝の御宝物とも二位殿よりも此の義氏へ給わりける  今川記 「伝記上」

西尾市史より引用

二位殿というのは、尼将軍と呼ばれた北条政子(頼朝の正妻)です。

さて、源氏重代の宝刀である髭切が、足利義氏の手で西尾に奉納された可能性はあるんでしょうか?  

肯定的要素

①足利義氏は吉良氏の祖に当たる人です。足利氏は源氏の一族であり、なかでも義氏は源頼朝・北条政子の甥に当たる親しい存在。かつ承久の乱で幕府軍の主力である東海道方面軍を率いる五将の一人と、北条氏の信頼も厚い武将でした。

山川出版社の愛知県の歴史の記述によりますと、”足利氏は源氏嫡流が実朝で途絶えたのち、もっとも嫡流に近い家柄の一つ”とされています。源氏嫡流の実朝亡き後、征夷大将軍は京都から呼んだお飾り(四代目は九条頼経・一応源氏の遠縁に当たる)になりますから、その前に北条政子が、甥っ子に「この刀はお前が持ってな」と渡してくれた  可能性はあるかも。

②奉納された御剣八幡宮なのですけど、西尾城の本丸という要の位置に鎮座していること。  西尾城本丸は、櫓が4つと門が2つ、あとはこの神社しかなく、城の構成要素としてもっとも大切であるはずの天守閣と城主居館が二の丸にあるという変則的な造りです。つまり本丸は「神域」になっているのです。    武家である歴代城主が、いかにこの神社を重視していたか。それはやはり「御剣」のためだったのではないかと。

西尾城郭立体図(部分)        西尾城  西尾藩  より

今でも、神社の奥に櫓(復元)が位置しています。

否定的要素

①その後執権となる北条氏の基本政策は、北条氏以外の有力御家人(特に源氏一族)に権力を持たせないようにすることでした。歴史を見れば、有力御家人は軒並み粛清されていますよね。そんななか、源氏嫡流に近い足利氏に、源氏重代の宝剣を渡す(正当性を高める行為となる)かなあ?  もっとも、足利氏は北条氏と縁戚関係を結び、その子を跡継ぎにすることで、巧みに生き残った家ではありますが。

②髭切と伝わる、北野天満宮の太刀との関連性が見えません。  もっとも、北野天満宮の太刀も、銘が偽装?とかあって、髭切の太刀じゃない可能性も結構ありそうですねえ。本物の髭切丸なら、歴史的経緯からも国宝指定されても良さそうなものですし。

鬼切丸(おにきりまる)は、源家相伝の日本刀。鬼切安綱(おにきりやすつな)とも。所蔵する北野天満宮では、2017年頃より鬼切丸 別名 髭切としている。
・・・鬼切安綱の銘は、本来は安綱銘であるが国綱銘へと改竄されているとされていたが、現在は安綱銘も安綱以外が入れた後の追刻ではないかと考えられている。

鬼切丸

③西尾城にいた武士は、武士だけに名刀には目がないと思うんだけど、その記録って残っていない?  これは僕の不勉強なんですけど、武士だったら名刀ばひと目見たいし、見たら記録しそうな気がするんですけど・・・

④なにより、肝心の髭切が、現状御剣八幡宮には存在しない  と思われること。神社にあれば鑑定すればいいんだもの  

現状、神社に刀があるかないか、公式記録はありません(一般客がもっとも知りたいことだと思うんだけど)。でも解説文に「本殿・拝殿・渡殿と石灯籠・陶製狛犬は西尾市の指定文化財」と書かれ、刀剣に言及されていないことから多分確実でしょう。先の幻想辞典では明治期に盗まれたと書かれています。

髭切の方は明治24年(1891年)~25年頃までは確かにあり古備前刀のようであったと言うが、その後盗難に遭い、大正には剣八幡宮から失われていた。

僕も昔、何かの本で「盗まれた」と読んだように思うのですが・・・出典は探し出せていません・・・。

いずれにせよ、神社に刀がありませんので、真相はわからないですね。それでも、状況から考えて、 髭切かどうかは別として、それなりの名刀がこの神社に伝わっていたと考えてもいいようには思うのですが、さて・・・

☆小学生の頃、劔の式剣道大会ってのがあって、たしかこの八幡宮の前で屋外試合やってたようにと思うんだけど、「実はここに剣はないのです」とか言われたら、少し凹んでただろうなぁ・・・