ミキサーを使ってそばの実をそば粉に (たくさんはできませんが)

結論。ミキサーと目の細かいふるいがあれば、何とかなるぞ!

以下、主文。

畑で蕎麦を収穫しました。 多くを望まなければ、蕎麦は種を蒔いて捨てておけば、そこそこ実が成るのです。 雑草もある程度抑制できますし、ぐーたら農業にはいいよ!

畑にある状態から、なんとか蕎麦の実だけ抽出(米で言う脱穀した状態・籾【モミ】)にしました!やり方は下の方に書いたんで、興味ある人はどーぞ。

で、そこからどうやって籾摺り(皮を剥く)してそば粉にするんだろ?

ある程度の量があれば、蕎麦屋さんに近くの製粉所の在処を聞けばいいんだろうけど、お試し少量だしな・・・石臼なんてないし・・・擂り粉木じゃ大変そうだし・・・

調べたら、ミキサーでやれる って情報があったので、実際やってみました。いやー、出来たけど手間はかかるよ。

蕎麦の実から蕎麦粉を作る方法

用意するもの

  • ミキサー
  • 目の細かいふるい(ケーキ作りの時に粉を裏ごしする、出来るだけ細かいやつ)
  • あったほうがよいもの みそこし

乾いた蕎麦の実をミキサーに入れて、スイッチ・オン! 100gで30秒〜1分 くらいじゃね?ってことだったので、僕は45秒やりました。まあこれくらいで一回やってみて、うまく行かないようならもう少し長くやってみてくださいな。

ミキサーって、水分なしで回すとヤバいんじゃね?と思ったけど、ちゃんと回りました。いろいろ粉砕して、カスと白い粉が出来ましたよ。あとはこれらをひたすらふるいにかけて分別すればよろしい。

最初の数回は、みそこしくらいの少し荒い目でやると効率が良いかもしれません。そのあと、裏ごし用のふるいで頑張りましょう。 殻も蕎麦粉と似通ったサイズですので、ふるい全体を手で揺らして大きな振動を与えると、両者の分離が難しくなります。写真の左のふるいは、ふるいの上に「の」の形をした道具が付いてて、これで静かに粉を「ふるう」ことができますんで、こういう奴を使うと良いと思います。

で、完成!

粉もう少し殻の量は減らせたと思うけど、段々ふるうの面倒になっちゃってさ、歩留まり50%くらいになっちゃったよ、これ。

んでもまあ、蕎麦粉ができたので、試食!・・・「ペッペッ」

自分、砂粒やら小枝はしっかりとったんだけど、蕎麦の実それ自体を洗うの忘れてた・・・砂が一杯入ってて食えないよ、これ。まあ蕎麦の匂いと味はするけどな。

警告! 食べられるそば粉を得るためには、蕎麦の実をしっかり洗って、それをよく乾かしてから、ミキサーに投入しましょう。とほほ。

 

参考までに

蕎麦の実だけを抽出する方法

  1. 刈る  実った蕎麦を稲みたいに手刈りする。
  2. 干す  刈った蕎麦をブルーシートの上で太陽に当てて、よく乾かす
  3. 叩く  叩いて茎から蕎麦の実をブルーシートに落とす。茎は捨てる
  4. 選別する 実と小さな枝をひたすら選別する。 目で見て、手で枝とか異物を取り除く方法は確実ですが、ひたすらメンドクサイ。風の吹く日に外で、実と小枝混合体を上の容器から下の容器に落としてあげましょう。ちょっとコツが必要ですが、中身の詰まった実は下に、乾いて軽い枝は少し離れたところに落ちるので、その差を利用してより分けます。
  5. 4.の選別を繰り返して、実だけにします。 来年の種にするならこれで良いのですが、食用にする分は実を洗ってしっかり乾かしておきます。

 

天高く馬肥ゆる秋

この時期の清んだ青空天気を見ると、ついそんな言葉が思い浮かびます。

が、なぜ肥えるのが「馬」なんでしょう?

歴史的に見て、日本で馬はそれほどなじみのある家畜ではありません。もちろん「騎馬武者」という言葉はありますが、馬は身分の高い武士が乗る高級車です。そもそも江戸時代の武士階級は人口の10%程度しかおりません。

農民が農耕に使うなら「牛」ですし、食用なら「鶏」「鴨」「鹿」「兎」のほうがなじみがあるんじゃないですかねえ?

「馬肥ゆる秋」について

この言葉の語源は中国北部にあったようです。

匈奴至秋、馬肥弓勁    漢書匈奴伝より

匈奴は秋になると、馬が肥え弓をぴんと張り詰める って感じの訳でしょうか。

少し解説。 漢書ってのは、中国の「漢王朝(前漢)」の歴史を記した書です。その匈奴について書かれた部分ってことね。 「魏志・倭人伝」みたいなもんす。

匈奴(キョウド)ってのは、漢民族の住む中原の北方草原にいた遊牧騎馬民族です。農耕民族である漢民族にとって、秋は農作物が取れる大事な時期。そのタイミングに匈奴が強制交易というかぶっちゃけ略奪にやってくるのでございます。

もちろん漢民族としては抵抗したいのだけれど、匈奴はめちゃくちゃ強くてかなう相手じゃなかったんです。なにせ漢帝国の初代皇帝(高祖)劉邦が匈奴討伐に行ってあっさり負けちゃうくらい。んで、匈奴の王様の愛姫に賄賂を送って口添えしてもらいなんとか逃げたっていう力関係。もうなんともならんす。

一応劉邦は、中国国内においては、宿敵項羽と争い、国を統一した英雄なんですが(項羽と劉邦)。

そのこわーい匈奴達の馬が肥え、弓をぴんと張り詰める秋 って、実は恐ろしい警告だったわけですな。 「避難指示!ただしどこへ逃げたら安全か分かんね」と。

「天高く」について

明確には分からなかったのですが・・・

劉邦が匈奴と戦ったのが平城っていう所で、今の山西省大同市。位置的には北京の西で、ほぼ同緯度です。 んで、どうも北京の秋の空はやっぱりすごく高いらしい。

中国国際放送局 日本人スタッフのつぶやき100 「北京の空」
4年前の秋、ふとベランダに出るととても美しい夕日の光景に出会い、すぐさまカメラを取りに行ってシャッターを押したのがこの写真です。この時、北京の秋の空はなんて高いのだろうと感動したのを覚えています。

んで、「天高く馬肥ゆる秋」が生まれた。

その後漢帝国は徐々に力を蓄え、七代皇帝武帝の時代、ようやく匈奴に貢物を送る属国扱いの地位を脱することができました。それ以降、「空は澄み渡って晴れ、馬が食欲を増し、肥えてたくましくなる秋」みたいな好ましい意味に転じたんじゃないかな。んで、それがどんぶらこ と日本に伝来した と。

日本の気候もちょうど秋に高温多湿の太平洋高気圧から、低温低湿の大陸高気圧の支配を受けるよう変わるころですから、「天高く」も当てはまったのでしょう。たぶん。

何はともあれ、肥ゆる秋 でございます。

でっかい栗を貰いました。これの皮を剥いて(これが大変である)

栗ごはーん。たまらんですなあ。何せコメ代だけで腹いっぱいになります。豚肥ゆる秋でもあります。