野間大坊(1)

先日所用がありまして、知多半島に行きました。野間という場所に通称「野間大坊」と呼ばれる有名なお寺がございます。

ほんどう

正式名称は「鶴林山無量寿院大御堂寺(真言宗豊山派)」 なんで有名かと言うと、源義朝のお墓があるからです。

義朝のお墓

源義朝(みなもとのよしとも)は、鎌倉幕府を開いた源頼朝(みなもとのよりとも)のお父さんです。平安時代末期に、平清盛が権力を握るきっかけとなった「保元・平治の乱」この平治の乱で源義朝は清盛と対立、この戦に敗れ都を落ち延びる道中、ここで家人に裏切られ謀殺されたのです。

お墓の周りに木刀が奉納されているんですが、湯殿で入浴中欺し討たれた義朝が「我れに木太刀の一本なりともあれば」と叫んだとされているからです。 

が僕はこの話、よくできたフィクションじゃないかと思うですよ。この時代の武士に大事なのは「一所懸命」です。つまり地方の開発領主として先祖から受け継いだ土地を、命をかけて最後まで守り抜き、それを子孫に引き継ぐことこそ当時の武士の本分だったのです(「一生懸命」の語源)。 だから主筋とはいえ、権力争いに敗れた落ち目の主君を匿うことと、裏切っても手柄を立て勝者に所領安堵を願うこと、どちらが地方武士として大事なのかなんて、都で権力闘争をしてきた義朝に分からないはずありません。だから落ち延びた先で身近に刀がない なんてありえなくね?まあ謀殺は確かだったのでしょうが、風呂は大人の事情で「そういう話に」 ってことじゃないのかなぁ・・・

ともあれ、義朝さんのお墓の隣にもいくつかお墓や碑があります。 義朝さん関係者以外のビックネームとして・・・織田信孝のお墓があるんです!あまり知られてないけど。

京で明智光秀により織田信長と長男の織田信忠は打ち取られ、明智光秀も羽柴秀吉に討ち取られました。 秀吉は織田信忠の息子三法師(信長の嫡孫)を担ぎ上げ、天下人の地位へ進んでいきます。それを良しとしないのが、柴田勝家や信長の三男、織田信孝でした。彼らは反秀吉連合を組んで秀吉と戦い、そして負けてしまいます。

秀吉は柴田勝家を破り自害させるんですが、信孝は主筋に当たるんで厄介な相手です。そこで取り込んでおいた信長の次男信雄に、岐阜城にいた信孝を攻めさせ開城させます。城を出た信孝は、ここ大御堂寺の安養院で信雄の命により自害させられます。だからここに彼のお墓があるのです。

ちなみに安養院という当時の塔頭?は、現在も存在しています。時間なくて100m、行けなかったんだけど。

※信雄君はその後徳川家康と組んで秀吉と対立。敗れても許され、改易されても出家して命は救われ、最終的には徳川家康によって大名に取り立てられます(大和宇陀藩)。

野間大坊外の看板

こういう人たちのお墓があるんで、野間大坊には頼朝が造営させたという大門や、鎌倉幕府5代将軍・藤原頼嗣の寄進による梵鐘などが現存しています。梵鐘には建長2年(1250年)の銘があり、国の重要文化財に指定されているそうな。さらに後の世では豊臣秀吉や徳川家康の庇護を受けたそうです。

伝頼朝が造営させた大門

補足:門の前、両脇に置かれているのはたぶん国歌にある「さざれ石」です。

重文の梵鐘・・・が収められた鐘楼

境内とその周りを巡っているとこんなものも発見。良い子は見ちゃいけません!

寺と直接の関係があるというより、古くからある生殖器崇拝でしょうね。まあ真言宗なのでそのあたりはわりとおおらかなんでしょうか?(小屋に張られた神様が、不動明王と愛染明王だと面白かったんだけど、不動明王と弁財天でした)

もう一個面白いものを見つけたのですが、長くなりそうなので次の記事に回します。お寺と直接は関係ないネタです。

自然観察指導員講習会

に行ってきました。1泊二日の研修で、終了すると日本自然保護協会※の「自然観察指導員」になれるのです。かかる費用は21,000円。しかも資格を維持するには年会費6300円が必要(笑)。

僕はそれだけの費用を支払ってまで、指導員になりたいと思うほど「お好き」でもないのですが、職場から「行って来なさい」って言われた口で・・・まあ、興味ない わけじゃないけど。

これだけの費用をかけて、仕事に直結するわけでもない資格を取りに来る人はそんなにいないんじゃないかな?って思っていたのですが、なんと参加者60名。東京で受講したかったけど、そっちが定員いっぱいでこちらに流れてきた っていう人もいてびっくり。

会場は愛知県内の某少年自然の家。研修費用を抑え、自然観察をできる会場としての選定でしょうが、二日間に渡る軍隊生活のはじまり〜。

日程はこんな感じ。

1日目は9:30集合。食事や入浴を除いて実習や講義、交流会やらで22時まで拘束あり。2日目は9時から実習がスタートし15時半まで。うち5分の自然観察会実習を含む。その後16時半解散というハードスケジュールです。 朝も任意の自然観察会が6:30からあり、 実習前に朝食、部屋の掃除、チェックアウトと盛りだくさん。 うへー。

講義 最初の講義は「自然の保護〜生物多様性の保全と私たちのくらし〜」となってるんですけど、実態は「物理学者の見た生物」って感じ。「生きている生物は、低エントロピーの物質を体内に吸収し、高エントロピーの物質を体外に排出することで個体を低エントロピーの状態に維持している」っていうことを比較的易しく?説明してくれます。けど、受講生はいきもの大好き!なおじさん、おばさんですから「ほぇ?」って感じでした。

僕は個々のいきものというより「システム」好きなんで、「低エントロピー状態を維持するのが生物」という言葉の意味は分かったんですけど、 (昔の偉い物理学者が提唱している概念で、1951年に翻訳が出てます。.E.シュレディンガー「生命とは何か」岩波新書)そういう概念を持ち出してきて、だから何?何を言いたいの?」って思って「 ほぇ? 」って。 うーん、講義タイトルと繋がっておらず、この場ではそぐわないと思う・・・とか考えてたので、眠くはならなかった(笑)。

あとの講義はおおむねタイトル通りかな。でも少し眠かった。

実習 暑かったけど、楽しい。自然観察会というと「この植物の名前は××」の羅列みたいなのが多くて、名前を覚える気のない僕はすぐ飽きちゃうんだけど、ここではそうではなく、五感を使った体験とか疑問を持とう みたいな実習を重視してるんでね。まあ体験してみてください。

実習の最後に、これまでの経験と、講義・実習の成果を生かして各自5分間の自然観察会実習をやります。 自分のネタを考えるのが大変なんだけど、同じグループの人たちの切り口が新鮮で、これが一番面白かったですね。 僕が属したグループのネタをあげてみると・・・

「森で聞こえるセミの鳴き声と季節感」「アカメガシワの葉(葉から蜜が出ている)とアリの共生を考える」「自生三つ葉の生態を知る」「ツユクサの不思議」「森で音を拾い、自分も音を出してその一員に参加しよう」 てな感じでした。知識がある人はそれを使うし、なくても切り口が面白い講習でした。

交流会 遠くから来ている人もいましたね。長野県、富山県・・・個々の生物にマニアック的に(失礼)こだわりを持つ人も多かったですし、子供の野外活動から自然観察に対象を広げたいという人、もうプロなのになんでいまさらこんな趣味講座に参加してんの? っていう人まで。あたしはもっぱら聞き役ですね。

生活 「入室後ベットメーキングを行い、使用したシーツや毛布は、施設の名前が入っている部分が上になるようにして、長辺を〇回折り、毛布は折り目を下方にベットに置く。シーツはリネン室に持っていくこと」「部屋はチェックアウト前に全員で清掃し、「来た時より美しく」すること。ベットの下もちゃんと掃除しろ」「入浴したら、使った洗面器と風呂椅子は、入り口わきに整頓して置くこと」

病院もびっくり!驚異の10人部屋。

いやー、久しぶりの軍隊生活でした。その上脱走しても、丘を下りた徒歩圏内にコンビニなんて無いっすから。朝の自然観察会をサボって惰眠をむさぼろうとした僕ですが、6:30に「起床時間です!朝の集いやるから集合してください」と 大音量での館内放送がかかって二度寝不可能。軍隊おそるべし。 宿泊してた中学生は、暑い中、朝からお外で旗掲揚、ラジオ体操、集会やらされてて大変そう。 

講師の人たちが「今回はみんな優秀だね、時間の10分前に集合だよ。さすが管理教育の愛知県だね、あははー」って。よく分かりますよ。ちなみに「任意の」早朝自然観察会をサボった人はほとんどいなかったですね。その後の実習に有益かもしれないんですが、朝食後暑い外でずっと実習なのに、皆さま体力大丈夫なんでしょうか・・・そんな軟弱者は、軍隊には不要だ!!

食事は・・・まずくもなく、旨くもなく。値段を考えると文句は言えないす。ただ海辺にしては米が旨かったな。

てなことで、がっつりやって帰って来ました。久しぶりにかなり疲れたよう。お仕事してた方が楽かもしれないす(マジで)

※日本自然保護協会・・・昔々、尾瀬にダムを造ろうっていう東京電力の計画に、「尾瀬を守ろう」って生物学者や登山家を中心に結成された尾瀬保存期成同盟が前身です。国際自然保護連合(IUCN)に加入してる日本の団体は、環境省を含め18あるんですが、その一つであり、日本委員会の事務局もつとめている名門です。その筋では。 指導員になると同時に、協会の会員にもなるのです。