三河湾でハマグリ増えるかな?

親戚から、ハマグリをもらいました。 この方、地元のさかな市場に毎週出かけ、お値打ちものがあると我が家にも届けていただけるのです。 ありがたやありがたや。

その時もらったのが地元産ハマグリです。ついでに一言。 「最近、よく市場で地元産のハマグリを見るんだけど?」と。 そう言った親戚と僕は顔を見合わせました。地元である三河湾は、アサリの産地としてとても有名なんですけど、地元にいても、ハマグリが大量に取れる(お値打ち品)という認識はなかったからです。

「ワシが子供の頃、アサリを採りに潮干狩りに行くと、アサリに混じってバカ貝やハマグリが混じってたことはあるから、昔からハマグリも三河湾にはいたんだけど、大量に取れるって聞いたことないなあ」

平成14年に全国で獲れたあさりの漁獲量は34,494トンでした。
うち愛知県の漁獲量は10,488トンで、都道府県別のランキングでは、千葉県を抑え日本一に輝きました。
西三河地域の漁獲量は6,239トンでした。これは、全国で獲れたあさり5袋のうち1袋は西三河産という計算になります。

幡豆漁業共同組合

 ただし近年では、三河産のアサリは資源量の減少と貝毒の発生により、壊滅的被害を受けています。

ちょっと調べてみると、最近は西尾近辺の三河湾でも、ハマグリが取れるようになっているようなのです。

西尾観光 > 潮干狩りを楽しもう!

一色海岸・・・アサリ資源は回復傾向にありますが、未だ海の栄養不足によりアサリ等貝類は小ぶりですのでご容赦ください。ハマグリやバカ貝・かがみ貝等様々な種類の貝類がとれます。

衣浦海岸・・・当潮干狩り場は、あさり資源の減少につき、はまぐりが主体です。全国でも有数の広い干潟!

西尾市観光協会

栄養不足が原因なのかな?とすると、ハマグリが増えているなら、説明がつかないような? ま、漁獲量も大差があるでしょうし、ここは専門家ではないのでよくわかりません。

一方で、三河湾でハマグリの資源量は増えているようだ という説もあります。

三河湾では,ほぼ消滅していたハマグリ資源が近年回復傾向にあり,潮干狩りなどで漁獲されるようになっている。これまで漁獲のなかった三河湾のハマグリについては,肥満度を始めとする基礎的な情報が示されていないことから,本報において蒲郡地先の干潟に生息するハマグリの肥満度を調査した。

三河湾・蒲郡地先干潟に生息するハマグリに見られた肥満度の季節変化  愛知水試研報

でも、なぜなんでしょう?一般的に知られる生物特性からは、ハマグリもアサリも近縁種で、汽水域の砂泥底を好むとのことで、アサリが減ってハマグリが増える理由はなさそうに思えます。

ハマグリ・・・マルスダレガイ上科マルスダレガイ科 干拓や埋め立て、海岸の護岸工事などによって生息地の浅海域が破壊されたため、昭和後期には個体数が急激に減少した。淡水の影響のある内湾の潮間帯から水深20メートルの砂泥底に生息。
アサリ・・・マルスダレガイ上科 マルスダレガイ科 汽水状態を好み、成貝は海岸の潮間帯から干潮線下10mほどまでの、浅くて塩分の薄い砂あるいは砂泥底に分布する。

wiki

ネット検索してもその理由を説明しているようなページは見当たらなかったので、自分でこんなことなんじゃ? と説を一つ作ってみました。理由は一つではなく、もっと複雑で複合的なものだとは思いますが。  

「閉鎖水域である三河湾の水温は、温暖化等の影響で以前より高温化している。ハマグリはアサリと比べると高温化した海域にも適応しやすいため、徐々に増えてきている」  かもね?

アサリ資源量の回復のために、アサリに関する様々な調査が行われている 。その中でも、生活史を踏まえた資源量の変動要因を把握するために、海底・干潟域に着底したばかりの稚貝(殻長 0.2~1mm、以下「着底稚貝」とする)、着底後に成長した稚貝(殻長 1~5mm、以下「初期稚貝」とする)を対象とした調査の重要性が指摘されている 。これは、アサリ資源量の維持・増大には、成貝の生息環境の保全だけでなく、着底稚貝・初期稚貝などの生活史初期段階のアサリが絶えることなく、連続して生残できる環境の維持・保全が重要なためである。


アサリの生残と温度との関係について、これまでにも成貝や稚貝を対象とした耐性試験の結果が既往の研究により報告されており、我々が行った着底稚貝を対象に室内での高温暴露実験でも、水温 35℃以上になると、短時間での斃死がみられ、時間の経過とともに生残率が低下することを確認した。

九州環境管理協会 研究報告  「野外の高温暴露験によるアサリ稚貝の高温耐性の検証」

ハマグリ着底初期貝は著しい高温耐性を有することが判明したので、以下に報告する。

養殖研究所研究報告 田中(1986)「ハマグリ幼生の沈着におよぼす水温の影響」

両論文の定義や細かい中身まで見てないのですが、幼生段階ではハマグリとアサリで高水温に対する耐性に違いがあるかも です。 海水温の方は・・・

愛知県海域の表層では水温が 10 年あたり 0.4℃上昇しており,海洋全体と比べて水温上昇率は大きくなっている.これは,瀬戸内海や大阪湾といった日本国内の閉鎖性水域における水温上昇よりも大きかった .この理由として,閉鎖性水域である伊勢湾は外海との海水交換が少ないことに加え,湾の水深が浅く,湾内の海水の熱容量が小さいことなどが原因として推察される.

愛知県環境調査センター所報 神戸(2020)「愛知県内の海域,河川及び湖沼の水温変動傾向と水質データの解析~地球温暖化の影響に関する考察~」

これは伊勢湾の事例ですが、その理屈なら三河湾は伊勢湾よりさらに内湾で湾の水深も浅いので、三河湾の水温上昇率は伊勢湾より更に高くなることが予想されます。

伊勢湾環境データベース

将来気候予測値

土木学会論文集(2019)「マルチモデルアンサンブルによる伊勢湾水温の将来変化予測と気候変化外力の影響分析」よ

そう言えば、三重県と愛知県の県境となる桑名市(伊勢湾沿い)は、古くからハマグリの産地として有名です。一時資源量は減っていたのですが、伊勢湾でも水温が上がっているのなら、ハマグリ資源量は回復しているかもしれません。そこの事例を見てみましょう。

桑名で漁獲される「ハマグリ」は、地元で「地(じ)はまぐり」と呼ばれ、伊勢湾の海水と木曽三川から流れ込む栄養豊かな河川水が入り混じる漁場で育まれる、内湾性の「ハマグリ」です。
 特に「焼き蛤(はまぐり)」は、十返舎一九の「東海道中膝栗毛」でも紹介されるなど、江戸時代から東海道の桑名の名物として知られていました。
 しかし、昭和40年代に3,000tあった桑名におけるハマグリ漁獲量は、高度経済成長期の生息環境の悪化で漁場が激減したことから、昭和50年代以降急激に減少して、平成7年には1t以下となってしまいました。なお、全国的にも内湾性のハマグリの漁獲量は減少していて、平成24年には絶滅危惧種Ⅱ類として環境省レッドリストに指定されています。
 このような状況の中、赤須賀漁業協同組合は持続可能なハマグリ漁業をめざして、漁獲数量制限の導入や、種苗生産や稚貝放流活動、干潟の保全、環境保全活動などに取り組んだ結果、近年の漁獲量は年間200t前後にまで回復し、若手漁師も増加しています。

三重ブランド

ふむ〜。一応辻褄はあっていそうな感じもしますね。ま、素人のお遊びはここまでです。 

って、ことでタイトルの質問に対する僕の答えは「増えるから、当分三河湾産のハマグリが楽しめそうですね(アサリは厳しいかも)」でした。あくまで素人予測ですからね。

個人的には、ハマグリよりアサリのほうが好みなのだけれど・・・でもこれからはハマグリ好きになれるよう努力します! これこそSDGsの精神?(170番目のターゲット「持続可能な地産地消」に該当!)

注;SDGsのターゲットは169です。念のため。

「エリアなのに楽天モバイル繋がらない人」へ、悲報情報です。

以前に、「楽天モバイル申し込んだけど、うちはイマイチ使えなかった」という記事を書きました。 楽天モバイルの回線エリアなのに繋がらず、代替であるauローミングに頼っている という状況を報告したものです。

あれから半年間、電波状況は好転していません。 

この記事に対し、豊田市に住んでる方から、「自分も楽天モバイルの回線と繋がらず、auの代替回線で使ってるんだけど、auローミングが2021年10月中に廃止になるという連絡が最近あった」と情報をいただきました。

え、それは大変ですねえ とどこかで他人事のように思っていたんですが、今日(10/4)入ってきたニュースにびっくり。 

楽天モバイルは、全国的にauローミングを徐々に停止していくとのこと。

楽天モバイルは2021年10月1日より、39の都道府県でKDDIとのローミングを停波し、自社回線に切り替えることを明らかにした。既にローミングを終了している地域では接続しづらくなるなどの問題も出ているが、より広範囲でのローミング終了で同様の問題は起きないのだろうか。楽天モバイルの担当者に話を聞いた。

楽天モバイルが39都道府県でKDDIとのローミングを終了、顧客への影響は

同記事で我々にとって大事なところはここ。

より広域でのローミング終了で「接続できない」という問題が多発してしまうことが懸念されるのだが、矢澤氏は「独自の基準により、一定のしきい値を超えたエリアだけをローミング終了する」と説明する。単にそのエリアをカバーしているというだけでなく、複数のアンテナを設置してある程度密度を保ったエリアだけを選んでローミングを終了させていく方針のようだ。

また、これまでローミングを終了させたエリアで不満が多く出たことを受け、今回はよりシミュレーションの精度を高め、圏外になるエリアが「ゼロに近くなるよう努力した」と矢澤氏は説明、従来以上に慎重な姿勢を取るとしている。実際、楽天モバイル回線の人口カバー率は9割を超えているものの、密度の面で基準に達していない8県は当面ローミングを継続するとしている。

さらにローミングの終了でつながりにくくなったエリアの人達に対しては、問い合わせの上状況を確認し、一時的に楽天モバイルがMVNOとして提供しているサービスのSIMを貸出すなどの対応を取るとしている。ローミング終了によるエリアの問題が出やすいと考えられる、楽天モバイル回線のエリアの端に住んでいるユーザーには、あらかじめ電話をかけて対応を進めているとのことだ。

同上

西尾市を含め、愛知県は「電波密度の面で基準に達している」ので、2023年3月末までに、ローミングは打ち切られるようです。

停波の基準は「独自の基準」とか「シミュレーションの精度を高め、圏外になるエリアが「ゼロに近くなるよう努力した」とか、聞く人が聞けば ははーんと思うような、微妙な感じの言葉が並んでいます。なかなかスパッと回答できない、苦しいところですわ。

下の記事も含めて考えると、楽天側は早くローミングを打ち切りたくて仕方がないでしょうから、「楽天電波難民には赤色フラグが立った」という感じを受けました。

10月からは、ついに人口カバー率で7割のエリアにおいて、auローミングを打ち切ることを発表した。10月より数週間かけて、auローミングが停波していき、楽天モバイルだけの電波でサービスを提供することとなる。対象となるのは39都道府県だ。

楽天、auローミング打ち切りへ ネットワーク品質改善進める

 楽天モバイルはユーザーにはauローミングエリアでは5GBまで無料に使えるようにしているが、KDDIに対しては1GBあたり約500円のローミング料金を支払っている。
 つまり、仮にユーザーが使い放題で月3278円を支払っていたとしても、auローミングを5GBまで使っていたら、楽天モバイルとしては収入はほとんど見込めない。
 実際、楽天グループ全体では、収益性も高く、コロナ禍でも成長を続けているが、モバイル事業が全体の足を引っ張っている状態だ。
 三木谷浩史CEOは「KDDIへのローミング費用が高すぎる」と決算会見でも何度もぼやいているのであった。

どうしても厳しい場合は、状況を確認し、楽天モバイルがMVNOとして提供しているサービスのSIMを貸出すなどの対応を取る としていますが、「一時的」とも明言しています・・・。ま、営利企業としてはこの辺が精一杯ってところもあるでしょう。

楽天モバイルは、年内に電波の人口カバー率96%を目指すとしていますが、先行三社(ドコモ、au、ソフトバンク)のそれは、現状で99%程度になっているはずです。

その差をたったの3%ということなかれ。この3%の違いで、僕のところは「楽天モバイル難民」ではあるけれど、先行三社の回線では難民にならずにすんでいます。その一方、この3%を上げるために、先行三者はあまり儲けのでない場所にもコツコツと膨大な数の基地局を建ててきたわけです。(正確には、現状楽天モバイルはまだ96%に達していないですが)

これだけのビハインドをもって後ろから追いかける楽天モバイルに、さらなる設備資金と時間的猶予(消費者が待っていられるか)、あるいは彼らをつなぎとめるための魅力的な料金体系が設定できている(できる)のか、興味深いところではあります。

ま、一消費者としては、「使えねー」と判断すれば、冷徹に切り捨てる だけです。携帯電話の会社って、どこも冷徹にビジネスしてたんだから、こちらもドライに行かないと駄目でしょう。 国が一言言わなきゃ、いまだ料金は横並びで高いままでしたからね。

参考記事;基本料0円のpovo2.0がスタート、タダで使い続けることは可能? 利用は簡単? まずは試した

 代替措置を考えるなら、このあたりがうまく使えないかなあと。僕はLINEMOのミニプランが現状では一番適していると思うので、まだ乗り換えは考えていませんが。

→じゃあどうしたらいいの? 検討してみましたので、参考にどうぞ。低容量のスマホ回線選び