高齢の親のために、ナンバーディスプレイに申し込もう。

家庭にいまだ固定電話があって、主に利用する高齢の両親が特殊詐欺に会うかも・・・と心配なアナタ。 親が70歳以上ならNTTが「無料運用」を開始したナンバー・ディスプレイとナンバー・リクエストを申し込んでおくと、少し安心できるかも。

NTT西日本

やっと高齢者が無料になったナンバーディスプレイ(基本は有料オプション)ですが、スマホでは当たり前の機能ですね。今時固定電話にかかってくる電話なんて、ほとんどが営業電話(詐欺電話もある)、あとはだいぶ認知症入っている高齢の親戚くらいなもの。

だから、本当は家族全員がスマホに移行し、親戚にはスマホの番号を伝えて、家の固定電話を廃止するのが一番の特殊詐欺やうざい営業電話対策ですが・・・。

が、我が家の後期高齢者は、頑としてスマホ持ちを拒絶しやがりますので、廃止策はとれませぬ。次善の策として導入した次第。

 5月1日からネット申し込み開始になったので、さっそく申し込んでみました。ちなみに、NTTの対応はクソでした。

まず電話で問い合わせをしましたが、5月1日時点では「こちらはNTTです。ただいま電話が大変込み合っていますので、しばらくたってからおかけなおしください」と自動音声が答えるばかり。そのまま待っていれば順番でいつかは繋いでくれる という仕様にはなっていません。窓口が混むのは承知の上ですが、行列で待つことすら許されないなんて、ちょっと非情じゃないかと・・・

それではと 「NTT西日本 ナンバーディスプレイ」と検索し、探し出したNTT西日本のHPから申し込みをしました。

でもここから申し込んでも、70歳以上でも無料になりません!

僕もなんかおかしい と思いましたので、先ほどのコールセンターに頑張って電話して確認しました。やはり高齢者無料となる申し込みはこのページから申し込んでも無効とのことでした。

どうしたらよいか聞くと「今回いただいた申し込みは、こちらでキャンセルしますので、改めて以下のページから申し込んでいただければ、無料になります」とのこと。

NTT西日本

再度申し込みをしたのだけれど、同一機能の申し込みに「高齢者が無料になる申し込みページ」と「高齢者でも無料にならない申し込みページ」が併存するなんて、ユーザーのこと考えてないよねえ・・・  

で、その日の午後、NTT西日本(たぶん、手続きの実務をやる部署)の男性から、日中の連絡先として登録しておいた僕のスマホに電話が掛かってきました。

相手:「ナンバーディスプレイの申し込みありがとうございます。でも、こちらの申し込みだと、高齢者申し込みでも無料になりませんがよろしいでしょうか?」

僕:「へ?、確かに最初は無料対象にならないページから申し込みしたんだけど、コールセンターに確認の電話したら、その申し込みはコールセンター側でキャンセルするから、改めて無料対象になるページから再度申し込みするよう言われたのですが?」

相手:「そうですか、でもこちらの認識としては、高齢者申し込みが無料になるのは電話申し込みだけで、ネットから申し込みできるページがあるとは承知していないです」

僕:(オマエの認識なんか知るか!そちらのコールセンターがそうしろって言ったんだ!)

以下略。どうも2度申し込みをした結果、1回目の申し込みがコールセンターのミスでキャンセルされていなかったか、それがキャンセルされる前に1回目の申し込みが手続き部署に進んじゃったようです(2回目の申し込み情報が来てない感じだった)。

まあ情報伝達が旨く行かないこと(伝言ゲームの失敗)は、組織ではよくあることなので僕は許容します。が、「本日からネットで無料申し込みができる」 という情報すら共有されていないのは、さすがにアウトでしょう。

と大不満はあるけれど、ちゃんと機能するようになりましたので、一件落着ではあります。

なお、申し込みが受理されると、「しばらく時間かかるかもだけど、数日内に機能が使えるようになるから、その確認はお客様でよろしく♡という、高齢者にはきわめて冷淡な受諾メールが届きます。しかも問い合わせ先(メール、電話番号)の記載なし。返信されても対応できぬという鬼メールが。

悪いことは言いません。混んでるかもですが、ネット苦手な高齢者のかたは、電話での申し込みをおすすめします。たとえその対応が塩だったとしても、腹をお立てになりませぬよう。無料だと思って、対応の悪さに耐えましょう。

しかし、今時役所でもこんな塩対応はしないと思うがな。

固定電話を巡る話

相変わらず、世間では「特殊詐欺」や「アポ電」が盛んなようです。

我が家にも固定電話があります。息子様が同居しておりますので、残念なことに「息子を装う詐欺電話」はかかってこないのですが、けっこうセールス電話がかかってきます。

最近では 機械音声が「アンケートのお願いです」と電話してきやがって、これはイラつきます。『電話でしかやりとりできないような人は、僕の時間を無駄に奪う「害悪」だ』ってホリエモンでしたか、全く同感。

もちろん個人的には「家の固定電話いらねーよ」ですけど、我が家には「絶対携帯電話を持たないめんどくせぇ同居人」も それに連動する高齢の親戚もいますんで、現時点で固定電話をなくすわけにはいかないのです。

で、僕が思ったのが「知人からかかってきた電話には出て、知らない人からかかってきたら出ない もしくは留守電対応すりゃいいんじゃね」ってこと。簡単!

ってことで、新しい固定電話を買いました。条件は①電話帳登録ができる②表示用ディスプレイ付③安い 電話機。 アマゾンで4500円くらい。 

さっそく、我が家に掛かってきそうな電話番号を全部登録して、試しに自分の携帯電話から電話してみると・・・誰からの電話か表示しないよ!!

 盲点でした。携帯電話だと登録した電話番号から電話がかかってくると「○○さんから電話」って表示されますよね。ところが固定電話では、電話帳を登録して、その番号から電話かかってきても、ディスプレイにそれが表示されないんです。

携帯電話でできるんだから、技術的には簡単なこと。それができないのは、固定電話でのナンバーディスプレイ(番号表示)はNTTの有料オプションだからです。これが 400円/月。

ばかばかしい。

 固定電話を作る企業は特殊詐欺対策として、電話がかかってくると「この電話は自動的に録音されます」と警告を出す機能付電話を売ってたり、ある市町村では掛かってきた電話を自動的に録音するような装置を、 高齢者に 無料配布してたりします。

が、固定電話を愛用する高齢者の中には「そんな警告は無礼だ!」とか「一律に疑われて精神的苦痛を受けた!」とか怒り出しそうな人もいます(なんとなく顔が浮かぶぜ)、これ本当に対策になってんですか?

そんなことより、息子を名乗る人物から詐欺の電話がかかってきたときに、その電話が「登録された息子の電話番号」から掛けられているかを機械的に判定すれば、問題解決する話じゃないですか・・・ それが 詐欺に遭いやすいお年寄りが選好する固定電話だと有料オプションで、携帯電話だと標準仕様って、意味不明です。 

まあ使用者ではなく、供給元のNTT(と大株主の政府?)から見れば、このままの方が、詐欺電話による通信量の増大と、ナンバーディスプレイのオプション料金収入(一般の会社なら、セキュリティ対策としてこのくらいのオプションは喜んで払うはず)が見込めるので、このままの方がいいんだろうけど。

でもこれだけ特殊詐欺が横行しているんだから、政府は啓発活動をするだけでなく、物理的にそれを防ぐような政策を立てるべきだと思います。

具体的には、政府がNTTに圧力をかけて、安い値段で固定電話のナンバーディスプレイオプションを政府に売却させるのです。これにより無料でナンバーディスプレイを利用した発信者情報表示が使えるようになり、メーカーは喜んで、発信元を表示し、登録者は繋ぎ、それ以外は自動で留守電に対応させる電話機を売り出すでしょう。

苦境の電気メーカーは特需が見込めるでしょうし、その時は高齢者向けに表示装置を無料配布するのもいいかもしれません。「知人ではなく知らない人」との電話なら、誰しも警戒度を高めて対応するでしょう。それで巨額の詐欺が減るなら、安いもんです。

民間企業への政府の圧力がいけない?でも現に政府は、何の権限があるのか知らないけど 、通信会社に「通話料が高いんだよ、安くしろよ」とヤクザまがいの恫喝してますよね。これよりは意味のある政策だと思うんですがね。

あー、それと無駄になった固定電話、どうしよう? 若い人は携帯持ってるし、こんな年配向けのもの、メルカリで売れるんだろうか?