蒲郡 竹島と蒲郡クラッシックホテル

スポンサーリンク

以前、西尾周辺の温泉街をまとめた記事をアップしました。その記事は次第に温泉の話から、かつて鉄道省の国際観光局が建設した「蒲郡ホテル」の話、天然記念物「竹島」の話に移っていきました。

書いてて矢も楯もたまらず行きたくなり、ついに取材に(泊まりに)行っちゃいました。今回はその紹介です。

現在、往時の「蒲郡ホテル」は名前を蒲郡クラッシックホテルと名前を変えて、一般客も泊まることができます※。

まず、ホテルの立地がすごいです。竹島を望む海岸沿いの丘の上。

ホテルの窓から竹島を眺めると。

竹島に渡る橋の上からホテルを望む。

竹島は対岸と400mしか離れていないのに、島は暖地性の植生で、対岸の植物相とは大きく異なるという特異的な環境 として島自体が天然記念物にしていされています(1930)。

まあ、難しいことはよくわからんけど、島へ渡る橋のムードもいいし、水もきれいだし(夏は藻が繁茂すると思うけど)、散歩にはよろしいかと。

海底が見えるよ~。中央はたぶんカワウ君。

島には、琵琶湖に浮かぶ竹生島から勧請された弁財天さまを祀る神社がございまして、島自体がご神体。(本土側に崇拝所あり)たぶんそのおかげで、乱開発されることなく現在まで自然が残ってきたのでしょう。

島の奥の方(この社の左奥)へ進んでいくとあんまり見慣れない竹が生えております。「ホテイチク」と言うそうです。

ホテイチク

更に奥へ行くと岬になっておりまして、どうも風当たりが強いのか、すごくねじくれた松が生えとるのでございます。まあ、別に松は珍しくございませんが。

ねじくれ松

松を通して下の海岸を見ますと、島の周りは岩が露出しているのが分かります。

この辺りの海岸は(ほとんど原型をとどめていないが)砂質系だったでしょうから、この島と蒲郡クラッシックホテルのある丘だけ、地質が違うんですな。産総研が公表している1/20万分の一地質図で、この辺りの地質図は以下の通り。

地質の違いと、対岸と400m離れた環境が、周りと違う植生を生んだんですかね?(だとすると、竹島と同じ地質である沖の大島の植生はどうなっているんだろう?)

(追記)竹島と沖の大島の植生について、照樹葉一さまからコメントを頂きました。

大島の植生は代償植生で、シイ・カシ二次林を主体とします。
一方竹島の注目したい点は自然植生が残存し、一応タブノキ群落が成立しますがほとんどスダジイ群落が見られずモチノキが優占する点でしょう。
林床に優占する絶滅危惧種は特筆にあたいすると思います。

情報ありがとうございます。竹島と同じく沖の大島の植生も本土側と比較して特異であれば、植生に対する地質の影響が考えられて面白いんじゃないかと思いましたが、沖の大島は代償植生(人為的干渉を受けた植生)であるシイ・カシ二次林となっているとのこと。論拠にはならないですね。残念でした!

後段のコメントについては少し専門的かと思いますので、下に補足と言うか、調べて意訳したものを載せておきます。(理解が間違ってたらすいません。またご指摘ください。林床植物については完全に能力範囲外ですんで、補足はスルーさせていただきます)

「この辺りの環境条件から考えると、海岸部である竹島の植生はタブノキ、スダジイ等塩分に強い照葉樹の林になることが想定されます。でも実際に竹島を観察してみると、あんまりスダジイ(乾燥に強い)が見られず、モチノキが多く生えているところが注目点です。」

参考:千葉県立中央博物館 生態園>植物群落園>照葉樹林

渡辺一夫「イタヤカエデはなぜ自ら幹を枯らすのか」築地書館

島に架かる橋は夜間に照明が撞きます。海風も吹いて、逍遥するにはちょっと乙だよね と窓から眺めてたらふと、カズオ・イシグロの映画「日の名残り」のワンシーンを思い出しました。

夜景

戦後すぐのイングランド南部。日没頃、海岸沿いのデッキ?を歩く老いたスチーブンスとミセス・ケントン。「人生とは・・・」と話す二人の前で、照明が点灯します。同じように逍遥していた人々は、それを見て拍手をしています・・・。

が、後で確かめてると、だいぶイメージ違いました・・・。

スティーブンスとミセス・ケントンの逍遥 (日の名残り より)

※蒲郡ホテル・1934年建てられた城郭風の建築。(経済産業省 近代化産業遺産指定)「華麗なる一族」のロケに使用。現在も「蒲郡クラッシックホテル」として営業。平日なら一名様15,000円くらいで泊まれます。この価格で、日没と暮れゆく三河湾を眺めながらフランス料理の夕食を堪能できるので、むしろお値打ちかも。 (味は、十分満足できると思います。)

また、昼過ぎにはホテル二階のカフェで1600円のケーキセットを注文すれば、上の写真の眺めが楽しめます。

ホテルのロビー吹抜とカフ

投稿者:

モト

元河川技術者、現在は里山保全の仕事をしているおっさんです。西尾市在住の本好き歴史オタク。

「蒲郡 竹島と蒲郡クラッシックホテル」への1件のフィードバック

  1. 照樹葉一さま コメントありがとうございます。
    匿名のブログですので、個人情報あるいはその特定に繋がるコメントについては、ご回答いたしかねますのでご了承ください。記事に関連した部分については、貴重な追加情報として本文に追記させていただきます。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください