干潟の観察

スポンサーリンク

干潟の観察に行ってきました!

たくさんの人が、干潟に突き出た木道を歩いています。

ああ、「シオマネキ」さんですね。熱帯・亜熱帯地域の河口付近の海岸に巣穴を掘ります。潮が引くと地表に出てきて活動するんです。見ての通り、片手がでかい。

こちらはシオマネキのメスと、魚はムツゴロウの仲間だと思うんだよね。泥の上をぴょんぴょん飛んで移動していました。

木道の先端は斜面になっていまして、干潟(保護区外)に下りられるようになっています。たくさんの二本足の動物が、裸足になって干潟の上を歩いていました。

さて、ここで問題です。

これらの写真の干潟は、どこで撮影したものでしょう?  ヒント 背景に中華圏っぽい宮建築の建物と、風車がいくつか写ってます。

答え

はーい。台湾は台中の海岸線付近にある「高美湿地」でした。観光面では「台湾のウユニ塩湖」とも称され、最近は台中一の観光地 となっています。wikiによればこんな写真が取れるようですが、時間帯と天候が悪かった・・・。

wiki「高美湿地」から引用。

まあ夕日を見たかったんじゃなくて、亜熱帯の湿地ってどんな感じなん?というのが興味のあったところでした。てなことで、ゴールデンワーク期間後のお休みに、台湾旅行に行ってきた。

結果、あんまり日本の温帯の湿地と変わらないような感じでしたねえ・・・

投稿者:

モト

元河川技術者、現在は里山保全の仕事をしているおっさんです。西尾市在住の本好き歴史オタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください