熱中症対策、紫蘇ジュース

スポンサーリンク

梅雨が明けてから、毎日毎日猛暑で、暑いですねホントに。昨年のように40度スレスレってことはないんですが、でも日中お外で働いているのでかなり辛い。

そこで、今日の休みを利用して、「作業中に飲む特飲料」、シソジュースを作ることにしました。

おひとつどーぞ(試飲)

材料(原液およそ2L分)

シソジュースの材料
  • 赤紫蘇300g
  • 水2L
  • 砂糖500g
  • クエン酸25g

まずは日中の暑い畑に行って、赤紫蘇を取ってきます。300gってけっこうありますね・・・ちなみに、紫蘇は毎年勝手にはえてきてくれるので、そいつを移植してこの時期まで待ちます。勝手に大きくなるし、害虫もつかないお利口さん。

茎から葉だけをむしり取ります。茎も煮ていいのかもしれませんが、茎が付いたままだと鍋に入りきらん。 葉に泥が付いているので、良く洗います。

クエン酸は、近くの薬局で買ってきます。25gで400円くらい。

砂糖500g 写真で見るにすごい量ですが、このくらい入れて完成時にやや酸っぱさを感じるくらい。これでもできるだけ減らしてるんですよ。てか、保存食品には砂糖か塩がこのくらい入るもんです。これ本当に健康食品なのかな って疑問に思っちゃいますけど(笑)。

作り方

  • 水を沸騰させます。
  • 葉っぱを入れて、中火で15分ほど煮出します。熱が加わらないと赤い色が出ません。
  • 葉っぱを濾し、赤汁を弱火にかけ、砂糖を入れて溶かします。
  • クエン酸を投入して完成
  • 飲むときは3〜4倍に薄めてどーぞ。

クエン酸を入れて混ぜると、色が変わります。

(左)赤紫蘇煮汁(右)クエン酸投入後   葉っぱ少し浮いてる・・・

投稿者:

モト

元河川技術者、現在は里山保全の仕事をしているおっさんです。西尾市在住の本好き歴史オタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください