秋の花

スポンサーリンク

少し遅くなってしまいましたが、こちら10月2日に撮影したヒガンバナです。この時が満開。

こちらは9月27日。咲き始めですね。

今年は少し咲く時期が遅かったように感じましたね。大抵秋の彼岸の頃咲くので、ヒガンバナと呼ばれますけど。

秋の彼岸・・・秋分の日を中心にした7日間。2019年は

9月20日(金) 彼岸入り
9月23日(月) 中日(秋分の日)
9月26日(木) 彼岸明け       でした。

写真のとおり妙な植物で、秋の彼岸の頃、葉のない花茎が急速に伸びてきて、花が咲きます。ここまではまるで桜の花みたいな生態ですね。そのあと冬は葉はつくんですけど、春には枯れ、次の秋が近づくまで地表には何もないのです。

他の植物が春から秋にかけて元気なのに比べると、完全に「逆張り」戦略を選択した植物です。まあ競争相手がいなくていいのかもしれません。

最近ではこんな花も見られます。

このピンクの花が、ゲンノショウコです。有名な薬草で、煎じて飲むと食あたりや下痢に素晴らしい薬効があるそうで、現に良く効く証拠があるので、「現の証拠」って名づけられた とか。

僕はお腹が弱いんで、是非我が家の庭にも欲しいんですが、なかなか根付きませんで・・・。

投稿者:

モト

元河川技術者、現在は里山保全の仕事をしているおっさんです。西尾市在住の本好き歴史オタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください