墓ハ神聖ニシテ侵スヘカラス

スポンサーリンク

卑弥呼の墓? 箸墓古墳を「透視」調査、宇宙線使い

奈良県立橿原考古学研究所は9日、邪馬台国の女王・卑弥呼(ひみこ)の墓との説がある同県桜井市の箸墓(はしはか)古墳(全長約280メートル、3世紀後半)で、物質を透過する宇宙線「ミューオン」を利用して敷地外から内部の様子を探る調査を実施していることを明らかにした。 宮内庁が天皇・皇族関連の施設として立ち入りを厳しく規制する「陵墓」でミューオンを使った調査は初。古墳の実態解明につながるか注目される。

・・・ミューオンを使った調査は同県斑鳩町の春日古墳や同県大淀町の石神古墳でも実施され、いずれも内部の空洞を確認。エジプトでは、クフ王ピラミッドに未知の巨大空間があることが分かった。

毎日新聞

宇宙線を使った遺跡の調査です。技術的には面白そうな話だな とは思うんだけど、仮に結果として空洞が見つかったとしても、自然崩落かもしれないし、最終的には立ち入り調査できなければ学術的に意味なくないすか?むなしい・・・

ただし、これは研究所の責任じゃないです。『宮内庁が天皇・皇族関連の施設として立ち入りを厳しく規制する「陵墓」 だから』です。

高松塚古墳キトラ古墳は調査できたのに、他はなぜダメなんだろう。

邪馬台国の存在は、中国の歴史書「魏志」に記載されているんですけど、そのその歴史書を編纂した魏王朝の創始者、曹操の墓が見つかったとニュースになりましたね。 (「三国志」の曹操です)

2009年に発見された「曹操の遺骨と墓」が本物と断定される

 中国河南省安陽にある、2009年に発見された「魏(ぎ)の曹操(そうそう)」の墓ではないかとされる遺跡について、河南省文物考古研究院が本物の曹操の墓であり、また遺骨も曹操本人のものであると見てほぼ間違いない、と発表したという。

財形新聞

こんなニュースが流れると、「卑弥呼の墓? と言われる遺跡を調査したい」と言うのは学者としては当然、というか考古学や日本史の発展のためにも是非やるべきことだと思うんですけど、なぜ学術調査も厳しく規制されるんだろう。静かに眠っていてほしい という遺族の意向でもあるのかな・・・

 もちろん簡単な問題じゃないことは分かっていますが、組織として管理する宮内庁の意向ではなく、歴史学を専門とし、遺族代表に相当するであろう徳仁さんに意向を聞いてみたい気がします。(←今上陛下です)

※表題は、大日本帝国憲法第三条のパロディです。現在は無効化されているはずです。僕の理解が正しいなら・・・

この条文では「天皇の神聖不可侵」(天皇の尊厳や名誉を汚してはならないこと)を規定している。また天皇の尊厳や名誉を汚してはならない為に55条において「国政は国務大臣が輔弼し、その責任を負う」となっている。

法解釈としては、無答責の法理の根拠とされ、不敬や身体を害する行為が不敬罪として刑罰の対象になり、また、天皇はあらゆる非難から免れることを意味している。

大日本帝国憲法第3条

投稿者:

モト

元河川技術者、現在は里山保全の仕事をしているおっさんです。西尾市在住の本好き歴史オタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください