春の息吹

今年は暖冬ですけど、最近少し寒くなってきましたね。来週は中頃、さらに強い寒気が入るそうです。 2月4日が立春ではありますが、「春は名のみの 風の寒さや(早春賦)」という感じになりそうね。

とはいえ、着実に春の息吹を感じられるようになってきました。例えば・・・

梅が咲き出しました。同じような場所でも、木によってはもう少し咲いてるところもありました。が、ポツポツ咲いてる方が風情がある感じがして、僕は好きですね。

それから・・・

カエルの卵もぼちぼちみられるようになりました。 ヒキガエルはひも状ですから、これはアカガエルの卵かなあ。

ここで一句。

風すさぶ 二月の水面に 蝌蚪二つ    モト

 カエルの卵は俳句の世界では「 蝌蚪 (かと)」っていうらしいです。写真では卵1つしか映ってませんが、もう少しあったんですよ〜。

投稿者:

モト

元河川技術者、現在は里山保全の仕事をしているおっさんです。西尾市在住の本好き歴史オタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください