環境省流「火に油を注ぐ」会議運営法

「火に油を注ぐ」 ただでさえ危ないものに勢いをつけ、事態を悪化させることのたとえ。 また、激しい憎悪や恋情をあおることのたとえ。

コトバンク

模範的なお手本です(笑)。

環境省職員が水俣病被害者側の発言中にマイクの音を切った問題で、伊藤信太郎環境相は熊本県水俣市を再訪し、被害者らに直接謝罪する事態に追い込まれた。

 1日の患者や被害者らとの懇談後、伊藤氏は記者会見で職員がマイクを切ったことを「認識していない」などと発言した。

・・・懇談の場で司会をしていた同省特殊疾病対策室の木内室長によると、懇談の場では参加団体に3分ずつの持ち時間があり、3分を過ぎた場合にマイクを切るという運用方針を事前に決めていた。当初は会場で周知する予定だったというが、木内室長は「(メモを)読み飛ばしてしまった」と話す。昨年度も同じ運用方針だったが、実際にマイクを切ることはなかった。

謝罪まで1週間…後手に回った環境省 消音に省内からも疑問の声

まず大臣はアホですね。 でもこの人一応選挙に勝って国会議員になったんですよね。 

2009年、第45回衆議院議員総選挙に自民党から立候補。公明党の推薦も受けたが民主党の石山敬貴に敗れ、重複立候補していた比例東北ブロックでも復活出来ずに落選した。・・・2012年、第46回衆議院議員総選挙に自民党から立候補し、前回敗れた石山を大差で破って4選。国政に復帰。

wiki

落選の憂き目にもあってるんだし、地元のメンドクサイ有権者をうまくさばき、一票入れてもらう、関心を持ってもらう技術とその重要性は持っているはず。けど、環境大臣として(役所的には)メンドクサイ関係者に、環境行政に一票入れてもらう、関心を持ってもらう重要性は認識してなかったんですかね。 まあ、してなかったから今の事態を招いたんでしょうが。

次に、会議を司会していた(実務トップの)室長もドアホ。

本省勤務の国家公務員では俸給7級・8級に該当し、これらは高級官僚と呼ばれる範疇である。

wiki

大臣が出席する会議だから、そつなくこなすことの重要性は認識していたでしょう。毎年実施していた会議だから懇談会でしゃべる相手がどんな人でどんな話をするかは情報があったはず。にも関わらず「3分過ぎたらマイクを切る」と鬼ルールを定め、それを血も涙もなく実施してしまったたら、相手がどう思うか、どう反応するか、そしてどう報道されるか 当然想定できたはず。想定していなかった時点で、高級官僚としての評価は零点。

てか、

当初は会場で周知する予定だったというが、木内室長は「(メモを)読み飛ばしてしまった」と話す。

会議運用も役人として「ありえんだろ。零点」というお粗末なレベル・・・(本当ならね)

被害者と役所の関係においては立場も異なり、お互いどうしても寄り添えない部分、譲れない部分があり、理想的な形で懇談し問題解決にもっていく ということは非常に難しいこと(おそらく望めないこと)だと思います。

それでも会議を開催する役所側は(本音はどうであれ)その方向に向け努力していくという姿勢(とそのアピール) は当然必要なこと。

にもかかわらず、こんなルール定めて実行しちゃうって、「理想に向け努力していますという姿勢」がまったく感じられないですね。だから対話相手として信頼すらされません。

今回の会議は、広い意味でのリスクコミュニケーションにあたると思うのですが、信頼性を得るような努力はかっちり示さないと、環境省としても、会議やる意味ないと思うんだけど。

「リスクコミュニケーションとは、化学物質による環境リスクに関する正確な情報を行政、事業者、国民、NGO 等のすべての者が共有しつつ、相互に意思疎通を図ることである。リスクコミュニケーションの成功は、利害関係者間の理解と信頼のレベルが向上したか否かで判断されるとされている。」

リスクマネジメントをより適切に実施する上で、利害関係者間でリスクに関する情報、体験、知識などを交換しあいながら相
互理解を図らなければならない。ここで「リスクコミュニケーション」が必要となってくるのである。
 リスクコミュニケーションとは、化学物質による環境リスクに関する正確な情報を行政、事業者、国民、NGO 等のすべての者が共有しつつ、相互に意思疎通を図ることである。一般には、米国国家調査諮問機関(National Research Council;以下、NRC)による 1989年の報告書における定義が用いられている。
「個人、集団、組織間でのリスクに関する情報および意見の相互交換プロセスである。(リスクに関する情報および意見には)リスクの特性に関するメッセージおよびリスクマネジメントのための法規制に対する反応やリスクメッセージに対する反応などリスクに関連する他のメッセージも含む」同報告書では、リスクコミュニケーションの成功は、利害関係者間の理解と信頼のレベルが向上したか否かで判断されるとされている。

環境省 平成12年度リスクコミュニケーション事例等調査報告書

えっ、ペットボトル水の賞味期限って、実質無限なんだ! ローリングストックを って何だったの?

個人的には結構衝撃的な記事でした。

防災用などで備蓄しているミネラルウォーターの賞味期限が切れたら、捨てたほうがいいのか。元消防士で防災アドバイザーの高岡武志さんは「捨てる必要はない。理論上、ミネラルウォーターは絶対に腐らないので、どれだけ賞味期限を過ぎていても、お腹を壊すことはない。賞味期限が設定されているのは『計量法』があるからだ」という――。

ペットボトルの賞味期限は気にしなくていい…理論上「絶対腐らない」ミネラルウォーターに賞味期限がある理由

「賞味期限」ってメーカーが「この期間は間違いなくおいしく食べられます」と宣言する期間で、「それ過ぎたら、食べたらダメ、ゼッタイ!」となる期間じゃないのは知ってました。

賞味期限(おいしく食べることができる期限です!)
袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のこと。スナック菓子、カップめん、チーズ、かんづめ、ペットボトル飲料など、消費期限に比べ、いたみにくい食品に表示されています(作ってから3ヶ月以上もつものは「年月」で表示することもあります)。この期限を過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません。もし、賞味期限が過ぎた食品があったら、大人の方とそうだんしてから食べましょう。

子供の食育 農林水産省

賞味期限を(長期間)過ぎたペットボトル水を飲んでいいかどうか、「子供の食育」ページを読むような賢い子から相談された大人も、どう判断すればいいかわからず戸惑うばかりでしょうに。農水省も手軽に「大人と相談してから食べろ」とか言うなよ。

普通の食品だと臭いを嗅いで、問題なさそうなら少し食べてみる 変な味しなきゃ野性のカンで判断 という流れかと思うけれど、ペットボトル水ってこの方法使えないじゃないですか。ペットボトル茶ならまだわかるかもしれないけど・・・ 

きちんと密閉され日陰で保管され変形もしてないペットボトル水って、水質が悪くなる要素なんて無いよね  と思う一方、防災の本やネット記事を見ると、「ローリングストック」(消費と補充を繰り返すことで、食料品や日用品を常に一定量ストックできるようにする備蓄方法)しとけ って書いてあるですよ。

僕の家だとペットボトル水を日常的に飲む習慣はなく(水道水おいしいぞ)、「消費と補充の繰り返しなんてできねえ」と毎回突っ込みたいところ。それでも水は大事だから防災備蓄用に積んであります。 いつ処分すべきなのか迷いつつ。

実際には、水をローリングストックしている人も多いようですね。これだと賞味期限とか処分に悩まなくて済むな。

1番重要な備蓄は「水」と74%の人が回答!防災士が教えるおすすめローリングストック法とは

ローリングストック推奨と、通販サイト等で「防災備蓄に最適な長期保存水(10年)」などと称された水が売ってることから、「賞味期限を大幅に超えた水は(理由は分からんが)なにか水質に不都合が出るのだろうから、飲まないほうが無難なのだろう」 と漠然と考えていました。

イメージ図。アマゾンから画像をお借りしました。

なので、消費期限+1年までは大丈夫、それ過ぎたら捨てて(庭の雨水タンクに投入)新しいものを買い替える(できれば長期保存水) という根拠なし運用をしていました。

が、それは「金の無駄遣い」だったらしいです。とほほ。

ミネラルウォーターの賞味期限ですが、これは「穴のせいで中身の水が徐々に減る」ことを考慮して設定されています。実は水の分子は、ボトルにあいた超極小サイズの穴よりも小さいため、非常にゆっくりですがボトルを通過してしまうのです。そうなると当然、徐々に中身が減っていくことになりますが、実は量が減り過ぎると販売時に法律違反になるという事情があるため、そうなる前の日付になるように賞味期限が設定されているのです。


この法律は「計量法」というもので、例えば2Lペットボトルであれば1%(20ml)、500mlペットボトルであれば2%(10ml)以上減ったものを販売してはならないというものです。つまり、ミネラルウォーターの賞味期限は「計量法違反になるかどうか」だけで設定されている期限なのです。実際に消費者庁も以下のように回答しています。


ちなみに防災グッズとしてよく売られている5年保存や10年保存のペットボトル水は、中身が蒸発しにくい特殊な素材を使うことで5年経っても、10年経っても計量法に違反しない量をキープしています。

ペットボトルの賞味期限は気にしなくていい…理論上「絶対腐らない」ミネラルウォーターに賞味期限がある理由

残念ながら、記事にある「消費者庁の回答」がきちんとした論拠になっているとは読み取れなかったけれど、それでも記事全体の論理性は高いので、この解説はおそらく正しいでしょう(と僕は判断した)。

それはそれとして、「南海トラフがいつ来るかわからん」「常に備えとけ」「自助 共助 公助」「警視庁災害対策課のツイートマジ使える」 とかけっこう話題になる国で、

「ペットボトル水の賞味期限って計量法で縛られているだけで、実は期限過ぎても備蓄として有効(飲む水として問題なす)」が常識になってないこと、それ自体がおかしいですね。これって一番大事な防災ストックの基礎知識です。これ知るだけで(意識ある)家庭の水ストックが、予算かけずに増やせるんですよ。 いの一番にやるべきことでしょう。

同記事の最後のとりまとめ、非常に大事なことが書いてあるのでキャプチャしておきます。できれば、元記事読んで理解しておいてください。 「防災対策のハードルは低いことが重要です。気合を入れた防災対策は継続できません」か。これが本当の防災ですね。

ペットボトルの賞味期限は気にしなくていい…理論上「絶対腐らない」ミネラルウォーターに賞味期限がある理由