「しょぼい節電ポイント」を導入した本当の目的はなんだろ・・・?

党首討論(岸田氏)では、電気代高騰に対して“ドヤ顔”で「節電ポイントを用意する」と繰り出したが、その内容には失望の声が広がっている。
 ポイント額は電力会社によって異なるが、東京電力ホールディングスは1キロワットの節電で5円、中部電力は10円相当など。月260キロワットを使うモデル世帯が目標の3%節電で還元は月数十円。

岸田首相「節電ポイント」還元月数十円…ネット民「意味ある?」参院選公示で第一声

なんつーか、ここまでしょぼい政策だと、その裏を読みたくなります。当たっているかは知らんけど。

政府は本音では「節電に努力した」という実績をつくり、「やっぱり原発稼働させるしかないで 」という世論を盛り上げ、原発の再稼働をしたいんじゃないかなと。  

そもそもね、一般国民に猛暑の時期、本気で節電させたいのだったら、「住宅の断熱化」に大規模に補助金を突っ込むべきなのです。

一般に、高断熱の住宅(断熱等性能等級4相当レベル以上)は、普通の住宅(断熱等性能等級2相当)と比べて、年間の冷暖房エネルギーを40%以上減らせると言われています。
エネルギー消費量が40%減れば、冷暖房費も40%節約できるはず。家庭内で使用される電力の1/4※を占めるのがエアコンといわれているので、この40%を削減できれば、家庭での消費電力全体の10%が削減可能となります。
※資源エネルギー庁が発表しているエネルギー白書2006による。

家づくりと住まい方のヒント 節電対策  硝子繊維協会

新築の住宅は今後省エネ対応が義務化されますが、既存家屋はお構いなし。ここに踏み込むべきでしょう。なにせ家庭の消費電力が10%削減できるのだから、これは大きい。

住宅を含むすべての新築物件に2025年度から省エネ基準適合を義務付ける建築物省エネ法などの改正法が13日の参院本会議で可決、成立した。

新築住宅に省エネ基準 25年度から義務、改正法成立

ちなみに、30年前に大手住宅メーカーで建てた旧我が家の場合、壁には薄い断熱材が入っており、窓は一重窓でアルミサッシ(外部へ熱を伝えやすい)。  5年前に地元の工務店(大工さん)が建てた新しい我が家は、分厚い吹付け断熱材が入り、窓はすべて二重窓で樹脂サッシ(外部へ熱を伝えにくい)です。  この分野、日本は技術後進国なんですけど、確実に改善されているのも確か  なんですよね。  断熱性(住心地)やエアコンの効き、エネルギー効率など、まるで違います。

最近の高断熱の住宅だと、全館エアコン一台で冷暖房できる  とうたう住宅メーカーは珍しくありませんし。 

高断熱住宅は、冷暖房に必要なエネルギーが少なくて済む家だということはご存知ですね。高断熱住宅なら、40坪程度の家であれば、市販のエアコン1台で家全体を冷暖房することも難しくはありません。

東京大学名誉教授の坂本雄三先生に、全館空調の家をつくるためのポイントをお聞きしました。

でもよく考えると、電力会社は、本質的には売り物の電力を節電されるのは困りものです。電力行政を司る経済産業省も、国民には電気をじゃんじゃん使ってもらって、さっさと原発(利権も省益もある)を再稼働させたいのが本音かと。住宅の整備は国土交通省の管轄だから、経産省としては頑張るメリットないしな。

本気で省益を打破し国益を考え、それをなんとか調整するのが政治家の役割・・・なんでしょうけど、「新しい資本主義」を唱えつつ、何が新しいのか未だ答えられない(本当にやりたいことがない)首相では調整なんて無理だよね〜。  賛否はあるけど、小泉首相は「本気で郵政改革やりたい」というのは、よくわかったよ。

 でも、今の日本で原発をこれ以上再稼働させる方向で、本当にいいんですかね?  

本気で節電に取り組んで、その上での不足分の稼働に反対はしません。けど、その努力もしないで、なし崩し的に「原発再稼働」を選択するのは、かなわんな。  

その理由

①フクシマダイイチの事故から10年以上立つのに、未だに誰も責任を取っていない。

いささか暴論です。

原子力発電は、本質的に危険なもので、仮に事故を起こせば大きな影響が出るものです。それをなんとか制御し安全に動かしていくためには、それを動かす組織に対し「性善説」ではなく、「性悪説」で臨む必要があると思うんです。いわば「公益に対し潜在的に重大なリスク要因を有する組織に対する安全対策」として。

ここでいう性善説というのは、  「公営企業である当社は安全を第一にします」  みたいな、企業の自主性や企業倫理に頼る手法を指します。オーソドックスな手法ですね。

全社をあげて安全性向上の取組みを充実していくため、「原子力発電の安全性向上への決意」を、最上位の社内規程である社達として定め、当社社員および協力会社の方々への周知・浸透活動に取り組んでいます。

関西電力

性悪説というのは 「もし大事故を起こしたら、(実態がどうであれ、人身御供として)首脳陣は責任を取らされる」という、まるで江戸時代のような懲罰システムを指します。

☆ちなみに、似たような概念?として、英米法には民事訴訟において、懲罰的損害賠償という制度があります。(日本にはこの制度はありません)

加害者に制裁(実際の補償額だけでなく、追加して巨額の賠償を命じる)を加えることで、将来の同様の行為を抑止することを目的とする制度です。 悪用されると、「コーヒーでやけどしたのは、熱すぎるコーヒーを提供したマクドナルドが悪い。だからマクドナルドは被害者に高額の賠償金を払え」と裁決されたマクドナルド・コーヒー事件のような、ひどい判決に繋がりかねない面もあるのですが。

 ま、似たようなと言っても、こちらは民事訴訟(いくら払うか)であり、刑事訴訟ー責任を取る(罰せられる)とは違うのだけれど、趣旨としては似てるといっていい・・・のかな・・・

懲罰的損害賠償(ちょうばつてきそんがいばいしょう、英語: punitive damages, exemplary damages)とは、主に不法行為に基づく損害賠償請求訴訟において、「加害者の行為が強い非難に値する」と認められる場合に、裁判所または陪審の裁量により、加害者に制裁を加えて、将来の同様の行為を抑止する目的で、実際の損害の補填としての賠償に加えて、上乗せして支払うことを命じられる賠償のことをいう。英米法系諸国を中心に認められている制度

wiki

非人道的ですが、このようなシステムが確立すれば、首脳陣は安全に対する万全の備えを日頃から取ることや、予算をケチってはいけない」というような考え方をするようになるでしょう。  今回の事故に対しても、「可能と考えられる安全策は、事前にすべて打たれていた」とはとても言えないし、それができていれば、事態の縮小化は可能だったと思われます。

個人と違い、組織、特に大規模な組織になればなるほど、経済性や継続性、ことなかれ主義を重視し、ときに非常識な、あるいは非人道的な振る舞いを行うことがある  というのは、組織に勤めた経験のある方なら、身に覚えがあるんじゃないでしょうか。組織論理を優先する結果、 個人の倫理観はいとも簡単に破られる・・・ものです。  それを人身御供システムでおさえよう!という・・・

なにせほっとくと、検査に出すマニュアル以外に裏マニュアルを作り、更にそれも逸脱した手作業をした挙げ句、臨界事故を起こす  なんて先例もある業界ですから。

それはさておき、日本の組織の欠点の一つに、「幹部が責任を取らない」ことは、先の大戦の日本軍の事例(失敗の本質)から、昨今のあれこれの事例(赤木ファイルとか)を見れば、その弊害は明らかでしょう。

てか、あれだけの事故で多くの人が傷つき、広域避難を余儀なくされたのに、誰も責任取らずにことが済みそうって、ありえなくない?

②日本の原発の設計は、本当に安全を第一に考えた造りになっているのかね?

「原子力規制委員会の審査で安全が確認された原子力発電所は再稼働する」のが政府の方針ですけど、そもそも、設計は大丈夫なんだろうか・・・

例えば、フクシマダイイチ原発では、非常用の発電機が地下に置かれ、津波のためその発電機が止まってしまったので、あの大惨事が起こったわけです。

で、なぜそんなところに発電機が設置されていたのか?ある人の答えは「先進国の米国で行われていることだから間違いないだろう」という意識が働き、思考停止していたのではなかったか」と推測しているそうな。  (政府事故調委員長だった畑村 洋太郎氏)

「失敗学」を提唱した設計学の大家が「思考停止だった」と断じる日本の原発設計って・・・

事故前まで関係者は、「日本の原発は安全だ」と言い切ってたわけですけど、実は大事な緊急対応部の配置はブラックボックスでした。他にはないのかね、本当に大丈夫なのかね?

私は当時の政府から事故調査委員会(いわゆる政府事故調)の委員長を依頼されて、約1年3ヵ月の間、この事故の調査を行いました。

押し寄せた津波による浸水によって非常用の発電機が使えなくなり、「原子炉を冷やす」という重要な機能が失われました。これが致命傷となって、史上最悪の重大事故が引き起こされてしまったのです。
非常用の発電機が津波による深刻な被害を受けたのは、敷地内で最も低い、地下に設置されていたからでした。

ではなぜ、非常用の発電機を津波の影響を受けやすい地下などに設置していたのでしょうか? 津波の高さこそ想定外だったとはいえ、あらかじめ津波による被害を想定していた場所です。備えとしては念のため想定外の高さの津波がやってきても被害を受けない場所に設置しておくべきと考えるほうが自然です。むしろそうしていなかったことが不思議でした。

結論から言うと、米国から技術を日本に持ち込む際、知識が中途半端に伝わったことによる悲劇でした。私は政府事故調の活動を通じて、福島第一原発だけでなく日本中の原発が非常用の発電機を地下に置いていたことを知りました。その理由は政府事故調の期間ではわからなかったのですが、その後、さらに調べている中で、米国から原発の技術が持ち込まれたときに、本質的な議論もなしに、形だけの知識が伝わったものであることをある人から教わりました。

米国ではなぜ、地下に非常用発電機を設置していたのか。それは、米国ではいちばんの脅威が、「津波」ではなく「竜巻」だったからです。

福島第一原発では、もともとの海岸段丘を掘削して立地のレベルを下げ、その地下に非常用電源を設置しています。平地の確保、海水を冷却水として利用しやすくするためといった理由はあるのでしょうが、津波が予測される日本の海岸に設置される原発にとって、いちばん必要なことは何か、という観点からは、ナンセンスとしか言いようがありません。

事故調では、なぜそのようなことをしたのか調べましたが、当時の経緯について触れた資料はまったく残されていませんでした。資料が残されていない以上、当時技術を導入した人たちが、どこまで考えていたかは詳細にはわかりません。しかし、「先進国の米国で行われていることだから間違いないだろう」という意識が働き、思考停止していたのではなかったかと推測しています。

“日本型エリート思考”の限界を3.11の原発事故に見た

③原発再稼働させても、増える高レベル廃棄物の処分方法はないぜ

日本では、1960年代から商業用に原子力発電を行ってきましたが、それに伴って、高レベル放射性廃棄物が発生しています。高レベル放射性廃棄物には、放射能レベルが十分に減衰するまでに非常に長い時間を要する放射性物質が含まるため、せいぜい100年しか生きない人間が、何世代にもわたって安全に管理し続けることができるとは限りません。そこで、人間による管理に委ねずに済むように処分すべきであるとした上で、その方法としては、地下深くの安定した岩盤に閉じ込め、人間の生活環境から隔離する方法が最適であると、国際的に考えられています。これを「地層処分」と呼び、日本では地下300m以深の地層に処分することになっています。

資源エネルギー庁

「日本では地下300m以深の地層に処分することになっています。」といいつつ、その場所は決まっていないんだよね(てか将来的にも決まらないだろ)。

例えば、原発が動き続ければ、毎年発生する使用済核燃料。これは再処理工場で分別され、高レベル廃棄物が発生します。けど、その行き先もないから、使用済燃料棒のまま各地の原子炉建屋内の貯蔵プールで冷やされてます。そのプールはほぼいっぱいだし、フクシマ4号機は、これの冷却ができなくなったから、水素爆発が起きたんだよね(点検中で使用中燃料棒は入っていませんでした)。参考「使用済燃料棒は毎年1000トン、もう保管場所がない」

今ある廃棄物をどう処理するかは必ず考えなきゃいけないけど、 今後発生する分は、できるだけ発生量を抑えるべきでしょう。

そういう意味でも、本気で節電に取り組んで、その上で無理なら、少しづつ原発に頼る  という形にしていくべきだと思うんだけれど。  

という意味では、この人の発言は賛同できた・・・というか、唯一思考停止せず、まともにモノを考えていた候補だったような・・・

「省エネと再生可能エネルギーを増やし、足らざるところは原子力で補うが、原発の耐用年数の間に再エネを増やしていかなければいけない」

「原子力産業はあまり先が見通せない。再エネは日本発の新しい技術が出れば、世界中に日本から出していく」「日本の経済の新しい芽にしていく」と強調した。

さらに、使用済み核燃料の最終処分を「原発の最大の問題」とし、「どこかで最終処分、地層処分する場所を探さなければいけない。現実的な処分方法をどうするのかをテーブルにのせて議論をした方がいい。国の責任である程度、やらなければいけない」と踏み込んだ。

河野氏「核のゴミ最終処分、国の責任で」。原発から再エネへ転換を強調【自民党総裁選】

富士山周遊その3 富士吉田のうどんから

富士吉田の名物といえば、「吉田のうどん」ですよね。僕はうどん大好きなので、たいへん期待して食べに行きました。

お店は、平日でも地元の人で賑わうという 「手打うどん 麺許皆伝」さん。 11時10分くらいに入店しましたが、15分すぎには満席となり、外に行列ができるほど。GW開けの平日なんですが。

欲張りうどん(650円)に大盛りを追加(+100円)を注文。(向こうに写っているのが「普通盛り」です。)

うどんの上に、油揚げ、キャベツ、ワカメ、牛肉、ちくわの天ぷらが載っています。

なんで吉田のうどんが有名なのか

織物産業が好景気だった昭和初期、一般家庭で織機を動かしている女性に昼食の準備をかけさせないよう、織物を扱う女性の手が荒れないよう、男性がうどんをつくっていたため、コシのあるうどんが主流になった。

また、織物を売り買いに来た人たちの食事の場として、うどん屋が繁盛したようです。

ふじさんミュージアム(富士吉田市歴史民族博物館)の展示解説本 より

確かにとても腰のある、非常にうまいうどんでした。 これくらいコシがある麺が個人的には好みなのですが、そのぶんずっしりと腹にたまります。トッピングを混ぜて食すと、「おれは今、うどん二郎を食してる!」という感じです。(マシマシはないけれど)

うどんいっぱいで腹一杯「もう入りません」状態になれます。 幸せ♡。

この感じ。好きな人にはたまらないでしょう!

富士吉田の町を走っていると「ほうとう」の店も目立ちます。ほうとうは1人前1700円くらい。 昔は、野菜が主で小麦の消費量の少ないほうとうが普段の食事「ケ」で、小麦の麺主体のうどんが「ハレ」の日のごちそうだったのでしょうが、今やすっかり逆転してますな。

今や日本で消費する小麦粉はほとんど輸入品だから、近い将来、また昔みたいに、野菜(さすがに国産)主体のほうとうのほうが、小麦主体のうどんより安くなる日が来るかもしれませんけどね。

同解説本によると、吉田周辺の伝統食として、大麦のメシ(まずそう・・・)、とうもろこし粉の団子(これなら食べてもいいけど・・・)などもよく食べられていたそうです。

要するに、稲の品種改良が進むまで標高が高く寒冷地であること、土地が富士山火山灰土の影響で水はけが良く、稲作(水田耕作)に適さないため、畑主体の粉食文化圏であったという土地柄が背景にあるでしょう。

吉田そのものは、小麦の栽培には適していなかったそうですが、富士北麓では、肥料を用いず、冷害にもつよい「水掛麦」という栽培法もあったそうです。ふむ〜。聞いたことのない栽培方法ですね。非常に興味深い。

富士山の裾野の緩やかな傾斜地形を利用して、桂川の水を畑に掛け流して栽培された麦で、この地方独特の栽培法です。

川の水の養分のみによって生育するので肥料を用いず、しかも冬季でも凍結せず、麦踏みも不要でした。

この水掛麦は室町時代から行われており、江戸時代には、火山灰土の畑よりも生産性が高いことから、より多くの年貢が課せられていました。

そんな吉田でも、江戸時代に「米が食いてぇ(てか、当時は米本位制だから、百姓も領主も米が作りたい)という欲望をもとに新倉村で溶岩台地を開発し、新田を開くため、水不足の大地に、河口湖から水を引く用水トンネル開発事業が持ち上がりました。「新倉掘抜」です。このトンネルの延長は約4km。

新倉掘抜(あらくらほりぬき)は、山梨県南都留郡富士河口湖町船津と富士吉田市新倉字出口を結ぶ隧道式の用水路(用水堰)。河口湖の湖水を船津から取水し、天上山(てんじょうやま、嘯山:うそぶきやま)直下を貫通して新倉へ送水する。江戸時代に約170年かけて完成し、全長3.8キロメートルを測る日本最長の手掘りトンネルと言われる。富士河口湖町・富士吉田市それぞれの指定史跡。

新倉掘抜

僕は、(農業)土木遺産マニアなので、同時代の農業用水の代表例として「深良用水」は知っていました。が、この新倉掘抜は富士山ミュージアムの展示をみて初めて知りました。途中放棄を含めてだけど、完成までに170年・・・東洋の サグラダ・ファミリアです。

深良用水のトンネルが約1kmなのに対し、新倉は約4km。 当時は両岸から掘りすすめ、中間で穴を合流させて貫通となりますから、トンネルの距離が長くなればなるほど、その技術的難易度は上がっていきます。その点、もっと有名になってもいい土木遺産だと思うけれど・・・

深良用水(ふからようすい)は、箱根山をトンネルで貫き、神奈川県・箱根の芦ノ湖の湖水を静岡県裾野市に引くために造成された灌漑用水路。箱根用水(はこねようすい)とも呼ばれる。

深良用水

ま、深良用水は外輪山にトンネルを掘り、本来流域外の地に神聖な芦ノ湖の水を落しているので、その実施までの調整とかたいへんだったようだから、総合的にみて有名な事例なんだと思うけれど。

河口湖のほとり(河口湖町)に、「河口湖新倉掘抜史跡館」という博物館があり、これをぜひ見たかったんですが、現在「都合によりしばらく閉館」との張り紙が出ています。行きたい方は、事前に電話連絡されることをおすすめします。 (僕も営業日に電話したんだけど、出られなかったんだよね。諦められず、現地まで行ったんだけど、残念!)

概略の展示は、「富士山ミュージアム☆」にありますし、富士吉田市新倉の弁天神社脇で、掘抜の出口が見られます。ただし、駐車場はありません。

トンネルを覗いて感じたのは、露出している岩が、表面に穴が開いた、いわゆる噴火岩とは違うなあ。ということでした。

それで思ったのですが、ルートとして山麓にトンネルを掘ったのは、水路として保水性の低い火山灰性地質(噴火時期が新しい)を避け、より保水性に優れた古い地質(新しい噴火による堆積からは、山が守ってくれた)内に水路を造りたかったからではないかと。

河口湖.netから引用 新倉掘抜の経路
20万分の1 日本シームレス地質図

水路は、おそらくピンク色(166)と茶色(87)の境あたりに掘られています。ピンク色は1万8000年前に噴火した火山の岩石、茶色は1500万年〜700万年前に噴火した火山の岩石だそうなので、その組成過程や噴火からの経過年数により、透水性に違いがあるのかもしれませんね。

☆「富士山ミュージアム」って、名前から私設の、富士山の写真を展示しているところ っていうイメージがして、あんまり行く気は無かったんだけど、正式名称は 富士吉田市の歴史民俗資料館です。 多数引用していることからもわかるように、展示内容は充実していますし、現在外構工事中ですし、近くを通る機会があれば、寄っていく価値はあると思います。地味な地域史や富士山信仰の歴史に興味がある人は特に。