バンコク旅行 交通手段(2017.6) 

だいたい1B=3円。

・スワンナプーム空港からカオサン通りへ行く手段(日中)

①空港からエアポートリンクという電車が市内に向け走っています。終点のバヤタイ駅(Phaya Thai)で高架鉄道(BTS)に乗り換え可能。 45Bです。

②バヤタイ駅からBTSに乗って、サパーンタクシン駅(Saphan Taksin)まで行きます。42Bです。

③2番出口をでてすぐ、チャオプラヤ川沿いにがありますサートーン船着き場 (Sathorn Pier)ここから「エクスプレス」ーオレンジ色の旗の船に乗船。10番目くらいの船着き場プラアッティット Phra Arthit Pierで下船。15Bです。ただし最終ボートは18:30位なので、あまり遅いと使えません。

ボートチケット 15B

そこから歩いて10分くらいでカオサンっす。船着き場のあたりは公園になっており、無料の夕涼みをするにも良い場所です。飲酒は残念ながらは禁止になっていましたが、テントを張って警官が常駐してたり(雑談してないで、仕事しろよ〜)、週末の18時になるとエアロビクス?してたり(おばちゃんたちが集まって太極拳でもするのかと思ったら、すげーハードに長時間運動してる)

船着き場の公園からの眺め

・バスの場合
6月1日から、カオサン通りと空港を結ぶバスが走るようになったようです。宿の近くの通りも通るとのことでしたので(記号はS1)、帰途に利用しようと近くのバス停で利用できるか確認しに行ったのですが、そのバス停に泊まるバスNoがかかれている部分に張り紙がしてあり、確認できませんでした。 orz.張り紙は地図になっており、地図の上に近隣のバス停留場と止まるバスの番号が英語で書かれているようでしたが、雨に濡れて見えなくなってました。 小さな親切、大きなお世話・・・
宿のおばちゃんにも聞いたのですが、「カオサン通りから利用できるよ、60B」とのこと。確認に行くのは面倒だったし、市内の陸上交通は渋滞するかもしれないので、結局、行きがけと同じルートで帰りました。
ちなみに、僕が泊まったAmarin Inn は、カオサン通りではない分静かですし※、プラアッティット船着き場まで5分くらいと便利です。

部屋の様子 バスタオルと石鹸は部屋に用意

パンとインスタントコーヒー、ジュースだけですが、無料の昼食もついてますし、「じゃらん」でも検索可能 (でしたが、いま検索すると出てこない・・・。)おばちゃんも親切ですし、英語も通じます。wifiバッチリだし、エアコンもパワフル(動作音はウルサイ)
細い路地の奥ですが、路地を出てメイン通りに出れば屋台が3件くらいあるし、徒歩5分くらいのところにセブンイレブンがあります。
お掃除もきっちりしてくれます。部屋にモノを散らかしっぱなしにしておいたら、きっちり整理されていました!感謝!  何より、僕が指差し会話帳(日本語ータイ語)を置いてきたので、日本人なら、スムーズに会話が成り立つ・・・かもしれない。  お勧めできます。

※ただし、ラマダーンの時期だからなのか、近くにモスクがあるのか、変な時間に「アッラーアクバル!」と礼拝を促す声、そのあと延々と説教?、それが外のスピーカーから漏れ聞こえてうるさかった・・・

・バスでチャトゥチャック・ウィークエンド・マーケットへ

車内で英語は通じないし、タイ語オンリーだから難易度は高いのですが、宿のおばちゃんから情報を収集した結果、乗ってみることにしました。「大通りのバス停から3番のバスに乗りなさい。バス停は大通りに出ればすぐだわ。料金は車掌さんに払いなさい。(今思えば、それに続いて最終で下りればいいのよ と言われたような気もする)」
バス停はすぐ見つかりました。

宿近くのバス停。読めん・・・

しばらく待って3番のバスに乗ります。しかーし、僕が乗ったバスには車掌さんが乗ってなかったのです!(どうもまたま乗ったバスが無料バスだったらしい)困るなー、どこで下りればいいんじゃ? BTSか地下鉄の駅に着くはずだから・・・ひたすら車窓を眺めててBTSの駅前で下りたら、そこはひとつ前の駅でした・・・ま、まあ問題なし。一駅乗りましょ。たぶんそのまま乗ってたら、Mo chitの地下鉄駅に着いたんじゃないかと。そこから地上に上がれば、そこがウィークエンド・マーケットでしたね。

マーケットにて。マンゴースムージ屋(40B)               氷は飲まないほうが、いいんだろうけど・・・

帰りは1時間待っても、3番のバスが来ないから、地下鉄でサパーンタクシン駅まで出て船に載って帰りました。 3番のバスが来ることになってたから、そのまま待ってたら、たぶん来たと思うけど・・・一時間待ちくらいのことは、ままあるようです。

注意点
バスにしても、船にしても運転が凄く荒いです。バスは両開きドアだったのだけど、片方の調子が悪く、時々ドア空いたまま走ってるし、乗り込むとすぐ出発するから、どっかつかまってないと危険。船はほかの船の立てる波を切り裂いて走るから、波しぶきがすごい。キタナイ水が、顔にかかることは覚悟しておこう・・・ それでも、15Bで船に乗れて、渋滞無しで中心部を行き来できるのはすごいよ!

顔が濡れるー。そんなに飛ばすな〜。

 

バンコク一週間の旅、荷物づくり

そぞろ神の物につきて心を狂はせ、道祖神の招きにあひて、取るもの手につかず。

ももひきの破れをつづり、笠の緒つけかえて、三里に灸すゆるより、松島の月まず心にかかりて、住める方は人に譲り、杉風が別しょに移るに・・・

いきなり引用で恐縮です。これは、江戸時代に松尾芭蕉という人が東北一周吟行旅(終点は大垣ですけど)に出たときの紀行文の旅準備編です。かの有名な 「おくの細道」の一部。

旅に何を持っていくかは書いてありませんが、すべて自分の足で運ぶわけですから、大したものは持っていけなかったでしょう。しかし、旅で命を落とすかもしれないから、住居も人に譲ってます。大変ですね〜。

 

さて、時は流れて平成の御代。一週間バンコクへ旅行に行く僕の荷物づくりは・・・。

コンセプト

空港で荷物待っているのは時間の無駄だし、荷物が重いと疲れるし、観光客に見えるとカモにされやすいので、すべての荷物を機内持ち込みできるよう最小化します。

荷物確認も兼ねて紹介。 不足するものは、現地で買えばよいのです。

荷物

上段左から ガイドブックのコピー、歯ブラシ、ハンディウオッシュレット(水鉄砲タイプ)、指差し会話帳(タイ語)、折りたたみ傘、タッパーに入った石鹸、帽子、風呂敷に包んだ着替え(Tシャツ2、パンツ2、靴下2、和手ぬぐい1)

下段左から ノートとボールペン、パスポートと首下げホルダー、サブバック、タブレットと充電器、電源プラグ、SIMカード変換アダプター、速乾バスタオル(リーフツアラー)あとこれを撮影したカメラ・・・あ、それとトイレットペーパーが要るかな?忘れないようにしないと。

あとは、本を一冊と、バックインバックが入れば入れる予定。

服装は、シャワーするときに石鹸か水洗いするつもりなので、必要最低限です。(長袖とウインドブレーカーを着て、ジッパーで長さ調節ができるズボンを履きます。)

水の違いで石鹸泡立たないかもしれないけど、まあ気休めってことで。髪は4月からシャンプー使わずに洗ってます。髭は一週間剃らないつもりなので剃刀は不要。不精髭が結構生えますが、スリに避けられてちょうどいいでしょう。

工夫したところ

ボールペンは、パスポート番号と有効期限を書いた小さな紙をテープでとめてあります。出入国カードとか書くとき、いちいちパスポート出さないでよいため、大変便利です。

夏なので薄着でよいのですが、僕の昔の経験だと、東南アジアはガンガンにエアコン効いて寒いかもしれないです。なので、タオルではなく「和手ぬぐいと旅行用バスタオル」のセットです。このリーフツアラーは、「ふわふわ」感はあまりないのですが、速乾性に優れ、薄いわりに大きいので、タオルケット代わりにもなります。これが防寒対策を兼ねててるわけです。他に洗濯物が乾かないとき、簀巻きにして強制乾燥するときお世話になる予定です

また、体をこれで拭くことができるから、シャワーのお供は和手ぬぐいにしました。タオルより薄いし、他に使い道がありそうです。

では、良い旅を! (一番の難関は、原付でセントレア近くの駅まで行くこと。空港島は原付入れないので。それほど迷う道ではないと思いますが、何せナビがないもので・・・)

ブログアップできなかったらごめんなさい。帰ったら頑張りますので。