東京横浜お二人様ツアー (plan)

スポンサーリンク

今回は「旅」ではなく「旅行」の話題である。

話は9月初旬。僕と母親の会話から始まったのである。

(すこ~し盛ってありますが、話の大筋はこんな感だったのである)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

母「ねえ、私を横浜に連れて行って」

僕「はあ?」

母「アンタが横浜にいたころ、一度横浜のシティホテルにお泊りする計画があっただろ?」

僕「実際予約してたけど、アナタが家の階段から落ちて怪我して中止になった・・」

母「実はすごくそれ楽しみにしてたの。旅費は全部払うから連れてって。どうせ暇だろ」

僕脳内 (横浜住んでたし、東京とか人が多いしゴミゴミしてるし、あっち方面は特に用事なければ、奢ってもらって泊まりに行くより家でゴロゴロしてたい。畑に秋野菜何蒔くか考えるとか、やることあるしなあ。大体横浜のシティホテルって夜景見たいんだよね、それって高いよね、それに僕は夜景見られても見られなくても、まあそれどうでもいいし)。」

僕「まあ暇ですけど・・・でも、お父様と行かれたらいかがでしょう?」

母「あの人は温泉専門ですから。それにアタシは新幹線に乗っていきたいの。でもお父さんは「高いから」と言って必ず来るまで行くだろ。アンタ以上にケチだよ。」

僕「左様でございますな。ではおひとりでいかがでしょう。最近は女一人旅も流行ってますぜ」

母「一人じゃ電車に乗れない。」

僕「オマエ小学生か。将来父親に先立たれたり、寝たきりになって自分も車の運転できなくなったら、どうするんだよ?電車ぐらい乗れるようになっておかないと!」

母「アンタ、それを世話するために帰って来たんだろ?」

僕「ハア・・・それもそうですねえ。ではお友達を誘っては?」

母「行きそうな人はいないねえ。それとね、よく利用している「ゆめたび」から、横浜のニューオオタニホテルのベイビュールーム、レイトチェックインチェックアウト 朝夜二食付が1人1万円でご案内が来てるんだよ。これすごくお得だと思わない?」       ※このコースです。時期が違うので値段が違うけど。

先走ってホテルの部屋からの夜景。桜木町から徒歩三分である。二食付き1万円/人

僕脳内(ウッ・・・。敵もさる者、こちらの出方を予測してやがる。都会は気が進まない上に、高いホテルならそれを理由に断ることを読んだうえで、「これが1万円なら絶対お得だし、逆にどこかに落とし穴があるなら、それがどこだか知りたいっていう好奇心が働くね、この子?」 って読んでんじゃねーか・・・?   く、悔しいが前言撤回。行きたくなりました!)

僕「な、なるほど、お得そうに見えますねえ。じゃあ考えてみるか。どこか行きたいとこある?」

母「はとバス」

僕「(はあ?それ東京だけど)・・・それ乗りたいの?・・・僕は(団体行動嫌いだし)あんまり気が進まないなぁ・・・」

母「別にアンタが案内してくれるなら、それでもいいよ。はとバスなら乗るとお任せで観光できるからお上りさんは楽チンだとおもうけど。ま、旅費は出したるから、よろしく」

僕「ハイ、私もまんざらあちらのこと知らないわけではございませんから。ではお客様、ツアコン同行個人旅行の契約を承ります。これから計画を立ててみます、 ってあまり空室がないよ。9月〇日(下旬)でいいかな?」

母「いいよ」

かくて現物支給を条件に、「ワタシがおばあさんになっても+私を横浜に連れてって」(古い!)合同企画業務はスタートしたのであった・・・  ちなみに事前計画は以下の通りだ!

1day
豊橋駅で こだま専用グリーン回数券(4枚つづり)と駅弁を買う  豊橋駅0935―東京駅1147 昼食 車内で駅弁を食べる(こだま座席指定)    東京駅ナカGRANSTA
東京駅―新橋駅(山手線3分)
浜離宮公園(駅から徒歩12分) 築地市場は休み!
(入園300円65才以上150円)
浜離宮→浅草まで水上バス 約1時間  740円
浅草寺界隈散策
浅草―(東京メトロ銀座線)―新橋―(JR横須賀線)―横浜―(JR横浜線)―桜木町
ホテルチェックイン(桜木町駅徒歩1分)

2day
―――――――――――――――――――――――――――――
朝食後、 「みなとぶらりチケットワイド」(550円)を購入し横浜散策

候補:みなとみらい地区バスから車上見学、横浜市美術館あたり散策、港の見える丘公園(「趣味の園芸」遊ガーデン)
※ホテルは13時までチェックアウトせず、休息できるようにしておく。
桜木町1315→新横浜1330(ここまで「ワイド」が効く)
新横浜駅でお土産と遅い昼食、夕食用の弁当を買う
新横浜1346→豊橋1540 (こだま座席指定)

To be continued・・・

投稿者:

モト

元河川技術者、現在は里山保全の仕事をしているおっさんです。西尾市在住の本好き歴史オタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください