農業への第一歩?

スポンサーリンク

今日から、地元農協(JA)の農業講座を受講しています。 一年間、週に一回ペースなので、自分の畑で同じことをやってみれば、大体一年のサイクルがつかめるのではないかと思うわけで。

5期生の方の「一言」もありまして、6月半ばに大玉スイカを出荷したところ、1個2,000円で売れたとのこと。すげー。売れた値段もすごいが、6月半ばにスイカ実らせるなんて。

“本間様には及びもせぬが、せめてなりたや殿様に”。

講座はだいたい十種類ぐらいの露地野菜を栽培するそうです。畑を見せてもらいましたが、収穫物はうちの自家製野菜と比べると圧倒的に「きれい」でした。それもそのはず収穫物は農業塾に帰属しており、そのまま産直に出荷し売るそうです。収穫出荷当番もあるそうです。

心の声 (半分農奴だ・・・いくらかお手当出るんかな? 無料。さらに受講料一万円!)

で、でけぇ。新城の地元野菜 「天狗ナス」

え、えーっと、今年の受講生は6期生だそうでございまして生徒が7名。講師が3名+事務局1名と豪華なものでございます。いろいろ勉強して、十分受講料のもとが取れるよう、頑張ります! せいぜい夏バテするなよ!

投稿者:

モト

元河川技術者、現在は里山保全の仕事をしているおっさんです。西尾市在住の本好き歴史オタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください