三州街道〜見どころ味どころ

スポンサーリンク

1.長野県阿南町 153号沿い そば「おにひら

ざるそば 700円

昔は、おんびらって言ってたな。 うまい蕎麦で、行きも帰りもここで蕎麦を手繰りました。  朝10時から開店していて、大みそかと正月以外やっているのもうれしいところ。

2.愛知県 足助町の街並み

紅葉の時期は有名な観光地(香嵐渓)。ですが意外に古い町並みが残っていて、ぶらぶら散策するとたのしいと思います。電柱の地中化した表通りも良いですが、川に面した建物群や川への路地がとても興味深いと思います。(張り出し濡れ縁?や河原へ降りる階段など)

しかし車の駐車場所が良くわからなかった。

3.長野県 県道15号(飯田飯島線)

少し狭いですが、通行車両も少なくバイクで走るととても気持ちいいです。ところどころ旧街道の雰囲気が残っています。

4.長野県座光寺 「元善光寺」

善光寺だけ参るのは「片参り」だそうで。善光寺の本尊は、もともとここに安置されていたそうな。建物は小さいけど、けっこう立派ですよね。

5.長野県伊那市(駅前)  ラーメン「原点」

原点ラーメン醤油味大盛り

高校生御用達。太めの麺にコテコテのスープ。独特ですが、また食べたくなる味です。イメージは二郎系にちかいかも。伊那に住んでるときはちょくちょく行ってまして、たまらなくなり再訪。原点ラーメン750円、大盛り+100円でしたかね。ゲェップ。食べ終わってから、ああ、ここ自分的には普通盛りでちょうど良かったんだった と思い出した(笑)。しかし、ごちでーす。

6.伊那市 創造館

旧伊那市図書館。全然有名じゃないのだけど、ここに神子柴遺跡という、旧石器時代の石器が飾られているのじゃ。重要文化財。これが美しいんじゃよ。伊那にいるときは時々見に行ってた。もちろん無料。 定休は毎週火曜日と祝日の翌日 時間は午前10時から午後5時まで

黒いのは、かの有名な「黒曜石」でできた石器。下は石器を取るための母石ですな。

「黒曜石」ってのは鋭い刃がつけられるってんで、石器としては最高級品なんです。小学生の僕は、図鑑でそれを知って黒曜石落ちてないかな〜と登下校の折なんかに石を見てたんだけど、写真で見るとわかるけど、これって火山性ガラスだからそこらには落ちてないのね。中部地方で算出するのは長野県の「和田峠」しかないから、当時は交易で手に入れるしかない貴重品だったのれす。

他に、灯火として使ったのではないかと思われる、縄文時代の土器もあります。(重文)

表側
裏側(縄文お約束の「蛇」文様)

昔はエアコンがなかったけど、行ったらついてて涼しかったよ〜。

投稿者:

モト

元河川技術者、現在は里山保全の仕事をしているおっさんです。西尾市在住の本好き歴史オタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください